スポニチ馬柱寸評論

俺「さぁ下らねぇネタで語りましょう!!」
弟子「冒頭からどうしようもねぇな・・・」


俺「今日のお題はタイトル通りでゴザイマス。」
弟「どういうこと?」
俺「ウチはフツーの新聞とスポニチを購読しておりまして。」


※最初にする仕事 = 今日の新聞読破


弟「すぐに溜まっちゃうから困りモノですけど、その日のニュースを文字として頭に叩き込むのは重要だ!!って
  師匠が必ず読ませるんですよ。」

俺「あと載ってる漢クロと数独は必ず解けって言ってます。」
弟「すると軽く一時間です。」

俺「・・・時間を大事にしなさい。」
弟「指示通りにやってるだけだもん。」
俺「まぁそういうワケでね、競馬新聞はわざわざ買ったりしません。参考材料はスポニチとネットですね。」
弟「確かにそうですね、競馬新聞や競馬雑誌って読まないな。」
俺「そのスポニチの競馬欄、毎回どぉぉぉしても気になってしまう部分がある。それが寸評です。」

弟「ある意味一番どうでもいい一言ですよね、アレ。」
俺「そうなんだよ!!だから引っかかっちゃうんだよ!!」


弟「印象に残っちゃう時は確かにある。」
俺「なんか時折ツボに入るとそればっか思い出しちゃって、どうしようもなくなる時があるんだよ!!
  こえーよ、誰だよ寸評書いてるヤツ!!出てこい!!」
弟「どうして引っ張り出しちゃうのさ・・・」
俺「あの寸評は俺をピンポイントで狙ってんだよ!!」
弟「・・・」
俺「そんな卑劣極まりないスポニチ寸評について話そう。

弟「マジでくだらねぇな・・・」
俺「競馬関係の話で尚且つここまでくだらない題材は久々
  なので、ワタクシのテンションも高めです!!」




★スポニチ寸評とは・・・

俺「スポニチあまり見ない方には写真で見てもらうのが一番手っ取り早いな。」


スポニチ寸評


俺「この馬柱の下方にポツリと書かれた一言。文字にして最大4文字という制限で出走馬を評価するものだ。そう
  いう風に言えば聞こえはいい。」
弟「そういう風に言えば、ね・・・」
俺「だから、基本的にはこんな感じに本命サイドはこんなことが書かれている。」


順当勝機
勢い魅力
素質秘め
外せない
上位必至
実力評価 etc・・・



弟「うん、よく見るフレーズだね。」
俺「まぁ、ここを見て予想する人なんて居ないだろう。そういう印象だなって記者のつぶやきみたいなもんだ。」
弟「その程度のモノですよね。」
俺「そう、その程度のモノなんだよ、その程度のモノなんだ・・・」
弟「・・・」

俺「時折、その程度のモノで『何が言いたいんだ!?』ってのと
  『ここで笑かそうとするか!?』ってコトをするんだよ!!」


弟「あるある・・・」
俺「何も寸評があるのはスポニチだけじゃねーと思うよ、ブックでもあるんだろ。でも俺が読んでるのはスポニチだけ
  だから、ひょっとしたら『他の新聞の寸評もっと面白いよ』って意見もあるかもしれない。
  だが俺の知識の範疇で現在、ヤツらは俺をツボらせに
  牙を剥いて来てる様にすら思えるんだよ!!」
弟「・・・たまに新聞読んでお茶吹いてるよね。」
俺「俺が新聞読んでお茶吹くのは寸評がツボった時だ。」
弟「なんとなくそんな気はしていた。」
俺「コレとか結構おかしな雰囲気だもの。」


どうした


俺「聞いちゃってるもの。」
弟「確かにそれは寸評じゃないよね・・・」
俺「結構多いんだよね、『どうした』は。あとコレとか。」



やれそう


俺「合コンかよ。」
弟「言うことが下品です!!」

俺「いや、言いたいコトは解るんだよ。でもさ、コレじゃなくてもいいでしょって思うんだよね。」
弟「まぁ確かにね。」
俺「あとは何故かしゃべり口調なヤツ。」


見送ろう
無理かな



俺「・・・単語の並びにコレが入ってるとスゲェ変に思えるんだよなぁ。
  『見送ろう』って今決めて書きました!!って感じじゃん。」
弟「そこはほれ、師匠のイマジネーションの暴走みたいなもんでしょーが。」
俺「お前も結構見てるっぽいけど、印象深いのある?」
弟「うん、コレもちょこちょこ出てくるフレーズなんですけどね・・・」


動いた


弟「この言葉で連想しちゃうのは、『お腹に赤ちゃんでも居る
  んじゃないのか』ってトコですよね。」

俺「同意求めるんじゃねぇ。」

弟「でも一言動いたなんて書かれてもねぇ。恐らく調教とか前走とかのことを指しているんでしょうけど。」
俺「『あっ、動いた』『元気な子ね、うふふぅ♥』的な会話を連想しちゃうのか、お前は。
  ・・・飢えてるなぁ。」
弟「蹴ったなら確定ですよね。」
俺「だから同意求めるなよぉ・・・」
弟「本命候補は割とまともなのに、穴馬は完璧に遊んでる場合がありますよね。」
俺「そりゃさ、記者さんの気持ちは解るよ。同じテーブルに同じフレーズは被らせられない。そこはもうルールだよ。」
弟「やっぱりそうですよね。」
俺「同一の出馬表に『穴に一考』が複数居ちゃダメなんだよね。」
弟「ああ、それは解りやすいかも。本来は脚質に特徴がそこまで無く、それでもそろそろ怖いぞって馬はその言葉で
  片付けたいのかもしれませんね。」
俺「先程は本命サイドの常套句を挙げたが、穴馬サイドだとこんな寸評が多いよな。」


大穴なら
一発秘め
はまれば
大駆けも
穴に一考
ムラ駆け
見直しも etc・・・



弟「うんうん、よく見ます。脚質傾向を指したものもありますよね。」


末脚鋭く
前崩れで
ハナ主張
逃げ粘る
発馬カギ
自在性有 etc・・・



俺「それで、『流石にこの馬は無いだろう・・・』という馬ではこんな寸評が多い。」


静観妥当
ここでは
大敗続き
さすがに
一変疑問
精彩欠き
どこまで etc・・・



弟「大体遊ばれるのは、そういう『切り馬』ですよね。」
俺「まだ、今挙げたコメントはマシな方だよな。」
弟「そうですね。」

俺「オリィなんか、スッゲェ可哀想だもん。」
弟「ここで折笠騎手ですか・・・」


俺「南関の通常開催の場合、スポニチだと8Rぐらいから最終レースまでの簡単な馬柱が出るんだよね。」
弟「前2走までのヤツね。」
俺「で、オリィが馬柱に二度登場する日があってさ。」
弟「後半の二鞍騎乗ですね。」
俺「両方とも寸評コレだぜ。」


狙 え な い


俺「いくらなんでもヒドイと思わないか!?オリィ見たら
  泣くぞ!!馬の寸評っつーよりオリィの寸評だもん!!」

弟「アンタの発言が一番失礼だわ!!」

俺「・・・やっぱあの寸評は変だって。ちょっとした狂気すら感じるもの。」
弟「『不気味だ』ってのもよく見ますよね。よく考えたら変。」
俺「気配的な怖さを感じるってコトなんだろうな、俺はそれは変には思わない。」
弟「えぇ~・・・」
俺「もっと変なのいっぱいあるじゃん。」
弟「あんまりそこまでじっくり見ないもん、あの寸評・・・」
俺「特定の馬に対する寸評ってのがあるんだよ。」
弟「ほほぅ。」
俺「それがたまに暴発するんだよなぁ。」
弟「・・・例えば?」
俺「いつぞやだけども、チョイワルグランパの寸評、こう書いてあったんだよ。」


チョイ怖


俺「お前『チョイ』って言いてぇだけだろ!?」
弟「ヒドイなぁ・・・」
俺「こういう小ネタを仕込んできやがる。フツーにさぁ真面目に予想しようとしてる時にだよ?その予想材料である
  新聞にだ、チョイ怖なんて書かれてみろよ。気が抜けてしゃーないわ!!」
弟「ああ、そうですね。気が抜けるって感じです、あの寸評。」
俺「こないだの宝塚記念、シルポートにはこう書かれていたんだよ。」


ド単騎


弟「・・・」
俺「意表を突かれたよ、本来単騎逃げの可能性が強い馬には『徹底先行』とか『単騎逃げ』とか書かれるの。
  ド単騎だぞ。どうしてド単騎にしたんだよ!!」
弟「記者の気分でしょー・・・」
俺「そうなんだよ、気分次第で適当に書けちゃう項目なんだろうな。」
弟「そうなんでしょうね。」
俺「ドリームバスケットなんかこうだもの。」


夢が満載


俺「もはや予想関係無ぇもの。」
弟「・・・よく覚えてるよね、そこにびっくりだよ。」
俺「少ない文字数だけにさ、印象に残っちゃうと結構覚えてるもんだよ。」
弟「予想に関係無いコトが書いてあるのはヤダなぁ。」
俺「極めつけとも言える適当さが炸裂したのがオグリシュンコーの寸評なんだが・・・
  ここまでの寸評とレベルが違うから、覚悟してほしい。」
弟「あの・・・イヤな予感がしますけど、それ通りなんでしょうかね?」




オグリシュンコー
小栗旬だ




俺「イヤな予感は当たったかな?」
弟「まんま的中しました・・・」

俺「ヒネりも何も無いもんな。オグリシュンコーって名前見て『あっ、小栗旬だ』って思って、それ寸評にしたんだよ。
  こうやってスポニチ競馬欄は作られているんだねぇ。」
弟「楽しそうな会社で何よりですよ・・・」
俺「本当にここだけは何とかしてもらいたいよ。」
弟「でもさー・・・」
俺「なんだ?」

弟「そうは言っても寸評好きなんでしょ?」
俺「馬柱はここしか見てないとも言える。」


弟「・・・データの方をちゃんと見ろよ。」
俺「ここまで話をしてみると、実は何だか物凄い深いモノの様な気がしてきた。」
弟「・・・尋常じゃなく浅いモノにしか思えないボクはおかしいのだろうか。」







※俺のスポニチ寸評は「静観妥当」





クリックすると欲求不満の管理人がムラムラします

[ 2013/07/24 00:02 ] その他 | TB(0) | CM(8)

弟子ちゃんの寸評は「器大きい」か「胸小さい」ですね
[ 2013/07/24 14:41 ] [ 編集 ]

さすが!

こんにちは
お疲れ様で~す!

師匠の着眼点は素晴らしい!
誰も何とも思っていないような
寸評にまで狙いを定め、まるで
スナイパーのように撃ち落とす。
可憐だ!

競艇実況気にいって頂き光栄です。
くれぐれもウ〇コ気を付けてね。。。
[ 2013/07/24 14:48 ] [ 編集 ]

スポニチの寸評は「狙ってる」でもいいレベルな気が・・・w

最近では、日刊スポーツがプロキオンSのマコトスパルビエロに、
「生き字引」の寸評つけて話題になってたりしましたねw
(h)ttp://p.twipple.jp/yhGfX
[ 2013/07/24 22:11 ] [ 編集 ]

>虎犬さん

「胸小さい」か「体が平坦」かですね
[ 2013/07/25 00:03 ] [ 編集 ]

>内枠さん

これは可憐って言うのか!?
まぁこの寸評、妙に気になっちゃうってのが個人的なトコだったんだけども。

もれなかったよ!!チビったけど!!
[ 2013/07/25 00:05 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

割とどこの新聞にも雑誌にも寸評ってあるんでしょうけど・・・


ぶっちゃけほぼ意味ない大喜利みたいなもんだよね♥
[ 2013/07/25 00:07 ] [ 編集 ]

よく見ましたよ~

競馬初心者のころは・・・・・w

あまり、と言うか全然参考にならねェからもう見てないけど・・・
4文字かぁ
【馬は元気】とかありそうっすよねぇ~
[ 2013/07/25 09:58 ] [ 編集 ]

>ニコフさん

【馬は元気】= ノリさんっぽい・・・
[ 2013/07/26 00:50 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/402-98273d4e