Let's enjoy, Dubai Meeting!! part-1

弟子「キャハハハハハ!!!!!」
俺「・・・」

京浜盃
1着 ジェネラルグラント →俺&弟子◎
2着 アウトジェネラル →弟子◎
3着 インサイドザパーク →弟子◎

弟「ほらぁ、ソルテは負ける番だって言ったじゃぁん♥」
俺「うぐぐっ」
弟「あれ?何?泣いてんの?泣いてんの?
  ねぇ、なんで泣いてるのぉ?」

俺「くそぅ、くそぅ!!」
弟「こんなに気持ちのいいガミは初めてですね!!あースッキリした!!」

弟子、馬複アタリ
馬複配当540円 (6点購入につきガミ)


俺「佐藤騎手、仕事したなぁ・・・この馬券はどう足掻いても俺には取れない・・・」
弟「ジェネラルグラント強かったね。」
俺「いやー、このメンバーじゃ抜けてたのかなぁ。」
弟「でもソルテはほら、次は勝つ番だから。」
俺「完璧に俺をバカにしてるよね、今!?」

弟「だって今日、馬体重凄い増えてましたよ。前走+8で今回更に+13とか。」
俺「うん、そこを絞ってくれば変わるかもね。」
弟「ぷっくくく・・・」
俺「・・・んだよ。」

弟「師匠、『スゲェ成長してる』って言ってた。」
俺「言わないでよ(泣)!!!!!」


弟「昨日散々ボクをいじめた罰だ。」
俺「こわいよぉ、この子こわいよぉ・・・」
弟「しかし、地方のトライアルは着差が本当にアテにならないですからね。アウトジェネラルも本番は鞍上変えちゃう
  んでしょうし、ソルテだって次は勝つ番で絞ってくるだろうし。」
俺「お前アレだろ、俺に羽田盃でソルテは勝つ番だから本命って言わそうとしてるだろ。」
弟「くくくっ、くくくくくっ♥」
俺「意地でも言わないからなッ!!!!!」


★今週末はDubai Meeting!!

俺「ドバイっつっても今年はドバイWCに出走する日本馬が居ないんだよな。」
弟「日本馬で注目を集めてるのは当然ジェンティルドンナなんでしょうけど。」
俺「なんか新聞で見たけどシーマクラシックで現時点、ブックメーカー9社で一番人気になってるらしいな。」
弟「凄いじゃん、ジェンティルちゃん!!」
俺「出走メンバー見たらねぇ・・・そりゃそうだよなぁっていう感じだけども。」
弟「うぇ?」
俺「恐らく本番まで一番人気守れるだろうよ。」
弟「レベル低いの?」
俺「いや、低くないと思うよ、ただ現状では派手さに欠けるっつーか・・・確かにジェンティルドンナの成績が最も派手に
  見えるメンバーだよなと。シーマクラシックって毎年、結構G2っぽくなるんだよね。」
弟「そうなんですか。」
俺「まぁ、ジェンティル以外にも日本調教馬は3頭、今回のドバイミーティングに参戦してるワケだ。今日はそっちにも
  スポットを当てつつ、今年のドバイをより楽しく見れる様にしたいと思います。」


Dubai Meeting 2013 レーシングスケジュール
日本時間21:30 ドバイカハイラクラシック(UAE国内G1:AW2000)
日本時間22:10 ゴドルフィンマイル(G2:AW1600)
日本時間22:45 ドバイゴールドカップ(G3:芝3200)
日本時間23:25 UAEダービー(3歳G2:AW1900)ケイアイレオーネ号出走予定
日本時間24:05 アルクォズスプリント(G1:芝直線1000) 
日本時間24:45 ドバイゴールデンシャヒーン(G1:AW1200)タイセイレジェンド号出走予定
日本時間25:40 ドバイデューティフリー(G1:芝1800)
日本時間26:20 ドバイシーマクラシック(G1:芝2410)ジェンティルドンナ号、トレイルブレイザー号出走予定
日本時間27:05 ドバイワールドカップ(G1:AW2000)


俺「日本馬の応援もいいけどね、世界のトップクラスの馬達が走るレースをこれだけまとめて一日で見れる日でも
  あるわけだ。アメリカのブリーダーズカップと並ぶ競馬界の大祭典なんだよね。」
弟「スポーツ観戦として競馬を見るには本当に面白い日ですよね。」
俺「でも、とりあえずは日本調教馬が出走するレースにスポットを当てつつ見ていこうか。」


★ケイアイレオーネって言うよりも幸騎手!!なUAEダービー

俺「ドバイに行ってもナイスガイ降臨。」
弟「それ佐賀の実況。」

俺「というわけでドバイ初見参の幸騎手がケイアイレオーネとタッグを組んでUAEダービーに挑戦するワケです。」
弟「つーか、ケイアイレオーネ・・・?」
俺「って感じになるよな、国際G2に何で?って感じの馬が毎年挑戦するのが、このUAEダービーだ。」
弟「賞金低いの?」
俺「賞金総額200万ドル(米)だから高いよ。」
弟「へ!?じゃあなんで強い馬行かないの!?」
俺「3歳でこの時期を棒に振りたくはないだろ、特にクラシック狙ってる面々は。このレースはオールウェザーコース
  で行われるから、そこへの適性も考えないとならん。おまけに勝ったとしてもそんな名誉になんない。」
弟「国際G2なのに?」
俺「どちらかというと地元では重要視される一戦だけど世界的注目度は低いレースって感じだね。」
弟「そもそも日本じゃAW(オールウェザー)ってコースが無いじゃないですか、一昨年はWCでヴィクトワールピサと
  トランセンドという芝馬とダート馬がワンツー決めてますけど。で、大体AWのレースに出るのって日本からだと
  ダート走ってた馬が出走する印象強いんだけど、やっぱダート寄りなの?」
俺「一概にそうとは言えないよね。アメリカの一流ダート馬が出てこなくなってるじゃん、AWとダートじゃ全く違うと
  見られてるからだよ。」
弟「ふむ。」
俺「結局国際重賞って言ってもドバイミーティングに於いて権威があるのは古馬G1、中でもWCが世界最高賞金額
  のレースとして世界的な注目を集めてるわけで、第4レースまでの重賞は正直注目度が低いんだよな。」
弟「いきなり盛り下げちゃってる気がするんですけど。」
俺「おっといけねぇ。でもだな、UAEダービーは地元や南アフリカ勢じゃ重要なレースだ。3歳三冠の一発目なん
  だよ。そもそもがドバイミーティングって凄いワールドワイドさと大レースのイメージが大きすぎちゃうんだけど、
  何気にこういう前座試合も面白いメンバーが揃うんだよ。」
弟「ケイアイレオーネと幸騎手はどうなんですかね?」
俺「多分ムリ。」
弟「さっぱりし過ぎだろ。」

俺「いやもちろん期待はするさ。ただ、そんなにアッサリ日本の条件戦クラスの馬がこんなレースを勝つってのも
  どうだろうなって。ケイアイレオーネは少なくとも同世代のダートメンバーでも強い存在とは言い難い。ここは
  一つ、世界の壁の高さを幸騎手に体験してもらおうじゃないか。」

◎Secret Number(UAE)
◎Shuruq(UAE)


俺「ゴドルフィンの有する地元勢二頭。シークレットナンバーはキャリアまだ二戦の無敗馬ながら、前哨戦で
  パフォーマンスの高い勝利を収めている。シュルックは牝馬で、前走はUAEオークスを好タイムで圧勝した
  牝馬だ。ここはこの二頭の青い勝負服が踊ると予想する。」
弟「地の利もあるってコトか。」
俺「正直ね、地方ダート重賞馬に向いた馬場とは思えないんだよな、AWって。しかも距離が長い。ここは幸騎手が
  それでも勝ちに行く競馬を見せるか、着を拾いに行けるかのどちらを選択するかが騎乗に出ると思う。そこを
  見たいねぇ。もちろんどちらも結果が全てになるが、個人的には当然・・・」
弟「世界の舞台で勝ちに行ってほしいですよね!!」
俺「掲示板に入り込む為の騎乗をしてもらいたい。」
弟「!!」
俺「そもそもが無茶すれば玉砕が目に見えてるんだ、ここはどれだけ無難に好位置を取り、周囲に惑わされずに
  レースを進めるか、そんな上手さを出すコトに徹してもらいたい。世界の舞台だからって奇策は不要だ。」
弟「ええー、ナイスガイなトコ見たい!!」
俺「保守の仕方もナイスガイ。それが世界のナイスガイ。」
弟「保守・・・」
俺「気持ちとしてはああ、届かないなぐらいでちゃっかり5着に居るとか。そんな感じでいいと思うんだ、AW経験者
  組は速く走ると思う。それに付き合ってたらボロ負けしそうな気がするんだよね。」
弟「そっか。勝負に出るよりも考えた騎乗を望むってことですね。ちなみにその他に注目すべき馬は?」

俺「ビュイック!!ビュイック!!」
弟「出た!!!!!」

俺「このレースでさ、ビュイック騎手が騎乗する馬がSnowborderっていうんだけどね。」
弟「ざっくばらんで適当な名前ですね・・・」
俺「スノーボーダーに乗ってどうすんだ、スノーボードに乗れよ
  ビュイック!!って誰かツッコんであげて。」

弟「ビュイック騎手をダシにして、馬の名前にケチ付けないで下さいよ・・・」


★AW1200、電撃の6ハロンのゴールデンシャヒーン

俺「こちらにはタイセイレジェンドが出るね。昨年のJBCスプリント王者だけど、やっぱキビしいと思うなぁ。」
弟「鞍上は誰になったんですか?」
俺「ムアー。」
弟「ああ、ムーア騎手ですね。わかりました。」
俺「・・・」
弟「スネないの。で?このレースの注目馬は?」
俺「多分メチャクチャ速くなる。というのも米国から参戦のTrinniberg、コイツが尋常じゃなく速い。タイセイレジェンド
  が先手を奪えるかどうかってトコだけど、コイツが居る限り無理だと思う。」
弟「そんな速いの?」
俺「昨年のBCスプリント王者なんだけどさ。」
弟「だったらタイセイレジェンドはJBCスプリントの王者だ!!負けてないぞ!!」
俺「Jが付くか付かないかでこれだけ印象に差が出るもんかね・・・」
弟「やれるやれる!!だって同じダートじゃん!!」
俺「そうだな、BCスプリントはダートのレースだ。そこを念頭に置いて聞けよ。」
弟「うん。」

俺「BCスプリント、800m通過が43.73秒。」

弟「・・・ダートって言ったよね?芝じゃないんだよね?」
俺「頭おかしいタイムだろ。そのレースで二番手を進み、結局中団も道中追いかけるだけで脚を使ってしまい後方も
  伸びず押し切り勝ち。」
弟「凄い力技ですね、それは・・・」
俺「サンタアニタのダートと日本の地方ダートではスピードが違う。とは言え、ここまで速いとなると多分AWでも
  コイツの速力は驚異だ。道中の最大の敵はコイツになるハズだ。」
弟「付き合ったら潰されちゃうな、確かに・・・」
俺「でも馬場がAWであることを考えると、正直米国のトリニバーグの強引なパワーだけでは押しきれないと読む。
  そうなると浮上してきそうなのが、これまたゴドルフィンの馬で申し訳ないけどもこの馬だ。」

◎Mental(豪)

弟「師匠に足りないモノみたいな名前ですね。」
俺「いい度胸だ、あとでそのフザけた獣耳にデコピンしまくってやる。
弟「セクハラ反対!!」
俺「この馬はオーストラリアのスプリンターだ。さてオーストラリアのスプリンターと言えば?」
弟「キャビア姐さんですね。」
俺「そう。オーストラリアと香港はスプリント戦のレベルが高い。と言うのもそれは馬産の観点と競走馬の使い方が
  欧州や日本と違うからだ。このメンタルという馬は4歳のセン馬だがオーストラリアと香港で走っている競走馬に
  牡馬は殆ど居ない。これは馬を長持ちさせる効果があるから去勢するのであり、気性矯正的な意味は全く無いと
  言っていいんだよ。」
弟「自国で馬産をしないから去勢しちゃうんですよね。」
俺「正確にはオーストラリアは馬産を行っているけれど、自国の競走馬で血統を守ろうという意識は低いな。」
弟「文化の差だなぁ、ちょっとロマンが無いですよね。」
俺「短距離戦の発達もまた、馬の消耗を抑えるものだそうだ。その為レースが短距離至上主義に偏って、必然的に
  優れたスプリンターが誕生する様になるわけ。まぁ平たく言ってしまうとスプリントが主流なんだな。」
弟「なるほど。」
俺「で、そんな短距離大国からこのゴールデンシャヒーンやアルクォズスプリント狙いの猛者が集うんだ。何しろ
  賞金額が自国のレースよりも格段に良いのだから。ただ、未だにオーストラリアの馬がこのゴールデン
  シャヒーンを制したことがないのは馬場のせいだろう。そもそもAWになる前はダートだし、その時点では米国、
  そしてUAEの馬が優勝を独占してたからな。」
弟「じゃあAWへの馬場変更はオーストラリアや香港にとってチャンスなんだ。」
俺「そうだね、そこに来てこのメンタルという馬は前哨戦で結果を出した。一頭抜けた斤量59.5を背負わされて、
  後方から突き抜ける快勝。AWでこの結果が出せたのは大きいな、かなり本番への意欲が上がったハズだ。」
弟「・・・買えないレースなのに、読みがいつも以上に
  シリアスに感じるのは何故。」

俺「どうでもいいこと程本気になるんだろうなぁ。」

弟「でも、確かにAWコースで結果出してるダート馬ってトランセンドぐらいなんだよね。」
俺「そうなんだよ、そこ考えると地方ダートが得意なタイセイレジェンドやケイアイレオーネの脚がどっちに転ぶか。
  ある意味そのパワーが違った形で生きるかもしれない。その可能性を望みたいね。」


俺「さて、長々と前座試合のコトを話しちゃったけど、明日はジェンティルドンナとトレイルブレイザーが出る
  シーマクラシック、そして日本馬は出ないけれど重要なレースであるデューティフリーと世界最高峰の
  賞金を誇るドバイワールドカップを見てみようね。」
弟「買えないレースの方が絶対本気だよね。」
俺「当たっちゃうんだよな~、こういう予想の方が。」




※土曜の深夜は多分キャアキャア言ってます。


[ 2013/03/27 23:40 ] その他 | TB(0) | CM(8)

うぇ~

弟子ちゃん同様ガミガミで終わった京浜盃…涙
皆クソさっむい中頑張ってましたぞ~
もちろんオリィもね☆
南関は数年見なくても知ってる人馬がいるのがありがたいかな。
怪我無く息の長い活躍を祈りつつ、セコく豆券買いをしてますヨ。
昨日は牛スジ煮込み→チューハイ→ケバブ→チューハイ→モツ串→チューハイ→大判焼き…と常にガソリンを入れてないと震える寒さでした。
うーん、よく考えると食べてばっかりだなぁw
[ 2013/03/28 08:13 ] [ 編集 ]

民放だとドバイのレースやらないんですよね(涙)

凱旋門やったから期待したんですが…(涙)

師匠のTwitterみて我慢ですぅ…
[ 2013/03/28 19:11 ] [ 編集 ]

たしかケーブルではグリーンCHが無料。
他にも今ではおなじみのトルコ競馬など、ドバイを生で楽しめる場所はいっぱいありますね。

AWとはいっても、タぺタ(今回の馬場)、プロライド、クッション、ポリトラックなど
様々なものがあってそれぞれ適性が違うというのが何とも・・・。
メジャー球と野球ボールとWBC球と統一球云々とかいうレベルでややこしすぎるw

UAEダービーはフラムドパシオンが出走した時のメンバーがすごすぎて、
その後の同レースがしょぼく見えてしまう・・・。
南半球産の出走馬が実質4歳馬であることも、日本勢がUAEダービーに積極的に
馬を送り込まない理由である気がします。

Trinnibergは北米のBCスプリントの一発屋な感じが・・・。
昨年はゲームオンデュードがドバイWCで先行すらできずにあっさり沈んだことから、
この馬もあっさり沈んじゃう予感がしますw
[ 2013/03/28 20:02 ] [ 編集 ]

獣耳にデコピンが…

セクハラになるってことは、弟子ちゃんの獣耳は◯感帯なんですかぃ?…と黒が聞きたがってましたが、流しといてくださいwww

まあしかしお師匠さんといい通りすがりの馬主さんといい、本当にお詳しい。深~く競馬を愛してらっしゃるんですね。心から感心してしまいます。

中央と地方の交流レースですらそうだと言えるのですが、海外のレースへ出走するというのは他流試合をしに行くということですよね。馬場への適性然り、環境への順応力然り、様々な苦労を買ってまで行くのですから皆さん頑張っていただきたいですし、如何なる結果であれ経験を今後の糧にできるようにしていただきたいです。

馬場への適性ということでは、アグネスデジタルが最盛期の状態で各種のAWを走ってみたらどうであろうか?ということに興味がありますねぇ。
[ 2013/03/28 23:08 ] [ 編集 ]

>ぽん太さん

チューハイ飲むと余計に体冷えませんか?ww
馬も人もベテランが元気な南関、それもいいけど若者達もガンバレ!!
[ 2013/03/29 00:11 ] [ 編集 ]

>カタサンさん

ニコニコ生放送とかでもやるでしょー、ぎゃーぎゃーわいわい言いながら見れるよ。

[ 2013/03/29 00:12 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

南半球と北半球のギャップ、結構デカいですよねぇ。
米国勢が栄華を誇ったドバイ、AWになってからロクな成績挙げられてないからなぁ。
シガーが種無しだったのが個人的には超ショック。そんなドバイ。
[ 2013/03/29 00:15 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

黒さんと対談しながらブログを書いたらどうでしょwww

海外遠征は遠征という行為で既にチャレンジャブルですからね。そう考えると世界中をぐるんぐるん飛び
回っているセントニコラスアビーはスゲェなぁ~なんて思ったりします。

デジタルなら馬場うんぬん通り越して障害G1でも取れる気がする。
[ 2013/03/29 00:19 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/295-932df47c