FC2ブログ





秋華賞の結果と血統雑談

俺「何かスゲェ展開のレースだったな・・・」
弟子「チェリーメドゥーサのあの仕掛けは一体何だったんだ・・・」

秋華賞 結果
1着 ジェンティルドンナ
2着 ヴィルシーナ
3着 アロマティコ

弟子が馬単を取ったが完全にガミ

俺「あの奇襲はド肝を抜かされたな。」
弟「スローペースにしびれを切らしたんですかね。」
俺「一瞬、クィーンスプマンテのエリザベス女王杯が頭をよぎったが、あの時とは違って途中からの騎手判断
  だから、これは小牧騎手の勝負勘だろうな。おかげでレースは盛り上がったけど。」
弟「クィーンスプマンテの時は、完全に後方集団の油断ですもんね。」
俺「しかし終わってみれば牝馬三冠の1,2着が全てジェンティルドンナとヴィルシーナって結果に。しかも今回
  ハナ差だぜ。大魔神は悔しいだろうなぁ。」
弟「惜しかったですよねぇ。」
俺「正直事前のテンションでジェンティル今回ヤバいんじゃねーの?って思ったんだけど。」
弟「岩田騎手、振り落とされてましたね。」
俺「発汗もしてたし落ち着きも無かった。恐らくレース内容からしても本来のこの馬のレースはできてないと
  思う。ヴィルシーナは馬体もピカピカで展開も思い切った騎乗でレースの主導権を握っていたに等しい。
  それで負けちゃうんだから・・・やっぱ差はあるんじゃないかなぁ、今回ハナ差と言っても。」
弟「手厳しいね。」
俺「もちろんこの二頭は今後もエリザベス、古馬重賞に挑戦してくるだろう。オルフェーヴルやルーラーシップ
  相手にどんなレースをするのか、かなり興味深いところだな。」
弟「ちなみに師匠が選んだミッドサマーフェアアイスフォーリスは?」

俺「どっちも二ケタ着順だった・・・」

弟「・・・」

★牝馬はディープ、牡馬はステイなワケですが・・・

俺「さて、ジェンティルドンナが三冠を取って、次は菊花賞。クラシック最終戦だのう。」
弟「ゴールドシップでいいでしょ。」
俺「身も蓋も無いな。」

弟「でもディープブリランテは海外遠征でリズム狂っちゃってそうだし・・・フェノーメノは天皇賞だし・・・」
俺「まぁねぇ。ところでここまでのクラシックレースを振り返ってみようじゃないの。」

桜花賞 オークス 秋華賞 ジェンティルドンナ
皐月賞 ゴールドシップ
日本ダービー ディープブリランテ


弟「ディープ凄いなぁ。」
俺「続いて昨年。」
弟「?」

桜花賞 マルセリーナ
オークス エリンコート
秋華賞 アヴェンチュラ

皐月賞 ダービー 菊花賞 オルフェーヴル

俺「ふむ。」
弟「??」
俺「以上の共通点を述べよ。」
弟「へ!?」
俺「めっちゃ簡単なクイズだぞ。」
弟「えっと・・・」
俺「はい5秒前。」

弟「・・・馬!?」
俺「・・・」

弟「ごめんなさいいいいい・・・」
俺「・・・チッ」
弟「血統かなぁと思ったんだけど、アヴェンチュラって確かジャングルポケットの子だったなぁって・・・」
俺「なんだ、イイ線いってたんじゃないか。」
弟「ほえ?」

俺「全て祖父にサンデーサイレンスが居るね。」
※アヴェンチュラは母父サンデーサイレンス

弟「母父かぁ。」
俺「とにかくサンデーサイレンスってのは現象だよな。影響力強すぎだろ。」
弟「母方でも多いですよねぇ。」
俺「母方がサンデーの場合、つけられる種馬はほとんどキングカメハメハかクロフネだよな。」
弟「ああ、そんな印象あるなぁ。」
俺「出走馬全てにサンデーの血が入ってるグレードレースなんて、もう珍しくないもんな。」
弟「そうですね・・・ダービーでありましたよね、それ・・・」
俺「実は現代競馬において、血脈の幅が極端に減ってしまっている現状があるんだ。ダビスタとかやってた
  人なら解るだろうが、種牡馬消滅してしまった、あるいは消滅も同様って状態の系統が非常に多い。」

ネヴァーベンド系
プリンスリーギフト系
リボー系
ディクタス系
ノーザンテースト系
ニジンスキー系
フォルティノ系
パーソロン系


俺「地方競馬に行くとこれらの系統の競走馬の活躍を未だに見ることができるが、正直未来に子孫を残せる
  存在にはなり得ないだろう。」
弟「サクラバクシンオーってプリンスリーギフト系ですよね。後継できる馬、居るんじゃないですか?
  グランプリボスとか。」
俺「高松宮記念馬のショウナンカンプが種牡馬になっているが、現状産駒成績は芳しくないんだよなぁ。」
弟「むう。」
俺「正直、非サンデー系でまともに活躍馬出せてる種牡馬自体、今もの凄い貴重なんだよな。」

非サンデー系のリーディング上位種牡馬(10/14)
2位 キングカメハメハ
3位 シンボリクリスエス
4位 クロフネ
10位 サクラバクシンオー
15位 ロージズインメイ
16位 タニノギムレット
17位 ジャングルポケット


弟「お、2~4位が非サンデー系じゃないですか。」
俺「君はバカか。」
弟「へ?」

俺「サンデー系牝馬につけられるから上位なんだろーが。」

弟「そ、そうか・・・」
俺「それにだ、上位20位までの中でこの7頭以外は全部サンデー系なんだぞ。」
弟「うわぁ・・・」
俺「正直ナリタトップロードからベッラレイアが出た時は凄く嬉しかったんだよな。サッカーボーイからの
  系統がサンデーと渡り合える、これからもっといい馬が出てくるハズだ!!って思ったから・・・」
弟「亡くなっちゃうの早すぎですよね・・・残念。」
俺「ちなみにだね、ブルードメアサイアー(母父 以下BMS)の一位も当然サンデーサイレンスなんだけど・・・
  2位は何だか解る?」
弟「そこまでは流石に・・・」
俺「トニービンなんだよね。」
弟「ほほー。エアグルーヴだ。」
俺「確かに、解りやすい例がエアグルーヴだな。このBMSトニービンには面白い特徴があってな。」
弟「?」

俺「どうもサンデー系種牡馬で爆発しないんだよな。」
弟「!?」

俺「一応なんだけど、BMSトニービンで父サンデーサイレンスってパターンなら二頭のG1ホースが居るけど。」

BMSトニービン×サンデーサイレンスの代表例 = ハーツクライ アドマイヤグルーヴ

俺「これがサンデー産駒の子供となると、G1馬はキャプテントゥーレだけになる。」
弟「でも、他のサンデー以外の種牡馬となら相性はいいってことになるんですか?」
俺「統一性は無いけど、BMSトニービンで爆発的な活躍をしているのはサンデー以外に思えるんだよな。」

BMSトニービンの代表G1馬
アドマイヤドン(父ティンバーカントリー)
トランセンド(父ワイルドラッシュ)
カレンチャン(父クロフネ)
アーネストリー(父グラスワンダー)
ルーラーシップ(父キングカメハメハ)


俺「ほれ、エアグルーヴの子でもザサンデーフサイチとフォゲッタブルはイマイチ君だろ。」
弟「ポルトフィーノはクロフネでしたよ。」
俺「そこに触れちゃダメ。」


俺「さて、ここで更にクイズですよ。」
弟「また!?」

俺「現役の中央G1馬で、血統内にサンデーサイレンスも
  トニービンもキングカメハメハも持たない馬が5頭
  居ます。全て挙げなさい。」


弟「おおおおお・・・って言うか、5頭も居るの!?」
俺「居るんだよねぇ。つまり、この5頭が未来の種牡馬として血統的に面白みがある馬ってことになるんだが・・・」
弟「何、『だが』って。」

俺「種牡馬として大成する気が一つもしねぇんだよな・・・
  どの馬もイマイチ・・・」


弟「そんな悲壮感出さなくても・・・」
俺「答え見てみる?」
弟「うん、考えても出てこない。」
俺「出てこないような馬ってことなんだよなぁ・・・」

答え:テスタマッタ、マイネルキッツ、ストロングリターン、エイシンフラッシュ、エイシンアポロン

俺「な?」
弟「(泣)」

俺「新進気鋭の輸入種牡馬でエンパイアメーカーなんかは結構期待できそうだけど、やっぱ日本で走ってた
  馬の子供だから応援したくなるんだよな。それがここまでサンデーサイレンスとキングカメハメハに
  占領されると、この先どうなるんだって不安はあるよなぁ。」
弟「知っている馬同士の子供だったら、なんかこうロマンがありますもんね。」
俺「例えばナカヤマフェスタの宝塚記念。ステイゴールドの子供がさ、現役時代このレースで影も踏ませてもらえ
  なかったスペシャルウィークとグラスワンダーの子であるブエナビスタアーネストリーを差し切ったあの瞬間。
  ああいうのがいいんだけど、これからそれの幅が狭まっていってしまうって危機感がなぁ。」
弟「種牡馬として、今一番師匠が期待している非サンデー系種牡馬って何です?」

俺「ローエングリン。」

弟「・・・そう言えばそうだったね。」

俺「是非ともダイワスカーレットや
  ブエナビスタにローエングリンをだね・・・」

弟「無いよ(泣)」

★おまけ

俺「実は今日のWIN5は固いと思って100円だけ買ってたんだが。」
弟「一点だけってのがスゲェよ・・・」

win5.jpg

俺「1着、2着、3着、2着、1着・・・」
弟「複勝転がせよ・・・」
俺「京都の10Rだけ荒れると踏んで、カピオラニパレス一点で行ったら2着だった・・・」
弟「・・・」
俺「普通に馬券買っておけば良かった・・・
  セイルラージとの組で馬連5000円もついてやんの・・・」

弟「そんなもんです、馬券って。」



※そして最終、オマワリサンとナンデヤネンの漫才馬券で撃沈。
banner1.gifbanner1.gif
どっちのランキングも応援クリックよろしくお願いします!!

[ 2012/10/15 00:01 ] 結果 | TB(0) | CM(4)

これから…


本当にどうなるんでしょうね。ウィンザーノット、ミスターシービー、タップダンスシチー、ダイナガリバー、ナリタトップロード、タマモクロス、トウカイテイオー。いくら現役で強くても、思い出に残る名馬でも、子孫にいい馬が出なければその血統は淘汰されてしまう。悲しいけれど、これが現実なんですね。

ノーザンダンサー系は母父として、かろうじて生き残っていきそうですが、他は本当に消え去りそう。

今や、サンデーサイレンス系と呼べる程その血は拡がっていますが、この先ゼダーン系(トニービン)、レイズアネイティブ系(キングカメハメハ)、エタン系?(シンボリクリスエス)に配合相手が多いと行きつくところは限られてしまいます。そうではない血統に期待したいところですが、やはりあの5頭ではパンチが足りないとwwがんばれローエングリン…でも、あんなにサンデー×トニービンがイマイチだとは…

ところで、セイウンスカイはどこ行ったんだろ?やっぱり異系統過ぎたんですかね?
[ 2012/10/15 01:27 ] [ 編集 ]

血統はあまり詳しくないですが…

日曜日にデビューしたウオッカの全弟タニノタキシードは種牡馬になったら面白そうだと思います。

エイシンフラッシュなんかは種牡馬の道を目指してのドバイ遠征だったんでしょうか?

あれがなければ秋のG1三連戦の1つはとれたような…。
[ 2012/10/15 01:36 ] [ 編集 ]

>アキさん

お詳しいですな~。
タマモクロスは繋がると思ってました。大物出るんじゃないかなぁと思ってたんですが・・・
サッカーボーイもヒシミラクルの繁殖成績があまりにも残念すぎる内容ですからねぇ・・・

ノーザンダンサー系は国内種牡馬はもうダメかもって感じですけど、サドラーズウェルズの血が海外で元気ですね。メイショウサムソン、大物出さねーかなぁ。

セイウンスカイも種牡馬引退しちゃって、確か昨年お亡くなりに・・・産駒はマイヨールとニシノマナザシの二頭が中央でまだ走ってますよ。どっちも1000万下条件でもがいてます。大物にはなれんなぁ。
[ 2012/10/15 23:46 ] [ 編集 ]

>ごぼーせいさん

その血統だけで種牡馬になれそうですもんね、タニノタキシード。サムライハートみたいに。

ドバイはことごとく日本馬潰しですからねぇ、種牡馬どうこうは考えにくいですが、ここでリズムが狂ったって可能性は大です。
[ 2012/10/15 23:52 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/145-b26ada70