関東オークスの予想

TODAY.jpg

俺「何だこの審判は!!」
弟子「あの・・・関東オークスの予想するんじゃ・・・」
俺「まだね、アレックスが蹴たぐりまわされてPK取られるんなら解るよ、正直PK取られなくてラッキーなシーンは
  何回もあった。」
弟「いや・・・あの・・・」
俺「何なんだこの審判はよ!!」
弟「えっとね・・・タノシく競馬のオハナシをですね・・・」
俺「なんでアレがPKになって、
  オマケに何であんなところで
  試合切るんだよ!!」

弟「いやね、そうじゃなくてね・・・」
俺「なんだよ・・・」
弟「・・・そんな仮面ライダー王蛇こと浅倉威みたいな目で僕を見ないで下さい・・・」
俺「イライラするんだよ・・・」
弟「誰にも通じないから・・・ネ?」
俺「・・・そうか、でも予想する前に、最後に一言いわせてくれよ・・・」
弟「しょうがないなぁ、いいですよ。」

俺「松木ウルセェんだよ!!!」

弟「ハイ、日本対オーストラリア戦の感想でしたぁ♪」

俺「松木ィ・・・ウルセェんだよ!!!!!」

★関東オークスは交流戦ですね
俺「と言うワケで。」
弟「変わり身早いわぁ。」
俺「ここにエミーズパラダイスいたら絶対軸だなぁ。」
弟「しかしえげつない騎手構成ですねぇ、中央勢。」
俺「いやー、華やかだね。ウィリアムズが居るってだけで華やかになるもんだ。」
弟「でも、正直迷うメンバー構成だなぁ。」
俺「そうだねぇ、ダートで牝馬だけの2100m戦て、目移りしてもしょうがないよねぇ。」
弟「買い目決まってるんですか?」
俺「軸2頭はね。」
弟「へぇえ。」

★無謀とか言わないように
俺「まず、切る馬からね。」
弟「はい。」

俺「岩田、ウィリアムズ、横山は切る。」

弟「!!!!!!!!!!」
俺「わぁ、スゴイ顔だよ!!」
弟「コレはウケ狙いでしょ!!!」
俺「いやぁ、距離的にね。騎手で言うとアホみたいだけど馬の性能がなぁ。」
弟「どうしてこうなったと・・・」
俺「まずは岩田騎手のエイシンキンチェム。この馬は兵庫CCで東京ダービー2着馬になるプーラヴィーダから
  2馬身差の4着だね。」
弟「でもプーラだって先頭から5馬身くらい離されての3着で、それを本命って言ってたじゃないですか。」
俺「プーラは伸びて3着。エイシンは下がって4着。今回の距離延長は不向きだ。」
弟「・・・ほう。」
俺「で、ウィリアムズ騎乗のサトノジョリーは血統実績がこの距離ではない。」
弟「そうなんですか?」
俺「そもそもBernardiniの日本競馬実績があまり無いのでなんとも言えんが・・・あとダートだとウィリアムズ騎手の
  信頼性がグっと下がるのが理由でもあるな。」
弟「中央ダート戦で人気馬飛ばしてますね、結構。」
俺「どっちかって言うと『ウィリアムズ人気』な気もするけどね。」
弟「で、今回はノリさんも切ってしまうと。」
俺「今開催の川崎は結構外枠キテるから迷うけども、距離延長がプラスになるようには感じられないなぁ。」
弟「・・・また随分なトコロを切ってきましたねぇ。」
俺「正直に言おうか。」
弟「え?何を?」

俺「抑えはこの三頭の三連単一点にします。」

弟「なぜに三連単を抑えと言うか・・・」
俺「三連複のオッズがチンケだったので。まぁ、明日変わるだろうけど、変わるとしてもより下がるだろうなぁ。」
弟「順番は?」
俺「エイシン→サトノ→パサデナ。」
弟「・・・何故に切る理屈が一番真っ当なエイシンを頭に持ってくる。」
俺「逆にネ?」
弟「うっとおしいわ!!!」

★繰り返します 無謀とか言わないように
俺「じゃあ何を買うか。」
弟「そうですよ、何からいくんですか。マシュマロちゃんですか?」
俺「マシュマロちゃんはカワイイね。」
弟「軸にするんですか?」
俺「えっとね、今回は逃げ腰に攻めます。」
弟「イミフー。」

俺「三連単じゃなくて三連複です。」

弟「おや。確かに逃げ腰・・・っつーかソレで抑えが何故三単・・・?」
俺「ハイ、印はこう。」

◎アスカリーブル
◎グラッツェーラ
▲マシュマロ
▲リカチャンス
▲シラヤマヒメ

◎二頭を軸に▲へ流し 三点


弟「完璧にフザけてますよね。」
俺「変じゃないだろ。」
弟「グラッツェーラって・・・ここじゃムリでしょ。」
俺「ぬかしおるな。」
弟「何ですと?」
俺「コレはな、誰でも思いつく発想なんで得意気に言うのは恥ずかしいんだが。」
弟「はい?」

俺「父フィガロ。」

弟「・・・シンプルっすね。」
俺「東京ダービーでワンツー決めたプレティオラスとプーラヴィーダがフィガロ産駒ってのは有名だな。」
弟「あぁ、それだけで売れちゃうんですよね。」
俺「まだ居るんだぞ。」
弟「へ?」
俺「パンタレイ。京浜盃馬。」
弟「パンタレイもそうなんですか。」
俺「何が言いたいか、おわかりかな?」
弟「勢いのある血統ってこと?」

俺「今年の3歳はフィガロの当り年である。」

弟「な、なんというかフランクな解答ですね。」
俺「種馬の当り年は実在するんだよ。代表例がメジロライアンメジロブライトメジロドーベルが同年のライアン産駒で
  あるというのは有名だし、エアガッツも同年の子だったわけだ。」
弟「エアガッツ!!」
俺「更に言えば一番分かりやすいのがシェリフズスターという種馬。
  代表産駒はセイウンスカイだが、同期にセイウンエリアという馬が居て、日経賞でスカイとエリアのセイウンワンツーを
  炸裂させたりね。ちなみにシェリフズスター産駒で一億以上稼いだのはこの二頭だけなんだよ。」
弟「当り年かぁ、そう言われるとあるのかもしれないなぁ。」
俺「ステイゴールドもここ二年は明らかに当り年だよね。重賞ウイナー連発してるし。でも、その前までは決して
  大当たりする印象は無かったな。ドリームジャーニーの活躍は大きかったんだねぇ。種付け数増えただろうから。」
弟「でも・・・グラッツェーラって。しかも相手にリカチャンスとシラヤマヒメて。」

俺「ダービージョッキーと戸崎さんディスってんのか、テメェ。」

弟「理由がヒデェわ・・・」

弟子予想
◎サトノジョリー
○オールドパサデナ
▲アスカリーブル
△コテキタイ


[ 2012/06/13 02:18 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(0)

立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/15-934ab3dd