FC2ブログ





祝!!的場文男騎手、地方競馬通算6500勝!!

俺「ジラされましたが・・・ようやくですよ。」
弟子「ええ・・・」

俺「フミオさん、6500勝達成
  オメデトーゴザイマス!!」

弟「ぱちぱちぱちぱち~♪」


※6500勝の祝賀バナーです、やっぱりフミオさんはこの騎乗だ!!

↑クリックすると俺が喜びます。フミオさんは・・・ああ、フミオさんも喜んでくれますヨ、多分。


俺「待ちかねましたよぉぉ。最初はさー、川崎4Rで達成とはまた地味だなーと思ったんだけど・・・」

8/23 川崎4R トーホウドラクロワ 1着 → 6500勝達成!!

弟「・・・狙ってましたよね。」
俺「・・・ただの6500勝じゃないもんな。」

★フミオさんは、35000回目の騎乗で6500勝達成しました!!

俺「濡れるッ!!!!!」
弟「おいッ!!!!!」


俺「計算だよ、計算。計算した上でこんなキリ番合わせを現実化しちゃうんだぞ。」
弟「なかなかできるもんじゃないですね。」
俺「そんで4Rでスッキリしたフミオさんってば、次の5Rも
  『ヒャッハー!!』って連勝しちゃうんだもの。」


8/23 川崎5R カネショウシルク 1着 → 6501勝目ですヨ・・・!!

弟「この一週間、フミオさんに振り回されちゃいましたね。」
俺「まさか騎乗数と勝利数を合わせてくるとは・・・そこまで見てなかったよ!!」
弟「そもそも35000回の騎乗ってのが凄いよなぁ。」
俺「通算成績を他の騎手と比べると、もう数字そのものがケタ違いなんだもんな。」

的場文男騎手の通算成績
フミオさんの通算成績

他の騎手の通算成績
他の騎手の通算成績

弟「折笠騎手を比較対象にするな!!」

俺「でもさー、俺が産まれるより遥か前から騎乗してるんだよ。そう考えると本当に凄いなぁと思う。それでいて南関の
  トップとして未だに君臨し続けているんだからねぇ。」
弟「騎手人生40年を迎えてのメモリアル。本人どんな風に思ってるんでしょうね?」
俺「いや、本人は『通過点』ぐらいに思ってるんじゃないかな。」
弟「おお。」
俺「これからフミオさんは記録に向けての挑戦になるんだ、ようやく佐々木竹見の背中が見えてきたぞ!!って
  感じなんじゃないかな。」
弟「え!?フミオさんて国内最多勝記録保持者なんじゃないの!?」
俺「現役ではそうだけど、頂点として記録に残るにはあと651勝しないと。2001年に引退した佐々木竹見氏を抜く
  には、それだけ勝たないといけないんだ。」

※佐々木竹見氏がマークした通算最多賞記録は7151勝(中央含めると7153勝)。これが国内最多勝記録です。

俺「川崎の鉄人、佐々木竹見。彼は60歳まで走り続けた。大井の帝王たるフミオさんとしては是非とも超えたい存在
  なんじゃないかな。」
弟「フミオさんって、今おいくつなんでしたっけ?」
俺「56歳だってよ。」
弟「おおお、見える。記録が見えるぞ!!」

俺「シンザンより年上なんだな・・・」
弟「比べるトコがおかしいよ!!」


シンザン 1961年産まれ
フミオさん 1956年産まれ


俺「つーか、フミオさんの同期があと二人南関で現役続けてるってのがスゲェよ。」
弟「え、フミオさんて現役最年長じゃないの!?」
俺「お前の先入観は何なんだ。」
弟「いや、なんとなく最年長っぽい気がして・・・」
俺「まず石崎パパこと石崎隆之騎手だろ。石崎パパはフミオさんの一年上だ。」
弟「おおー、ザキパパ!!こないだ新潟で超頑張った!!」
俺「そして森下博騎手。現時点での現役最年長ジョッキー。フミオさんや石崎パパに比べると影が薄いけれども、
  南関で頑張ってるんだよ。」
弟「騎手にも南関三大老が・・・!!」
俺「・・・気に入ってるのな、そのフレーズ。」
弟「競走馬はボンちゃんが引退して現役が二大老(フジノウェーブ、マズルブラスト)になっちゃったけれど。」
俺「だからフミオさんは現役騎手では三番目の年齢なんだよ。
  若いんだよ。」
弟「若いは言い過ぎだと思いますよ・・・」
俺「いや、若いよフミオさんは。100歳まで騎乗してても不思議じゃねーもん。」
弟「そこまでいくとオバケですよ。」

俺「オバケじゃねーよ!!妖怪だよ!!」
弟「ねぇ、それホメてるの!?ホメてることになるの!?」

俺「だってさー、同期の二人は正直ちょっと衰えてきちゃったかなーって勝利数になってきちゃってるのよ。それに
  対してフミオさんは今年もう100勝以上をマークしてるし騎乗回数もそこまで落としてないんだ。若い証拠よ。」
弟「本当に頭が下がりますよねぇ。」
俺「コレ見てみろよ。」

マッチョなフミオさん

俺「濡れるッ!!!!!」
弟「コラッ!!!!!」


俺「なんだよこの上半身。ムッキムキじゃねーか、妖怪だよ妖怪。けしからんよ。」
弟「騎手だから鍛えてるのは当たり前なんですけど、それでも若い体ですよねー。」

俺「こんな体であんな動きを上でされたら、俺泣いちゃうぞ。」
弟「もっとこう、他の言い方はできなかったのか。」


俺「ゲンバー大王みてぇじゃん。」
弟「誰も解らないネタ出すなよ・・・」

※ゲンバー大王
ゲンバー大王
武井宏之先生の「ユンボル」に登場するマッチョな重機人間にして国王。
「ゲンバー大王は現場主義」というフレーズが、俺の脳にこびりついて離れない。

俺「並べてみよう!!」

比較

俺「ホラ、大差ないよ!!」
弟「なんだよ『マトバー文王』って!!」



★今後のフミオさんに何を望む?

俺「まぁ、さっきも言ったけどメモリアルであると同時に通過点なんだよな。」
弟「うん。そうであってほしいよね。」
俺「もちろんこれからも健康で無事に、末長く豪快な騎乗を見せてほしいってのは当たり前なんだけどさ。その
  上でフミオさんに何を望むか。そこを考えてみよう。」

1 東京ダービー優勝!!

俺「コレはフミオさん自身の悲願だよなぁ~。」
弟「大井の帝王がダービー取れてないんだもんなぁ・・・」
俺「ウィキで大井の七不思議の一つって言われちゃってるんだもの。」
弟「七不思議・・・あとの6つは何なのさ?」

俺「二つ目の不思議は、他に不思議が無いという不思議。」
弟「だめじゃねーか!!!」

俺「とにかくフミオさんが何故か取れないタイトルというイメージが強い東京ダービー。ここを勝つフミオさんを早く
  見たいって南関ファンも多いハズだ。」
弟「確かに、東京ダービーでまず気になっちゃうのがフミオさんだもんね。」
俺「93年、無敗で駒を進めて圧倒的単勝支持を背負ったブルーファミリーでの挑戦がとにかく有名だ。単勝オッズは
  1.1倍と他を圧倒していた。この頃の南関には外枠希望というちょっと変わったシステムがあってね。」
弟「外枠希望?」
俺「不利とされる外枠をあえて希望するなら、それでいいよーっていうもの。ブルーファミリーって馬はゲートに
  不安があって、デビュー戦からずーっとこの外枠希望で最後にゲート入りしてたんだって。」
弟「へぇぇ、面白いですねぇ。」
俺「当然この東京ダービーも外枠希望で大外スタートになったんだけど・・・」

※その時の動画でございますよ


弟「うわぁぁ・・・」
俺「普段から速力活かしてハナを切っていた馬がこうなってしまってはもう勝てない。前に取り付こうと序盤で脚を
  使ってしまい、尚且つプレザント騎乗の桑島騎手の思い切った逃げに対し、自分の競馬が全くできない状態。
  結局フミオさんにとって最大のダービー制覇のチャンスは、ゲートが開いた時点で掌からスルリと溢れてしまって
  いたんだな。」
弟「単勝1.1倍かぁぁ・・・無敗だったんだもんなぁぁ・・・」
俺「その後も『今年この馬ならダービー取れるぞ、フミオさん!!』という馬がダービー前に故障しちゃったり
  渾身の騎乗を見せるも、アジュディミツオーナイキアディライトなんて化け物級と同世代だったが為に2着が
  精一杯だったり。ダービーがフミオさんを遠ざけている様にすら思えちゃうっていう感じだわなー。」
弟「ダービー優勝するフミオさん、見てみたいですね!!」


2 中央でその勇姿を、中央G1勝利!!

俺「フミオさんて中央騎乗少ないと思わん?これだけの騎手なのにさ。」
弟「うん、戸崎騎手は南関在籍しながらもガツガツ中央に乗りに来てましたよね。」
俺「ガツガツ・・・」
弟「なんで?」
俺「本人あんまし興味無いみたいなんだ、中央に対して。」
弟「それじゃ仕方無いかなぁ。」
俺「でもさー、見てみたいじゃん。JRAの騎手達をJRAの競馬場でねじ伏せる大井の帝王を。」
弟「メイセイオペラみたいに地方在籍馬でやってくれたらいいなぁ。」
俺「断固あの勝負服で!!」
弟「ソレ無理だろ!?ルール上!!」

俺「中央馬主未登録の勝負服、フミオさんが着たら違和感の塊になっちゃいそうじゃん・・・」
弟「内田利雄騎手と並んで、勝負服のイメージが強い人だからなぁ。」
俺「キャロットの勝負服とか絶対似合わんだろ。」
弟「ああ、そんな気がするなぁ・・・」
俺「でも帝王賞をボンネビルレコードで勝った時、ボンちゃん中央移籍中だったからあの勝負服じゃなかったんだよ。
  赤白のストライプだった。」
弟「とにかく赤が基調のイメージですよね。赤が似合うよ、フミオさんには。」

俺「ああ、じゃあゴールドシップに乗ってもらおうや。」
弟「そんなことしたら内田騎手がどんな顔するかな・・・」



3 目指せ、国内最多勝騎手!!

俺「つまり佐々木竹見超え。」
弟「コレは狙ってるでしょー、このまま続けていられれば超えますよ!!」
俺「年間150勝以上のペースを守れれば、5年くらいで追い越せる計算だな。」
弟「ですよね!!」

俺「・・・冬が鬼門だよなぁ。」
弟「関節が・・・!!」


※寒くなると、フミオさんの関節が痛くなるそうです(管理人談)

俺「暖かい内に勝ちを稼いでおかないと。」
弟「それ、どこまで本当なんですか・・・」
俺「今回川崎での記録達成にねー、その佐々木竹見氏もお祝いに来てたみたいだよ。」

竹見さんが来てたそうです

弟「すごい2ショットだね!!なるほど、竹見さんは川崎の騎手だったんだよね。そこも川崎での達成に関係してた
  りして。」

俺「二人足したら13652勝・・・!!」
弟「どうして足した。」


俺「いや、この二人を足してこの数字か・・・」
弟「?」


4 どうせなら世界最多勝記録へ!!

弟「おおー。」
俺「流石にコレはちょっとなぁ・・・」
弟「そんな凄いんですか、世界一ともなると。」
俺「フミオさんと竹見さんを合わせて13652勝なんだよなぁ。」
弟「世界一の記録って、何勝なんですか?」
俺「現時点で12000勝超えてる。」
弟「!!!!!!!!!!」

俺「いやぁ、流石にここまでの通算勝利数のほぼ倍をここから先に期待しちゃ酷だよなぁ。」
弟「そうですねぇ・・・ちょっと待って。さっき現時点でって言いました?」
俺「言ったよ。」
弟「それってつまり・・・」

俺「現役騎手だよ。」
弟「!!!!!!!!!!」


俺「ついこないだ12000勝をマークしてきたんだ。」
弟「すげぇな・・・まだ伸ばしてるんだ。」
俺「ガンガン伸ばしてるよ。このラインで争ってるんだよ、たまったもんじゃねぇよ。」
弟「争ってる・・・?」

俺「二人居るんだよ。」
弟「!!!!!!!!!!」


ジョルジ・リカルド(ブラジル)
ラッセル・ベイズ(アメリカ)


俺「この二人。どんなスケジュールで乗ってどんだけ勝ってるんだよって思えるわ。」
弟「上には上がいるものですね・・・」
俺「二人共フミオさんより若いから困ったもんだ。」
弟「おぉう・・・!!」
俺「まぁフミオさんは100歳まで乗れるけども。妖怪だから。」
弟「ボクらが先に死んじゃうよ・・・!!」

俺「この様にね、フミオさんに対する様々な望みがあるんだ。傍観者のワガママかもしんないけどさ、これでもういい
  だろって思わせないのがまた、フミオさんの凄いトコロだと思うよ。」
弟「そうですねー、全然まだまだやれるぞ!!フミオさんなら!!」
俺「つーわけでアンケートです。」



弟「ボクは東京ダービー優勝を願いますよ!!」
俺「俺はグランシュヴァリエ騎乗で中央のG1を
  勝ってほしいね!!」

弟「夢デカいねぇ!!」


★おまけ

弟「明日はエルムSがあるんですけど。重賞。」
俺「ああ、ブライトラインでいいんじゃね!?
  多分1番人気だし、きっと強いよ!!」

弟「最低だ・・・!!」



※フミオさんオメデトウ!!そしてこれからも怪我無く頑張って下さい!!





クリックしてもフミオさんのお祝いにはなりませんが、
できればお願いします


[ 2013/08/24 00:32 ] その他 | TB(0) | CM(6)

キリ番騎乗回数でキリ番勝利記録とは・・・流石マトバー大王様や!
国内最多記録とダービー制覇はともかく、世界最多勝利は・・・
レース開催の体系が大幅に変わらないかぎりたぶん無理ですねw

しかし・・・
中央にあまり行かない(フミオさん)vs西海岸からあまり出ない(ベイズ)
WSJSで5点(フミオさん)vsシャーガーC初の0点(リカルド)
と最多勝ジョッキー達にも意外な共通点(?)がw

参考までに、ベイズ騎手の開催成績は
(h)ttp://www.equibase.com/stats/View.cfm?tf=meet&tb=jockey の
Golden Gate FieldsとSanta RosaとPleasantonの項目で見られます。
リカルド騎手のほうはわかりませんが、常にベイズ騎手を上回る勝利数を
あげて、年間400勝とかしている印象があります。
[ 2013/08/24 03:48 ] [ 編集 ]

お久しブリーフ

文男さんは多分ブリーフ派だと思うんだが...トランクス、ましてやボクサーパンツは似合わないだろ!

老体に鞭打って馬に鞭打って、頑張ってる姿を見ると俺も頑張らにゃならんのーって思います。

文王のパイ毛が気になったのは俺だけ?

益々の活躍に期待します。
[ 2013/08/24 06:19 ] [ 編集 ]

すみません師匠・・・
『マトバー文王』
で思いっきり吹き出しました・・・
ともあれ的場騎手の6500勝達成はめでたいですね!これからも頑張って欲しいです。しかし、師匠の夢は壮大だ・・・
[ 2013/08/24 07:37 ] [ 編集 ]

>通りすがりのザリガニさん

年間400勝とかオリィには絶対無理じゃん!!

そうですよねー、騎乗スケジュールがそもそも大きく違うんだから難しいよなぁ・・・
それこそ昔のユタカさんも本来『異常な勝利ペース』だったけれど、やはり地方の
騎乗数と中央の騎乗数の開きがあるから、単純な通算勝利数では記録になりにくい状況だもんね。
JRAだけの話ならともかくだけど。

世界というくくりで競馬を見ると数字の理由と面白さが解るなぁ。
[ 2013/08/25 00:13 ] [ 編集 ]

>ストイックなデブさん

フミオさんはもちろんブリーフでしょう!!木綿でしょう!!白でしょう!!
むしろフンドシかもしんないし!!

あんまりフミオさんのかわいいティクビを凝視しないであげてください、イヤラシイ。
[ 2013/08/25 00:16 ] [ 編集 ]

>mさん

従わざるを得ませんね、マトバー文王には。

色々な希望はあるけど、まずは末永く無事に現役を続けてほしいなぁってのが第一ですね。
続けられれば結果が必ずついてくる人ですよ、がんばれフミオさん!!
[ 2013/08/25 00:18 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/425-6e3a9b40