FC2ブログ





土産話

俺「あー・・・」

Baidu IME_2013-8-18_23-17-46

弟子「出た・・・このモード・・・」
俺「連休明け、旅行戻りはこうなっちゃうよね・・・」
弟「けだるいですよねぇ、でも仕方無いんじゃ?」
俺「案外『よぉし、旅行でリフレッシュしたし明日から頑張るぞー!!』とはならんものだよねぇ。」
弟「師匠が頑張るとよくないことが起こるからヤメテ。」
俺「どおいう意味カナー!?」
弟「まぁまぁ。今日は旅行の土産話するんでしょ?楽しくいきましょー♪」
俺「だからさぁ、こないだも言ったけどさぁ、基本的に旅行話はツマラネェんだって。自慢話なんだから。」
弟「そうかなぁ?」
俺「自慢話を持ち帰る為に旅行行ったワケじゃねーだろ。その浅ましさを排他し、純粋に自分たちが沖縄を楽しむ
  為のルールを作って今回旅行したんじゃねーか。」
弟「そうだった。」

俺「予め言っておくけど写真一枚も撮ってませんから。」

弟「コレ、ボクが作ったルールなんです。」
俺「今回の旅行ルールとして『PCは持って行かない』、『スマホに触るのは着信時のみ』、『写真撮るなら使い
  捨てカメラで』
という三つのルールを立てました。これが何を意味するか。
  完全に浮世を忘れて旅行に熱中する為です。」
弟「だから本来、ルールって言い方もおかしいんだよね。」
俺「そうだな、ルールってのは束縛するものだ。それが苦痛になるならルールとして成立する。だからこれは願望
  なんだな、これにより旅行がより楽しめれば成功。」
弟「『スマホに触るのは着信時のみ』ってのは、つまりSNSなんかを使ってリアルタイムで『今ここに居るんだよ、
  イイでしょー♪』ってアピールをしない為。『PCは持っていかない』ってのは完全に仕事から離れる為。」
俺「そして弟子が考えた『写真撮るなら使い捨てカメラで』ってのは、デジカメやスマホで撮影したら確実にそれは
  自分の為と言うよりネットで他者に見せびらかす手段になるからってコト。人によってはコレは苦痛になる。」

弟「だがしかし!!」
俺「我々全く気にならず!!」


弟「それどころじゃねーよって感じでしたからね・・・」
俺「今ようやく、こうやって土産話するなら写真あった方が良かったかなーって思ってるけども、それぐらいだな。」
弟「とっても楽しかったデス。」
俺「うん。それで終わりにしとこうや。」

弟「・・・」
俺「ほれ、結局お前も『こんな楽しいコトがあったんダー♪』って自慢したいんだろ?旅行から帰ってきてそういう
  思いがふつふつと湧き上がってるんだろ?やめとけやめとけ!!人に理解されねーんだから!!」
弟「でもぉぉ・・・」
俺「基本的に今回の旅行ってさ、メインは俺のよく解らない衝動によるものじゃん。俺自身なんでこんな衝動に
  駆られたのか未だに解ってねーんだぞ?」


俺の『よく解らない沖縄旅行に至った衝動』
rankbanner-A-1.gif 22位くらい


俺「そこに俺が付け加えた願望は『泡盛飲みてぇ』『うまいもん食いてぇ』『なんかゴロゴロしてぇ』ってだけなの。
  全部満たされたの。それで俺は充分なの。人に何か伝える為に沖縄行ったんじゃねーの。
  土産話なんざするだけ野暮臭くてしょーがねーの。」
弟「でも楽しい話をしたいじゃないですか・・・」
俺「確かに楽しかったよ。」
弟「それならそういう思い出を自由に話してもいいんじゃないの?」
俺「お、正論。」
弟「じゃあしようよ♥」
俺「面白く話せるかどうか、全く自信が持てないぞ。いいな。」
弟「・・・へそまがり。」
俺「うるせー。」


★旅行のコンセプト

俺「まず先程言った通りだ、通信手段やネット関連をできるだけ遠ざける。現実の空気、現実の視界、現実の味を
  楽しむ。肌で沖縄を感じまくり、それに夢中になるコトが最も重要だった。」
弟「その為、師匠がかなり無茶をしました。」
俺「沖縄は暑い。本土とは違い気持ちのイイ暑さだ。」
弟「暑いとビールがおいしいよ。」
俺「そう、ビールも泡盛もウマイ!!」
弟「行く先々で常にお酒を飲んでいたい!!」

俺「・・・日々貸切タクシーをチャーターしました。」
弟「大奮発だー♥」

俺「これだけでエラい出費・・・」
弟「そして宿。」
俺「ツアー組んだ方が安いのは当たり前だったんだけど、ギリギリまで行けるかどうか解らない状態だった上に、どう
  しても泊まりたいビーチ近くの民宿があった。だから航空券も宿代もバラバラの手配。宿はむしろキャンセル前提
  でお願いしてあったんだが、前日に仕事が見事に片付いた際には嬉しさのあまり思わず宿のおっちゃんに
  『明日行けますぅぅ♥良かったですぅぅ♥』と意味不明な連絡を
  してしまった。」
弟「でも、この連絡が良かったんだよね。」
俺「まぁ、『よっぽど楽しみにしてたんだろーな』ってのが伝わったらしく、この電話の時に食べたいモノ、飲みたい
  モノを色々聞かれた。要するに夕食は宿でってコトで、基本的に夜は元より宿でゴロゴロするつもりでした。」
弟「おっちゃん、張り切り方がハンパじゃなかったもん。」

俺「お陰様でこれまたエラい出費・・・」
弟「超高級泡盛古酒ウマかったー♥」


俺「かなりサービスはしてくれたんだけどね、酒はほぼ奢りみたいな勘定だったし。」
弟「何もかもがウマかったー♥」
俺「つまり、旅行の最中は『金のコトは気にすんな、思うがままに動け』という自由性を極限を活かしたんだね。
  貧乏旅行クソ喰らえだったワケだ。」
弟「そして今、来月のカード請求に恐怖していると。」

俺「こわいよう・・・」
弟「今月は節制ですね・・・」


★そんな旅行だったんですが

俺「とまぁ、予定も何もかもが自由な状態。俺は衝動を実行できれば充分、弟子の目的もほぼ俺と同じ。特別に観光
  名所なんか行く希望も無く、とにかくダラダラしながら贅を尽くす。それが今旅行のコンセプトだったんです。」
弟「そんな師匠の、今回の旅行の最大の思い出は?」

俺「貸切タクシーの運ちゃんが高田純次みてぇだった。」
弟「いや、わかるけれども!!!!!」

俺「すっげぇ適当だったのよ、今回の宿の場所って恩納村ってトコでさ。沖縄本島の中央ぐらいのトコなの。那覇
  到着後ちょっとウロウロして、今日はもう宿でゆっくりするべーって宿に向かったのね。」
弟「首里城行ったコトを『ちょっとウロウロ』で片付けるな!!」
俺「まぁノリの軽い運ちゃんでねー・・・」
弟「うん・・・」
俺「・・・」
弟「・・・」

俺「案外伝え辛いな。もうやめよう、この話。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!」


俺「膨らまねぇや。キャンプハンセンの横通ったときの話とか、案外膨らまねぇや。」
弟「『ヘリがあの辺にストーンって落ちたんですよー、いや見てないけど』とか言ってましたね。」
俺「ほら、第三者にあのオヤジの面白さはなかなか伝えにくいだろ。」
弟「つーかタクシーの運ちゃんにスポット当てるなよ。」
俺「いや、沖縄で何が一番面白かったって言ったら、俺は確実にあのオヤジだぞ。」
弟「読者が求める話をするんじゃなかったのか!?」

俺「じゃあ俺とデシちゃんの夜の営みの話でも・・・」
弟「いや、営んでねぇし。」

俺「毎晩宿でコイツが飲んだくれてキャットファイトを仕掛けてくるので・・・」
弟「確かに酔っ払って変なコトはしたかもしれないし、師匠に変なコトもされましたよ!!」
俺「ね、海ぶどうね。」
弟「やめんかい!!」

俺「あの時のコトを思い出すと未だにムズムズするよ。」
弟「思い出したくないよぅ・・・」
俺「宿のおっちゃんがさー、毎日腕によりをかけて素晴らしいお料理を出してくれたんだよ。」
弟「毎日おいしいものが食べれましたねぇ。」
俺「その中にあったのがプチプチクニュクニュの歯ごたえがたまらない、新鮮な海ぶどう!!」
弟「お酒もスゲェの用意してくれてたね。」
俺「そう、お酒も素晴らしかった。おっちゃんのオススメの泡盛多数、黒糖焼酎、ハブ酒・・・豆腐ようとスクガラスが
  あればクイクイとお酒が進んじゃう。しかし、ここを日頃から読んでくれてる人ならお解りでしょう。」

弟子 + 酒 = エロキノコ

俺「もう初日から『ふぇいっ!!』とか『ちゃーぅ!!』とか言い
  ながら俺に襲いかかってくる始末!!」

弟「オボエテナイヨー。」
俺「お前があんまりにもドタバタするから二日目の夕食から生ウコンが用意されたんだぞ・・・」
弟「そうなの!?あのスッゴイ苦いヤツ!?」
俺「そうだよ。」
弟「アレは確かに効いた。」
俺「効いた分を取り返す様に飲んでたじゃねーか!!」
弟「泡盛おいしいんだもん!!」
俺「おいしいのは解るけれども、限度ってもんがあるだろ・・・」
弟「・・・」

俺「だから俺も限界が来て、海ぶどうを使って反撃・・・」
弟「やーーーーーーーー!!!!!」

俺「もうなんだよ!?」
弟「いいの!?師匠だってイメージってものがあるでしょ!?」

俺「俺が海ぶどうでお前の乳首いじくったトコロ
  で、俺のイメージに何ら害はない!!」

弟「最低だ・・・!!」


俺「それにお前が悪い。お前がしつこかった。」
弟「そうかもしんないけども・・・結構二日目の夜は覚えてるけども・・・」
俺「バイオハザードのゾンビみてぇに倒しても倒しても起き上がって来やがって・・・!!」
弟「大体ねぇ、食べ物をそんなコトに使うってコトがおかしいんですよ!!」

俺「ちゃんと食べたよ!!」
弟「最低だ・・・!!」


俺「おいしかったです。」
弟「ふぐぅぅっ・・・」
俺「ポン酢が乳首につくとヒリヒリするって
  弟子が言ってました。」

弟「ええ、真似しないでください・・・」


俺「ほら見ろ、このなんとも言えない楽しんで頂けてるのかどうか解らない微妙な感じ!!旅行話ってのはソコを
  意識したら本来やっちゃいけないモノなんだよ!!」
弟「旅っぽい話を一つもしてないでしょぉが!!」
俺「あー、じゃあ例えばだ。美ら海水族館行ったよな?」
弟「うん!!凄くキレイだった!!マンタいっぱいいた!!」

俺「以上、だろ?」
弟「・・・」


俺「その一言で充分じゃねーか。他に何か付け加えれば付け加える程、必死な感じになるだろう。」
弟「ぬおおお・・・」
俺「ビーチはどうだった?」
弟「えっと・・・とても海がキレイで、開放感に満ち溢れており・・・」

俺「俺がハシャぎ過ぎて脚をくじいただろ!?」
弟「そこがメインですううう・・・」


俺「グキッてなったんよ、グキッて。グキッてなった足で泳いだら今度はツッたんだよ。」
弟「運転手さんがその話聞いてゲラゲラ笑ってたね・・・」
俺「青い海も空も俺のコトを笑っていたよ!!」
弟「ネガティヴ・・・」
俺「大したことにならなくて良かったけれども。ただ純次にゲラゲラ笑われた時は腹が立った。
弟「あ、そうだ!!トロピカルジュース飲んだじゃん!!」

俺「マズかったな、アレは。」
弟「・・・ハイ。」


俺「どうだ、『楽しかったです』だけでいいんだよ、旅行話なんてものは!!楽しかった思い出を第三者に押し売り
  しちゃいけないんだ!!」
弟「ううぅ・・・」
俺「どっちかって言ったらだ、『旅の残念なハプニング』の方がネタとしてはイイと思う。しかしだ、
  コレもコレで結構イタイ!!」
弟「なんかわかっちゃうううう・・・」
俺「何よりも!!」
弟「!?」

俺「写真が無いとやっぱ無理だ、こういう
  話は!!」

弟「それ言っちゃダメェェ!!!!!」


俺「結局使い捨てカメラも未開封だぞ。」
弟「カメラってモノが記憶から消えてましたもの。」
俺「まぁ、お前の発案なんだけどネ。」
弟「・・・」

俺「ブログとかで書くんだったら写真あった方がいいネ。」
弟「ごもっともです・・・」


★つーわけで我々の旅行の思い出は箇条書きです

★初日
・静岡→那覇へ移動、大体午後3時ぐらいに到着。静岡より涼しい。
・高田純次みてぇなタクシー運転手と合流。那覇市内でいきなり買い物(宿のオヤツ)。
首里城行った。赤かった。
・とりあえず宿にチェックインするため北上、恩納村へ。途中右手にキャンプハンセン。
・宿に到着しチェックインしたらもう7時くらい。高田純次バイバイ。
・いきなりもう飲み食いし始める。わんさか料理が出てくる。沖縄そばをメインに豚料理などなど!!ワァイ!!
・午後9時、宿のおっちゃんがオススメの泡盛とつまみを持ってくる。←毎日
・午後11時、ヨッパの弟子がキャットファイトを仕掛けてくる。←毎日
・いつの間にか寝てる。←毎日

★二日目
・のんびり朝10時くらいに起床。おっちゃんに「夜遅くまで楽しそうだったねー」って言われながら朝食兼昼食。
・豪雨。ビーチめぐりの予定を変更し、美ら海水族館へ。キレイでした。
・美ら海水族館に行く道すがらで見つけた「ハブvsマングース&幻の白蛇」という香ばしい看板を発見した為、
 どうしても気になって見に行く。動物愛護法により実戦させることはできないらしく、VTRを見せられる。
・高田純次オススメポイント巡り。ター滝。いきなりサバイバルさせられた。雨後で足元グチャグチャやんけ。
・高田純次オススメポイント巡り。ヤンバルクイナ展望台。本島北端・・・純二、移動距離長すぎだよ・・・
・高田純次オススメポイント巡り。恩納村の伊武部ビーチおんな村のいんぶビーチという卑猥なビーチだが、
 閉鎖されて廃墟になっており心霊スポット化してるとか。夕方行ったら超不気味。
 純次曰く「私のいんぶもオバケみたいですよ」。うん、黙れ
・宿に戻る→お風呂→お食事。今日は海鮮料理!!ワァイ!!そして生ウコン。スゲェ苦い。
・毎日コース。弟子がしつこい為、押さえつけて海ぶどうでいじくると、ウルウルしながら可愛い声を出す

★三日目
・9時起床。弟子が乳首に違和感を訴える中での朝食。
・今日は恩納を拠点にウロウロ。純次に万座毛に連れてってもらう。いやぁ豪快な景色です。
・そのまま万座ビーチへ。海がキレイ!!ひゃっほいした俺が到着後20分ぐらいで足をくじく
・治ったかなーと思い海の中でひゃっほいしたらすぐ足がツッた
・弟子がクソまずい上にクソでかくクソ高いトロピカルドリンクを買ってくる。踏んだり蹴ったりだ。
・昼ごはん。沖縄とは全然関係ないビーチの露店で買ったチキンケバブとオリオンビール。そこそこ。
・午後も万座ビーチでゆーーーったり。
・泳いだり走ったりして疲れたんで早めに宿に戻る。
・今日は終戦記念日、この辺の話を宿のおっちゃんとしんみり語る。その話を書いた方が良かったんじゃないか
 と今更気付いても手遅れです。沖縄では8/15じゃないんだよね、終戦記念日。あと6/23の慰霊の日の方が、
 沖縄にとって大きな意味を持つ日だと言う。結構深い話だったよ。
・今日の料理はなんだか大衆料理っぽいヤツだったよ!!なんか見たコト無いヤツいっぱい!!ワァイ!!
 高級感は無いけど素朴で好きな感じの料理だった。が、何が何だかよくわからん。モズクの天ぷらはウメェ!!
・そして毎日コース。

★最終日
・ほぼ帰宅の為だけの日だったが、急遽ここにひめゆりの塔見学をネジ込み7時起床。おっちゃんが早起きに驚く。
・おっちゃんにお別れ。ここで何故か初めて奥さんが登場。そしてバイバイ。
・純次にひめゆりの塔に連れてってもらうが、時間を気にしまくる。だって静岡便スゲェ少ないんだもの・・・
・なんとか余裕を持って到着し見学。ひめゆり平和祈念資料館、弟子は色々食い入る様に見てました。
・あまりゆっくりはしていられず空港へ。そして純次バイバイ。
・那覇→静岡。8/16の午後4時くらいに静岡空港着。ただいマンモス。


結論:楽しかったぞ!!以上!!







↑クリックしないとコイツら止まらないよ!!

[ 2013/08/20 02:13 ] その他 | TB(0) | CM(8)

気持ちは皆一緒

働きたくねぇ~
…本当にねぇ~

でもさ、億単位の馬券当たったら
税務署うるさいから
やっぱ宝くじかtotoかなぁ???

沖縄旅行羨ましい!
しっかりと鞍上の高田さんと
楽しんでこられたようで安心しましたwww

もしかして・・・
TILTOWAIT夫妻の新婚旅行?
だったりして 笑笑笑

ごちそうさまでした
[ 2013/08/20 19:21 ] [ 編集 ]

沖縄 最高ーーー!!!

大好きですよーー!(^^)

美ら海水族館に行きたくて初めていってみた。
そして沖縄料理、オリオンビール、泡盛にはまった(*^^*)
[ 2013/08/20 21:41 ] [ 編集 ]

楽しんでこられたようで…

何よりです。
かく言う私もほぼ時を同じくして遠出をして、若い男女5人に囲まれていました。男1人を除いてあとの4人は未就学児童。
ええ、甥っ子と姪っ子ですよんwww
まあ一家合わせて13人で集まっておりました訳で、久々に親孝行と家族サービスをしてまいりました。旅程は少々無理をして疲れはしましたが、おチビちゃん達と触れ合って元気をもらってきましたゎ。

でもお師匠さん達のような旅も、いつかしてみたいですなぁ。沖縄と北海道は一度は行っておきたい。
土産話、ありがとうございました。
[ 2013/08/20 21:49 ] [ 編集 ]

マジでお父さんは重賞デーでの達成を狙ってるのか…

おいら明日は行けねぇだ~~

そしてオリィは平常運転に戻ってるし~

何だか悔しくて川崎にもオリィ教団の支部を作っちゃる!!

と鼻息が荒くなりましたわ。


おお、リクエストの沖縄自慢wありがと~

写真は無くとも羽をのばしてリフレッシュしたよ!感は伝わりましたぞ~

普段は激務のお二人、たまにはブログ更新の事を忘れても誰も怒らないと思うヨw
[ 2013/08/20 22:56 ] [ 編集 ]

>内枠さん

夫妻じゃないってば!!そういうこと言うとデシがピーピー言うぞ!!

税務署にうるさくされてもいいから、WIN5の億配当取ってみたいっすねー。
最近買ってないけどね、WIN5。
[ 2013/08/21 00:39 ] [ 編集 ]

>saiさん

現地は色々大変(軍も漁業も他国との兼ね合いだらけだよ)なんだけど、
観光で来る人にそういうのを感じさせまいって気遣いがあるんですよね。
だから終戦記念日の話をこちらから振っちゃった時には「しまった」って思ったけど、
宿のおっちゃんは穏やかに自分の解釈を語ってくれました。

海はキレイだし、食い物も酒もウマイし、人は優しいし、大事にしたい場所だねぇ。
[ 2013/08/21 00:43 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

ワァオ大所帯!!賑やかですねー!!
弟子を派遣しますので蹂躙してやってください。

旅の楽しみ方ってのも色々。沖縄もいいけど夏の北海道もサイコーだよ!!
[ 2013/08/21 00:46 ] [ 編集 ]

>ぽん太さん

水曜は騎乗数多いし、ここでキメてくれるのでは!?
そしてオリィさん・・・コスモキャロルで惨敗して連続2ケタ着順ですか・・・

それでこそオリィさんだ!!

リフレッシュし過ぎると現実に戻れなくなるから注意だぞ!!
相変わらず働きたくねぇ!!
[ 2013/08/21 00:51 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/423-f26fb830