スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南部杯と京都大賞典の結果、そして凱旋門賞

★岩手に南部杯が帰ってきたぞ!!ってことで南部杯から

1着 エスポワールシチー
2着 ダイショウジェット
3着 アドマイヤロイヤル

ナムラタイタン落馬競走中止

俺「スタートでいきなり2番人気のナムラタイタンが落馬・・・」
弟子「熊沢騎手、災難ですねぇ・・・大丈夫なのかな?」
俺「久々のG1騎乗だったのにな。無事ならいいんだが。」
弟「いきなり波乱の幕開けになっちゃいましたね。」
俺「それでもエスポワールシチーがここでは力の違いを見せつけたねぇ。最後は流して4馬身差。」
弟「そしてジェットさん・・・」
俺「やっぱここは中央決着かぁ。こないだのラブミーチャンみたいにはなかなかいかないもんだな。」
弟「でもナイキマドリード、行きっぷりは良かったですよね。」
俺「あくまで序盤だけだったけどな。しかしなんだなぁ、大体こんな感じになるだろーなとは思っていたが・・・」
弟「?」

俺「G1レースを見たって気がひとっつもしないッ!!」

弟「まぁねぇ・・・メンバーがねぇ・・・」
俺「せっかくの南部杯なんだぞ!?盛岡で行われる唯一の統一G1レースだ、あらためてレースの内容を見て
  『これが南部杯?・・・え?G1?』って腑に落ちない余韻がどうしても残るだろ!!」
弟「確かに、エスポワールシチーの調教風景みたいになっちゃってましたね・・・」
俺「そりゃ俺もスーニやナイキに期待はしてたけどさ、蓋を開けた時のこのレース内容のどうしようも無さは
  苦笑いモノでしょ!!こーゆーことは少なくは無いんだけども!!」
弟「エスポワールシチーとまともに渡り合える馬が一頭でも居れば良かったんですよね。」
俺「そゆこと。レース終わった後に新聞見直して『ですよねぇ』って苦笑いさせちゃうようなメンバーだった
  んだよ、結局は。まぁ馬のローテーションてのはあるだろうが、トップクラスのダート馬の馬主さん達は
  もっとこの南部杯ってG1レースを重く見てほしいよな。盛岡の人達が楽しみにしていたレースだろう?
  それがこの内容じゃあ・・・熱い勝負ってものを見た気が全くしないもの。強い馬が勝ちはしたけどさ。」
弟「弱い馬に強い馬が勝ったって印象・・・ですかね。」
俺「そうだな。来年はもっと凄いメンバーの南部杯にしてくれよ!!G1らしいレースをお願い!!」

★京都大賞典は「池添テメェwwww」

1着 メイショウカンパク
2着 オウケンブルースリ
3着 ギュスターヴクライ

俺「この男は・・・」
弟「池添騎手か・・・」
俺「オルフェーヴルがスミヨン騎手で負けたからハシャぎやがったな・・・」
弟「そんな目で見ないで下さいよ!!」
俺「しかもこのレースで通算800勝目だってよ・・・
  正に『凱旋門より俺を見ろ』状態!!」
弟「やっぱ嫌いなんでしょ・・・」
俺「んなこたぁないよ♪」
弟「オウケンさんが久々に頑張りましたが。」
俺「舞台が合うんだろうねぇ。ジャングルポケットの子は結構年齢いっても頑張れる事が多いから、長いとこで
  もう一花咲かせられると良いが・・・ちょっとこのレース自体のレースレベルが低いからなぁ。」
弟「先行組全滅してましたね。」
俺「おっかしいなぁ。」

弟「・・・」
俺「いや、予想と真逆と言っていい展開だったなぁ。」
弟「天皇賞に向けてはどうなんですかね?」
俺「フミノイマージンが出てきたら穴として面白いんじゃない。エリザベス行くだろうけど。」
弟「フェノーメノも結局天皇賞なんでしたっけ。」
俺「毎日王冠でカレンブラックヒルがあんなレースしちゃったら3歳信用しちゃうよなぁ。」
弟「今日のメイショウカンパクは?」
俺「池添騎手がハシャいだだけだろ。」
弟「やっぱ嫌いなんでしょ?」


★差されるオルフェーヴルを誰が想像しただろうか・・・凱旋門賞2着惜敗

俺「皆さんとっくにご存知でしょうけどね、オルフェーヴルはゴール直前で差されて2着でした。」
弟「本当に、直線向いて突き抜けた瞬間は『勝った!!』って誰もが確信したでしょうね・・・」
俺「正直今回の2着は『よくやった!!』以上に『悔しいいい!!!!!』2着だったね。スポーツバーでの観戦会
  だったが、ゴール前の絶叫凄かったもん。」
弟「差されるオルフェーヴル、この負け方は想像ができませんでしたからね。」
俺「そうだなぁ。ロンシャンの直線の長さを恨むよ。抜け出した後に内にササって、更にソラ使って減速したところ
  を目標にされちゃったからなぁ。」
弟「ペリエめぇえぇ・・・」
俺「勝ったのはキャメロットでもサオノワでもなく、単勝42倍の人気薄のペリエ騎手騎乗の牝馬、
  『それ見や』。」
弟「ソレミアです!!!!!」
俺「ペリエが『へっへーん、ソレ見ぃやっ!!』って勝ったと思うと腹立つな。」
弟「変なところで発想力使わないで下さい!!」
俺「なんか、リアルタイムで見てたわけではないが、ダイユウサクの有馬記念てこんな感じだったんだろうなぁ。」
弟「『なんかきた』って感じですか。」
俺「『来るなー!!来ないでくれぇー!!』って感じと言った方が正しいかな。」
弟「なるほど。」
俺「今回の挑戦は万全を尽くして、それが全て上手くいって、ゴール手前のわずかな誤算のみで負けてしまった。
  これが競馬なんだなぁって改めて思い知らされたよ。だからスポーツバーに集まった人達もゴールの瞬間は
  物凄い落胆したけど、すぐに健闘を称える大きな拍手に変わった。この瞬間、これを企画して良かったって
  凄く実感したよ。」
弟「簡単なものじゃないですもんね。」
俺「このレース、実は見所がもう一個あるんだよ。」
弟「見所?」
俺「まず、見直すと悔しさが蘇っちゃうかもしんないけど、レースを見直してみようか。」



弟「ペリエめぇええ・・・」
俺「いや、そうじゃなくてさ・・・」
弟「ドコのこと?」
俺「アヴェンティーノ&クラストゥス騎手のサポート。」
弟「ああ!!」
俺「結果的にこの馬が居なかったらどうなってたかって思える程、献身的なフォローをしてたんだよね。」
弟「今回は前に行きませんでしたね。」
俺「つまり前に行けない時点で、オルフェーヴルのレースフォローに回ったんだよね。その姿勢がもうある意味
  泣けるレベル。
弟「そんなに?」
俺「まずスタートした後の長い直線。ここでアヴェンティーノは中団に位置するんだが、もうクラストゥス騎手は
  アヴェンティーノにレースさせる事を全く考えず、オルフェーヴルの位置を確認する為に何度も後ろを見る。」

aventino2.jpg
向う正面の直線、後ろを見るクラストゥス騎手(真ん中の赤い帽子)

弟「ああ、見てる。凄い見てる。」
俺「大外枠を引き当てたオルフェーヴルの最大の不安は、もちろん逸走と壁が無い場合のかかりだよな。」
弟「そうですね、前科持ちですもんね。」
俺「オルフェーヴルが後方の外側に位置しているのを確認したクラストゥス騎手は、すぐその防止策へ移行
  するんだ。このロンシャン競馬場2400mの最大のワナ、『フォルスストレート』、既に一回経験しているが、
  やはりここでかかってしまうのが怖い。そこでアヴェンティーノをオルフェーヴルの外壁にした。」

aventino1.jpg
コーナーを曲がりながら外に出て、オルフェーヴルの横に付けるアヴェンティーノ(一番右)

ロンシャン
ロンシャン2400m図解。通称『偽りの直線』フォルスストレート。ここで我慢できないと負ける。

弟「一頭だけコース取りが変でしたもんね。」
俺「別の馬にかぶせられるのも阻止できる。外からただ、オルフェーヴルを本物の直線にエスコートする為
  だけに、見守る様に走るアヴェンティーノ。もう泣けるレベル。」
弟「役割を果たしているんだ・・・」
俺「もともと勝負になるレベルの馬ではないんだ、1600万下条件で勝ちあぐねている同厩の帯同馬だからな。
  だから、『偽りの直線』ではもう追いていくだけで必死だ。それでも最後の緩いコーナーまでオルフェの
  外を必死にガードしたんだよ。」
弟「健気・・・」
俺「最後の緩いカーブを回りながら、アヴェンティーノはオルフェーヴルに『GO!!』と言うかのように、
  更に外に逃げて後退していったんだ・・・」

aventino3.jpg
フォルスストレートから最後の直線へのカーブ、役目を終えて壁を外すアヴェンティーノ
オルフェーヴルはここから外に出してスパートを掛ける

弟「凄いチームプレイだったんですね・・・」
俺「それでも、勝負というのは非情なものだね。日本国内では絶対に見られないチームプレイで望んだのに
  あとちょっとって所で差されてしまった。アヴェンティーノは今回与えられた役目をきっちりこなしたけど、
  オルフェーヴルは最後の最後まで伸び切れなかった。夢と現実を一片に見た気分だったよ。」
弟「本当にお疲れ様でしたですね。」
俺「ねぎらいの言葉をかけるしかできないが、これでよりオルフェーヴルの強さを実感したって人も多い
  だろう。凱旋門じゃ話にならんよって言ってた人も大勢居たんだ、その舞台であの脚を見せてくれた
  んだから。悔しいって気持ちも大事だし、いいレースをありがとうと感じるのも大事だよ。」

★余談

弟「観戦会はどーだったんですか?」
俺「ちっちゃい店だけど大盛況に終わりました。」
弟「それはよかった。」
俺「サンデーレーシングの勝負服で来てた人も居たな。」
弟「す、すげぇ気合いだな・・・」
俺「で、そこのマスターがな、この日の為にオリジナルカクテル、その名も『オルフェーヴル』を考案。」
弟「おおー、粋じゃないですかー。」

俺「ゴールドテキーラにフローズンカルーアを
  ブチ込んだだけの殺人兵器だったがな。」


弟「・・・アルコール度数何度なの、ソレ。」
俺「推定60度。」
弟「・・・」

俺「お客さんに出す時にいちいち『強いよ』って言うんだが、
  恐らくそれがやりたかっただけと思える。」


弟「身の回りに普通の人居ないんですか、アンタは・・・」
俺「フツーッテナニー?」



※皆さんお疲れ様でござんした。裏方やってたから全然お客さんと話せなかった、残念。
banner1.gifbanner1.gif
どっちのランキングも応援クリックよろしくお願いします!!


[ 2012/10/08 22:41 ] 結果 | TB(0) | CM(10)

アヴェさん…

凱旋門賞レビューあざっす!
ついったーで質問したアヴェさんの立ち回りの件、とってもわかりやすかったです。
クラストゥス騎手が後ろを振り返るシーンは、競輪でよく見る共闘みたいでしたねー。

で、また素人質問で申し訳ないんですが、何故アヴェさんは明らかに格が違うのに出走資格を得られたんですか?
教えてエロい人!w
[ 2012/10/08 23:36 ] [ 編集 ]

TILTOWAITさん、約1週間本当にお疲れさまでした!
僕はと言えば、TILTOWAITさんのおかげで大変充実した日々を過ごしましたよ。
ありがとうございました!

オルフェーヴルはとても残念でしたが、もし来年があるのなら池添さんで優勝を
みてみたいなあと妄想しています、そしてあの伝統芸を。。。
オルフェも加減してあげてね!

ペリエさんもさすがですね、でもペリエさんが勝つときはTILTOWAITさんが書いている様に馬自体にハハハハハハハハと勝ち誇ったような笑い声がまとわりついてるような。。。
僕もずーっと考えていた事なんです。
長文失礼しました。

[ 2012/10/09 00:03 ] [ 編集 ]

>たどーさん

コメントどーもっすー♪

さぁ質問攻めですね。コイツぁ厄介だ!!ウソですスイマセン。
さて凱旋門賞の出走資格ですがね・・・

フルゲート割れてれば、格下でも登録してあれば出れます。

もちろん格はありますので、フルゲート以上になった場合真っ先に切られるのはアヴェさんですが、今回直前にスノーフェアリー、デインドリーム、ナサニエルといった強豪が相次いで様々な理由で出走回避、フルゲート20頭を割ってしまいました。だから出れたんです。
もちろん「ハイハイ、出る出るー」って簡単に登録するワケではありません。出走登録には結構な金が掛かります。つまるところ「出走頭数がフルでなければ、金払って出れる」のが凱旋門賞なんですね。今回も出てましたがオブライエン厩舎のロビンフッド。コイツも完全にオブライエン軍団のペースメークをするためにだけ出走してます。アヴェさん、コイツにだけは勝てましたね。
[ 2012/10/09 00:30 ] [ 編集 ]

>じゃすたうぇいさん

今ふと思ったんですが・・・

毎日王冠でジャスタウェイ買ってなかったんですか!?じゃすたうぇいさん!!
ストロングリターンからってのは見ましたけど・・・確か複勝1000円以上ついてましたよ・・・?

それはともかく、池添騎手ってのはやっぱりスゴいですね。善臣先生の次に来る先生は池添先生だと、
そう思ってます。持ってますよ、この男は(笑)。
海外騎手の中でもペリエ騎手は非常に勝負どころをたぐり寄せるのが上手い気がします。デットーリ騎手、デムーロ騎手はパワー、ペリエ騎手とルメール騎手はウマさってイメージを勝手に持ってます。スミヨン騎手はバランスが抜群にイイですけど、馬との相性がありそうなんですよね。ピンナ騎手は気性難(笑)。
[ 2012/10/09 00:41 ] [ 編集 ]

一瞬、夢を見ました…

今日もブログ更新ご苦労様です。

いや何と言えばいいのか…「よくやった」とも言えるし、「あと少しだったのに」という思いもある複雑な気持ちです。正直、オルフェには期待はしてませんでした。よくて3着くらいまでが精一杯だろうと。他の有力馬がいなくなってもそう思ってました。それは、ディープが負けた時、「凱旋門賞はこんな怪物でも勝てないのか」と愕然としたからです。あの絶対的な強さを持ったディープでさえダメだったのだから、オルフェには無理だろうなと思いました。比較はできません。オルフェも強い馬であることは充分わかっています。でも、期待値は前者の方が上だということはいえると思います。(テレビも地上波のみだったし)

でも、終わってみれば俺にとっては予想外の結果でした。2着。クビ差?外を回って唸るように突っ込んで先頭に立った姿を見た時には「勝った」と思いました。だからこそ、複雑な思いが未だに残っています。それと同時に「オルフェは本当に強い」ということを教えられました。ごめんなさい。

記事にあったオルフェの直線での違和感、そしてアヴェンティーノの献身的なアシストにはなるほど!と思いました。俺は「何でペースメーカーなのに前行かねーんだよ」とか勝手に一人で文句たれてました…

_| ̄|〇
[ 2012/10/09 00:52 ] [ 編集 ]

>アキさん

レースを見てた人達の気持ちで一番多い感想、何か教えてあげますよ。

「何でだーーーーー!?」

もうね、確実に勝ったと思わせて負けちゃうんですから。ある意味最高にこの馬らしいと言えばらしい感想です。
確かにディープに関しては「この馬が負けるワケがない」ぐらいの安定感がありました。それに比べてオルフェーヴルって馬は何やっても納得できちゃう。それこそ「スタートと同時に落馬」でも「ああ、オルフェーヴルだなぁ」になれる変なヤツです。ミスターシービーでもウオッカでもオグリキャップでもない、オルフェーヴルという個性の万能さは、「どんな結果でも許される」トコロなんですよねぇ。それだけに今回はショックですよね、誰もが「勝てたじゃん!!」って一瞬思ったことでしょう。でも負けてしまった。そこで思ったのはやっぱり「オルフェーヴルだもんなぁ」でした(笑)。
最早「人間だもの」並ですよ。「アヴェンティーノが居なかったらどうなってたか解らない」。確かにそうなんです。キッチリ仕事してくれてたんですよね、アヴェさんは。オルフェを勝たすためだけにここに出てきたんだから。送りバントの名手の様に見えましたよ。ただ・・・もし居なかったら何してくれたんだろうな、と考えさせられるのもオルフェーヴルの魅力なんですよね。だってこの馬、オルフェーヴルだもの。
[ 2012/10/09 01:23 ] [ 編集 ]

僕にとってジャスタウェイは、神なので馬券を買うなんて恐れ多い。。。
というのは嘘で、僕にとってのジャスタウェイはマンガに出てくるアレであり、おっちょこちょいなものなんです。書いてる自分がよく分かってないですが。。。

このマンガのアニメの脚本家が馬主さんで、福永さんとジャスタウェイを持ってる写真を
見つけて笑ってしまいました。

でも僕も馬券の買い方をもっと考えなければ。。。そんなについてたんですねえ。
僕は馬券下手です。。。

今思えば、ペリエさんほど勝負に貪欲な騎手はいないかもですね、隙を見せたらスッパリいかれそうな。。。
[ 2012/10/09 19:35 ] [ 編集 ]

おすすめ~~(^^)/

管理人さん! 表を素っ裸は流石にマズイんで、久しぶりにマンガ書いて、その中で走り回ってみては・・・

最近、マンガなくて寂しいよ(>_<)
[ 2012/10/09 20:51 ] [ 編集 ]

>じゃすたうぇいさん

あ~、銀魂の!!あのアニメは相当ブッ飛んでて好きですよ。ガンダムも好きです。

まぁ馬券は取れた方がイイですよね。全く当たらないよりは。ハッハッハ。


俺のコト、完全にバカにいてるでしょおおおおお!!!???色付きの文字
[ 2012/10/09 22:19 ] [ 編集 ]

>saiさん

文を書く5倍の時間を要します。いやPCの具合がイマイチさんでねぇ、ソフトの起動や動作がやたら
遅いんですよ。

実は夏前にPC買い換えたんだけど、肝心のイラレのディスクが・・・傷いっちゃってて入れらんない・・・
フリーソフトでGIMPってのを落としたんですが勉強中です・・・
[ 2012/10/09 22:24 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/139-71d3b55f











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。