京浜盃の予想

★うう

俺「今週末なんだよね、ドバイミーティング。」
弟子「そうなんですよ。」
俺「・・・」
弟「・・・」
俺「・・・えっと、日本時間で土曜の深夜になるんだっけ?」
弟「そうなんですよ。」
俺「・・・」
弟「・・・」
俺「デシちゃん、一応各レースの時間を調べてもらえるかな?」
弟「かしこまりました。」


ゴドルフィンマイル G2 ダート1600m 日本からカフジテイクが出走 日本時間25日 20:45発走予定
UAEダービー G2 ダート1900m 日本からエピカリス、アディラートが出走 日本時間25日 22:25発走予定
ドバイゴールデンシャヒーン G1 ダート1200m 日本からディオスコリダーが出走 日本時間25日 23:35発走予定
ドバイターフ G1 芝1800m 日本からリアルスティール、ヴィブロスが出走  日本時間26日 0:30発走予定
ドバイシーマクラシック G1 芝2400m 日本からサウンズオブアースが出走 日本時間26日 1:05発走予定
ドバイワールドカップ G1 ダート2000m 日本からアポロケンタッキー、アウォーディー、ゴールドドリーム、ラニが出走
日本時間26日 1:45発走予定



俺「むう。」
弟「いかがでしょう。」
俺「・・・」
弟「・・・」


俺「微妙だなぁぁぁぁぁ・・・」
弟「あうあうあうあうあう・・・」



※今年も25日に飲み会が入っております・・・



俺「去年も予想やれなかったんだよなぁ、時期的にしょうがないことではあるんだけど・・・」
弟「今年もかよぉぉぉ・・・」
俺「メインの3レースは見れると思うけど結構微妙でもあるな。一昨年までやってた実況更新みたいなのは確実にムリ。」
弟「なんとしても早く帰れるようにせねば。」
俺「そうは言っても、自分達で早めに切り上げられたら何の苦労もないのだよ。一応の区切りがどんな時間になるかが鍵。」
弟「むううう、こんな飲み会よりドバイの方が大切なのです!!今年のドバイは馬券も買えるし!!」
俺「ターフとシーマクラシックとワールドカップは発売するんだよなぁ・・・まぁ、とりあえず土曜の夜、我々はいつも通りの予想が
  できません。それは言い切っておこう。」
弟「ううううう・・・」


zakuro.jpg



俺「ただし、ざくろさんの予想はあります。」
弟「そうだ!!ボクらにはざくろさんが居た!!」



俺「去年同様、年末とドバイの顔はざくろさんと決まっているのです。」
弟「ざくろさんが居てよかったね、師匠!!」
俺「よかった、本当によかった!!」


弟「ざくろさんがドバイターフ、シーマクラシック、ワールドカップと
  日本のマーチS、高松宮記念の予想をしてくれるんだね!!」

俺「そうだよデシちゃん!!すごいね!!」



弟「すごいね、ざくろさん!!全部当たるとイイね!!」
俺「おいおい、ざくろさんだぞ?失礼なことを言ってはいけないな。全部当たるに決まっているじゃないか♪
弟「そっかぁ!!ざくろさんだもんね!!」
俺「ひょっとしたらざくろさん自身が高松宮記念を勝っちゃうかもしれないぞ。」
弟「ほほう、それはどういう意味でしょう?」


俺「メラグラーナはイタリア語で、ざくろさんのことなんだ。」
弟「わああ、今週末はざくろまみれだね!!」



俺「ドバイ予想も全勝!!高松宮記念も優勝!!どうだい?ざくろさんはスバラシイだろう!!」
弟「ざくろさんカッコイイ!!ざくろさんが居てよかった!!」
俺「多分ざくろさんは大相撲も予想するぞ!!」
弟「すごぉい!!ざくろさんはなんでもできるんだ!!」

俺「というわけで、土曜日はざくろさんの予想でお楽しみください。我々は飲み会からの帰宅次第ですね、戻って来れても
  多分ツイッター予想でお茶を濁しているでしょう。」
弟「・・・いいのかな、茶番で盛り上げようとしたものの毎年こんなんで。」
俺「コレでやってくれないざくろさんじゃないよ。」
弟「・・・ここまでやっておいてですけど、師匠はざくろさんをアテにし過ぎです。」


俺「じゃあ土曜の夜は、予約更新で『ざくろさんの
  予想コーナー』として記事用意しとくから。」

弟「がんばろうぜ、ざくろさん。」




★さぁ、南関はクラシックの実質1冠目、京浜盃です

俺「このレースってS2だけど、実質南関の牡馬三冠って京浜盃、羽田盃、東京ダービーだよね。」
弟「ジャパンダートダービーはちょっと違うか、対中央戦になるし。」
俺「ここで各ステップレース組も集約されるから弥生賞やスプリングSとも違うじゃん。本番に向けての本番って感じ。」
弟「そうだね、一旦はここに集まるんだよね。」


俺「あれ、コスモスがいない。」
弟「やめてさしあげろ。」



俺「コスモスはどこに。イギリスか。」
弟「・・・自分でこないだ言ってただろ、金曜日のつくし特別だって。」
俺「南関クラシック第一冠はつくし特別だったのか。」
弟「もうコスモスから離れてあげてよ・・・!!」

俺「2歳の内に南関重賞に挑戦しとくべきだったよな、京浜盃にも登録してたけど賞金順で完全にアウトだもん。」
弟「まぁ、ここならばって見方ができますからね。」
俺「正直言って居たら面白い一頭になったハズだよ。話題性あるし、色々言っても南関生え抜きではあるでしょ。ここのところ
  元道営、元中央が優勢なクラシック戦線、コスモスは生え抜きの中から戦える一頭になれたかもしれない。」
弟「今年も元道営が優勢でしょうか?」
俺「ミサイルマンを信じるかどうか、ブラウンレガートが元道営に通用するかどうか、マルヒロナッツオーをどう見るか。純正
  南関組で見れるのはこの3頭だけど、通用するとしたらミサイルマンくらいなんじゃねーのか?」
弟「一番収拾に悩む馬ですよね、久々だし・・・」
俺「実際、このパターンは良くないんだよ。結局ミサイルマンだってこういうレベルの馬達とはレースしてないんだから。俺は
  切りの一手だと判断するけどね、期待はしてるけど予想では狙いにくい。」
弟「ってことは元道営と元中央で固まる予想ってコトか・・・」
俺「一枚下のクラスだって元道営に圧倒されちゃってるんだもん。こないだブラウンレガートが勝ったクラシックトライアルで
  あまり差のない2着だったクラキングスなんか、道営時代にトップメンバーになれなかった馬なんだぞ。」
弟「でもブラウンレガートはニューイヤーカップでヒガシウィルウィンにアタマ差の2着だよ。」
俺「浦和1600mの1枠でも負けてしまったって言うべきだ、そこは。」
弟「おきびしいのですね・・・」
俺「バリスコアが取消なのはイタイな・・・狙いたい馬でオッズ上げてくれそうなの、この馬くらいだったからなぁ。」
弟「そうなると、ミサイルマン抜きではあるけど固い予想になってそうですね。ローズジュレップ、ヒガシウィルウィン辺りが
  中心になりそうだ。」
俺「固めではあるけど、一応ここからはある点を踏まえての予想になります。」



踏まえてください →  



俺「いいかな?」
弟「・・・ゑ?ゑ?」


俺「・・・いやぁ、ここはカンムルっすよ!!」
弟「また茶番が始まった!!」



俺「中央で1勝、小久保厩舎に来て雲取賞を勝ったカンムルでいいんじゃないですかねぇ!!」
弟「うう・・・頭が痛くなってくる・・・」
俺「うーん、ローズジュレップも強そうだなぁ、ヒガシウィルウィンも大崩れはしないだろうし・・・」
弟「・・・」


俺「でも元中央のカンムルが、あんなコムスメである門別様の
  手下にヤラれるワケがないのです!!」

弟「もぉなんかヤダ!!」



俺「このコムスメめ、南関にまで俺を邪魔しに来やがってるんだ。」
弟「門別様が一体何をしたっていうの!?門別様は今、お休みされているんですよ!?」
俺「道営から南関に来てるタイムビヨンド。知ってるな。」
弟「・・・金盃で師匠が本命にして、馬体重が絞れずに負けてしまい、結果物凄く痛いタテ目になってしまったんですよね。」


俺「買ってない火曜メインで勝ちやがった・・・」
弟「さすが門別様だぁ!!」



俺「コレもう完全に居るでしょ、門別様。大井に来てるでしょ。バカにしてるでしょ。タイムビヨンドはコムスメの刺客でしょ。」
弟「それでこうなってるのか・・・」
俺「カンムルっすよ、カンムル。元道営で2歳女王になったピンクドッグウッドから吉原騎手を奪ったカンムルっすよ。1着に
  固定しちゃっていいんですよ。」
弟「ふぐうう・・・門別様、気をしっかり持ってください・・・!!」

俺「へ?門別様のワンツー!?ないないないない!!」
弟「それ以上門別様を挑発するなぁぁぁ!!」



◎カンムル
○ローズジュレップ
○ヒガシウィルウィン
▲ピンクドッグウッド

三連単◎1着→○2,3着→▲3着



俺「まぁカンムル圧勝でしょうね、ローズジュレップとヒガシウィル
  ウィンのワンツーなんてあるワケがありません!!」

弟「畳みかけるんじゃねぇ!!」



弟子予想
◎ローズジュレップ
◎ミサイルマン
▲ブラウンレガート、カンムル、マルヒロナッツオー、ヒガシウィルウィン、ソッサスブレイ

三連複◎2頭から うまふく◎同士



俺「・・・また随分な狙い方したもんだね。」
弟「ボクはミサイルマンに賭けてみる方向で。通用するのならローズジュレップといい勝負になってもらいたいです。」
俺「南関生え抜き有力候補を全部入れてきたか、いいね。そしてソッサスブレイとは。」
弟「北海道2歳優駿の惨敗があったからこその南関3連勝だと思いますよ、道営時代にはヒガシウィルウィンの2着にもなった
  ことがあるんです。決して弱い馬ではないのだ。」
俺「なるほど、渋い門別様に目を付けたものだね。」
弟「なんだよ、渋い門別様って・・・」


俺「でもここはカンムルです!!」
弟「もう解ったからやめて!!」






※カンムル1着!!門別様ウェーイ!!



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2017/03/22 01:42 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(6)

No title

ヘイヘイヘイ!(#`皿´)

更新出来ないならおとなしくしてたらいいでしょうに!(#`皿´)

ドバイなんてさっぱりわかんないすよ!(#`皿´)

こちとら3月完工が終わってゆっくりしたいっちゅーの!(/_;)


京浜盃!

南関馬にとっては皐月賞みたいなものと言ってもやはり『前哨戦』。賞金が違いますからね(笑)

『有力所』は本番に向けての『準備段階』であるのは間違いない。

バリスコア取消……マジかぁ!(/_;)

ここで負けて本番妙味が増す予定だったのに!(泣)

てか、フレグモーネだと本番も出れないのかな?
残念だ(泣)

ほほう、師匠はカンムル本命ですか。

まぁ前走でバリスコアに0、7差をつけての圧勝ならそれもありでしょう。しかし…


カンムルはおにぎりだ!(#`皿´)


中央1勝馬であるなら地方なら力上位とも言える。
実際に地方でも結果を残し、慣れも見込める。
しかし、今年の『元道営』組はレベルが高い。
自分の感覚では上位陣は『中央の500万クラス』は勝てるレベルにあると感じている。

過去2年に比べてはるかにレベルが高く粒揃い。
また生え抜きもここに来て気を吐いている。

つまり、カンムルの『中央の威光』がここでは通用しないと言う事。


◎ヒガシウィルウィン

今年の元道営馬はレベルが高い。
しかしそんな元道営馬が年頭にコロコロと負ける異常事態が発生。
確かに新たな地に来れば勝手が違うわけでそうゆう事もありえるが、過去にこれ程『有力元道営馬』が負けると言うイメージがあまりない。

そんな中しっかり勝ちきったのがヒガシウィルウィンである。

小回り浦和で後方待機策。
前有利な流れで4コーナーでは『この馬も負けるのか!?』と思われたがしっかり勝ちきった!

ここは走り慣れた『右回り』
そして直線の長い外回りコース。
強敵ローズジュレップがいるが距離が伸びればこちらが上と見る!

◯ブラウンレガート
師匠はニューイヤーカップを『負けて弱し』と見ているようだが自分は『負けて強し』と見る。
なんせ厩舎が『内弁慶』
2着に来ただけでも驚愕もの。
今回は主戦場の大井である。
文男さんも今年のダービーはこの馬で!と決めていたのではなかろうか?
ならばこんなところで躓いてるわけにもいかないだろう!
ローズジュレップが引っ張る流れなら展開が向く!

▲ソッサスブレイ
道営時の対ヒガシウィルウィンを考えれば評価が低い。
地道に南関3連勝中で一発あるならこの馬か!

△ローズジュレップ
スピードを活かせば、と言う所だがメンバーレベルが下がり相手に合わせるようだと…
久々に距離延長も課題となる。

△ティーケーグラス
ラストは確実に末脚を使う。
前が崩れれば。

三連複
◎◯→▲△△

三連単
◎→◯▲→◯▲△△



ん?スピードスター賞を知らないだと!?


もぐりだな…(¬_¬)


オイドンとオレノココロがなぜだかごっちゃになるんすよね(照)
[ 2017/03/22 06:44 ] [ 編集 ]

ばんえい動画ありがとうございました。
中央も放映権売りたいのはわかるけど、馬券買ってくれる人に位ライブ配信すればいいのにと思う。
[ 2017/03/22 17:01 ] [ 編集 ]

No title

言えることはただ1つ!
ざくろさんガンバって!!
[ 2017/03/22 18:14 ] [ 編集 ]

ついにこの日が来てしまったか…。メラグラーナの馬名由来をconorさんが師匠に教えてしまった時から嫌な予感がしていました。2年前の500万勝ちの時に軸にしてから、(馬名由来には目を瞑って)この子は大きい所を取れると思ってずっと応援していました。そしてやっと辿り着いたG1の舞台…、やっぱりイジっちゃいましたか…。もうこうなりゃヤケです!中央競馬の予想はしないざくろさんにお願いします!自分で自分をおにぎりにして下さい。もちろん愛情を込めて美味しく握って下さい!

ちなみにポメグラネイトっていう子がいるんですが、その子も…。
[ 2017/03/22 23:01 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

おうっ!!ごたくはいいから土曜日がんばるんだぞ!!
[ 2017/03/22 23:54 ] [ 編集 ]

>FLさん

ざくろさんはやってくれるよ!!ごきたいください!!
[ 2017/03/22 23:55 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1376-533f4799