スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スプリンターズSの予想

俺「やっぱり馬柱見てバカになっちゃう様じゃダメだ。」
弟子「ブランクがあり何度か更新して、ようやく何かを取り戻しましたか。」
俺「直感を疑ってこその推理なのだよ、デシちゃん。」
弟「おお、しゃらくせえ。それでこそ師匠です。」
俺「しゃらくせえに全部集約されてないかい?」



シリウスS 結果
1着 メイショウスミトモ
2着 ドラゴンバローズ
3着 ピオネロ → 俺◎


俺「まぁ、到底今の俺には当てられない結果だな。コレは。」
弟「実績馬から入った予想になったらお手上げですもんね・・・このレースがここまで荒れるとは。」
俺「最初からさー、人気サイドでキメ打ちした挙げ句に多分ハズれるなんて言ってりゃこうなるんだよ。」
弟「やっぱり予想するからには自分の予想を信じないとダメなのかもね。」
俺「そーね。でもそれだって簡単なことじゃないよ、簡単ならば手数が少なくなるハズだろ。」
弟「ふむ、自信の無さが手数の多さになるのか。」
俺「あるいは、このレースは荒れる、荒れないの二択で、荒れると踏んだら手数を広げる。それもまた自信の現れ
  だと言えるから、一概に手数の多さも否定できない。ボックスって買い方がそれだよね。」
弟「お、師匠が屁理屈を述べだしたぞ。これはいい傾向だ。」
俺「いい傾向ですか。」


弟「言うだけ言って玉砕するエンター
  テイナーが戻ってきたかもしれません。」

俺「戻りたくねぇな。」



弟「ここのところ師匠の予想、おもしろくなかったですから。」
俺「そこまでストレートに言われると流石の俺でも凹むんだぞ。」
弟「凱旋門賞にしたってそうです、お祭りみたいなものなんですから野暮はどっかに捨てちゃいましょう。」
俺「買うのぉ?」
弟「ボクはサトノ二頭の単複買って応援するんだ。昨日師匠が言ってた通りの話ですよ、サトノダイヤモンド
  には嘲笑してる人達を見返してもらいたい。」


俺「俺はオーダーオブセントジョージからワイドで
  プラムトとサトノダイヤモンドだけど、思った以上に
  オーダーオブセントジョージが人気してて困ってんだ。」

弟「結局予想してるんじゃねーか。」



俺「なんでこんな人気集めてんだよ、昨年はデットーリ騎手だから3着に来れた様なモノだって赤ん坊でも
  解るだろ。今年はオブライエン坊ちゃんだぞ。超が付く程の大穴だって自覚無いのかよ。」
弟「でも師匠の軸なんでしょ。」
俺「そうだぞ、俺の本命だから嫌うがいい。それにしても昨年なんでワイドという選択肢を選ばなかったん
  だよ、俺ってやつは。」
弟「復讐ですね。」
俺「逆に撃沈して頂きたいわ。オブライエン坊ちゃんだぞ。
  南関で言えば川島正太郎坊ちゃんだぞ。」

弟「自分が当てることよりも、多くの人間がハズれることを
  望む・・・これでこそ師匠です(うっとり)」

俺「お前だって人のこと言えねーだろーが。」
弟「まぁまぁ。でもなかなかのターボがかかってきたんじゃないんですか?その言いっぷり。」
俺「お互い呑気にしてる場合じゃないだろ、再開してから固いオッズの馬券もロクに取れてないんだからな。」
弟「それ言われちゃうとボクは腰が引けちゃいますけど・・・」
俺「今年のスプリンターズSはアレだぞ、固く狙っても馬連より難易度高い馬券当てればそこそこのオッズに結び
  つくハズだぞ。三連単ならどう狙っても万馬券以上になるんじゃねーか。」
弟「確かにそんな感じですね。でも、と言うことは波乱含みでもあるというコトになるのでは?」
俺「荒れねぇよ。」
弟「ふぇ!?」


俺「荒れたってのは予想をハズしたヤツの捨て台詞だ。
  どんなオッズでも予想通りに当てた人間にとっては
  荒れていないってコトだ。当てるぞ俺は。」

弟「随分チャージかけてきましたね…!!」



俺「このレースは荒れますなんて言い方がそもそも矛盾してんだよ、オッズが大きくても自分が信じた馬が
  来たら自分にとっては波乱でも何でもねーだろ。当たり前のことだろ。」
弟「かっけー・・・」


俺「大体、普段から荒れ過ぎなんだよ。俺の予想が当たら
  ないってのは、俺にとってそういうことなんだ。」

弟「かっこわりー…」




★群雄割拠!!スプリンターズS

俺「今年のスプリンターズSは絶対的な本命不在、みたいな言い方されてるけどさ。」
弟「ロードカナロアみたいな馬はなかなか出てきませんよね。」
俺「俺としては全体的にハイレベルな基準を持ったスプリンターが揃った様に見えるのよ、面白いレースに
  なると思うなぁ。」
弟「突き抜けた怪物みたいな馬が居ない代わりに、粒は揃ってるってこと?」
俺「うん。その個々が決して低レベルにも見えないよ。」
弟「高水準なスプリント戦であると。」
俺「日本代表スプリンターが香港遠征で負けちゃっただけで低レベル戦みたいな言い方されるのはシャクだよ。
  確かにロードカナロアは今思い返しても凄かったけどね。」
弟「ふんふん。」
俺「この辺の物差しの当て方次第で掌がグルングルン回るヤツが多いんだよなぁ。」
弟「今日はアナーキーですねぇ・・・」
俺「結局、レッドファルクスがどんだけ強いレースしてもナメられ気味なのって血統のせいだろ。父が
  スウェプトオーヴァーボードの馬が頂点に居るのが納得しにくいんじゃねーの。」
弟「そういうことってあるのかなぁ?」


俺「うん。俺がそうだもん。」
弟「お前かー。」



俺「信じにくいよねー、スウェプトオーヴァーボードは。」
弟「血統好きから見ると、異端と王道以外の一般兵部門に属しそうな種牡馬かもしれませんね。」
俺「パイロ。パイロ臭がする。」
弟「地方好きにとっては解りやすいかもしれない。」

俺「いや、もう疑えるレベルじゃないんだけど妙に疑っちゃうんだよなぁ。」
弟「昨年の覇者であり、今年は短距離重賞で堅実な成績を残して連覇に挑んできてるんですよ。」
俺「その、今年のローテが二足わらじで成功しちゃってる部分がね。それも高松宮記念は稍重、京王杯SCは
  重、安田記念は良馬場で好時計って流れ。器用さは付いたけど、純正スプリンターとしてどうなのよ。」
弟「別路線、別距離、様々な馬場をこなしちゃったのが逆に不安だと。」
俺「それなら昨年のスプリンターズSで最内枠からもがき続け、鞍上自身が自分のミスだと言い放ったビッグ
  アーサー
の純正スプリンターとしての底力に期待したくなるんだが。」
弟「おお、久々のビッグアーサーですか。」
俺「やっぱりこの馬の方が単純に強いって気がするんだよね。ステップ使えなかったのは頂けないにしても。」
弟「ふむ、ビッグアーサーが本命か。確かに攻めた予想かもしれないね。」
俺「・・・正直に言うと、どっちかで悩んだんだよな、本命。」
弟「レッドファルクスかビッグアーサーで?」
俺「ここの常連さんなら解るでしょう。でも、『いやいやまさかここでもその馬ってことは…』って目を向け
  られそうではあるな。」
弟「ゑ」
俺「だが揺るがぬ。」
弟「ま、まさか・・・」


シュウジ


俺「ジョウジです。」
弟「シュウジでしょ!!」



俺「馬本来のスケールはやっぱり大きいと思うんだよな、シュウジ。」
弟「で、でもここ2戦があまりにも・・・」
俺「そうなんだよなぁ、それが結構ショックではあった。もうシュウジに伸びしろなんてものは無く、この
  まま終わっちゃうのかなぁ、なんて思ったりもした。でも大敗には原因があったんだ。」
弟「そうなの?」
俺「シュウジはDDSPだったそうだ。デシちゃんは知ってるかな?」


弟「どんどこスペシャル。」
俺「そう、どんどこスペシャルだ。」



弟「なんということでしょう、シュウジはどんどこスペシャルだったのですね。それはたいへん。」
俺「そうだ。」
弟「ああ、なんておそろしい!!どんどこスペシャルだなんて!!」
俺「おそろしいだろう。」


弟「とめてよ!!」
俺「自分で始めたんだろ。」



弟「乗ってくるんだもん・・・」
俺「えー、DDSPとは喉鳴りと総称される呼吸器疾患の一種。雑に言っちゃえば喘息持ちみたいなもんです。」
弟「あー、喉鳴り。聞いたことある。」
俺「走ってて息が苦しくなっちゃうんだね。」
弟「シュウジはそれだったのですね・・・で、そういう症状を治療したから大丈夫だと。」
俺「いや、多分未だに絶賛DDSP持ちですね。」
弟「出てきちゃダメじゃないか!!」

俺「喉鳴りにも色々種類があって、その中でもDDSPは若い内によく起きるけど放っときゃ治るので、手術等の
  処置をしないことが多いそうだ。」
弟「だからと言って危険性を持ったままレースを走るのはどうかと・・・」
俺「一応対策はしてくるハズ。舌縛って出てくるんじゃねーか。」
弟「ベロ縛っちゃうの?余計に苦しそうだよ。」
俺「舌と下顎を縛って固定するというと確かに苦しそうだけど、実際コレはよく見る処置法。コレだけの
  ことで走りが全然変わる馬も多いんだよ。」
弟「ほへぇ・・・」
俺「でもここで更に気になるのが鞍上のノリさん。」
弟「うわ、シュウジの鞍上ノリさんなんだ。」
俺「ノリさんは馬の気分を重視する。それが故に無理をさせずポツンと呼ばれる後方待機策を取ったりする。
  病み上がりの馬にノリさんが乗ってる時点で察しろ、今日は回ってくるだけだ、なんて言われ方をする
  ことも珍しくないね。」
弟「え、それって正に今回のシュウジじゃないか。」
俺「まぁでも、シュウジは病み上がりってワケでもない。それにDDSPという疾患、ノリさんの手にかかれば
  優しい課題ですよ。ノリさんならこう言うでしょう、『DDSPなんか、GDSPに比べたらカワイイものだ。
  俺はGDSPの馬を乗りこなしたんだから』
ってね。」
弟「おお、GDSPとはDDSPよりも厄介な病気なのですね。それを乗りこなすとは流石ノリさん!!」


俺「通称『ゴールドシップ』という病気で」
弟「それゴールドシップそのものだろ!?」



俺「GDSPは非常に厄介な疾患で、発症すると引いても押してもビクともしなくなってしまう。」
弟「うう・・・」
俺「奇怪な行動を取るようになったり、吠えたりもしちゃうんだ。こわいだろう。」
弟「・・・」


俺「この病気の代表例がゴールドシップで」
弟「だからゴールドシップそのものだろ!?」



俺「そんなGDSPのゴールドシップを手掛けた須貝師が、今度はDDSPのシュウジをノリさんに任せたわけです。
  なんという安心感。」
弟「もう勝手にしてくれ・・・!!」


◎シュウジ
○ビッグアーサー
▲フィドゥーシア、レッドファルクス、モンドキャンノ

三連復◎○から 馬連◎から ◎単復



俺「久々にらしい予想をお見せできた気がします。」
弟「気がするじゃなくて、間違いなく師匠丸出しです。」
俺「相手選びにかなり目移りしたけど、やっぱこの辺も混戦なんだよね。フィドゥーシアモンドキャンノ
  強い馬だと思うのよ、前走で人気してたけど負けたからって嫌えない。どっちかって言ったら見直す手を
  重要視したいな。」
弟「混戦なんだよなー・・・ユタカさんはダイアナヘイローかぁ、中山向きって感じしないんだよなぁ。」
俺「先行も激しそうだし、迫力のあるレースが見れそうだよね。」
弟「デムーロ騎手からの手変わりで嫌われ気味だけど、ファインニードルって結構盲点な気が。平坦コースより
  直線に坂がある阪神で好成績出してるし中山実績もある。この馬にしよう。」


弟子予想
◎ファインニードル
○レッドファルクス
○メラグラーナ
▲レッツゴードンキ
▲ダイアナヘイロー

三連復◎○から ワイド◎から



弟「メラグラーナも中山で切っちゃったらまずいですよね。」
俺「メラグラーナはざくろさんですよ。」


弟「ざくろさんがざくろさんをおにぎりに
  するところがみたいなぁ。」

俺「なんか猟奇的だね…」




★おまけ(ほんぺん)

俺「チルちゃんのー、地方競馬ピックアップレースのコーナーふぉあっふぉあぁー。」
弟「わぁい、わぁーい。」
俺「前回で初めて本命が馬券圏内をハズしてしまいました。マコトハインケル4着。」
弟「気楽になったでしょ。」
俺「そういう言い方はヒドイぞ、デシちゃん。俺はこのコーナーぐらい当てていきたいのだ。」
弟「いや、当たってはいないんですけど。」
俺「さて、日曜の地方競馬ですが、ざくろさんはどうやらアタイが金沢最終のプリンセスカップを予想する
  んじゃないかと踏んだみたいですけど。」
弟「ざくろさんが言ってたボクの旦那ってどういうことだ。」

俺「シビルウォー賞です。」
弟「旦那じゃありません!!」


俺「おしい!!今回紹介したいのはそのレースの一つ前のレースですよ!!」
弟「ふむ、金沢か。」
俺「アタイうれしい!!」
弟「なんで?」
俺「このコーナーでこの馬をご紹介できる時が、こんなに早く来るなんて!!」
弟「ほほう、師匠のダイスキな馬みたいですね。早速伺いましょう。」
俺「こちらでございます!!」


金沢10R ほうらい祭り特別
◎オイヌサマ



俺「オイヌサマです!!」
弟「オイヌサマ!!!」



俺「なんてあいくるしいのでしょう、オイヌサマは!!」
弟「オイヌサマはおつよいのですか!?」
俺「オイヌサマは強い相手には滅法弱く、弱い相手には
  とてもおつよいのです!!」

弟「ああ、正にオイヌサマじゃないですか!!」

俺「金沢で現在、短距離から中距離で強さを誇っているメイジンなどの強豪とブチ当たると、その逃げ戦法は
  アッサリ潰されてしまうのだ。でも今回はそういう相手じゃないぞ!!」
弟「オイヌサマでも大丈夫なのですね!!」
俺「しかし気を付けなければならないのが馬場状態だ。オイヌサマは良馬場でこそオイヌサマなのだよ。」
弟「オイヌサマは良馬場がお好きなのですね、では馬場が渋るとどうなってしまうのでしょう?」
俺「Twitterでも言いましたけど!!」
弟「ふむ!!」


俺「重馬場ではせいぜい『オイヌ』止まりだ、
  不良馬場にまでなると『イヌ』になって
  しまわれる!!」

弟「ああ、おいたわしやオイヌサマ!!」





※オイヌサマの為にも好天を願いましょう

[ 2017/10/01 02:25 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(2)

復帰してからのブログ予想で、ざくろさんとニコフさんが万馬券を当てて、師匠もオヤコダカの単勝を当てています。残るは弟子ちゃんなのですが…。たぶん師匠のせいでPTSDに…。
[ 2017/10/01 23:34 ] [ 編集 ]

夏も終わって…

秋のG1シーズンに突入したのでそろそろブログが再開されているかと思い…

うん、安心した!

これからしばらく、また頻繁にお師匠さんと弟子ちゃんの楽しい会話を見る事が出来るのが嬉しいですね。
JRAだけでなく地方競馬でも楽しんでいらっしゃる様なので、今後の記事もまた楽しみにしています。

ところで今日(10/2)の盛岡競馬10Rドリームピンク賞にディープチル号が出走し3着入線を果たしていましたが、馬名・レース名・競争成績の全てに於いてお師匠さんを連想してしまいましたわ。
[ 2017/10/02 17:07 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/1435-63252499









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。