目黒記念と九州ダービー栄城賞の予想

★さぁダービーですが、先日お伝えした通りです


俺&弟子「やんねえよ。」


俺「いや、やるけど見せねえよ。」
弟「また去年と同じくですか?」
俺「一応、当たった場合に後出しになるのはイヤだから、レース直前に印だけでもツイートしようかな。」


弟「あたんねえよ。」
俺「わかんねえよ。」



弟「そんなワケで、日本ダービーの予想はどうやらレース直前になるそうです。」
俺「でもお前の予想はなんとなく読まれちゃうんじゃないの?」
弟「なんで?」
俺「本命をダンビュライトにするんだろ、悩んでたみたいだけど白帽のユタカさんは無敵なんだろ。」
弟「うう・・・」
俺「図星。」

弟「ユタカさん、ごめんなさい…ダンビュライトは▲です…」
俺「あああああああああああ。」


弟「確かにダンビュライトはいい内容で皐月賞3着、低評価を覆す走りを見せてくれました・・・でも、どうしても勝利を狙える
  様には思えないんだよぉ・・・!!」
俺「あーあ。デシちゃんあーあ。」
弟「本命は別の馬です。」

俺「ダンビュライトをナメんなよ、てめぇ。」
弟「ああああああああああああああ」


俺「俺から言わせればだ、皐月賞の3着でようやく掌返す連中とは一緒にされたくない思いだ。あの時に3着に来て結構
  驚いてた人多かっただろ、俺はこの馬を推してたんだよ。複勝買ってなかったのは痛恨ですよ・・・」
弟「師匠は皐月賞の対抗一番手にダンビュライトを挙げてましたもんね。」
俺「この馬に関して言えば、きさらぎ賞、弥生賞の3着でちょっと決着ついちゃったって誰もが思ったんだろ。俺の中では
  朝日杯から弥生賞までの3戦で異常に成長したって見方ができたから皐月賞で対抗打てたんだよ。今のこの馬、一度
  負けた相手には二度と負けないって感じがするんだよね。」
弟「朝日杯の時はまだ完成度が低いって印象だったんでしょ。」
俺「あの時と比べたら脱皮したって印象すらあるもん。晩成っぽい血筋なんだろうなと思ってはいたけど年越してから
  一気にキタね。これでユタカさん続投で1番枠なんだろ?皐月賞の着順もあってそこそこの人気になると思うと、俺は
  悔しくてしょうがないんだよ。『皐月賞では軽く見てただろーが、お前ら』って。」
弟「・・・」


俺「というわけでね。」
弟「予想を伏せる意味とは。」



俺「例によってではありますが、日本ダービーでは自分の予想を楽しんでもらいたいワケです。我々の予想ではなく。」
弟「そういうことだそうです。」
俺「このレースぐらいは予想自慢の人にただ乗っかるだけじゃなくて、どうか自分で予想をイチから組み立ててほしい。
  ここはそういう予想自慢な場所じゃないけれど、あまり人に影響したくないという気持ちで予想を伏せさせてもらい
  ます。あんまし意味はないかもしれないけどね。」
弟「意味ないよ、だって予想言っちゃってる様なモノだもん。」
俺「いやぁ、わっかんねぇよぉ。全然違うかもしんないぞぉ。」

弟「それはそれで意味がおかしくなると思う・・・」
俺「さて、ダービーの予想は見せませんが、日曜日は他にも重要なレースがあるんです。これも毎年のことだけど府中最終の
  目黒記念、そして地方競馬ダービーの初戦である九州ダービー栄城賞、この二つのレースの予想をしましょう。」
弟「目黒記念の師匠の本命はもう決まってるんでしょうけどね。」
俺「個人的にはダービーよりも大事なレースです。」


★4度目の目黒記念、9歳馬ヒットくんの挑戦

弟「ヒットくんですね。」
俺「もちろんヒットくんです。」
弟「でもこの枠は・・・」

俺「どんだけシャダイさんはヒットくんを恐れているのか。」
弟「そういうことなんでしょうか・・・」


俺「悲しすぎる・・・昨年から9番より内の枠に入れてもらえないとはどういうことだ・・・」
弟「オレンジ帽が多いですよねぇ・・・」
俺「それでも応援したいよ、相性のいいレースなのは間違いないんだから。」
弟「4年連続の出走で掲示板をハズしたことがないレース、この目黒記念では内側の枠じゃなくても頑張ってますね。
  勝ったのは1枠だった時だけど。」
俺「ひょっとしたら、ここがラストランかもしれないしな。」
弟「どうしてそんな悲しいことを言うんですか?」
俺「ダコールのパターンを考えると、得意舞台でもしもダメなら引退って考えがあるんじゃないかなって。ダコールは小倉
  大賞典でそれまで確実に3着以内に来ていたんだ、そのレースで大敗を喫してしまい引退になっただろう。」
弟「だこー・・・」
俺「それとヒットくんの目黒記念は一緒なんだよ。」
弟「確かにカブりますね・・・ノースヒルズの考えにあるかもしれない部分ですね。大体もう9歳なんだし。」
俺「ただこの枠だ。」
弟「うーむ。」
俺「ひょっとしたらここで大敗しても、良馬場で内枠引くまで
  引退しないかもしれない。」

弟「得意な条件が揃ってこそのヒットくんだもんね。」

俺「ここで負けても全部枠のせいにできます。」
弟「もう周知されてるもんね、ヒットくんが内枠巧者だって。やっぱりこの枠になっちゃったってことは下げるしかないのかな、
  ここまでも外枠が多かったけど頑なに下げてラチ沿いを確保するレースしてるよ。」
俺「恐らくはそうなるだろうな、思い切って前に出してレースしてほしいって希望もあるけど、ここまでのレース見てるとそこ
  までしてラチ沿いにつけなければいけないんだってことになる。」
弟「ラチ沿いを走れなくても前に出るって作戦は完全にナシなんですね。」
俺「内側も差し馬ばっかりだから前に出してもワンチャンスあると思うんだけどなぁ、このメンツ。出しながらラチ沿い取れ
  ればいいんだけど、そもそも出脚がいい馬ではないし、それで外を回らされてしまうというリスク考えたら多分やんない。」
弟「難しい子ですね、ヒットくんは・・・」
俺「だから、ここは他力本願になるけどメイショウカドマツ頼みになるんだよね。」
弟「おめでたいカドマツ、前走で久々の復帰ですね。この馬も故障さえしなければ長距離戦線を賑わす一頭になれたんだ
  ろうなー、でもよく戻ってきてくれました!!」
俺「そう、よく戻って来てくれた。そしてよく目黒記念に出てきてくれた。一昨年の目黒記念、レースを引っ張ったのはこの
  カドマツ、そして勝者はヒットくんなのだ。」
弟「おお。」

俺「おめでたいカドマツがおめでたい逃げを
  打てば、おめでたいレースになるのだ。」

弟「おめでたい逃げとは一体。」


俺「おめでたいレースをしろ、カドマツ!!」
弟「まぁ、スタート切れば間違いなくハナに行くのはカドマツなんでしょうね。単騎での大逃げも考えられる。」
俺「問題はそれに続く隊列がどうなるかだよなぁ、単騎で離しての先頭になって、中団馬群が縦長になるとヒットくんは
  全然届かねーよって位置になってしまうだろう。カドマツに食らいついた団子状態で直線向くのが理想なんだけど。」
弟「2番手どの馬かなぁ?」
俺「マイネルサージュハッピーモーメント辺りが前に行くだろうけど、断然コワイのがワンアンドオンリーだな。」
弟「田辺騎手の負傷でノリさんとのコンビがダービーデイに復活・・・フラグビンビンだよねぇ。」
俺「それに今年のノリさん、重賞競走で結構先行するんだよな。できれば前に行ってもらいたいね、このコンビが前に行けば
  先行への警戒が強くなって馬群自体も前に出るだろう。でも単純にこのコンビ自体が恐ろしい。」
弟「ですよね、ここで勝ったらドラマだ。」
俺「ノースヒルズ的に勝たせたいのはこの馬なんだろうなぁ・・・つーか、この布陣おかしくね?」
弟「ノースヒルズの布陣ですか。」
俺「ダービーデイの復活が望まれるワンアンドオンリー、得意レースで一発を狙うヒットくん。」
弟「うん。」
  

俺「そしてラニユタカ。」
弟「変な名前にするな。」



俺「なぜラニユタカがここに。」
弟「芝でどうなんだろうか・・・あまりいいとは思えないけど・・・」
俺「この3頭を鞍上で見ると、正直ヒットくんはどうなのかなぁって思えてしまうワケだ。確かに大野騎手とのコンビでは重賞
  勝利の経験があるけど、やはりノリさんとユタカさんという東西の二大巨頭が同門の二頭に騎乗してるとなると、あまり
  いいイメージはできないんだな。」
弟「まぁ、枠順の時点でネガティヴになっちゃうのは解るけど、そこまで悲観的にならなくても。本命なんでしょう?」
俺「そうだね、自信を持って応援したい。枠は悪いがいい流れも生まれている。」
弟「おお、それでこそ師匠です。で、いい流れって何?」


俺「クラレントに総賞金抜かれちゃったんだ。」
弟「どういうことだよ!?」



俺「同じ勝負服の古豪クラレント、先日の京王杯SCで2着と頑張りました。この馬も立派だよねぇ。」
弟「頑張ったね、クラレント!!」
俺「この激走でヒットくんの総賞金はクラレントに抜かされてしまったのだ。実はこの2頭には妙な因果関係があるのよ、
  好走時期が物凄くカブるんだ。」
弟「・・・成績見ると本当だから困る。」
俺「クラレントは8歳、ヒットくんは9歳。ヒットくんにとっては生意気な後輩なのだ。同じ勝負服の現役馬では賞金王争いを
  し続けているこの2頭、抜かれたら抜き返さねばなるまい。これはヒットくんにとって最大の起爆剤なのだよ。」
弟「いくら抜かれちゃったの?」


俺「40万。」
弟「掲示板で逆転できるね。」



◎ヒットくん
○ウムブルフ
○ワンアンドオンリー
○メイショウカドマツ

ワイド◎から 枠連1-7 7-7 7-8 ◎単複



弟「なんか珍しいことになってる。」
俺「外枠にステキななかよしグループができてるよね。メイショウカドマツにムスカテール、レコンダイトという古豪揃い。
  その中にヒットくんとワンアンドオンリーもいるワケです。正直言って狙いたい馬が皆外枠に入った出馬表を見た時は
  ブッ倒れるかと思いました。」
弟「だから枠連とワイドなのか・・・単複は買ってるけど、これじゃヒットくんがちょっとかわいそうなのでは?」
俺「もちろん勝ってほしいと願ってる。でももう9歳だ、この目黒記念出走でヒットくんは連続重賞出走回数が35回になり
  ナイスネイチャを抜いて新記録になる。ここまで頑張ってこれただけでもスゴイことだからね、今はもう勝利を願うって
  ことよりも、とにかく無事に頑張ってくれればそれでいいって気持ちが強いな。」
弟「勝ったら師匠泣いちゃうでしょうね。」
俺「泣いちゃうだろうなぁ・・・また泣かせてくれよ、ヒットくん!!」
弟「ボクも応援しますよ、予想じゃ切っちゃってるけど・・・だこーの分まで頑張ってもらいたいな!!」

俺「とにかくクラレントを抜こう!!」
弟「いい目標があって良かったですね・・・」



弟子予想
◎モンドインテロ
○サラトガスピリット
○カフジプリンス
▲ヴォルシェーブ、アルター、ワンアンドオンリー

三連複◎○から



俺「なかなかイヤラシイ予想をしたものだね・・・」
弟「走ってきたレースと内容、そしてこの枠を考えたらモンドインテロが掲示板に入る可能性が最も高いと思いました。勝ち
  切れない部分も強いから三連複で。基本は内目の枠の馬で組み立てましたね。」
俺「ヒットくんがいない。かなしい。」
弟「予想と応援とは別です、ちゃんと応援しますよ。一番勝ってほしいのはヒットくんなんだけど、どうしても予想上では印を
  打てないんですよ。」
俺「まぁ確かにね、ここまで2ケタ着順を積み重ねてしまったし、外枠に入ってしまっては希望も持ちにくいよ。普通は切る
  だろうな。俺も買い方は抑えてるし、やっぱり今までと見え方は違うもの。」
弟「師匠はそこを踏まえた上で本命打って応援してるんですから。勝てる様になる理屈も見つけてさ。」
俺「しかし意外だな、ダービーでユタカさんを本命にしなかったのならここでラニを狙ってくるかと思ってたんだけど。」

弟「予想と応援とは別なんです・・・」
俺「まずちゃんと走るかどうかだもんな・・・」


弟「目黒記念はノースヒルズの勝負服に注目ですね、色んな意味で。」
俺「俺にとっては大事な思い出のレース、今でも一昨年の目黒記念の映像はよく見るんだ、元気がもらえる。」
弟「あの時みたいになるといいですね。」
俺「9歳のヒットくんにもう一度なんて贅沢は言えないけど、もしできるのなら・・・ダービーよりも夢を見ちゃうレースだね。
  頑張ってほしいな。」
弟「応援しましょう!!だこーもきっと応援してくれてます!!」

俺「クラレントは応援してくれねぇんだろうな…」
弟「その方がヒットくんも燃えると思います!!」



★そして地方ダービーシリーズ開幕 第一戦は佐賀の栄城賞

俺「日本ダービーってことは地方競馬もダービーシーズン。今年はダービーウィークからダービーシリーズと改め、
  6/20までに渡って各地方のダービーが行われるのです。」
弟「おお、それじゃこれまでとレース密度が違うのか。ありがたい。」
俺「昨年まではここから毎日ダービーの予想してたからなぁ、ハズし倒すとやつれちゃうのよね、連日だと。」
弟「どのような開催日程になっているのでしょう。」
俺「こちらをご覧ください。」


ダービーシリーズ2017 特設ページ


弟「なんか多くなってませんか。」
俺「結局殺す気なんです。」



弟「あれ・・・8会場だっけ・・・?」
俺「これまでダービーウィークに組み込まれていなかった高知と、新設された金沢のダービーが仲間入りしました。」
弟「なんてことだ。」
俺「ダービーウィークならぬダービー月間になったのだ、飛び飛びなのも結構ツライものがあるぞ。」
弟「でも連日よりはいいんじゃないの?このスケジュールだと結構予想できそうだよ。」
俺「要するに殺す気なんでしょう。」
弟「当てることをちょっとは考えてください。」

俺「さて、そんなダービーシリーズの初戦はいつも通り佐賀、九州ダービー栄城賞ですね。中島アナの実況でダービー
  シリーズは開幕するんだ。」
弟「3年前だっけ、とんでもない荒れ方したの。」
俺「うん、あの時は絶対的な存在が居なかったからな。そこからの2年は当地の雄が制し、割と平穏な配当になってる。
  多分今年もそこまでの波乱は起きないと思うよ。」
弟「佐賀で無敗のスーパーマックス、この馬が断然の一番人気になるんでしょうね。」
俺「確実にそうなるでしょう、多分勝つと思う。でも、佐賀でこんなに強く映る馬が南関戦ではアッサリ負けてしまっていた
  時は切なくなったものだよ。」
弟「それだけのレベル差があるんだねぇ。」
俺「その南関勢が中央から転厩初戦のキャプテンキングに羽田盃を持っていかれたのだから諸行無常よのう。」
弟「誰なんですか、それは。でも、そういう格差があると解ったとしても、スーパーマックス本命は揺るがないんですね。」
俺「本命は揺るがないけど、勝てる可能性のある馬は居る。前走でスーパーマックスの2着だったビーザライトな。俺は
  この2頭を軸にしよう。」
弟「勝てる可能性があるって、前走1秒差ですよ。結構な着差付けられてるから勝負済みと見ていいんじゃないの?」
俺「それこそこの馬はキャプテンキングみたいなもの。道営でデビューして大井を走り、前走が佐賀転厩初戦なんだ。
  そして大井で走ってた頃の戦績で言えばスーパーマックスと差がない。」
弟「なるほど、でも気になるのが鞍上です。前走は佐賀の重鎮、山口勲騎手でしょ。今回は竹吉騎手になってる。」
俺「そこよね、俺も気になった。山口騎手がハクユウロゼに乗るのは仕方ない、元々こっちの主戦だからね。気になるのは
  この手替わりでビーザライトは大丈夫なのか、騎手レベルはガクンと落ちるのではないかって点だ。」
弟「失礼ではありますが、全くその通りの印象です。」
俺「そこで調べてみた、竹吉騎手はビーザライトを管理する山田厩舎の所属騎手で山口騎手は東厩舎所属だ。ならば
  山田厩舎の馬での山口騎手の成績はどうなのか。」
弟「ふむ。」

俺「結構コロコロ転がってた。」
弟「表現なんとかなんないの。」


俺「佐賀は山口騎手買っておけば当たるって言われるくらい、山口騎手まみれの戦績になる日もある。そんな中にあって
  山田厩舎と山口騎手の相性は決して良いと言えない戦績を残してるんだ。」
弟「なるほど・・・」
俺「竹吉騎手は山口騎手と比べ確かに頼りない印象もある。でも、それこそ3年前の大波乱でブービー人気のテッドを2着に
  連れてきたのが竹吉騎手なんだよ。ここまでは手綱に恵まれなかった感もある、今年はかなりチャンスなんじゃない?
  厩舎的にも勝たせたいって意欲が強いと思うな。」


◎スーパーマックス
◎ビーザライト
▲ロトスキャンダル、オヒナサマ、ハクユウロゼ

三連単◎1,2着→▲3着



俺「3番手候補筆頭は牝馬2頭だとは思うんだけど、侮りがたしはロトスキャンダル。スーパーマックスに打ち負かされて
  意気消沈したような成績が続いていたけど持ち直してきたね、出せるタイムも上がってきたし3着ならば。そしてここも
  昨年同様、真島大輔騎手だからという理由を適用させてもらおう。」
弟「ふーむ、スーパーマックス以外は正直わからない。」
俺「ならば騎手で選ぶといい。佐賀はそれで当てられる。」
弟「わかった。」


弟子予想
◎スーパーマックス
○ハクユウロゼ
○ガブリキック
▲ロトスキャンダル

三連単◎1着→○2,3着→▲3着



弟「ホントだ!!あたりそう!!」
俺「あたりそうだ・・・」



弟「師匠、ありがたうございます。あたりそうです。」
俺「まだ当たってないからね。」
弟「あたるといいな。」
俺「お互い、当ててダービーデイを締めくくりたいものだね。そしてダービーが終わったらこのブログは5周年だよ。」
弟「そういうことになるか・・・」
俺「おめでたく、その日を迎えたいよね。」


弟「毎年こんなコト言ってるけど、結局こんな
  コトを5年もダラダラと続けていたのか…」

俺「5周年って、なんか重いよな…」







※おめでたく5周年を迎えるぞ!!



[ 2017/05/28 00:47 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(3)

では、WINS行ってきます(半年ぶり)
[ 2017/05/28 06:08 ] [ 編集 ]

今年も良いレースになると良いですねダービー。

そしてその後ヒット君が勝てますように。
9歳馬の目黒記念勝利、うーん格好良い。
[ 2017/05/28 07:24 ] [ 編集 ]

そのまま!

東京競馬場の馬場に!

6Rは見事に外の馬が伸びました。
あれを目黒記念で見たいですね。
ヒットくんの素敵な写真をまた撮りたい!
ワンアンドオンリー×ノリさんも楽しみです。

ダービーは、パドックで勝つ!と言っている馬を見つけたら買います。
[ 2017/05/28 14:31 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1402-12a6e96f