FC2ブログ





凱旋門賞の展望

俺「あーぁ。」
弟子「・・・」
俺「まったく・・・」
弟「・・・」

レディスプレリュード 結果
1着 メーデイア → 弟子◎
2着 アクティビューティ → 弟子△
3着 レッドクラウディア → 弟子▲

俺「なぁにが『ヒンバヨソーのデシ』だよ。」
弟「おっぱい引きちぎるぞ・・・!!」

俺「冗談だよ♪」
弟「師匠が丸乗りしたからだ、それが最大の原因なんだ・・・!!」
俺「いいじゃないの、出費少なく済ませたんだし。」
弟「アムールポエジー、突き放されたら粘れなくなっちゃった。若さかな。」
俺「いや、アレは勝ちに行ったから潰れたんだと思うよ。強気だったもの、コーナーで並びかけようとする岩田騎手の
  騎乗。メーデイアはもっと楽にちぎるかと思ったけど、あそこらへんの駆け引きで結構削られたかもしれないね。
  でも本番へ向けて余裕残しだったろうから不動だよなぁ。アクティビューティとレッドクラウディアが続いて
  TCK女王盃と同じ結果だったわけだが。」
弟「やっぱり師匠が丸乗りしたからだ。」
俺「もういいじゃないですか。」

弟「くそぅ・・・」
俺「それにさぁ、結局お前だって最後の直線で違う子応援してたじゃないの。」
弟「・・・うん。あれは嬉しかったです。」

4着 クラーベセクレタ

俺「中央馬達の激しい争いの中、外から飛んできたでしょ。流石に勝つのは難しい感じではあったけど、ここ最近
  では一番らしさが見れたレースだと思う。」
弟「強いクラーベに帰って来てほしいな。」
俺「充分期待していいと思う。JBCレディスクラシックもいよいよグレードが付けられて牝馬では唯一のJpnⅠ競走に
  なるんだ。その記念すべき回、ここは地方代表としてクラーベに頑張ってほしいね。」
弟「1500mなんですよね、今年って。」
俺「そだね。」
弟「ラブミーチャン、こっちに出てきたりして。」
俺「おおぅ、大胆な発想だな・・・」




★さぁ、もうすぐですよ!!

俺「間近に迫ってきましたね、どっちかって言うと国内のレースよりも注目度が断然高いと思われる今年の凱旋門賞、
  日曜の夜ですよ。」
弟「昨年よりも一般の人の関心を惹いてる様に思えますね。一般のニュースでも結構取り上げられてるし。」
俺「放送もあるし、なんかパブリックビューイングも増えてる気がするなぁ。」
弟「師匠は昨年、知り合いのスポーツバーで観戦会やって、そこのPAやったんでしょ。今年もその予定?」
俺「ああ、今年は無いよ。」
弟「ふぇ!?盛況だったんでしょ、なんでやんないの!?」

俺「店主が現地に行ってしまった。」
弟「うおお、やりますねぇ。」


俺「・・・土産よろしく~♥って言っておいたけど、どうせ酒だろーな。」
弟「じゃあ当日はココで見れるんだ。」
俺「多分。仕事が長引かなければデシちゃんとイチャイチャしながら見れる。」
弟「イチャイチャはしません。」
俺「オルフェかキズナが勝ったら抱きしめてキスしてやる。」
弟「帰って来なくていいです。」

俺「CNNに取材されてユタカさんハシャいでたみたいね。」
弟「『全米デビューだね』って言ってたそうで。」
俺「ハリウッドだね。ラストサムライ2だね。」
弟「ラストサムライ2はもういいです!!」

俺「一方でCNNの女性プロデューサーはこんな風に言ってたみたいです。」


”日本人の凱旋門賞に対する執着は凄い”


弟「放っとけぃ。」
俺「記事にはもっと違う言い回しで書いてあったけど、これには多分な皮肉が込められてる様に感じるな。」
弟「皮肉?」
俺「日本人って欧米文化や欧米の人に対して、心のどこかで強いコンプレックスと憧れを持ってると思うの。自分の
  国はトップはまだ極めていないっていう感じでね。だから海外にハイレベルな物を求めるんだ、スポーツは特にそう
  いう風潮があるからね。そこを小馬鹿にされてるって若干感じるな。」
弟「確かに、凱旋門賞は日本人の憧れみたいに言われるコトが多いね。」
俺「他国から見ればそれが『なんでそんなに?』って思われる点、結構大きいと思うのよね。」
弟「ほえぇ・・・」
俺「お茶を濁す様な話になってしまい申し訳ないが、冷静になると『なるほどな』とも思えるコトだ。でも凱旋門賞と
  いうレースはワールドレースの最高峰に位置するものであるのは間違い無い。ジャパンカップだってそうなんだ、
  でもアウェイで戦ってこそ世界戦と捉えるのは日本独特の感性なのかもしれないね。」
弟「ふむ、面白いね。」


★昨年を振り返ってみよう

俺「さて、誰しもがその悲願達成を確信しながらもゴール直前で期待がするりとこぼれ落ちた昨年の凱旋門賞。それ
  が果たしてどんなレースだったか回顧しながら、その上で今年はどうなのって話をしようじゃないか。」
弟「悔しかったなぁ、去年は。」



俺「直線に入り堂々と抜け出すも、ゴール手前で内にささり、減速したところに伏兵ソレミアが猛追、寸前で交わされ
  てしまったオルフェーヴル。この痛い教訓が今年は反省材料として使えるんだ、戦うことによって得た経験は次に
  活かされる。先日のフォワ賞、これは要するに正しい仕掛けどころを再確認する意味合いが強かったレースだ。」
弟「やっぱりオルフェは強いねぇ。」
俺「強いからこその油断だ、普通に考えればあれだけ突き放せば勝てるって誰でも思う。昨年は突き放したから負け
  てしまったという、常識ではなかなか考えにくい負け方なんだよね。突き放したから気が抜けてしまったんだよ、
  馬も騎手も。」
弟「強いから負けたのか・・・」
俺「ここでキーになるのは昨年と今年のメンバーレベルだ。」
弟「昨年はキャメロットがオルフェーヴルと上位人気を争ってましたね。」

●昨年の上位人気馬
・キャメロット
・サオノワ
・グレートヘヴンズ
・シャレータ

俺「何より昨年残念だったのがキャメロットの不調。この馬が強い状態で出てくればレースの中身は変わっていた
  だろう。この馬に負けたのであれば、世界の壁ってものを感じることができたんだけどな。」
弟「出るかどうか決めかねての出走決定だったし、このレースの後にすぐ疝痛起こして開腹手術してるんだから、
  この凱旋門賞は具合が良くなかったと見るべきでしょうね・・・」
俺「病気を乗り越えながらも復帰したキャメロットだが、過去の様な精彩は失ってしまった。つまりこの凱旋門賞の
  キャメロットはそれまでの同馬とは別物として見るべき存在だ。では別の人気馬はどうだったのか。」

・サオノワ = 仏ダービー、ニエユ賞と連勝し、3番人気で凱旋門賞に挑戦し、15着惨敗。以来、3戦して惨敗。
・グレートヘヴンズ = 4連勝で愛オークス制覇、4番人気で6着。以降1戦4着のみ。
・シャレータ = ヴェルメイユ賞馬、5番人気9着。以降大舞台に挑戦するも2戦して5、6着。

俺「なんとなくこの凱旋門賞で底が割れちゃった感じ。」
弟「きびしいですね・・・」
俺「実は昨年の凱旋門賞、このレース以降に勝ち星を得ている馬がオルフェーヴル、キャメロット、そして惨敗して
  いたセントニコラスアビーさんとブービーだったアーネストヘミングウェイの4頭しか居ないんだよね。」
弟「!!」
俺「確かにロンシャンの馬場は特殊だ。アビーさんは明らかにロンシャンが苦手で、一昨年もフォワ賞、凱旋門賞で
  好戦はできたものの敗退している。でもコロネーションCを三連覇し、ドバイでジェンティルドンナを打ち負かして
  いるわけだから、この凱旋門賞ってレースは物差しとして本当にアテにならんことが多い。」
弟「ふむ・・・」
俺「まぁそれにしても相手が期待ハズレ過ぎちゃった感じが昨年はあるんだよな。」
弟「そうですね・・・そう聞くと『低レベルだったのか』って気がしちゃう。アビーさんは馬場が合わないって言い訳が
  明確にできるんだし。」
俺「そんで前評判では今年の凱旋門賞、『もっとレベルが低いメンバーになる』なんて言われちゃったもんだから、
  個人的にはそれを受けてガッカリしていたんだけど。」
弟「それに関してはここで海外馬を結構取り扱ってるから、今はどう思ってるか解りますよ。」

俺「レベル高いぞ、今年!!」

弟「やっぱそうじゃなくちゃね!!」
俺「昨年はキャメロットの成績がド派手だったからね、レベル高いって言うより『一頭凄いライバルが居るぞ』って
  感じだったんだわ。確かに今年はG1を沢山取ってる様なライバル馬は居ない、キャメロットも回避だし。でも、
  他の馬がこれまでに見せたレースが凄いからな!!」


★恐るべきライバル馬

俺「オルフェーヴル、キズナが前哨戦を勝利したからこそ言える。あのフォワ賞とニエル賞は物差しとして非常に有効
  なものだ。フォワ賞なんかはある意味オルフェの調教レースだよ、あそこまで自信たっぷりな騎乗をしたら、本番で
  捕まえられない馬が居るだろう。そしてキズナ。フォワ賞よりも速い時計になったニエル賞の勝者だが、この馬に
  関してはそもそもロンシャンでまともに走るのかという不安点を払拭しただけ充分過ぎる期待に裏返った。あの
  レースをステップとして勝利したことは大きい。」
弟「キズナは接戦ではあったけど、正直半信半疑でしたからねぇ・・・」
俺「フォワ賞組はハッキリ言って物の数には入らない。完全に勝負付けが済んだ形だ。どっちかって言うとニエル賞
  組の巻き返しには注意したいな、斤量軽くなるんだし。」
弟「接戦のニエル賞からは上位4頭が登録されてるんですね。」
俺「そしてこの前哨戦が行われた9/15、他のレースで他陣営に恐怖を感じさせた馬がもう一頭居る。」
弟「おお!!」

俺「そう、コムスメだ。」
弟「トレヴです!!!!!」


俺「コムスメやん。」
弟「気に入っちゃったんだね・・・」
俺「しかしながらコムスメとは思えないファイティングスピリット溢れる競走を見せるのが、このトレヴなんだよね。
  フランスオークスのレコード勝利もさることながら、9/15のヴェルメイユ賞。完全に前が塞がった状態からの
  お前どっから湧いてきたんだよ!?
  って言いたくなる様な馬群の捌き方。相当負けん気の強い女の子とお見受けします。」



弟「あの日のロンシャン2400m戦で一番速い時計になったのがヴェルメイユ賞ですもんね・・・」

ニエル賞  2.37.64
ヴェルメイユ賞  2.36.82
フォワ賞  2.41.47


俺「タイムが全てってワケじゃないけど、判断基準の一つにはなる。」
弟「ブックメーカーのオッズ見ると、オルフェに次ぐ人気だもんね。無敗だし。」
俺「馬場適応力ってのも相当凄いよ、凱旋門賞で重要視されるのはそこ。このトレヴ、ジャパンカップやBCターフ、
  ドバイシーマクラシック、どこでもイイ勝負ができそうだなーって思えるもの。」
弟「ただ前走で手綱を取っていたデットーリ騎手が骨折で騎乗できないってのが・・・」
俺「まぁ日本じゃデットーリ騎手の方が有名だけど、ジャルネ騎手って仏リーディング経験もあるし元々の主戦だから
  そんなマイナス材料でもないと思うよ。」
弟「そっか。」
俺「そして何より、この馬がどんなレースをするかが最大のカギになる。ドイツの怪物、ノヴェリストだ。」



弟「なんというか、堂々とした勝ち方する馬ですよね・・・」
俺「流石はドイツですね。」
弟「意味が解らない。」

俺「この馬はロンシャン未経験ってトコが不安材料になるんだけど、それ以外弱点が無い。」
弟「そこまで言い切っちゃう!?」
俺「ここ最近下してきたメンバーもトレーディングレザーシリュスデゼーグルを始めとした世界の強豪。4歳に
  なり最早覚醒とも言える快進撃を続けている。個人的には最強のライバルはコイツだと感じられるね。そして、
  先程言った『オルフェが余裕かましてたら捕まえられない馬』ってのがコイツのコトなんだ。」
弟「確かに先行して全然バテなさそうだ・・・!!」
俺「無尽蔵なスタミナから繰り出される、まるで他馬を振るい落とすかの様な先行走法。どこで仕掛けたらこの馬を
  交わすことができるか、今回の凱旋門賞で最大の鍵になるのはそこ。去年の教訓から仕掛けに慎重になり過ぎ
  たら、実力通りの走りをこの馬が発揮したら届かないと思う。」
弟「おおおおお・・・」
俺「解りやすく例えるならメジロマックイーンみてぇな馬だよ。」
弟「オルフェのおじいちゃんになっちゃった・・・」
俺「バテないって言うよりは『抜かせない』んだよな。ジワジワ伸びて捕まえようとしたら、ノヴェリストもまたジワジワ
  伸びる。コイツを抜かそうとするなら有無を言わせぬ瞬足を繰り出す必要がある気がするよ。」
弟「むしろオルフェはフォワ賞みたく先行して、この馬をマークするってのはどうだろう?」

俺「んな器用でセコイ競馬がオルフェにできるか。」
弟「なんか納得しちゃうわ・・・」

俺「ただ、『レースに勝つ』って考え方よりも『ノヴェリストを抜く』って考え方はしてもいいんじゃないかなとは思う。
  オルフェにしろキズナにしろポテンシャルを最大限に活かす作戦ってのがあるわけで、その上で『まずはコイツを
  倒さないと』って馬がこのノヴェリストになると思うんだ。」
弟「高評価だなぁ。」
俺「敵として見たらロンシャンに対応できないことを祈った方がいいんだが、凄い凱旋門賞を見たいのならこの馬が
  最高のレースをすることを祈った方がいいだろう。その上で、オルフェやキズナが勝てば最高さ。」
弟「やっぱライバルは強くないとね。」
俺「他にもニエル賞組は先程言った通り油断できない。2着のルーラーオブザワールドはもちろん、4着に敗れた
  フリントシャーも見限れない。オコヴァンゴもだ。皆斤量が軽くなるからな。」
弟「昨年ソレミアで勝利したペリエ騎手騎乗のアンテロも出走表明が確定して、日英仏のダービー馬がこの舞台で
  激突するってところも楽しみです。ペリエ騎手は昨年思い返すと憎たらしいけどね。」
俺「うんうん、それもまたドラマチックですな。」
弟「今年は19頭立てですか・・・強豪馬は結構話の中で何度も出てきてるけど、また伏兵にやらかされるなんて
  ことはあるんでしょうかねぇ・・・?」

俺「一頭恐ろしい伏兵は居る。」
弟「!!!!!!!!!!」


俺「伏兵って言う程、人気薄い馬でも無いかもな。強いし。」
弟「ここまで聞いた馬で既にお腹いっぱいなんですけど・・・」
俺「昨年のソレミアは4歳の牝馬だったわけだ、この時点で凱旋門賞では軽く見られる。斤量のメリットは3歳牡馬の
  方が大きく感じられるからな。」
弟「ふむ・・・」
俺「で、ソレミアなんだけど、この馬は牝馬にして60kgオーバーの斤量を背負った経験もあり、58kgなんて斤量は
  なんのそのって感じだったわけだよ。そもそもそんな大崩れする様な成績の馬でも無かった。」
弟「そうだったんですね。」
俺「居ますわ、今年もソレミアっぽいのが・・・」
弟「うわぁぁ・・・」



The Fugue(ザ・フーガ) 牝4歳 英国


俺「こいつ超怖い。」
弟「・・・どんな子なんですか?」
俺「英のG1を二勝してる牝馬なんだけど、前走ちょっと凄いメンバーで勝っちゃったんだよね。凱旋門賞にも登録が
  あるアルカジーム、そして安定勢力のトレーディングレザーを打ち破ってるんだ。」
弟「アルカジームって、ブックメーカーのオッズで序盤は結構イイ線に居た馬ですよね。」
俺「今年7月までは重賞5連勝してた馬だからな。ここ2戦は連敗してるけど。で、ザフーガなんだけれども、まずは
  このレースを見てもらいたい。」



俺「この勝ち馬がザフーガ。これは前々走のヨークシャーオークス、3歳以上牝馬による英G1レースだ。」
弟「強いけど・・・どんなレベルのメンバーによるレースかよく解らない。」
俺「距離は2400mで走破タイムは2.28.29。」
弟「日本で言えばちょっと遅いくらいのタイムか・・・でも馬場軽そうだしなぁ。」

俺「60kg背負ってます。」
弟「!!!!!!!!!」


俺「まぁ、この馬はお前の言う通り軽い馬場が好きそうなタイプではあるんだが。ロンシャンでどう出るかなって感じ
  ですね、今年も4歳牝馬にヤラれてしまうかもしれないぞ。」
弟「うううう、不吉な予想はしないで下さいぃぃ・・・」
俺「更にもう一つ。」
弟「まだ何かあんの!?」
俺「聞いて驚け、このザフーガの騎手は誰だと思う・・・?」
弟「き、騎手?ペリエ騎手はアンテロだし・・・」

俺「フフ、ビュイックさ!!」
弟「・・・」


※管理人はビュイック騎手が日本騎乗してる間、よくビュイックビュイックしてました

俺「日本馬の応援も当然するけど、久しぶりに『ビュイック!!ビュイック!!』って言いたい衝動が、俺をザフーガ
  の応援に突き動かすのさ!!」
弟「・・・」

俺「お前も本当は言いたいんだろう!?
  『ビュイック!!ビュイック!!』と!!」

弟「別にいいです。」




※ホントにビュイック!!ビュイック!!したら、ここのせいにしてもいいと思います





とりあえずビュイックして頂けるとウレシイです

[ 2013/10/04 00:43 ] 結果 | TB(0) | CM(16)

こんにちわ(゜▽゜)/凱旋門とは全く関係ないんですが、日曜日の東京2Rにコアクマさんが出走予定ですよWWW凱旋門は絆が勝ちます(^O^)/
[ 2013/10/04 16:26 ] [ 編集 ]

ザフーガ、出走取消になっちゃったwwwww
師匠の呪いスゲェwwwwwwwwwww
[ 2013/10/04 18:19 ] [ 編集 ]

色々とニュースが出てますが…

来年度の開催スケジュールで、JCダートが国際招待でなくなり中京1800mでのチャンピオンズCとなり賞金も減額されるとか、3場開催の時の障害レースはOPも未勝利も中央開催では行わないとか、大きな変更が予定されてるみたいですね。
とは言え正式に発表になるまではまだどうなるか?ですから、個人的には明日から後藤騎手の復帰にいちばん気持ちが向いています。
1年以上のブランクとなりましたが、よく耐え頑張って復帰されるのを心から嬉しく思っていますし、また以前の様な活躍をしてくださる事を期待してます。
[ 2013/10/04 18:45 ] [ 編集 ]

ザフーガ、雨で馬場がSoftに変更されたため出走回避マジやんwww
邪神様ぱねぇwww

オルフェの場合、案外一番の敵はライバル馬より、スミヨン騎手の進路取りと
進路カットによる審議になったりするかもww
[ 2013/10/04 20:53 ] [ 編集 ]

とにかく頑張ってほしい

海外って、今回みたいに久々の多頭数みたいなレースってあるのかな?

日本はG1だと18頭はいるから慣れてると思うけど・・・・・
もしかしたらそこは強みかもしれないっすね。

とすれば、前の方でやりあってくれるなら
仕掛けポイントが遅いほどもしかしたらいいのかもしれないと考えながらドキがムネムネ!!
[ 2013/10/05 09:39 ] [ 編集 ]

ノヴェリストまで回避・・・
洒落にならんぜよ、師匠・・・
[ 2013/10/05 16:50 ] [ 編集 ]

・・・・・師匠

さすがにシャレにならんって・・・
地球の反対まで妨害するとか・・・もうフラグじゃなくて
呪いの粋ですよw



そういえば、キミノナハセンター勝ちましたね。
[ 2013/10/05 18:03 ] [ 編集 ]

そっか~…

増沢由貴子騎手、9月末で引退したんですね。今後は調教助手になる予定だそうで。地方競馬での女性騎手シリーズなどには参加されたりもしてましたが、JRAでは騎乗機会がほとんど無かったですからねぇ。残念ではありますがお疲れ様でした、ですね。
[ 2013/10/05 19:48 ] [ 編集 ]

ノヴェリスト…
ハービンジャーに始まり、ナサニエル、デインドリーム、そしてノヴェリストと
キングジョージが徐々に呪いのレースに変貌しつつある…。
[ 2013/10/05 20:23 ] [ 編集 ]

ここは、呪いの館ですか…(゜O゜;

日本馬に呪わないで下さいm(__)m
[ 2013/10/06 00:56 ] [ 編集 ]

>ノチリさん

コアクマさんは早く未勝利脱出しないと!!本当にコアクマさんみたくなっちゃうぞ(失礼)!!

お、キズナ!!明日も馬場はゆるいっぽいけどユタカさんなら何とかしてくれるさ!!
[ 2013/10/06 00:59 ] [ 編集 ]

>虎犬さん

俺何もしてないよぉ・・・!!
そう言われると怖くなるからヤメてくれよぉ・・・!!

[ 2013/10/06 01:00 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

記事面と全然関係無いのでビビったwwww

まぁその辺のニュース、正直どうしようかなぁって思ったんですけどね。
案外長々としたネタにならんのでスルーしちゃったわ・・・
まとめてやろうにもタイミング逃した感があるしなぁ・・・

でも!!後藤騎手はマジで復帰オメデトウです!!復帰初戦は2着といきなり魅せてくれた様で・・・
過去に色々あった後藤騎手だけど、今後もケガに注意して頑張ってほしいものです。
[ 2013/10/06 01:07 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

だから俺何もしてねーって!!!!!

ノヴェリストはジャパンカップに登録したみたい。速い馬場でも対応できそうだった
キングジョージ、是非とも日本で戦うその姿を見てみたいものです。
[ 2013/10/06 01:09 ] [ 編集 ]

>ニコフさん

だーかーらーなーにーもーしーてーいーなーいぃーーーー!!!!!

基本、凱旋門は前がやり合うってパターン少ないんですよ、ただ走ってるだけで消耗戦になるから。
あと海外では逃げ切り勝ちが卑怯と取られるコトもあるとか。
だから逆にエルコンドルパサーの逃げは凄かったですよ・・・!!

http://www.youtube.com/watch?v=IrIH0SNUt2M
[ 2013/10/06 01:14 ] [ 編集 ]

>グランドサッシュさん

やぁーーーーめぇーーーーてぇーーーーーー!!!!!
[ 2013/10/06 01:15 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/463-1a8b3629