スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シリウスSの予想

★日曜日は凱旋門賞!!なんですが・・・

俺「さぁどうしたものか。」
弟子「どうしたものかも何も、海外競馬の予想は結構スキなんでしょ?」
俺「なんだろう、この感情。」
弟「どういう感情?」
俺「いや、あのね。海外馬券が買える様になったのは競馬的にはウレシイことだと思うのよ。そこは間違って
  ないんだよな。俺としても知識幅が効くし、それこそ結果的にはハズれちゃっても面白がれる。」
弟「うんうん。」
俺「で、いざ買える様になって、何度か買ったワケだ。」
弟「ドバイや香港、メルボルンカップも発売されてましたね。」


俺「やっぱ、無知って大きいぞ。」
弟「なんという当たり前の概念だ。」



俺「見慣れた馬の中に知らない馬が何頭か加わるレースならまだしもだ、ほぼほぼが見慣れない馬で構成された
  出馬表で予想するのはやっぱり大変なんだよね。」
弟「そりゃそうなりますよね。」

俺「競馬は投資だとか抜かしてる奴がこのレースで
  自信満々に予想垂れてる時点で蛇足だよ。」

弟「あああああ師匠だあああああ!!」


俺「で、サトノダイヤモンドが前哨戦のフォア賞でいいところ見せられず負けてしまった。シャンティイの馬場
  が重く、仕上げも完全ではなく、レース中にトラブルがあって軽く怪我を負ってしまった中での敗北。とは
  言っても日本の競馬ファンの落胆は大きい。事実、俺もこれでは本番も厳しいと感じた。」
弟「うん、ショックだったな、あのフォア賞・・・」
俺「でも、予想の上では厳しいという判断なんですけどね。」
弟「はい?」
俺「俺はねー、正直に言いますとサトノダイヤモンドみたいな超が付く程の良血馬自体が好みじゃないんです。
  それは普段からココを見てる人には解るハズ。そんな俺でも、やっぱり日本代表として挑戦する彼を応援
  したいんですよ。」
弟「それはいいことだと思います!!」

俺「今までの凱旋門賞挑戦馬の中で、一番
  そういう思いが強いですね。」

弟「そこはちょっと謎かもしれない!!」


俺「あのさぁ、こういう海外挑戦に対して変に斜に構えた自称通みたいな人って必ず出てくるじゃん。とりあ
  えず日本馬の挑戦をバカにしとけばいい、オッズ吸ってくれてオイシイわー
みたいな姿勢の人。」
弟「あああああ。」
俺「そういう人にとって、サトノダイヤモンド程バカにしやすい馬は居ないんだよな。フォア賞での敗戦を見て
  まだ信じてるの?プークスクス
みたいな目線を当てやすい。いや、俺も厳しいとは思うけど。」
弟「ううむ、ちょっと腹は立ちますけど、その意見が正解である可能性は低くないと・・・」

俺「いや、バカでもそう思って当然であり、偉そうに
  上から言うことじゃないんですよ。」

弟「それはそれでサトノダイヤモンドに失礼かと。」


俺「むしろあのフォア賞を経てもサトノダイヤモンドを信じているファンの方が素敵じゃん。友達になるとしたら
  そういう人の方がいいよ。そういう人の方が一緒にお酒飲んでもおいしいんだよ。」
弟「さっき自分はサトノダイヤモンドみたいな超良血は好みじゃないって言ってたけど?」
俺「要は、予想に関して『この馬は来ない』が先に立つ人よりも『この馬が来る』が先に立つ人の方が、俺と
  しては楽しく接しやすいかなーってこと。そして『この馬が来る』が先に立つって意見を否定しない人
  一番話をしてて楽しい人なのかーと。」

弟「あ、誰に対する文句か解った。」
俺「アイツは文句ばっかで何もできねぇんだ。」


弟「・・・ひょっとしてあのバカがサトノダイヤモンドをバカにしたんですか。」
俺「ええ、そうです・・・蝶々結びもロクにできないバカでもそういう発言ができてしまうんです・・・」
弟「なるほど、右折と左折の区別もできないバカが、そういうことをエラそうに言ったワケですね。」
俺「さすがにサトノダイヤモンドに頑張ってほしくなったのだ。こんなバカに『バカでも解る』と言い放たれて
  いい馬ではないハズだ。」
弟「ええ、そうです。『バカでも解る』が解らない程のバカですから。」
俺「予想はしない。今年の凱旋門賞はサトノダイヤモンドを応援しよう。サトノノブレスも。」
弟「ひょっとしたら純粋に応援したい馬を応援するのが一番面白いかもしれないね、海外って。」


俺「当てたきゃ地方やりゃいいんだ。」
弟「そういうオチを付けたかったのか。」



★で、土曜日はシリウスSですが・・・

俺「さぁどうしたものか。」
弟「デジャヴだ。」
俺「いや、このレースなんだけどさ。」
弟「地方がお好きならこういうメンツはお得意と言えるでしょう。」
俺「うん、そうなんだよ。」
弟「!?」


俺「予想が出馬表見て4秒くらいで決まったんだ。」
弟「!!!!!!!!」



俺「いや、当たるかどうかは別だよ?でもコレで本当にいいのかどうか。」
弟「どどどどど、ドユコト!?!?」
俺「出馬表っつーか、出走登録の時点でもうこれでいいんじゃねーかって。」
弟「オッズは・・・?」
俺「ああ、さっき見た。まぁそうなるよなって感じ、前売りでも人気になってる組み合わせだわ。」
弟「人気サイドなんだ・・・」

俺「ただねぇ、当たらないと思う。」
弟「なんか色々とおかしいよ!?」


俺「いやでも、他に予想しようにもコレでいいから別にいいんじゃないかってなっちゃうし。」
弟「・・・どういう予想?」
俺「ピオネロミツバ。あとはマスクゾロが崩れるか崩れないか。」
弟「ふむ。」


俺「以上。」
弟「終わった!!」



◎ミツバ
◎ピオネロ
☆マスクゾロ

三連複 ワイド◎同士



俺「他に予想のしようがないんだよ。」
弟「いやいやいや、そんな簡単な力関係じゃないでしょ!?」
俺「そうか?」
弟「アンタレスSを勝ったモルトベーネとか居るじゃないですか!!」
俺「ああ、居るねぇ。」
弟「そういう馬はどうなると・・・」


俺「気付かなかったわー。」
弟「無茶苦茶だよ!!」



俺「見え方なんだよなぁ、この3頭以外の影が薄い。そりゃモルトベーネはアンタレスSを勝ってる、2着は
  コリアカップを優勝したロンドンタウン。でもあのレースはミツバでノリさんがおさんぽしていた印象
  の方が強いぞ。そのせいでレースもおかしな流れになってただろ。」
弟「マスクゾロを前走で破っているトップディーヴォは?」
俺「外枠引いただけで嫌っていいんじゃないか。内枠に入ってないから気付かなかったよ。」
弟「・・・ピオネロはエルムSで7着ですけど。」

俺「エルムSはオヤコダカしか見てねぇ。」
弟「いやそれ何の理由にもなってないから。」


俺「安心しろ、もう完全に直感だ。そして俺の直感は当たらない。でも変える気も起きないんだわ。」
弟「まだ日本テレビ盃の方が理屈を述べてましたよ。」
俺「馴染み深い馬に目が行っちゃうのよね、最近。ここの場合はそれでイケちゃうんじゃないのって結論。」
弟「すげーな、その発想も。」
俺「で、それが人気サイドだったってだけ。まぁしょうがないかって感じだよ。」


弟子予想
◎マスクゾロ
○モルトベーネ
▲スリータイタン
▲ミツバ
▲トップディーヴォ

三連複◎○から 馬連◎から



弟「モルトベーネは阪神成績見ても充分だと思うんだけど・・・」
俺「そうなんだー。」
弟「不安があるとしたらダート中距離のデムーロ兄貴。」

俺「そう、それ。俺が言いたかったの、それ。」
弟「師匠、母上に似てきましたね。」




★はい、おまけです

俺「チルちゃんのー、地方競馬ピックアップレースのコーナーどっかぁーん。」
弟「ほんぺんです。」
俺「本命に関しちゃ絶好調のコーナーでーす。」
弟「前回は挙げた2頭が見事に勝ちましたが。」

俺「岩橋勇二って人を許しません。」
弟「みんな、よかったね!!馬券当たってないって!!」


俺「さて、土曜の地方ですけども。まぁ先読みする人ならば今回のこのコーナーでどのレースを紹介するか
  気付いちゃうんでしょうね。」
弟「そういうものなのかなぁ。」
俺「固そうな軸を挙げちゃうコーナーですから、割と解りやすいレース選びになってますのよ。」
弟「土曜開催する地方競馬場は・・・お、佐賀やってる。師匠の大好きな佐賀。」
俺「ほほう、デシちゃん!!お目が高い!!」
弟「ふむ、ここのメインの玄界灘賞ですね!!」


盛岡4R フューチャーステップ2歳
◎マコトハインケル




俺「どっかーん。」
弟「盛岡4R・・・」



俺「まぁ確かに玄界灘賞はキョウワカイザーvsイッセイイチダイって感じだからね、ここはイッセイイチダイ
  の山口勲騎手に対しキョウワカイザーの真島騎手がどれだけ可愛がりするかが肝だから。」
弟「メイン近辺のレースになると思いきや4Rとは・・・」
俺「この馬は多分、そこそこのオッズを示してくると思います。ここで紹介する馬としては穴狙いになるかな。
  単勝オッズは10倍前後くらいになるかなぁ。」
弟「お、そういう馬持ち出してきたか!!」
俺「マコトハインケルは道営デビューのマコトスパルビエロ産駒。激渋血統の芦毛馬ですよ。」
弟「このレース、芝の1000mですよ。大丈夫ですか、その血統。」
俺「ここで推すのは前走で目に付いたからだ。盛岡芝マイルのジュニアグランプリでなかなかいい脚を見せて
  くれた。門別1700mで大敗してる経験があるからか、レース自体は消極的に見えたな。」
弟「ふむ。」
俺「道営でも1200m戦なら大きく崩れていない。1000m戦なら思い切ったレースできるでしょう、前走で敗れて
  いるベストロードよりも距離は合っていそうだ。この馬と中央未勝利からの転厩初戦のトーセンアスター
  強敵になるかな。連軸かワイド軸で検討したいですね。複勝一点もアリか。」
弟「今のところ、ここで挙げた本命馬は5頭の内の4頭が1着、1頭が2着。事前にガチガチ人気馬を選べてる時点で
  スゴいけど、勝率もスゴいね。やるじゃん師匠。」


俺「結果が伴わないと意味がねぇんだ…」
弟「切実ですね。」





※スプリンターズSでは荒くれた予想をしたいです



[ 2017/09/30 01:52 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(1)

No title

あんまりバカにされてると逆に応援したくなる気持ちはわかりますね~。

なんせ『地方馬』はいつもバカにされてますから(泣)

ダイヤモンドは馬場さえ良ければまだ可能性はある!と思ってたんすけど天気は下り坂のようで・・・

マコトハインケルは4着すか(笑)

盛岡芝は未知数で 好きですよ(照)

3時休憩中に盛岡最終レースの出走表を見てたらなにやら『違和感』が・・・

ダ 1000mなのにやけに前走で『芝1000m』に出走してた馬がいる・・・

ぁあ!これは『芝1000m』が『ダ1000m』に変更になってんだ!

この面子なら村上の馬でも足りるだろう!
頭はグラディスで堅い!
対抗は村上だ!


・・・・いや頭て(泣)


明日は『弟子ちゃんの旦那賞』に注目ですかね?(笑)
[ 2017/09/30 20:33 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1434-3723d545









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。