Derby Series 2017 東海ダービーの予想

★ロゴタイプ、おしかった・・・

俺「安田記念連覇まであとちょっとだったなぁ・・・でも、こういう馬を応援し続けられるって幸せよね。」
弟子「師匠はずっとロゴちゃんを見ていましたからね。」
俺「元はと言えば、彼が大好きだったローエングリンの子ってところから始まってるんだけど、そういう続き方をしてくれる
  のが競馬のたまらないところだよ。」
弟「好きな馬の子を、また好きになる。ヒトでもスポーツ選手や芸能人、それこそ騎手でも2世は存在しますけど、馬の場合は
  上手く言えないけどちょっと違う。こういう感覚は競馬ならではのものなんでしょうね。」
俺「やっぱりどうしても過去に応援してた馬の産駒には目が行っちゃうよなー、トランセンド産駒とか見つけると『おっ』
  なっちゃうもん。」
弟「なかなかそれでも、その父親の様になってくれる可能性は少ないですが。」
俺「あるいは父親を超えてくれるとか。ロゴタイプはそれを実現してるんだもの、しかも長い間勝利から見放されたた時期も
  あった。昨年の安田記念は驚きと感動を与えてくれたけど、今年は更に驚かされたもん。」
弟「この高速決着であわやの逃げ切り、強いレースをしましたねぇ。」
俺「勝ったのがサトノアラジン、ここにも執念を感じたね。サトノダイヤモンドの登場までサトノと言えばG1を勝てない冠の
  代名詞、その代表格とも言える馬の初戴冠だ。ゴール前の200mでグレーターロンドンが馬群割った時にはイケるって
  思ったんだけど・・・苦労人のワンツーには敵わなかったか、しょうがないよな。」
弟「どの馬達もまだ応援できるよ。」
俺「そうだねぇ、それに新馬戦も始まった。楽しいね、新しい種牡馬達の産駒を見るのは。」
弟「その中からまた応援したくなる馬がいっぱい出てきます。」
俺「ロードカナロアノヴェリストが新種牡馬としていきなりデビュー戦勝利したんだよなー。」
弟「おお、スゲェ!!」
俺「で、今年は何といってもオルフェーヴルの子供たちがデビューするワケだ。」
弟「ふむ!!かっこよかったオルフェーヴル、きっと凄い子が出てくるでしょう!!」
俺「こんな感じで、俺がローエングリンからロゴタイプへ繋がった血を応援できる様に、デシちゃんが現役を知ってた馬の
  子供達がデビューしてくるワケさ。もうフリオーソルーラーシップの子は昨年にデビューしてるけど、こういう馬達が
  どんどん増えていくんだよ。」
弟「応援したい子達が増える。困ってしまいますね。」
俺「よぉし、俺がオススメの新種牡馬産駒を教えてあげよう。」


ザワールド


弟「おおお、なんか凄い大物感溢れる名前じゃないか・・・ジョジョっぽい。」
俺「この馬はスゴイぞ。新馬戦で2着を2秒もちぎったんだ、ここから先も要注目の一頭ですよ!!」
弟「怪物だ!!」
俺「こんな名前で女の子ってのもソソりますね。」
弟「新馬戦はそこまでチェックしてなかったな・・・で、新種牡馬産駒なんですよね?いったい何者なんですか?」


俺「佐賀でデビューしたシルポート産駒だよ。」
弟「佐賀のシルポート産駒。尋常ではない味わい深さだ。」



俺「新馬戦と言っても中央だけじゃないのだ、門別ではエスポワールシチーの産駒が既に3頭勝ち上がっているぞ。」
弟「そういう部分では地方の方が面白いかもしれないですよね、種牡馬の幅が広くて。」
俺「やっぱり中央だとある程度の選別が成されてる感じがするからね、その点で地方は血統的に混沌としてる。中央
  専門の人に地方競馬勧める時によく使うのが血統なんだよね、○○の子が走ってるよって言うと驚くことがある。」
弟「中央じゃなかなか見れない血統に、地方でなら出会えるってことか。」
俺「格は違っちゃうけど、そういう舞台でなら以前応援してた馬の子供たちにも会えることもある。あわよくば大活躍する
  かもしれない。九州ダービーを勝ったリーチザクラウン産駒のスーパーマックスみたいにね。そりゃー、叶うことなら
  中央での活躍が見たいんだけどさ。」
弟「血統好きの目線からだと、地方の面白さは中央と違ったものになるのかもしれませんね。」
俺「これから予想する東海ダービーなんか正にそれだよ。出走馬の血統を見るだけで楽しいんだもん、こういうレースは
  中央じゃ考えられないからねぇ。」


★地方ダービーの中でも予想の難所、東海ダービーです

俺「中央競馬は安田記念が終わり一段落だけど、地方競馬はここからがアツイのだ。ダービーシリーズ2戦目は名古屋の
  東海ダービーです。」
弟「確かにこの出馬表は中央じゃお目にかかれないな・・・」
俺「いいですねぇ、しかも種牡馬が全体的に新し目なのがいい。」
弟「地方で困ったらサウスヴィグラス・・・と思ったらサウスヴィグラス産駒も居ません。」
俺「でもフリオーソ産駒が3頭も居るよ。」
弟「地方では大活躍してますね、フリオーソの子供たち!!」


俺「コスモスはどこ。」
弟「やめたげましょう。」



俺「結構オールマイティに走る馬を出してるな、フリオーソ。中央でも7頭が勝ち上がってる。」
弟「すばらしい!!」
俺「まぁ、ここで中心視できるかと言われると疑問だけどね。どうしたものか。」
弟「成績で見ると駿蹄賞を勝ったドリームズラインと、中央から転厩してきて好走を続けているサンタンパが中心になりそう
  ですね。駿蹄賞が波乱の結果なのが気になるところですけど。」
俺「そこなんですよねー。」
弟「そこになりますか。」
俺「名古屋競馬のジンクスとして、駿蹄賞馬はここ数年で東海ダービーを勝てていなかった。ちょっとした呪いに近いものが
  あったんだな、昨年カツゲキキトキトが駿蹄賞とダービーを制したけれど、そこから遡ると2006年という間隔が空く。」
弟「ふむ。」
俺「今年の駿蹄賞馬であるドリームズラインも結構怪しいんだよ、勝つにしろ負けるにしろ僅差なのはいいところなんだけど
  圧倒的な強さは欠けてると見れちゃうからな。しかも基本的には差しの競馬をする馬、前走はかなり前が流れて展開が
  ハマったとも思える。メモリーミラクルみたいな飛ばし屋が不在なのは、この馬にとってはよろしくない。」
弟「大畑騎手がドリームズラインとサンタンパの主戦で、その大畑騎手が今回ドリームズラインに騎乗してるのは?」
俺「そこも悩みどころだよなぁ、岡部騎手は最近パッとしないし。でも個人的にはサンタンパの方が脚質で考えても筆頭なの
  かなって考えてる。」
弟「父ウォーターリーグ・・・何者ですか?」

俺「あのウォータールルドのお父様だぞ。」
弟「いや…『あの』って言われましても…」


俺「中央オープンで9歳ながらに頑張ってるじゃないか、重賞にはまだ出走してないけど。」
弟「なんか聞き覚えがあるってくらいです…ごめんなさい…」
俺「ウォーターリーグ自身も日本の競走馬。重賞勝ちこそないものの、2001年のユニコーンSでは4着になったりそこそこの
  活躍をしていた馬なんだよ。」
弟「渋いなぁ。」
俺「でもなー、この2頭が馬券圏内から消えるってパターンも結構考えられると思うのよね。」
弟「サンタンパの方も?」
俺「距離伸ばしていいかと言われたら疑問なんだよ、パフォーマンスの良さが見えるのは1400m戦でマイルだと危うい感じ。
  距離だけで見ればドリームズラインの方が合ってそうな気がするね。」
弟「なかなか煮え切らないのですね。そういう時はこの2頭ですんなり決まっちゃったりするものですよ。」


俺「…お前、単純によく解らないからこの2頭で
  いいやって予想をしてるんだろ。」

弟「ハァイ。」



俺「だと思った。」
弟「だってわからないもん、とにかくこの2頭の安定感は間違いなさそうって思ったのだ。」
俺「東海ダービーは地方ダービー予想の中でも難所なんだぞ。人気通りのワンツーが滅多にないのだ、そんなレースで
  人気になるであろう2頭が怪しいのだから、ちょっとは疑った方がいい。」

弟「難所じゃないダービーってドコですかぁ?」
俺「完全にバカにしてやがる…!!」


弟「こういうコトを師匠が言いだしたら大体人気通りになるものなんです。」
俺「思い当たるフシがあり過ぎて反論できねぇ・・・でもな、敢えて狙わせてもらうぞ。予想の冒頭でも言ったがメモリーミラクル
  の不在は他の馬にも大きく働く、この馬が居ないことで俄然色気が出る馬が本命だ。」


◎サザンオールスター
○サンタンパ
○カツゲキマドンナ
▲ケイサンパルプンテ
▲ドリームズライン

三連複◎○から うまふく◎から



俺「特攻型のメモリーミラクルが引っ張らないのなら出番があるのはサザンオールスター、無理のない先行ができれば
  一角崩しは充分と見た。前走は古馬相手に控える競馬をしたけど、やはり持ち味は先行してこそでしょう。引っ張る
  馬が速過ぎなければ残り目充分だと思います。」
弟「葵ちゃんのカツゲキマドンナにもチャンスありますかね?」
俺「それこそこの馬にとってメモリーミラクルが目の上のたんこぶみたいなモノだからねぇ、サザンオールスターとこの馬は
  駿蹄賞でメモリーミラクルの玉砕にお付き合いした様なものだし、見直してもいいだろう。」
弟「そして謎のケイサンパルプンテ。」
俺「上がりをちゃんと出せる時とそうでない時の差が激しい馬だよな。まぁこの馬も先行した方がいい馬だし、この枠なら
  変な控え方しないだろう。サンタンパも距離を考えたら無闇には飛ばせないだろうし先手の兼ね合いが結構カギを握り
  そうなレースだと思うよ。」
弟「駿蹄賞みたいなレースにはならないだろうということですね。」
俺「そうでございます。」
弟「それはまぁ解らなくもないけど、だからと言ってドリームズラインが前を残すレースをするとは思えないですよ。割と
  早めに捲って動けばここも勝機だと思います。」


弟子予想
◎ドリームズライン
○サンタンパ
○グレイトデピュティ
○アペリラルビー

三連複◎軸 うまふく◎から



弟「馬券圏内をハズす怖さがあるとすればサンタンパの方だと思います。そしてメモリーミラクルを予想のカギとして
  考えるならグレイトデピュティの巻き返しを予想、前走は大敗しましたけど2走前はメモリーミラクルの逃げを捕えて
  勝利してますからね。あとは有力牝馬のアペリラルビーを抑えます。」
俺「まぁ妥当な予想かもしれない。」
弟「ここで当てて水曜の東京ダービーにつなげるのだ。」
俺「そうだねぇ、そしてダービー全滅は免れたいものです。」


弟「難所じゃないダービーを取ればいいんじゃ
  ないですかねぇぇぇ?」

俺「このコムスメめ、食っちゃうぞ。」





※葵ちゃんに頑張って頂きたいですね



[ 2017/06/06 01:09 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(4)

No title

ロゴタイプ舐めてました(照 )
 
ほんと今が成長期なんじゃないかと思う強さ(笑)
 
川田は人気もなく自分の競馬に徹する事が出来たかな。

藤沢厩舎の復活。そしてサトノがG1勝ちをしたのなら次は…ふっふっふっ


東海ダービー!

難所です(笑)

例年、駿蹄賞からたかだか100m延びるだけなのに駿蹄組があてにならない。

師匠が言うようにペース次第で着順が変わるのが東海ダービーっ言えよう!

◎ドリームズライン

確実に末脚を使うドリームズライン。

前走はかなりの勝ちっぷりで『JDD』を考えた時に少しでも『楽しみ』があるとしたらこの馬ぐらいだろう!
是非とも『強いマクリ差し』を決めてもらいたい!と言う願望が強いところです(照)

ドリームズラインが『勝ち』に行けば 『差し有利』になると見る!

◯クインザドリーム
ここ2走はらしくないところであるが5走前にはドリームに差し勝っている。
今年、地方を賑わすフリオーソ産駒だけに距離延長に仕掛けやすそうな外枠で巻き返しを期待したい!

▲アペリラルビー
前走のじぎく賞の大外一気は圧巻!
詰まったローテは不安であるが力さえ出せれば!

△カツゲキマドンナ
どんな展開でも堅実駆けする。
兄同様どこかで化けてまおかしくない!

△サザンオールスター
駿蹄賞は展開が厳しかった。
今回は楽に先行出来そうで残り目も!
ブリンカー+シャドーロール着用で勝負気配あり!

馬単
④→⑪

三連複
④→⑧⑨⑩⑪

三連単
④→⑨⑪→⑧⑨⑩⑪
[ 2017/06/06 13:07 ] [ 編集 ]

目指せ、ダービーシリーズ初勝利!

これまでの2戦を見た時に、馬券に絡む要素としては「他地区」が有るのではないかと考えました。
佐賀では騎手、門別は馬でした。

アペリラルビーは前走、園田の重賞を勝っていますね。この馬を中心視します。
ただドリームズラインの強さと安定感は無視できませんよね。他にも何頭も騎乗した事の有る大畑騎手が乗るのも材料ですよね。

マルヨアキト、サンタンパを相手とします。


◎アペリラルビー
◎ドリームズライン
▲サンタンパ
▲マルヨアキト

三連単で
◎→◎▲→◎▲の組合わせ12点でいきます。
[ 2017/06/06 13:46 ] [ 編集 ]

おめでとうございます!!!

東海ダービー、お師匠さんと弟子ちゃん共に的中でしたね。本当におめでとうございます。

さあ、この勢いで明日の東京ダービーと明後日の北海道スプリントカップの的中を目指しましょう。


自分はこの後の大井をどうするか考えます。まあ、その後もミッドナイトオートレースが有…いや、こっちはまだ会員に成ってないやw
[ 2017/06/06 17:23 ] [ 編集 ]

ザワールドといえば昔武豊が原作をつとめたダービージョッキーって漫画で
最後に出てきたライバル馬を思い出す
[ 2017/06/06 19:02 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1409-f54f07af