FC2ブログ





BEST BOUT 2013 ~後編~

俺「昨日の続きでーす。」
弟子「わーいわーい。」
俺「昨日の話を見てないと解らんでしょーから、見てない方はコチラからどうぞ。」

BEST BOUT 2013 ~前編~

俺「昨年のレースを振り返って個人的に順位つけちゃってるんですけど、昨日やったのがこんな感じね。」

6位~15位
6位 おかえり後藤騎手!!新たなるコンビの絆は佐藤騎手の為にも輝いた ~マイルCS南部杯~
7位 苦労人が恥ずかしげも無くボロボロ流した涙、その気持ちは次の目標へ ~NHKマイル~
8位 鬼脚一閃!!次元の違うジャスタウェイの末脚は今年どこに向けられる? ~天皇賞・秋~
9位 この時の輝きを今年も見せてくれ、4歳勢!!ロゴタイプと二強のレコード決着 ~皐月賞~
10位 世界での戦い方を教えてやる、古豪セントニコラスアビーがジェンティル迎撃 ~ドバイシーマクラシック~
11位 被災馬トーセンラーが大記録に華を添える 武豊騎手、G1レース100勝 ~マイルチャンピオンシップ~
12位 オルフェ不在の夏のグランプリ、湿った馬場でゴールドシップが突き抜ける ~宝塚記念~
13位 世界の壁、分厚く立ちはだかる・・・怪物牝馬トレヴに砕かれた日本の悲願 ~凱旋門賞~
14位 レベルの話はするんじゃない、これは偉業なんだ!!ジェンティルドンナの連覇劇 ~ジャパンカップ~
15位 周囲の意見を抑えた松本オーナーへ感謝の涙・・・武幸四郎、久々のG1勝利 ~オークス~


番外編 ~印象に残ったレース~
・アタイのパンツが!!衝撃の来日と衝撃の結末を遂げたパンツオンファイア ~ジャパンカップダート~
・その名前を連呼するんじゃねぇ!!ムーチョマッチョマン、米最高峰を制す ~BCクラシック~
・大晦日の番人は今年も健在、グランシュヴァリエがオルフェも真っ青な8馬身差V ~高知県知事賞~
・なんてことしやがる・・・ブログ開設1周年の前1週に訪れた折笠騎手の2勝目 ~5/30 川崎8R~
・騙された・・・・・・ブラックステアマウンテンめ・・・・・・ ~中山グランドジャンプ~



俺「個人的なベスト5を、今日発表していこうってワケです。」
弟「・・・今日は個人的って部分をヤケに念押ししますね。」
俺「まぁ、予め言っておきますよ。」
弟「?」

俺「4位と1位は初見さんには『なんで!?』って思われるよ。」
弟「そこにそういうの持ってきたの!?」

俺「ただ、そこで『常連さんじゃないと解らないから初見さんは帰った帰った』なんて変な気取りをするスカした女じゃ
  ないのよ、アタイは。ちゃーんと解るようにやってくから。ゆっくりしていってね!!」
弟「あら親切。」

俺「でもメンドクセェ奴は帰ってヨシ!!」
弟「いや・・・まぁ月曜だからいいか・・・」


俺「で、流石にベスト5ですからね。昨日の様なザックリとした回顧よりもちょっと濃密にそのレースを振り返ってみたいな
  って思ってるの。」
弟「うん、いいんじゃないかな。」
俺「だから昨日みたいに5つずつじゃなくて1つずつ挙げていくね。」
弟「解りました。」

俺「その上でチュクチュクッ・・・ぬぽぉ・・・ピクッピクンピクンッ、
  くぱァッ・・・・・ひぁあッ!!と、濃密に振り返って・・・」

弟「余計なコト言わんでいいから、さっさとやれ。」


第5位
これが武豊だ、これがキズナだ!!最も華のあるコンビの、最も華のある勝利
~日本ダービー~


キズナ


弟「キズナだ!!」
俺「ロゴタイプ派の俺としては悔しいレースになったと同時に、いいものが見れたと思ったのが昨年のダービーです。」
弟「大外からの凄い脚、今でも忘れられません。かっこ良かったぁぁ・・・」
俺「まぁ、今だから言うけどさ、キズナってさ・・・」
弟「変なコト言うなよ。」

俺「名前がまず卑怯だよな・・・」
弟「Oh・・・」


俺「一番負けたり敗れたりしちゃいけない名前だよねぇ・・・」
弟「そうかもしれないけどねぇ・・・」
俺「その馬に武豊が乗ってダービーだよ?変なレースできるわけねーって。」
弟「えー、何か疑ってんの?」

俺「疑ってねーよ、それで本当にああいう勝ち方しちゃうんだから、
  やっぱユタカさんも汚い人だなぁって思ったの!!」

弟「なんでそこで汚い人になっちゃうんですか!?」


俺「あんなヤラセがあるかバカ。ユタカさんのオイシイ所の持って行き方がもう、ある意味で憎らしいなぁってコトよ。」
弟「そりゃユタカさんだもん、白い帽子のユタカさんは『制限解除』の状態なんだぞ。」
俺「んだよ、普段制限してんのかよ。」

弟「ピンクだと白の1/10も力が出ないんだよ。」
俺「ベルカントどうなるんだよ・・・」

弟「あれはね、ユタカパワーにベルカントがヤラれちゃったの。逆に。」
俺「そんなコト言ってるクセに秋華賞で『そうそう白帽で上手くいくもんじゃないです』とか言ってスマートレイアー切った
  ヤツを俺は知っているんですケド。」
弟「キズナの話をしましょう。」
俺「うわぁ強引。」

弟「って言うよりも、昨年のクラシックがこのダービーで終わっちゃってるってイメージになっちゃったんだよねぇ。」
俺「最終的にダービーの掲示板に乗った馬はエピファネイアだけが菊に進んで、序盤三強と呼ばれたコディーノは路線を
  マイルから中距離に絞ってしまい、華のある時期を彩った馬達を秋に見れなくなってしまったのは残念だね。」
弟「カミノタサハラリヤンドファミユだって居たわけでしょ。本当はこの二頭もダービーに居て欲しかったし。」
俺「ちょっと昨年のクラシック組はケガに泣かされてるなぁ。リヤンドファミユはこないだ復帰してたけど。」
弟「キズナは果敢にも凱旋門賞に挑戦して、前哨戦を勝利して本番4着という、堂々たる成績を日本ダービー馬として
  飾ったんです、やはり彼が昨年クラシック組のリーダーだと思うし、エピファやロゴちゃんとの対決もまた見たい。それ
  こそ、このダービーの様なレースをまた見たいですよ。」

俺「いや、次やったらロゴちゃん勝つし。」
弟「いーや、ユタカさんとキズナだし。」


俺「中山だったら負けねーし。あのダービーは思いっ切りデムー論適用されるし。終わってみたら『やっぱ俺のデムー論
  ハンパねぇ』って自分自身で思ったし。」
弟「中山でG1って有馬記念とスプリンターズしか古馬G1無いし。有馬の距離だったらキズナの方が上だし。」
俺「じゃあ間取って宝塚な。」
弟「望むところですよ。」
俺「・・・」
弟「・・・」
俺「それまでにちゃんとした状態で帰ってきてね、二頭とも・・・」
弟「本当に頼みますね・・・」


弟「で、第4位なんですけど。要するにほぼ私情ってコトですね?」
俺「うん。」
弟「そんなレースを4位に据えちゃいますか、フツー。」
俺「常連さんは共感してくれるかもしれませんが、普通の方は
  大半が『ふざけんな!!』って思ったレースかと。」

弟「・・・解っちゃった。」


第4位
そろそろ本気を見せてやろう・・・観客の悲鳴の中、嘲笑うかの様に全てを貫いたその馬の名は・・・
~京都大賞典~


ヒットくん

俺「ヒットくんがやったぁぁ~~~~♥」

弟「・・・コレはもう、ココ的にはしょうがない。1位じゃなくて良かったとすら言える。」
俺「強かったでしょッ!!ねっねっ♥」
弟「強かったって言うかね、ビックリしちゃいましたよ。」
俺「なんで単勝買わなかった俺ェェェ!!!」
弟「ここが万馬券処女脱出の最大のチャンスだったのに・・・」

※複勝しか取ってませんのよ

俺「あぁ、この時の興奮を思い出すともう顔がニヤニヤしちゃう。」
弟「強豪たちが伸びを欠く中で、見事な差し切り勝ちでしたね。予想聞いてて『この人バカだな』って思った、正直。」

京都大賞典でヒットザターゲット本命の理由 = つよい

俺「ほぉら強い!!」
弟「秋天とジャパンカップはどうなるんだ!?」

俺「・・・デシちゃんはヒットくんのコトがキライなの?」
弟「き、キライじゃないですし、ずっと見てる子ですからむしろ愛着はありますけど・・・そんな泣きそうな顔してそんなコトを
  言わなくても、ね。」
俺「ジャパンカップはね、さっきお前が言った理屈がズッポリ当てはまるよ。」
弟「ん?なんだっけ。」
俺「よりによってあの舞台で1/10のユタカさんだなんて・・・」
弟「Oh・・・」

俺「でもスゴイだろう。去年の頭から俺は『ヒットくんはやれる子』と言い続けてきたでしょ。」
弟「そうなんだよなぁ、確かに。」
俺「坂が弱点ではあるけども、彼には是非とも今年大記録を達成した上で!!この京都大賞典と同じ舞台の天皇賞春を
  目指してほしい!!」
弟「ああ、大賞典グランドスラム!!」
俺「そのとおり!!」


※ヒットくんは中央重賞の新潟大賞典、小倉大賞典、京都大賞典を制しており、中央で残す大賞典レースは
 阪神大賞典のみ

弟「でも阪神は坂あるしなぁ・・・」
俺「大丈夫だ!!強くなってるもん!!」
弟「そうですね。」
俺「最内枠でパンパンの良馬場でそこそこのペースの中を
  ラチ沿いにキレイに回ることができれば!!」

弟「条件多くねーか・・・」


第3位
その馬は一つの時代だった・・・様々な衝撃を産んだ彼が魅せた、『最後の衝撃』
~有馬記念~


オルフェ

弟「アレ!? 3位!?」

俺「いやぁ・・・凄い馬だったよね・・・」
弟「え、ちょっと・・・このレースは凄かったですよ!?」
俺「まぁね、年末の大団円、ラストランで8馬身差をつけて問題児であり最強馬だった彼がターフを去るというストーリー、
  池添騎手のインタビュー・・・全て素晴らしかったよ。有馬記念がこの内容で良かったと心から思う。
  オルフェーヴル、本当にお疲れ様!!カッコ良かったぞ!!」
弟「そ、そうですよ!!時代を作った英雄の衝撃的なラストランだったじゃないですか!!」
俺「結構多いと思う、一年で最後の中央G1レースがこの有馬記念で良かったと言う人が。俺もそう思う。」
弟「うん、そう思う。」

俺「だからこそ、相次ぐ有力馬の離脱が残念すぎるよぉ!!」
弟「あああああああああ・・・・・」


俺「何度も言ってたコトだけどねー、それだけが本当に残念でならない。もしかしたら圧勝劇じゃなくて名勝負になってた
  かもしれないって可能性を考えるとさぁ・・・」
弟「そうなんだよねぇ、古馬長距離路線のライバル馬同士の歯車が、ちょっとずつズレちゃってたんだよなぁ。」
俺「ゴールドシップが居たけれども、そのゴールドシップも前走から比べたらよく頑張ったけれども!!」
弟「うーん、仕方無いコトなんだけどね。」
俺「このレースを見た時は清々しかったよぉ。でも後で押し寄せる『あの馬がここに居たら、どんなレースになってたん
  だろう・・・』っていう興味が凄くてさ。もしそれでオルフェがやはり勝っていたとしても、ウインバリアシオンとの8馬身
  の差の中に、この馬は入れたんじゃないか、とかね。」
弟「あるある。」
俺「ともあれ、『やっぱりオルフェーヴルは強いんだ!!』って印象を壊すことなくターフを去ることができて良かった。
  『うわぁ、最後の最後まで問題児か!!』じゃなくてね。」
弟「それアンタの予想でしょーが。」
俺「この引退の有馬記念で彼は成績を21戦12勝としたワケだが、彼は敗戦までしっかり記憶に残す馬だったよねぇ。」
弟「そうそう、負け方がヒドいんだよね。」
俺「その内訳が【12.6.1.2】なんだけどさ。この小ネタ知ってる?」
弟「小ネタ?」
俺「結構使える小ネタだよ♥」


↓この【12.6.1.2】という成績は・・・
メジロマックイーンと全く一緒!!



弟「マジ!?なんかスゲェ!!」

俺「知らなかった人はさっそくお友達に知ったかぶるといい。」
弟「ん~・・・ムズムズ・・・」
俺「誰かに言いたそうな子が居ますね・・・」

弟「ネェ師匠、コレ知ってる?オルフェの小ネタなんだけど・・・」
俺「教えたヤツに言いたがるなよ・・・」


第2位
自分の戦法を貫いた挑戦者、それを堂々とねじ伏せた王者、あまりにも熱い67秒
~スプリンターズステークス~


ハクサンvsカナロア

俺「個人的に昨年、一番『面白い』と思ったのがこのスプリンターズ
  ステークスなんだよね。」

弟「確かにこのレースはアツかった・・・!!」

俺「ロードカナロアは昨年、引退レースとなった香港スプリントを含めて6戦5勝。彼に唯一土を付けたハクサンムーンとの
  本番一発勝負。正直なところレースの主役はハクサンムーンだったねぇ。もちろん数あるカナロアの勝利レースの中でも
  最も素晴らしい内容だったとも思うし。」
弟「春からの立場が一気に浮上したハクサンムーン、この高速の逃げは見てるだけでドキドキしますね。」
俺「そうだねぇ、高松宮記念の時は伏兵って立場だったからね。それに比べたらこのスプリンターズの彼の立場はカナロア
  を射る矢としての扱い。それでも中山コースや夏の使い込みなど、ハクサンムーンを不安視する声も多く、人気馬だから
  尚更予想家サイドには嫌われた。」

弟「グルグルしちゃったし・・・」
俺「グルグルしていいの!!この子は!!」


弟「カワイイんだ、アレ。」
俺「グルグルも含めて主役だったけどな・・・」
弟「しかし速かったなぁ・・・あの逃げ。」
俺「挑戦から逃げない為の逃げ。攻めの姿勢ってのは時として大敗に繋がるけど、それを恐れない思い切りの良い逃げは
  道中で『オイオイ大丈夫か!?速いぞ!!』『ハクサンムーン沈むだろ、コレ』と囁かれたが、結果的にはこの馬の
  勝ちレースだったんだ。この大横綱さえ居なければね。」

弟「世界のロォォォォォドカナロァァァァァ!!」
俺「うぅるせぇぇ!!!!!」


弟「完敗、と言っていいんでしょうね・・・ハクサンムーンは。」
俺「それでもこのレースで誰よりも拍手を送りたかったのが酒井騎手とハクサンムーンだ。素晴らしい67秒だった。」
弟「今年はカナロアがもう居ませんからね、ハクサンムーンがスプリント界を引っ張っていくのかなぁ?」
俺「まぁ、この馬は戦法が戦法だけに、今年の勢いがそのままスプリンターズに直結した感じすらあるからなー。休みを
  挟んでどうなるか楽しみだね。」


弟「で、一位ですね。」
俺「うん。」
弟「ボクは解りました。ここまで出てきていないことと、『初見さんには解らないかも』って理由で。」
俺「そっか、そうだな。お前には解るだろうな。」
弟「・・・」
俺「悲しいコトを思い出すわけじゃないよ。彼からもらった感動を思い出せばいいんだ。」







第1位
感動をありがとう、フジノウェーブ!!11歳の白い仙人が飾った勇壮な四連覇
~東京スプリング盃~


俺「・・・これは何も仙人様が旅立ってしまったから選んだってコトじゃない、そう念を押させてもらいます。」
弟「そうでしょうね。」

俺「レース見てちょっと泣きましたからね。」

弟「それに、このレースがあったからこそ本当に『お花をあげに行きたい』って思ったし。」
俺「自分より何歳も若い馬達の間を突き抜ける白い馬体は本当にまぶしかった。馬群を割る姿は正に仙人だった。彼には
  本当に色々な物をもらいました。」
弟「会いに行けて良かったです。」
俺「今年から、この東京スプリング盃はフジノウェーブ記念として生まれ変わる。仙人様はレース名になって大井に永遠に
  その名を刻むことになる。それ程までに彼が多くの人に愛されていたってコトなんでしょう。」
弟「かっこ良かったもん。」
俺「そうだね、仙人様は本当にかっこ良かった。何より、多くの人が彼に感動をもらったってコトなんじゃないかな。」

弟「もう泣きません。大好きでした、とも言わない。
  
今でも大好きですからね!!」


俺「・・・ホントこういう時にお前のキャラって卑怯だよね。キズナ並に卑怯。」
弟「頑張りまずるも頑張った!!ボンちゃんも誘導馬として頑張ってる!!トリックさんもまだ頑張ってるよ!!」
俺「彼らのコトをきっと天国から応援してるんだろうね。」
弟「そうです!!」
俺「この年末年始、個人的に好きな子達が各地で頑張ってくれた。彼らには仙人様の様に強く、長く、地方競馬の一員と
  して頑張って欲しい。心よりそう願います。その中からまた仙人様の様な馬が現れたら、私達はその出会いを大切に
  して行こうと思います。」


俺「さて、ここでアンケートやっちゃいましょう。」
弟「出た。」



俺「何度も言うけどこの順位はあくまでパーソナルなもの。多方の意見とは異なるだろうなーとも思ってますし、
  『なんでこのレースが無いかなぁ』って文句はスルーします。」
弟「釘刺すねぇ・・・」
俺「まぁ、人には色々な意見がありますからね。」
弟「そうですね。」

俺「『このレースで特大馬券取ったんで』みたいな的中自慢を
  したけりゃすりゃいいだろぉが!!」

弟「なんで結果的に怒っちゃってるんだよ・・・」

俺「絶対居るぞ、そういうヤツ。当たった自慢するぐらいなら俺になんか奢れ。」
弟「なんで師匠に奢らないといけないんですか・・・」
俺「儲かったんだろ。奢れよ、俺は儲かってないぞ。ばーかばーか。」
弟「まったくもう・・・」
俺「ま、そんな感じで。皆様にとって昨年の最高のレースには様々なカタチがあると思います。そういった意見から何か
  参考にできるものがあったら活かしていこうと思いますんで、ご協力お願い致します。」




※今年も沢山いいレースが見れるといいですね

 

PLEASE!! 1Day 1~10Click!!

[ 2014/01/07 02:21 ] その他 | TB(0) | CM(19)

ヒット君のレースが1位かと思ってました(笑)
[ 2014/01/07 03:27 ] [ 編集 ]

順当な感じを受けました

俺は天皇賞秋ですかねェ

予想・展開すべてが思い通りのレースでしたw
馬単美味しかったなぁ~うん

弟子ちゃんだとチューリップ賞あたりがランクインですかね。
「師匠よこれが万馬券だ」みたいな。
[ 2014/01/07 13:35 ] [ 編集 ]

フジノウェーブだ!!

仙人様への二人の想いの大きさがわかりますね。
きっと仙人様も喜んでいますよ!!

オルフェとカナロアが見せたレースも凄かった、
今年もたくさん良いレースを見ましょうね!!
そして今年も面白いブログを期待してますよ~♪
[ 2014/01/07 17:40 ] [ 編集 ]

やっぱダービーです

いつも楽しく拝見しています。

ウインズ梅田で観戦していたんですがゴールの瞬間おそらく全ての人が馬券とは関係なく「武豊、キズナ」に対する賞賛の声で包まれていました。
20数年ダービーを観戦しましたがトップ3に入るダービーでした。

これからも面白いブログを楽しみにしています♪

[ 2014/01/07 21:56 ] [ 編集 ]

個人的には、興行的にもネタ的にもダービーかなぁ。
あんなに見事に卑怯な馬名が勝つことも、高低差200mの坂が現れることも、
唐突にディープ産駒タケユタカが現れることも今後はたぶんないでしょうw

そういえば、その白帽子で制限解除される汚いお方は、昨日JRA賞特別賞を受賞なされましたねw
[ 2014/01/08 00:03 ] [ 編集 ]

ベストバウトでしたね

印象に残ったレースだと思って投票で安田記念としてしまいました
ハウエバー無双は悪い意味で印象深かったので…

ベストはおれもスプリンターズSですかね
あとは、こちらを覗くようになって南関を見るようになったのが大きいです
[ 2014/01/08 16:54 ] [ 編集 ]

祭の馬の上映が…

渋谷でも17日までとなり、11日からは1日4回上映から2回になるようです。今週末が見に行けるラストチャンスかなぁ?
上映館は複数の作品を上映している為、総入れ替え及び整理券制とのこと。2回上映の時の上映時刻は13時と15時。全ての作品の各上映回の整理券を10時半に配布開始するシステムらしいんで、時間をどう使うかが悩み所。WINS渋谷…もいいんだけど、距離的な事を考えればプラザエクウスがベストか?新宿の京王百貨店で駅弁大会やってるんでそちらという手もあるかな?www
何れにしてもベストの行動予定を考えなくてはね。

パンフレットもまだ有るといいんだけど、有ったらお師匠さんと弟子ちゃんの分も確保しときますかね?

毎度、記事と関係ないコメですみませんです。
[ 2014/01/08 19:27 ] [ 編集 ]

日本ダービーでの武豊×キズナと言うコンビは確かに『絵』になっていた。
しかし自分が応援していたのは『福永×エピファネイア』!よくG1で『福永』はいらないなどと聞く。
この時も『福永じゃあ…』と言う声もあったがなんだがイラッとするんすよね!
福永のファンでもないけど。
『ここで勝たなきゃ男じゃないぞ!福永!』と思って見ていたが…。
まぁかかりながらもベストは尽くしたのかなて感じで…
個人的には脱力感の方が大きかったかなぁ。
馬券がハズレても『福永』に勝って欲しかった。
その福永に秋はやられたんすけどね(#`皿´)

myベストレースは『全日本2歳優駿』(^^
基本的に地方競馬は『地元騎手』が有利と思ってるんですよ。

そんな中でハッピースプリントは北海道の宮崎が騎乗。
距離短縮や戦法面から厳しい戦いになるか?
と思いきや蓋を開けたら3番手の先行策。
宮崎の度胸とそれに応えられたハッピーに驚きますた(^^
ドバイも視野?に入れているらしくおそらく移籍はなさそうな感じ?

これからまだまだ中央馬も強いダート馬が現れるでしょう。
それらに対してどう戦っていくのか楽しみだ(^^

また北海道所属のまま南関に殴り込むのも良し!(^^

他で嬉しかったのが『ウルトラカイザー』の復活!
3歳時の活躍から古馬になってどれぐらい活躍するか楽しみにしていたらあまり出走をしない内に休養?をしていたようで…。
兵庫CTでは素質の片鱗は見せた!
今年交流重賞で好走出来る馬!
出来れば南関に移籍したらいいと思うのだが(^^;

佐賀のエスワンプリンスは地元の佐賀記念で狙える!

園田のオオエライジンは全国区だ!

金沢のナムラダイキチ君は地方ナンバー1の実力者だと思っとる!

地元名古屋は元気ないがリーダーズボードがタイトル総ナメでしょう!

岩手の3歳2強、ライズラインとラヴバレットは他地区で通用するかは疑問も『外敵』を迎撃する力はあるでしょう!
南関はどうなん!?


と、話しが反れましたが、今年も地方競馬が楽しみだ!(^^
[ 2014/01/09 00:22 ] [ 編集 ]

>アメさん

そんな判断したら暴動が起きます
[ 2014/01/09 00:47 ] [ 編集 ]

>ニコフさん

やっぱり当てたレースも感慨深いですよね。
でも、そうなるとですよ。

俺の場合は白山大賞典になっちまうんだよね・・・
[ 2014/01/09 00:48 ] [ 編集 ]

>GEEKさん

そう言って頂けると報われる部分が少なくないです、ありがとう!!

オルフェとカナロアという二大路線の横綱がターフを去って、勢力図が果たして
どうなるか。そこんところが注目される2014年です。面白いレースを期待しましょう!!
[ 2014/01/09 00:50 ] [ 編集 ]

>きのぴーさん

はじめまして!!コメントありがとうございます!!

あのダービーはなんというか・・・祝祭って感じでしたねぇ。梅田はあったかい所の様でホッと
しました。浅草どうだったんだろ・・・
[ 2014/01/09 00:53 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

青嶋実況がタモさんに叩かれて腹がよじれるかと思った。

JRA賞、触れてないけどダート最優秀馬がベルシャザールになるのか・・・変だよなぁぁ・・・
[ 2014/01/09 00:55 ] [ 編集 ]

>ろじさん

安田の時のハウエバーは確かにしつこかった。ベストポーズ賞ですね。
南関をここキッカケで見るようになったというご意見は嬉しい限りです!!
[ 2014/01/09 00:57 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

見たいなぁ。こっちに来い来いミラーズクエスト!!
流石に映画を観にいくのに新幹線を使って一日割くのはダメージが大きいですぅ・・・
[ 2014/01/09 01:00 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

気合のこもった地方コメ、いいですね!!
各地のトップホースがそれぞれのらしさを発揮できる一年になるといいですね。
もちろん打倒中央で・・・

グランシュヴァリエのコトが書かれてなぁぁぁぁい!!!!!
[ 2014/01/09 01:02 ] [ 編集 ]

あ…

大事な馬を忘れてた(照)

グランシュヴァリエ…

あの距離なら無敵と思ってました(^^

高知では1600m以下のレースが中心すからね(^^

短距離に慣れると2400mはスローになるとは言え厳しいでしょう(^^

交流重賞でもまだまだドキリとさせる激走も見せるので侮れないっス。

高知は一年通してナイターと今の時期は厳しいですね(;-_-)
賞金も南関の10分の1以下ぐらいしかないのに頑張ってる。

人も馬もアグレッシブに育ってる。

去年も交流重賞で高知の馬が度々穴を開けてますもんね。

土佐には猛者がモッサモサ!!
[ 2014/01/10 00:10 ] [ 編集 ]

川崎大井が近いのに今まで全くいったことなかったですが去年はどちらも初訪問しましたからね
ダート界はダート界で楽しいと言うことを知れた1年でした

>安田記念
ハウエバーもですがレース直線での斜行とのあわせ技一本で印象深かったです
後味が悪かったと言う意味でですけどね
ユタカさんが番組で語ってましたがそらデムーロ騎手もキレるでしかし・・・
[ 2014/01/10 11:31 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

たいようのマキバオーは高知がホームなんだよねー、
グランシュヴァリエじゃヒノデマキバオーにゃなれないかな・・・

弟子は自分じゃモッサモサって言ってるけどツルッツルだよ。間違い無い。
[ 2014/01/10 23:43 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/536-d1522c0f