今日の結果とドバイの結果

★オルフェーヴル、今年は好発進 今日の結果です

大阪杯 結果
1着 オルフェーヴル ←俺&弟子◎
2着 ショウナンマイティ ←俺&弟子○
3着 エイシンフラッシュ ←弟子○

俺「やー・・・」
弟子「ふぅー・・・」

俺 馬連アタリ 360円
弟子 三連単アタリ 1670円


俺「今年はしっかりと発進したね、オルフェーヴル。」
弟「エイシンフラッシュがかなりいやらしく粘ってましたけど、振り切りましたね。」
俺「派手な着差ではなかったけど休み明けでこのレースならエイシンフラッシュもオルフェーヴルも上々だね。」
弟「それでもやっぱりヒヤヒヤしますね。」
俺「ホント、絶対的な安心感は無いんだよなー。まぁ競走馬にそんなもん持っちゃダメなんだけどさ。」
弟「変な馬だよねぇ。」
俺「コレで今年は問題なし!!なんて言ってると宝塚でポカやったりしてな。」
弟「やなこと言うなぁ・・・でもそういう疑いあってこそのオルフェーヴルですもんね。」
俺「何より今年はライバルがいい。ルーラーシップは引退してしまったが、同じステイゴールド産駒のゴールドシップ、
  フェノーメノという4歳二騎にジェンティルドンナ。今日の大阪杯組だって巻き返しの目はある。」
弟「古馬長距離路線は実力馬が着実にステップで名乗り挙げてますからね。」
俺「年明けのG2戦とはもう異質になってきてるからな。しかしまぁ・・・
  ステイゴールド産駒が阪神大賞典、日経賞、大阪杯って・・・」
弟「ナカヤマナイトも中山記念勝ってますよ。」
俺「無双にも程があるな・・・」
弟「けしからんですね。」

ダービー卿CT 結果
1着 トウケイヘイロー ←俺○
2着 ダイワマッジョーレ ←俺切り 弟子◎
3着 ダイワファルコン ←俺○弟子◎

俺「コチラは実に我々らしい!!」
弟「ふぐぅ・・・」
俺「先生とは何だったのでしょう・・・」

リルダヴァル = 6着

弟「最後伸びてきてはいるんだけどね。しかしトウケイヘイロー・・・やられたぁぁ・・・」
俺「マッジョーレにやられたぁぁ・・・」
弟「結構前が流れたのに、きれいに抜け出しましたね、トウケイヘイロー。」
俺「調子の良さで勝てたって感じだねー。斤量も良かったし。左回りも走るから安田でも面白いな。」
弟「速い流れで先行してしぶとさのある馬は、混戦で狙いたくなっちゃいますよね。」
俺「ただ斤量が安田記念は58kg。今日より3kgも重くなる。先行馬の行き脚にダイレクトに影響するから、今後の
  課題はそこになるだろうね。」
弟「ダイワマッジョーレ、よく伸びてきたなー。」
俺「前走絞って上がり32.7はヤリ過ぎだろーって思ったら今日も走った。タフだな。」
弟「ちょっと休憩させてあげたいですね。」
俺「まぁ使いながら調子をキープするタイプだから、休養挟むのが逆効果になる恐れもあるけど、ちょい過密だとは
  思うな。丸田騎手で安田に出てきてほしいわー。ファルコンは57.5で久々のマイル戦、流れも忙しい中でしっかり
  三着に来れたのは上出来じゃないかな?」



★ドバイミーティングが終了しました

弟「しぇい!!しぇい!!」

俺「よっぽど気に入っちゃったんだね・・・」
弟「しぇい、しぇいほにゃらにゃーのうんたらかんたらしぇい、しぇい!!じょいあんふぁ~んにゃらほんにゃら!!
  しぇい!!しぇい!!てくありーどしぇい!!しぇい!!
俺「・・・実況だね。」
弟「うん!!」

※弟子がアルクォズスプリントの勝者、Shea Sheaにホレてしまいました。


弟「しぇいしぇい。んふふ、しぇいしぇい♥
俺「完全に現実逃避じゃねーか。」
弟「・・・」
俺「昨日の結果速報通りですね、深夜の熱闘となったドバイミーティング。日本からは4頭が参戦しておりましたが、
  ジェンティルドンナ以外は惨敗、期待を背負っていたジェンティルも2着に敗れてしまいました。」

弟「アビーーーー!!!!!」

俺「・・・ドバイの話になってからお前、日本語喋ってねーな。」
弟「悔しい。しかもこういう時に師匠の予想が当たってるのがなんとも。」

◎St Nicholas Abbey

俺「おまけに警戒してたペリエ騎手騎乗の最低人気馬Very Nice Nameが三着。
  三連単買わせてくれって!!!!!」
弟「変な運の使い方だよなー・・・」
俺「でも勝ったのがアビーさんで良かったよ。この馬の2着なら充分格好がつくって。」
弟「師匠、レース始まっていきなり驚いてたもんね。」
俺「アビーさんの先行は、知ってる人が見たら驚くって。」
弟「ジェンティルの内側に付けて二番手走ってたよね。本来はどんな競馬する馬なんですか?」
俺「差し追い込みだよ、いつの間にか3着ぐらいに飛んできてるってのが最近のパターンだったんだが。」
弟「奇策だ、奇策にジェンティルはやられたのだ!!くそー、アビーさんめ!!」
俺「あの位置にアビーが入ったコトで終始外を回らされた。そこも影響はしているだろうけどスタミナの差が出たね。
  直線序盤では詰め寄ったけれど最終的には逆に突き放されてしまった。馬体を並ばせないしぶとさと出足は
  流石世界の渡り鳥ってトコかな。コムスメに負けるワケにゃいかないんだって意地が見れたね。」
弟「コムスメ言うな!!」
俺「残念ではあるけども、このシーマクラシックはいいレースだったよ。夜更かしした甲斐があるというものだ。」
弟「トレイルブレイザーはシンガリ負けしてたのか・・・」
俺「巻き返しならずだったねー、道中はいい位置に居たんだけどペース早くなったら途端についていけなくなった。
  前走の負け方といい、ちょっと疲れちゃってるんじゃないかなぁ。年齢も年齢だし。」
弟「ケイアイレオーネタイセイレジェンドも大敗でしたね・・・」
俺「まぁここはね、かなりチャレンジャブルだったのは間違いないしタペタへの適性もやってみなけりゃ解らないって
  ところだったしな。ケイアイレオーネはスタート直後躓いたのが結構イタかったかもなー。」
弟「タイセイレジェンドが先行した時はおおおっ!!って思いましたけどねぇ。」
俺「一瞬夢見れたね、アレは。4角で手応え無くなっちゃったけどなー。相当飛ばしてたんだろうな。」
弟「日本馬が出てないレースもしっかり見てましたけども。」
俺「注目したいのは速報してないけどドバイゴールドカップ勝者のCavalrymanだね。」
弟「芝の長距離戦ですよね、ゴールドカップって。」

俺「天皇賞来るかもしんないんだよ。」
弟「!!!!!!」


俺「登録あるんだよな。多分適性は合わないんじゃないかなーとは思うけど、ひょっとしたら台風の目になるかも。」
弟「そっか、ゴールドシップとフェノーメノに人気偏るだろうって中で未知の魅力はあるかも。」
俺「あとはメインのドバイワールドカップだけども・・・」
弟「・・・」

俺「馬券を買わせろー!!」

◎Red Cadeaux = ブービー人気で2着

弟「レッドカドー、マジで来ちゃった・・・」
俺「レベルがレベルだっただけに、ブービー人気って言っても凄い大穴ってワケでもなかったんだが。勝ったのは
  米国のAnimal Kingdom。アメリカが久々に意地を見せた形だったんだけれども、こうなるとPoint Of Entry
  が今回のドバイに出てたらどうなったんだろうって想像しちゃう。」
弟「でもこの結果って、つまりは普段芝を走ってる馬の決着になった、ってコトですよね。」
俺「と言うよりもダートで強い国はやはり米国なんだけど、昨年のGame on DudeのドバイWC大敗が完全に
  トドメだよなぁ。米国からダート馬が来なければ、メンツにダート馬が居なくて当然だよ。」
弟「そういうことか、日本のダートホースをタペタのレースに送り込むのは、ひょっとしたら大きな間違いなんじゃ
  ないかと。」
俺「いや、それはあるよ。ただダート馬に芝を走らせるよりはタペタの方が可能性があり、芝の馬はもちろん芝で
  走らせたい。そういう考えなんだと思うなー。」
弟「むむう。」
俺「それに名残りみたいなもんでさ。ドバイワールドカップ開始当初はダートレースだったわけで、砂の女王と呼ば
  れたホクトベガが散ったレースでもある。もうそこからの流れだよな、ダート界の頂点みたいな印象は。米国は
  現在の状況が理解できてる、もうCigarSilver Charmみたいにはいかんぞってね。日本の場合はそれが、
  トランセンドが2着と成功を収めたから未だにダート馬が走るコースみたいに見られてる節があるな。」
弟「そもそもタペタってどんなコースなんですか?すっごい初歩的な質問で申し訳ないんだけど。」
俺「要するに人工素材の馬場なんだけど。生で見た事ないから感触とかは解んない。」
弟「ふーん、どういう感触なんだろうね。」

俺「ダジャレじゃないけどペタペタしてるみたい。」
弟「うわーウソくせー!!」

俺「・・・本当に騎手の談話であったんだよ、蹄にノリがくっついた様な感じだって。タペタって名前は製造会社の
  名前だから、響きと感触は一切関係無いってのは解ってんだけどさ。」
弟「タペタ、ぺたぺた。」
俺「・・・」
弟「タペタペタペタ、ペタペタタペタ。」
俺「気に入っちゃったご様子で・・・」
弟「日本じゃ作らないのかな、AWコース。」
俺「その前にまたダートに戻すって話も出てきてるんだけど、
  メイダン競馬場。」

弟「!!!!!」
俺「理由としてはやっぱり米国の一流ダートホースが来なくて盛り上がらないって点と、管理面の問題点と、
  思っていた以上に世界で流行らなかった点など。」
弟「流行らそうとしてたんかい・・・」
俺「戻しちゃった方がいいかもなぁ。各国からの参戦が減ったらワールドカップじゃなくなっちゃうもんなぁ。」
弟「そりゃそーだ。」
俺「人工素材のクセに管理が大変てのも変な話の様な気もするが、とりあえず参戦馬で盛り上げられないって
  なってしまうと、いくら賞金が大きくても中身が薄くなっちゃうからな。世界一派手なレースなんだから、そこを
  重要視するとAWはナシになるわな。」

弟「・・・なんでAWにしたの?」
俺「おぅふ・・・」
 



※色々あんだよ
 さて、明日ですが・・・ランキングクリックボタンを復帰させますんでヒトツヨロシク。

[ 2013/04/01 00:28 ] 結果 | TB(0) | CM(6)

エイシンフラッシュって…

血統的な評価ってどうなんですか?
ダービー馬でありながら、繁殖入りしないで6歳になっても走っているというのは応援する身としては嬉しくもあるのですが、少々複雑な気持ちもあります。
大阪杯も3着に頑張ってくれましたが、今後どうなるのか見守っていきたいです。馬券での相性はタイミングがちょいとズレているんですけどねぇ…σ(^_^;)
[ 2013/04/01 18:23 ] [ 編集 ]

ランキングクリックボタンの復活がエイプリルフールなのかどうかが気になるw

ドバイ見てなかったそこそこ知識ある競馬ファンに、
セントニコラスアビーとアニマルキングダムが完勝!といったら
エイプリルフール扱いされてしまいそうなのが悲しいw

特にアビーは、同期にシーザスターズ、その後の相手にデインドリーム、ナサニエル、
スノーフェアリー、シュリスデゼーグル、そしてとどめにフランケルだからなぁw
そりゃ微妙キャラのイメージついちゃうよなぁ・・・。

ドバイのTrakusの記録を見てみると、
シーマクラシックで瞬間最高速をマークしたのがジェンティル、
最後の直線での平均速度が最も高かったのがアビーとベリーナイスネームで
日本型競馬と欧州型競馬の違いがはっきり出たレースみたいになっていておもしろかったりw
[ 2013/04/01 20:51 ] [ 編集 ]

大阪杯は久々に良いレースでした。
たまには安心して見れるレースがないと体が持ちませんよ(笑)
このまま宝塚記念も勝って欲しいですね

ダービー卿はカスリもせずお仕置きされました(笑)
[ 2013/04/01 21:53 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

ロジユニさんがこのコメ見てヤケ酒飲み始めた模様です。
[ 2013/04/01 22:20 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

そうです、アビーさんは同期と後輩が無茶苦茶だったんだから!!
そしてヤネがおぼっちゃまくんなんだから!!

ちなみに馬主さん、今日の更新で吊るし上げの刑ね♥
[ 2013/04/01 22:24 ] [ 編集 ]

>馬超さん

宝塚はジェンティルも出るようで。遠征帰りってことでダメージ無いといいですね。
ただ、まだオルフェはいい頃のデキではないですね。始動戦だから当たり前なんだけど・・・

俺の持論:本当に調子のいいオルフェは、バカな秋田犬みたいなダッシュをする
(わかりづれぇ・・・)
[ 2013/04/01 22:28 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/300-eb62f0fe