スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BEST BOUT 2013 ~前編~

俺「死なずに済んだらしい。」
弟子「ふぐっ・・・ふぐぐっ・・・」


中山金杯 結果
1着 オーシャンブルー → 弟子▲
2着 カルドブレッサ
3着 ディサイファ → 弟子◎

京都金杯 結果
1着 エキストラエンド → 俺◎
2着 オースミナイン → 弟子▲
3着 ガルボ

俺 単勝アタリ 配当1010円

俺「ガミらずにも済みました。おめでとう俺。」
弟「ふぎっ・・・ふぐぅっ・・・」
俺「新年早々泣くなよ・・・」
弟「どっちもカスりもしなかったです・・・」
俺「いや、それが通常だから。俺らの場合は。」
弟「金杯取りたかったですぅぅ・・・」
俺「『長距離予想のTILTOWAIT』から『京都金杯のTILTOWAIT』に
  改めようかなぁ。」

弟「年に一回しかないレースを自分の舞台にするな!!」

俺「うん、金杯は京都だけやっときゃいいんだな。」
弟「ちっくしょおお・・・」
俺「まぁコレでも読んで落ち着けよ。」

kisyunoitibun.gif

弟「フギャギャー!!」
俺「わぁ投げちゃダメ。」


弟「くっそう・・・メイケイペガスター操縦不能じゃないか・・・!!」
俺「ああなることもある馬だわな。」
弟「ノリさんは進路取り直してるし・・・!!」
俺「俺はステイゴールド違いだった。」
弟「どっちもカタカナの騎手だし・・・!!」
俺「おお、ソコは怒っていいぞー!!」

弟「金杯だぞ!!新年早々海外騎手に土俵奪われて恥ずかしくないのか!!」
俺「おおー、言うねぇ。」
弟「そりゃねぇ、競馬ってのは馬の力が大きいですよ!!その時に調子良くて強い子に乗れれば勝てるかもしんないん
  ですよ!!ソコはボクも解ってますけども!!昨年暮れからヒド過ぎでしょーが!!」
俺「いいぞー!!言え言えー!!」
弟「何!?普段なら師匠がこういうトコロで無闇やたらにアツくなって吠えるトコでしょ!?なんでそんなお気楽に構えて
  いるのさ!?」


↓いや、俺は別に・・・
rankbanner-A-1.gif 30位くらい


弟「フギャギャギャギャー!!」

俺「暴れちゃダメ。」
弟「もうイヤ!!こんな年明け!!早く来年になれ!!
俺「乱暴だなぁ・・・お、月曜はトウカイトリックさんが走るよ。応援する?」

弟「する♥」
俺「簡単な子・・・」




★今日は昨年の競馬を振り返ります

俺「まだ正月ムードが抜けきらない内にやっとかないとね。」
弟「タイミング逃すと今更感が強くなっちゃうもんね。」
俺「さて、昨年はPLAY BACKという形で競馬に関する様々を我々の個人的な視点で振り返りましたが。」
弟「やりましたけども・・・」

俺「パーソナル過ぎて全く共感を得る内容にならなかったので。」

2012年のプレイバックベスト5
1位 グランシュヴァリエ、驚異のレコードタイムで大晦日をシメる
2位 ローエングリン産駒が朝日杯で大活躍
3位 オリィが二度連対する
4位 岩田騎手、漢字を書く
5位 トウカイトリックが3000m超級の重賞(G1以外)をグランドスラム


弟「昨年の4位とかもう、狂ってますよね・・・」

俺「今年も同じ形式でやったら確実に『オリィ年間2勝』がダントツで一位なんですけど。」
弟「そうなるよね、あの勝利はむしろトラウマだった。」
俺「ごめんね、オリィ・・・」
弟「?」

俺「今年はもうちょい一般寄りな回顧にしよう。」

オリィショック

弟「なんかこう、ここで折笠騎手ネタは何度もやってきたけど、今日は本気で可哀想に思えてしまった。」
俺「大丈夫だよ!!何もオリィのコトがどうでもいいってワケじゃないんだってば!!」
弟「なんだかなぁ・・・」
俺「でもね、昨年は訃報が目立ってしまう一年だったんだよ。一昨年も訃報はあったけどね、重大記事って物を取り上げる
  としたら『お別れ』がメインになってしまう。だからと言ってそれをスルーしてしまうのもどうかな・・・って内容になっちゃう
  でしょ。お別れした馬達のコトは忘れないけども、それをピックアップした内容なんて年頭からしたくはないじゃん。」
弟「うん・・・」
俺「だから、今年はより一般的かつ俺ららしく、『昨年の名勝負、名レース』を振り返りたい。」
弟「ああ、それなら悲しいことは振り返らずに済むもんね。」
俺「一昨年はねー、そういう話は他のトコでもしてるんじゃないかなーって思って敢えてメジャー方面な話を控えたんだけど、
  案外周囲見たらそういう話すらしねぇんだなって理解しまして。」
弟「ランキングトークは日を変えてしましょうね。」
俺「もう堂々と解りやすく、そして我々らしい判断もしつつ振り返っていこうと思います。」
弟「なるほど。」
俺「一応個人的に1~15位を決め、中央、地方、海外問わずにレースを選びました。」
弟「ふむふむ。」
俺「多くの人はねー、高配当が取れたレースとかをパーソナルベストに選ぶんだろうけど、我々そういうのが一切無い
  ので、レースの内容だったりドラマだったりが重要視されますよ。つまり、予想がドンピシャとか思いっ切り度外視。
  まぁ、だからこそ内容が面白かった、良かった、感動したって面が素直に見れるかもなと、自己正当化しとります。」
弟「それはそれでなんだかサビシイぞ・・・」
俺「あとはそのレースの主役というか勝者。なるべくは様々な馬に焦点を当てたいので、『この馬のレースならコレだ』
  って感じにして、意図的にカブりを避けています。」
弟「ロードカナロアのレースだったら、その中でのベストレースを選ぶってことですね。」

俺「ではまず番外編から・・・」
弟「いきなり脱線じゃねーか!!」



番外編 ~印象に残ったレース~
・アタイのパンツが!!衝撃の来日と衝撃の結末を遂げたパンツオンファイア ~ジャパンカップダート~
・その名前を連呼するんじゃねぇ!!ムーチョマッチョマン、米最高峰を制す ~BCクラシック~
・大晦日の番人は今年も健在、グランシュヴァリエがオルフェも真っ青な8馬身差V ~高知県知事賞~
・なんてことしやがる・・・ブログ開設1周年の前1週に訪れた折笠騎手の2勝目 ~5/30 川崎8R~
・騙された・・・・・・ブラックステアマウンテンめ・・・・・・ ~中山グランドジャンプ~



俺「ここはとりあえず我々らしいラインナップで。」
弟「ある意味、折笠騎手の2勝目、3勝目は強烈に印象に残ってますよ・・・」
俺「タイミングがヒドかったもんな・・・」

2勝目・・・「来週一周年だぞ、来週の浦和は頼むぞオリィ!!」って言ったら翌日川崎で勝った
3勝目・・・「沖縄に遊びに行くからしばらく更新止まるよ」って言ったらその日に勝った


弟「読んでるって言われても納得できちゃうもの。」
俺「グランシュヴァリエも後半頑張ったねぇ、嬉しかったなー。」
弟「やっぱり応援してる子が頑張ると嬉しいですね。」
俺「パンツとマッチョはそういうわけでもないんだけどな。」
弟「パンツさんは大丈夫なんでしょうかね・・・」
俺「アメリカのパンツがゲートで暴れて鼻血出してビリビリに
  破れたんだぞ!?一大事だ!!」

弟「その言い方ヤメなさいって・・・」
俺「パンツさんのショックは思わず絵を描いちゃった程だったわ。」

パンツ3

弟「妄想でムズムズしたレースかよ・・・」
俺「お前はムーチョマッチョマンの実況を凄く気に入っていたじゃないか。」
弟「面白かったもの。ムーヂョォォォマッヂョメェェェン!!



俺「今年も見れるといいな、マッチョマンvsパンツのレースなら尚良しだ。」
弟「それにしてもブラックステアマウンテンをよく覚えていましたね、このラインナップで。」

俺「忘れるワケがねーだろ!!ペガサスJSで本命にしたら散歩
  して、本番で切ったら俺の本命対抗振り切ったんだぞ!?」

弟「恨み節かよ・・・!!」

俺「もう本場のジャンパー嫌い!!意地悪!!」
弟「それを教訓として活かせばいいじゃないか・・・」
俺「カラジみたい!!」
弟「手本居たんじゃねーか・・・」


俺「ハイ、番外編はここまでにして、ここから本編です。あくまで個人的主観が働いての順位ですからね、文句言われても
  困っちゃうぞ。『あのレースがなんで無いんだ?』って言われても、『知るか』って答えますから。」
弟「ああ、その釘差し大事ですね。」

俺「居るんだよぉ、主観押し付けてくるんだけど
  何が言いたいんだかよく解らん・・・」

弟「では師匠の押し付けがましい主観を見てみましょうネ。」


15~11位
15位 周囲の意見を抑えた松本オーナーへ感謝の涙・・・武幸四郎、久々のG1勝利 ~オークス~
14位 レベルの話はするんじゃない、これは偉業なんだ!!ジェンティルドンナの連覇劇 ~ジャパンカップ~
13位 世界の壁、分厚く立ちはだかる・・・怪物牝馬トレヴに砕かれた日本の悲願 ~凱旋門賞~
12位 オルフェ不在の夏のグランプリ、湿った馬場でゴールドシップが突き抜ける ~宝塚記念~
11位 被災馬トーセンラーが大記録に華を添える 武豊騎手、G1レース100勝 ~マイルチャンピオンシップ~



俺「15位~11位は個人的にこんな感じなんですけど。」
弟「メイショウマンボはやっぱり秋華賞でもエリザベスでもなくオークスですよねぇ。」
俺「その後の古馬戦に於いてもね、今年の3歳牝馬は強いぞ!!って証明が成されたレースでもあるし。でもとにかく、
  色々あった幸四郎騎手がレース後に見せた涙が印象的でした。」
弟「ジャパンカップではデニムアンドルビーがハナ差で2着ですもんねぇ。」
俺「結局この後のネタバレっぽいコトを言ってしまえば古馬戦線がどうも・・・って感じだったんだな。特に後半、このジャパン
  カップも含めて3歳強豪の参戦が有馬でも叶わなかったのはちょっと。レベルも疑われる状況になっちゃったし。」
弟「そう考えると、オルフェ不在だったとは言え宝塚記念はいいメンツだったんだよね。」
俺「馬場状態に関して言えばゴールドシップ向きの馬場であり、ジェンティルドンナフェノーメノは馬場に泣かされた
  ってコトになっちゃうんだけどね、この三頭って馬場状況に思いっ切り左右されるのがちょっとね。」
弟「後半の古馬G1は確かに出走メンバーが寂しい感じはしましたね。」
俺「そしてあの凱旋門賞ですわ。競馬ファン以外の注目も集めたこのレース、ベストという項目で入れるのには気が引けた
  けれど、2013年を代表するレースと言っても過言ではないとも思う。」
弟「悔しいレースでしたよねぇ・・・」
俺「いやぁ、悔しいって言うよりも『トレヴ強い!!』って印象の方が強いな。」
弟「この凱旋門賞に向けてオルフェーヴルとキズナのライバルとして、何度か師匠がピックアップしていたのがこのトレヴと
  ノヴェリストでしたよね。」
俺「この二頭は前哨戦から迫力充分だったもの。トレヴは馬群を切り裂くセンス、ノヴェリストは後続を寄せ付けない壁の
  様な走りをしてきたからな。あぁ、ノヴェリストもこの場に居て欲しかったよ。」
弟「オルフェとキズナが負けて、ただただ悔しいって内容では無かったってことですね。」
俺「『うわぁ、こんな馬が居るんだ』って解らせてもらえたよ。」
弟「確かに、直線でオルフェーヴルを突き放していくトレヴには目を疑った程ですからね・・・」
俺「みんなあのレースでオルフェ見てたんだよね。応援してたんだよ。でもそれを無情にも突き放していくトレヴの姿は、
  それはもう美しかったよ。」
弟「悔しいけど、次があるさ!!」

俺「でもそう考えると、本当にこのお方は凄いね。」

ロジユニさんかく語りき

弟「その画像まだ取ってあったのかよ!?」

俺「そして昨年の大記録、ユタカさんのG1レース100勝。俺ねぇ、正直このマイルCSは内容としてはあまり好きじゃないん
  だよ。このレースの回顧でも言ったけど、路線変更でいきなり初マイルのトーセンラーに持って行かれちゃったのが
  本当に『マイラー何やってんだよ』って気持ちになってね。」
弟「それでも、この馬も苦労が色々あった馬なんだし。」
俺「そうなんだよねぇ。この大台をユタカさんと共に飾ったんだから、トーセンラーは褒めてあげないとね。」
弟「そうだよ。」
俺「ただ11位に組み込んでおいてナンだけど、あのレースは自称
  マイラー共がだらしなさ過ぎだぞ!!」

弟「強いマイラー、本当に出てきてほしいですね。」


10位~6位
10位 世界での戦い方を教えてやる、古豪セントニコラスアビーがジェンティル迎撃 ~ドバイシーマクラシック~
9位 この時の輝きを今年も見せてくれ、4歳勢!!ロゴタイプと二強のレコード決着 ~皐月賞~
8位 鬼脚一閃!!次元の違うジャスタウェイの末脚は今年どこに向けられる? ~天皇賞・秋~
7位 苦労人が恥ずかしげも無くボロボロ流した涙、その気持ちは次の目標へ ~NHKマイル~
6位 おかえり後藤騎手!!新たなるコンビの絆は佐藤騎手の為にも輝いた ~マイルCS南部杯~



弟「結構マトモなので気持ち悪くなってきた。」
俺「じゃかぁしいわヴォケ!!」


弟「アビーさんは頑張ってるの?」
俺「深刻な状況には変わりないけど頑張ってるよ。」
弟「あの時は心底恨めしかったけど・・・今はもう心配で心配で・・・」
俺「割とこの時はナメられてたけどさー、やっぱり世界を渡り各国で戦績を挙げてきたアビーさんは、競走能力だけじゃない
  強さを持った馬なんだよね。」
弟「師匠はむしろこの時、ジェンティルに対して『アビーさんナメんなよ、コムスメ』って姿勢だったもんね。」
俺「アビーさんになら負けても仕方無い、そう言える存在だからね。」
弟「その後のコロネーションカップ三連覇で、『ああ、強い馬なんだ!!』って心底思えたって言うか。海外競馬知らない
  人からしてみたら、ほとんどの馬が伏兵に見えちゃうんだよね。」
俺「いくらトレヴやアビーさんが強くても、負けたジェンティルやオルフェが『その程度の馬に負けてる様じゃ』って言われ
  ちゃうのはとても残念なことだよ。日本競馬のレベルをどんだけ高く見て、欧州を低く見てるか知らないけども、そりゃあ
  完全に知ったかぶりの話なんだし。競馬場にだって左右されることもある中で、様々な国を走って実績を作ったアビー
  さんってのはただの内弁慶じゃないんだから。」
弟「元気になってほしいですね!!」
俺「そしてクラシック。ロゴちゃんの皐月賞です。」
弟「師匠のことだから、このレースは一位でもおかしくないと思ってた。」
俺「その後に続いていれば・・・ってトコだけどね。ここにはキズナが居なかったし。」
弟「それが後で大きく響いてきちゃうか・・・」
俺「ただ、このレースは凄い好きなレースなんだ。この時に関して言えば凄い興奮したし。」
弟「強い姿がまた見られるといいですね。」
俺「完全に参ったと言わされたのがジャスタウェイの天皇賞ですわ。」
弟「強かったよなぁ・・・」
俺「このレースは秋の古馬G1の中でもメンバー的にはスターがジェンティルとエイシンフラッシュって状況だったじゃない。
  だからそこまで個人的に盛り上がる内容にはならないって思ってたのよ。トウケイヘイローだってアテにならないって
  踏んでたし。」
弟「その中で、ジェンティルも速い流れに飲み込まれながら懸命に粘っていたけど・・・」

俺「何あの脚。バカじゃないの。」
弟「ホメてるんだよね・・・」


俺「その後のジャパンや有馬にも出てきてほしかったなぁ。当りハズレがあるかもしれないけど、この鬼脚は別の舞台で
  もう一度見たいと思った。ドバイワールドカップ狙うって話なら、オールウェザー向けのタフさを付けられる訓練をした方が
  いいんじゃないかとも思うけど。」
弟「お、涙モノでは幸四郎騎手より柴田大知騎手が上に来ましたか。」

俺「涙一発でこの順位です。」
弟「それは逆に失礼かと。」


俺「見ててもらい泣きしそうになるくらいボロッボロに泣いてたな、柴田騎手。」
弟「『良かったねぇ、良かったねぇ~』ってなりました。」
俺「ちょっとその後に肩の力が抜けすぎちゃったかなぁ~ってイメージが後半戦にはあったけどね。プレイアンドリアル
  お灸据えられる形になったかな。」
弟「騎手ネタで後藤騎手が続いてきましたか!!」
俺「エスポワールシチーとのコンビで復帰後初G1勝利。このレースはホッコータルマエを下しての勝利という内容と、
  エスポワールシチーという名馬の久々の勝利、そしてとにかくレース後の後藤騎手の喜び様が印象的だった。」
弟「佐藤騎手に乗り方を色々と教わって、この後にJBCスプリントも勝ったんだから、二人で掴んだ勝利と言ってもいいん
  でしょうねぇ。」
俺「気持ちのいい喜び方をしてくれた。見ているこっちまで嬉しくなっちゃったよ。」
弟「こうやって思い返すと、色々なレースがありましたね。」
俺「そうだねぇ。」
弟「で、ここから先が師匠の選ぶベスト5になるんですね。」
俺「ハイ。」
弟「なんだかんだ言っても何選んだのか気になるな。」


俺「また明日。」
弟「引っ張りやがった・・・」



俺「尺が伸びすぎた。」
弟「なんだよ尺って・・・」




※というわけで続きます

 

PLEASE!! 1Day 1~10Click!!

[ 2014/01/06 01:33 ] その他 | TB(0) | CM(9)

ランキングのコメント見ました・・・・なんだアイツラ!!
競馬が始まった途端このブログが20位近く落とされるなんて・・ムキーッ!
対抗して、起きてる間は1時間毎にクリックしてやる(笑)
[ 2014/01/06 04:51 ] [ 編集 ]

今日のトリックさんは是非みたいですね

グリーンチャンネルないというか仕事中なので、夜にネットで拝見になりそうですが。
もう、霊験あらたかな馬ですね。

競馬場で見たら、すっごい幸せになりそうな感じです。

それはそうと、謹賀新年のイラストってなんで木人が師匠のサンクチュアリに
顔うずめてるんです?
[ 2014/01/06 11:34 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/06 12:06 ] [ 編集 ]

壁紙ありがとうございます!!

これで毎日お二人のボデーをサワサワできます!!

今日の続きもサワサワしながら楽しみに待ってます!!
[ 2014/01/06 14:30 ] [ 編集 ]

上がり34秒台決着…。
57kg斤量年男のトリック爺さんにとっては、きつい展開になってしまいましたね。
[ 2014/01/06 22:44 ] [ 編集 ]

>mafさん

いや、複数の端末で頼みますwwwww
[ 2014/01/07 02:15 ] [ 編集 ]

>ニコフさん

トリックさんは瞬発力勝負になるとちょっとね・・・
でも本当にファンが多い馬ですよ。馬場入りの声援とか凄いみたい。

木人・・・アレ木人じゃない・・・そんなの挟み込んだらだって・・・ねぇ・・・
[ 2014/01/07 02:18 ] [ 編集 ]

>虎犬さん

やあああああめえええええろおおおおよおおおおおおおおお!!!!!!
[ 2014/01/07 02:19 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

そんなヨーイドンしてトリックさんが若者の脚について行けるわけもなく・・・
でもステイヤーズ→万葉Sの流れで、どっちも掲示板に食い込んできた。調子いいんじゃね!?
[ 2014/01/07 02:21 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/535-0a3ca4c4











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。