FC2ブログ





野次が咲かすは華か血か

※今日の記事は長い上にヘビーです。軽快な音楽でも掛けながらお楽しみ下さい。




俺「先日のジャパンカップの、岩田騎手への裁決が未だに盛り上がってるねぇ。」
弟子「騎手には騎乗停止処分が下り、競走馬には降着、失格無しってのがおかしいって意見が多いですね・・・」
俺「その他にも池添騎手にも非があるとか、これだけに関わらず岩田騎手の騎乗はラフ過ぎるとかね。」
弟「岩田騎手はNHKマイルカップでも、後藤騎手に大怪我をさせる危険騎乗やっちゃってますから、今回の件は
  相当なイメージダウンでしょうねぇ・・・」
俺「よりによって人の目に着くG1競走で一年に二回もやってしまっては、そう言われても仕方無いなぁ。」
弟「JRAへの不満、抗議も結構多かったみたいですね。師匠はどう思ってるんです?」

俺「いやまあ別に。」
弟「随分ド淡白ですね・・・」

俺「思うところがあるなら当日に猛烈に言った上で行動するよ。まぁ確かに俺はオルフェの単勝買ってたし、アレが
  無ければ勝っていたかもという思いもあるが、パッと見で『降着にはならんな』って自分で判断して、その通りの
  裁決だったから。ジェンティルドンナは間違いなく強かったと思うよ。」
弟「まぁ確かにそう言ってましたね。」
俺「あの行為が名勝負に水を差すことにはなってしまったが、アレが無くても三冠馬同士の一騎打ちにはなってた
  ワケだ。」
弟「でも、そんな事言っても納得できない人は沢山居るんでしょ?『そういう事じゃなくて』みたいな論点の差もある
  だろうし。」

俺「いや、俺に言われましても。」

弟「キョトンとしている・・・」
俺「さっき俺が言ったろ?思うところがあるんなら行動に出るって。行動ってのはブログにコメントすることじゃねーし、
  2ちゃんやSNSでギャーギャー言うことは当てはまらない。伝えたいことを伝えるべき相手に伝えるってのが
  出来事に対して行動するって事だ。俺に言うなや。何も出んぞ。
弟「そうですね。ただの愚痴の言い合いと、知識のひけらかし合いになっちゃいますもんね。」
俺「で、俺がこう言うとだ、『どうせそんな事しても結果が変わるワケでも無いだろ?』みたいな事を思う人が居るハズ
  なんですよ。コレってのはつまり『行動しない自分を正当化する言い訳』なんだよねぇ。
  あーヤダヤダ、みみっちいわぁ~。」
弟「うわぁあ・・・」
俺「岩田騎手に不満があるなら岩田騎手に言え。JRAに不満があるならJRAに言え。言っても意味無い奴に言っても
  その通り意味が無い。言葉を届ける努力は自分でしろ。そこまでする必要が無いと思うならネチネチ言うな。」
弟「ごもっともと言えばそうですけど・・・」
俺「行動しない事を正当化して行動しない人達が全員行動したら、ひょっとしたら結果が変わるかもしんないだろ。
  たかが抗議メール200通前後、電話50本程度の抗議でニュースになるんだぜ?抗議した人達の講義内容は
  ともかくとして、言いたいことを言うという行動をしたという点では、ネチネチやってる連中よりマシ。」
弟「変わるかな。」
俺「ひょっとしたらと言ってるだろうが。こう言うと、『何言ってるの?変わるワケないじゃん』って思う人が居るハズ・・・」
弟「流れがイタチごっこ化してますから。」

俺「まぁ競馬に関わらず、よく残念に思うのがスポーツ観戦者の身勝手な観戦姿勢だな。」
弟「どういうことです?」
俺「野球やサッカーにしてもさ、『なんであの球振ってこの球見逃すかな』とか『なんであそこでシュート打たないんだ』
  とか言うじゃない。俺も正直そう思うことはあるんだけど、それを評論家の様にネチネチ語るヤツがまぁ多いこと。」
弟「居ますねぇ~。」
俺「お前ならできるのかよと。なら選手になりゃいいじゃん。
  今やってる仕事より儲かるだろ。」

弟「言い得て妙ですけど・・・そうまで言うってコトはそれだけ真剣に応援してるってコトにもなりませんか?」
俺「一理あるね。観点より感情が先走ると、負け戦は非しか見えなくなる。」
弟「そうなんですよね。」
俺「あと人の深層心理の奥底に、人の非を見て自己を優位にしたいって欲求が少なからず有るんだよな。非難、
  否定により、自己の精神が安定するっつーか。人の不幸は蜜の味ってことわざに近いものがある。」

弟「正に師匠。」
俺「君はそういう目で俺のこと見てたの!?」

弟「常に揚げ足取るコトばっかり考えてるじゃん。」
俺「あのなぁ・・・まぁスポーツ観戦しながらアラばっか探す傾向の人ってのは、劣等感が強いのだと思われる。」
弟「それって楽しいのかなぁって思いますけどねぇ。」
俺「グダグダ言いながら見るっつーのも、楽しみ方の一つではあるんだがな。少なくとも第三者がそんなグチグチ
  言ってる人を見て気分が良くなるかと言えば全くの逆であることが多いワケ。」
弟「なるほどね。じゃあそういう人達だけでコミュニティを作ればいいんだ。」
俺「ヤな集合体だな、ソレは・・・」
弟「でも、そう考えると騎手という職業はツライですよねぇ・・・野次がスゴイじゃないですか。」
俺「俺達は騎手という職業を尊敬している。まぁ茶花したりもするけど、なろうたってなれない職業だし、基本的には
  呼び捨てにできないよ。だから自然と○○騎手って呼んでるだろ。たまーにおちゃらけで呼び捨てるけども。」
弟「でも、普通多くは呼び捨てにされますよね。」
俺「人の金背負ってるからな、人気馬で負けた騎手ってのは多くの人の金を奪った悪人の様に扱われる。賭け事の
  対象になるのだから、騎手はそれを常に覚悟しなければならない。」
弟「あまりなりたくない職業ですね・・・」
俺「そもそもどのような過程で騎手という職業になるか、そこから既に険しいんだよな。ある意味、彼らは若い内から
  養成されて誕生する。厳しい体重管理、身長は伸びない様に工夫し、それで居ながら激しいトレーニングに耐え
  抜いてストイックに磨きぬかれた者にしかなれない職業だ。」

弟「そんな養成を受けて、仕事場になるのが
  俗物集う競馬場ですもんねぇ・・・」


俺「言い方がヒドイね・・・」
弟「そもそも、騎手は野次を受ける覚悟があるのかもしれませんが、野次を飛ばす方にはその資格が無いと思う。
  どれだけ苦労して騎手になったかってコトを考えてないと思います。」
俺「まぁそれがさっき言ったスポーツ観戦者の身勝手なトコロだと思うんだよな。『自分はさて置き』って目線で見る
  から楽しめる。それは確かにあるんだよね、全て立派な人間だとばかり考えながら見るのは堅苦しい。それに、
  資格ってのは発言に対しては影響しないだろう?そこは自由なんだから。」
弟「そうですけど・・・」
俺「騎手の上手下手を口に出す人が居るだろ?コレの面白いトコロはさ、下手って言われてる騎手ほど大レースに
  出ている傾向が強いってコトさ。マイナー騎手は槍玉に上がらないだろ。」
弟「ああ、福永騎手とか。」
俺「何が下手だと思う?」
弟「なんか、プレッシャーに弱いとか、勝ててるのはコネで強い馬に乗れてるからだからとか言われてますよね。」
俺「あとはここ一番でのコース取りとかが悪いとか、勝負に出れないとか言われるよな。」
弟「よく聞きますよね。」
俺「コネ以外は、どの騎手も当てはまるコトがあるよな。」
弟「あああ。」
俺「そもそも福永騎手は父が名手、期待のホープ、メディアの露出も多くルックスも良いという騎手界のサラブレッド
  だよな。嫉妬を非常に集めやすいんだ。」
弟「だからけなされやすいと?」
俺「まぁそれだけじゃないけど、悪いところばっかピックアップされる傾向が強いよね。平場で穴馬乗ったら面白いコト
  するよー、福永騎手は。最終レースとか結構来るし。」
弟「やっぱ大レースの印象が大きいんですよねぇ。」
俺「ワールドエースは福永騎手じゃなかったらダービーを勝てたとかな。ダークシャドウはデムーロ騎手だからジャパン
  カップで4着になれた
とか。そう言いたいんだよね、人って。」
弟「うーん、安直と思うけど。」
俺「岩田騎手は国内ルールだと相当荒い騎乗の騎手だ。だがある意味、海外戦での格闘の様なレースなら最も期待
  できる日本人騎手なのかも、そう考えることもできる。まぁあの騎乗スタイルを若手にも見習ってほしいとは少々
  言い難い面もあるけど、勝ちへの執着心は騎手の中ではトップクラスだとは思う。当然、勝つためになら何を
  やってもいいとは思わないし、岩田騎手自身そう思ってるとは考えられない。そう思ってるなら平場でもっと
  やらかしてておかしくないハズだ。ファイトマネーの事に触れると平場と重賞で雲行き怪しくなっちゃうけど。」
弟「ふむ。」
俺「あとよく言われるのが『アイツ全然真面目に追ってねぇよ、やる気あんのか』と言われる騎手。ヤラズと言われる
  行為だな。これに該当するのが蛯名騎手と横山典騎手。言い換えれば伸びない馬を無理に追わないという、
  馬に配慮した騎乗とも言える。まぁ当人の作戦ミスで伸びないことも多々ある様に思えるけどね。」
弟「騎手によっての特徴が悪く見られやすいってコトなんですね。」
俺「それが目立っちゃうんだよな、トップジョッキーは。」
弟「折笠ヘタクソー!!なんて野次は聞きませんもんねぇ。」
俺「実に解りやすい例だな・・・」
弟「追うと下がるんですよね、折笠騎手。」
俺「オリィはそっとしておいてあげて・・・」
弟「でも本当に、大体目につくのって賛否の『否の方』ですよね。賛辞の言葉はあまり目にしない気がする。
  特にネット。」
俺「心の弱さを示してるな。ネット掲示板てのが流行りだしてからの風潮だよ、ホメることよりけなすことの方が
  カッコイイと思ってるんだよね。無意識に。何かホラ、けなすって行為は物事知ってないとできないじゃん?
  知識があるからできる行為として見られがちなんだよな。最もらしい批判をどれだけ言えるかを競い合って
  いる様にすら思える時がある
もんね。ツイッターとかもそうだ。」
弟「基本、人は人のせいにしたがりますよね。馬のせいじゃなくて。」
俺「そこがまた面白いところだよな。馬の気性難のせいじゃなくて、それを制御できない騎手が悪者になる。調子の
  悪い馬のせいじゃなくて、それを出走させた陣営のせいになる。」
弟「まぁ馬は悪くないと思いたいんでしょうね。」
俺「500kgの体重を誇るサラブレッドの体調を管理し、走りを制御する。それができるって事でも大したものなんだ
  けどね。俺、乗ってるだけで全身複雑骨折する自信あるぜ。」
弟「そんな自信いらない・・・」
俺「こないだのジャパンカップで岩田騎手は故意に寄せて来たという意見がよく聞かれる。まぁコース取りから見ても
  確かにそうだな。しかし、ジェンティルドンナがノリノリでオルフェーヴルに馬体をぶつけにいったという想定
  は誰もしないよな。」
弟「そりゃあ、そういうコース取りをしたのが岩田騎手で、馬は操縦者の意思に従ってるんですから・・・」
俺「わっからんぞぉ~。何せジェンティルドンナの口癖は『ウケる~』だからな。」
弟「それアンタの仮説。」

俺「もしもぶつかりながら
ジェンティルドンナ
「オル兄ドーーーーーーーーーーン♥
 キャハハ超飛んだ、マジウケる~~♥」

 って言ってたら、ジェンティルドンナは相当な悪女だぜ。」

弟「想像力が果てしない・・・」
俺「まぁ馬が悪いと言いたくない気持ちってのも解るけど、プロだから馬が制御できて当然と言うより、プロでも
  制御できないことなんてザラだと思うんだよね。ジャパンカップの例は強引だったけど。」
弟「大変ですよね、騎手って仕事は。だからやっぱり野次は聞きたくないな、なんで平気で『死ね』とか『やめちまえ』
  とか言えるんだろ。」

俺「・・・?」

弟「何キョトンとしてるんです。」

俺「・・・言う居る?そんなこと。」

弟「へ?いっぱい居るじゃないですか、競馬場行くと。」

俺「・・・ああ、アレかぁ。」

弟「アレ?」

俺「アレ人じゃないよ、そういう鳴き声の動物。」
弟「!!!!!!!」

俺「あー確かに居るねぇ。シネシネ言う動物。人間だと思ってたの?
弟「え、何、ドユコト!?動物!?」
俺「意味解って言ってるワケねーじゃん。ありゃ『死ね』っていう意味の言葉じゃなくて『シネ』っていうだよ。」
弟「!?!?」
俺「もしも意味を込めて言ってるんだとしたら大変じゃないか。本当に騎手というのは危険な職業なんだぞ。落馬して
  死んでしまうことがあるなんて、人間なら解ってるに決まってるじゃないか。」
弟「ま、まぁそうですけど。」
俺「こないだ応援馬券の話をしたよね。非科学的だが、そういうのもあると信じた方が楽しいぞと。だったら当然
  逆も信じなければならないでしょ。意味を持った『死ね』が、騎手に対しては現実化してしまう可能性が高い
  ってコトだよ。そんなコト望みながら競馬見てるヤツは居ないだろ?」
弟「何か怖いよ、師匠!!」

俺「人が死ぬトコ見たいってコトになっちゃうじゃん。
  理性あったら言わないって。
  だからアレは動物の鳴き声なんだよ。」


弟「口元笑ってるけど目が笑ってないよぉ・・・」
俺「こないだの土曜日、佐藤哲三騎手が落馬負傷してしまったよな。危うく命を落とす程の重賞を負ってしまった。
  今週末、お手馬のアーネストリー、そしてエスポワールシチーがレースに出るよね、当然騎乗する予定だった
  だろう。さぞかし無念だろうな。」
弟「はい・・・」
俺「もしも、だよ?その日の7レースで佐藤騎手が逃げ粘って6番人気馬を三着にしているのだが、4着との差が
  アタマ差だ。入れ替わってたら馬券が取れてたかもしれないというが、いいかだぞ?『哲三余計なこと
  しやがって、死ねよ』と望んだ、口にしたとしよう。そして10Rで事故が起きた、直線走路の入口でバランス
  を崩して振り落とされ、馬に蹴られつつ内ラチに衝突し、ピクリとも動かない佐藤騎手。さぁ、死を望んだは、
  どんな反応をすればいい?」
弟「・・・あんな事、考えるんじゃなかったと反省すればいいと思います。
俺「いや違うね。人間なら最初っからそんな事をまず考えない。それを踏まえて人が望んだとするならば、
  その結果を喜ばなければウソになる。ピクリとも動かない
  騎手を指さしてゲラゲラ笑い、手を叩いて喜ぶべきだ。」

弟「・・・」
俺「人として発言するというのは、そういうことだ。望んだんだからな、まぁこういう人間は動物以下だが。」
弟「ネットでの書き込みでもよく見ますよ・・・」

俺「アレもウイルスか何かの仕業だ。人が
  そんなこと書くワケねぇだろ。」


弟「・・・」
俺「言葉にする、文字にする、具現化する。つまり伝えようとすると意思は少なくとも影響力になる。俺は例えジョーク
  のつもりであっても騎手に対して『死ね』『やめちまえ』という発言を浴びせる者は、同じ人間としては見えてない。
  だからありゃ動物の鳴き声だ。」
弟「みんな結構軽く言ってますけどね、この野次。」
俺「動物の声じゃ仕方ないだろ。だから、これに対して『それは良くないですよ』とか言っても無駄なの。だから、
  これに対して批判という行動はしないの、俺。」
弟「・・・冒頭に言ってた『行動しないことを正当化する人』がここにいる様な気がする。」

俺「それにウチのブログの読者さんは皆人間
  だから絶対に言わないよ、そんな事。
  確かめるだけムダだって。」


※得意技、アンケート


弟「やめてぇええぇえ!!!!!」




※耳が痛くなってくれる人が多ければ多い程ウレシイ。
new banner FC2BLOG2←今19位くらい(小悪魔さんの水着不透明度80%)
new banner ninnkiblog2←今17位くらい
どっちのランキングも応援クリックよろしくお願い致します!!

[ 2012/11/29 22:59 ] 酷評 | TB(0) | CM(25)

岩田某には一日でも早く競馬界から去って貰いたい[i:63946]

馬や騎手が再起不能や死に至らしめる前に
[ 2012/11/29 23:21 ] [ 編集 ]

一コメ目wwwwwwwちょっとwwwwwwwww

ドロドロな流れの後に、中身も流れも空気も読めてないコメでフイタわwwwwwwすごいよwwwwwww

主の代わりに代返しといてあげるか、

「いや、俺に言われましても。」
[ 2012/11/30 00:03 ] [ 編集 ]

野次はつきものですが。

JCは現地でかなりいましたよ、その音出すやつ。
殴ってやりたくなりましたが、思い止まりました。
あと笑えた罵声?としては審議が続いて16時を過ぎた辺りに『もう中継終わっちまうぞぉー!』がありました。
誰目線の野次だと。


相撲の座布団投げるみたいに外れ馬券投げるだけで発散してよって個人的には思ってます。
あとは競馬場、WINSに発散用ターフィー人形サンドバッグとか設置するとか。
[ 2012/11/30 00:44 ] [ 編集 ]

初コメさせて頂きます!

いつも読まさせて頂いておりますが初コメです。

今回の内容には同感すると同時に、ゾクリと感じるものがある素晴らしい内容だと思いました。特に終盤の師匠の言ってることは怖い・・・

私も競馬を見てて、ヤジに対する不満を抱いてましたが、言い手に恐怖を植え付けるって、こういう事なんですね。

素晴らしい内容だと思いました。これからもがんばって下さい!!
[ 2012/11/30 02:02 ] [ 編集 ]

んー

内容は凄く共感しましたよ、師匠にね!
確かに野次が聞こえてくる事に対して、個人的には好ましく思わないからなぁ!
だからあまり言わないかな!?
騎手がやらかしたなってレース中に思う時は、とりあえず名前だけ聞こえるように叫んでます。
まあ野次っていうか、最近では前もって予想見てなかったんですが…ジャパンカップの後に見て思わず師匠の名前を叫んぢゃいました♪
[ 2012/11/30 06:57 ] [ 編集 ]

この前思ったのですが…

この前、新潟の秋競馬に行ったときに思ったんですが、見習いジョッキーの人にとってみたら高校生に野次を飛ばされてんのってどうなんだろうって思っちゃいました…

中井裕二がシュンシャインに乗って(未勝利)3着に入った時なんですが…

1ハロン棒の辺りで
『中井ぃぃぃぃぃぃ!!行けおらぁぁぁぁぁぁ!!』

って。。。
[ 2012/11/30 07:24 ] [ 編集 ]

えっとあの、わりと自分、現場だと雄叫び系の人なんすよ。
マキバオーで客席にいっぱいいる全裸の人に混ざりたいと常々思ってますwwww
なので、人語を解する動物側の感想として以下ご参照ください(笑)

シネヤ!はボケ!アホンダラ!と並んでよく叫ぶワードですね。
頭では良くない言葉だと知っていてもつい叫んじゃいます。
このへんの言葉って発語感の良さもあるので、感情をダイレクトに
表すのに最適なんですよね、自分にとっては。
多分自分が英語圏の人だったらファなんとかみたいなワードを
いっぱい言う人なんだと思いますw

人語を理解してるつもりなので、コトダマ的な概念も分かってるんですが、
自分の期待が裏切られた時はやっぱり感情爆発して呪詛系のワードを叫んじゃいますね。
多分自分は、シネヤ!と言った後のレースで騎手が本当に落馬するみたいな
ショッキングな出来事に遭わないと、この癖治らないんだろうなぁ…。

とは言っても、その呪詛の感情をインターネットに持ち込んで、
わざわざ書き言葉にタイプしてぶちまけるほどの持続性、というか粘着性はねーですわ。
[ 2012/11/30 08:20 ] [ 編集 ]

このブログ、本にできるね。マジで。
[ 2012/11/30 13:26 ] [ 編集 ]

>馬なり3ハロンさん&虎犬さん

何コメント欄で漫才してんですかwww

まぁそれはさて置き、ちょいとこの記事の一発目のコメが馬なりさんのアンチ岩田騎手な一発コメなのには
ビックリしちゃいましたね。せっかくだからマジレスしましょう、ドン引きしないで下さい。

正直賛同し兼ねます。内容にじゃありません、姿勢です。これは何も俺だけじゃなく、この出方だと
大半の人は馬なりさんに賛同しません。何故なら、虎犬さんの言う通り「話を全然聞いてない」様に
取られるからです。せめて枕詞が欲しかったな、「そうは言っても」的な。
内容の方に関しては、言いたいことは解るのですが、感情が先走り過ぎてこれも伝わりにくいです。
この手の批判は不快感を与えるだけで、掲示板でくだらない論争の火種になる類の、ただそれだけの
ものにありがちです。正に今回の内容で槍玉にあげた物ですよ、これじゃ。

コメントもらった側としては
「岩田なんか擁護する必要はない、とっとと追い出せばいいんだ」
と解釈しますが、それこそこれは、正に
「いや、俺に言われましても」ですね。

影響力という形にすることは可能かもしれませんが、俺自身にそれをする気は無いです。
そしてこのコメント内容では、影響力どころか周囲に「なんだコイツ」という悪印象を
与える可能性の方が高いでしょう。つまり賛同を得るのは難しいし、ここで「そうだね」って
賛同を得たところで「でっていう」でオシマイです。

ただ、岩田騎手に対する怒りは伝わってきますね、よっぽど嫌いなんですね。
だったら抗議文書をたしなめるべきでしょう、日本騎手クラブ宛がいいんじゃないかな。
そこまでするなら、賛同こそしませんけど意見、同意者集めは当ブログで協力できます。
意見をぶつける為の行動ならば協力しましょう。そういうのも大事、というよりそこまで
しないと大事にはなりませんから。

長々とマジレス失敬、最後に記事内の言葉をもう一回言わせて頂きましょう。

岩田騎手に不満があるなら岩田騎手に言え。JRAに不満があるならJRAに言え。言っても意味無い奴に言っても
その通り意味が無い。言葉を届ける努力は自分でしろ。
[ 2012/11/30 22:36 ] [ 編集 ]

>ごぼーせいさん

「中継」は野次なのか、それともクルーなのか・・・
まぁ負けた時にはフラストレーション貯まりますわな。
サンドバッグは老人の手首ネンザが確実に多発しますね、却下ですwwww
[ 2012/11/30 22:39 ] [ 編集 ]

>GEEKさん

初コメありがとうございます!

怖がってくれりゃイイんですけどね、案外言ってる方はこんなこと言われても効かないものですよwww
「キレイごと言うな」ぐらいのコメントをお待ちしてたのですが、さすが我がブログ。
皆様紳士ばかりです。
[ 2012/11/30 22:43 ] [ 編集 ]

>予想◎馬券○さん

野次も色々です。芸術的な野次もあります。

川崎競馬場で、あるおじいちゃんが
「戸崎のウンコ、ウンコォー!!」
と叫んでるのを見て、ワタクシ目頭に熱いものを感じました。

え、ジャパンカップで俺?
ああ、俺が本命にしたから二着になっちゃったんだ、オルフェーヴル♪

コラーーーーーー!!!!!
[ 2012/11/30 22:48 ] [ 編集 ]

返信ありがとうございます[i:63893]

岩田に言えと言われましても
浦和競馬場に来た時は本人に言ってますよ
[ 2012/11/30 22:48 ] [ 編集 ]

>じゅんさん

中井くんは気が弱そうな面構えしとるからなぁwww

あ、ダメですよ♪女子高生がおらぁぁぁぁぁぁなんて言っちゃ♪めっ♪
[ 2012/11/30 22:50 ] [ 編集 ]

>たどさん

アニマルキターーーーーー!!!!!www
やっぱ音かよwww

まぁ確かに言われてみれば言いやすいのか、FU○Kもそうですなぁ。
大声出すのも楽しいんですよねぇ。俺あんまし騎手の名前で騒がないんですよ。馬の名前で応援すんの。
珍しいってよく言われます。
[ 2012/11/30 22:55 ] [ 編集 ]

>無記名さん

コメントありがとうございます!
本?ムリでしょー、要するに時事ネタだし。

案外まとめて読むと疲れるし。
[ 2012/11/30 22:56 ] [ 編集 ]

>馬なり3ハロンさん

返信早っ!!!!!

へ!?間近で話できるんですか!?やっぱ関係者!?!?
[ 2012/11/30 23:00 ] [ 編集 ]

関係者では無いですけど

元関係者や馬主さんとは知り合いが居ます

そして浦和競馬場ではパドック・返し馬・レース後姿を現す所が有るんで散々言ってますよ
[ 2012/11/30 23:06 ] [ 編集 ]

便乗して

わたしも初コメントです。毎日ひそかに読んでいます。おもしろいから。コメントもせず、応援クリックもあまり。でも今日は、すこしコメントしたくなりました。野次云々はどうでもよいです。気になったのは、言葉はJRAに言いなさいってところ。わたし、これには賛同しかねます。当事者に言わなくても、言葉が規制されない日本なら、意味はあると思います。当事者にしか言わないなら、その言葉は消されたら終わりだし。どこかの国のように。日本でならどんどん議論したらいいと思いますよ。馬券が外れた腹いせ程度の言葉は無視すればいいし。わたしはというと、4着の馬が軸だったので、最終的に4着の馬が3着になるような決定にならないかしらんと思っていました。
[ 2012/11/30 23:10 ] [ 編集 ]

ん?出遅れたかな?

もうお師匠さんのコメ返、出てるなぁ。
今回のブログ記事については、言いたい事を言い出せば限りがないのでパスしようと思ったのですが、アンケートに絡めた事で少しだけ。

騎手に対しての野次、個人的には「やめちまえ」ってのは現場にいて「下手くそ」以上の感情から瞬間的に出てしまうのはわかります。ただある程度時間をあけてから行なわれる書き込みには、疑問を抱きます。

「しね」なんて言葉はいついかなる時でも使ってよい言葉ではないと強く思います。自分は柴田政人調教師が騎手を引退する原因となった落馬事故を目の当たりにしています。馬の脚の骨の折れる音とコース上で動けずにいた柴田政人騎手の姿は、記憶に焼き付いています。また岡潤一郎騎手の事も忘れられません。それだけに騎手に対して「しね」という言葉を吐き出すことは、自分としては有り得ない事だと思っています。

P.S
コメ投稿でも漢字使っての「しね」はNGワードになってますね。不正投稿で一度跳ねられましたゎ。
[ 2012/11/30 23:39 ] [ 編集 ]

私も馬の名前叫ぶことが多いです。
しかも自分だけのニックネームで(笑)
女子のハイトーンボイスで、謎のニックネーム。目立つぜぇ~(・∀・)
[ 2012/11/30 23:49 ] [ 編集 ]

>シンドバッドさん

初コメどーもです!!
ああ、なるほど。もみ消されるってのは確かによくありますね。「当事者にしか言わないなら」ってご自身で
答え出してるじゃないですか、「当事者にこんなコトを言いましたよ」って現物を広報するという
オプション行動が必要ですね、確かに。
議論するんだったら形になるまで持っていった方が面白い、と個人的には思ってます。
大体がくっちゃべって終わりになっちゃうんで。


最後の一行が超素直でカワイイと思った。
[ 2012/12/01 00:30 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

あーこの枠規制かかってんのか。知らなかったワァ。

恐らく本気で言ってるのではないという希望を込めて「動物の鳴き声」とさせて頂きました。どんな希望の
込め方だと思われるかもしれませんが、鳴き声ならしゃーないぞ、と。正直、言葉遊びが好きな俺にとって
言葉が意味を失い軽くなっている様は、残念という感覚ではなく奇妙なんですよねぇ。

やはり落馬事故を目の前で見たことがあると、その言葉の意味の重さを痛感することでしょう。
そういう人こそ「シネ」は鳴き声だと思えば、腹立つどころかそいつらをカワイソウな目で慈しむ
ことができマス。(たどさん、スンマセン。)
[ 2012/12/01 00:38 ] [ 編集 ]

>グリコさん

女子力キターーーーー!!!!!


「クリチャン来て!!」って叫んでええええ!!!!!
[ 2012/12/01 00:39 ] [ 編集 ]

ヤだも~ん( ̄△ ̄)
クリムゾンクエストとか応援してないし~(笑)
[ 2012/12/01 00:49 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/191-c29338b7