スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

乙女達の京都牝馬S予想

私「甘くて、苦い・・・マーマレー
  
だっかっらっ、気にっなるっ♪」
弟子「唐突・・・!!」

私「どうです、私の読者層を考慮したこの選曲。大半の当時男子がキュンキュンしたんじゃないかな?」
弟「本当に女子っぽくする気あんの?」
私「私は大丈夫。デシちゃんの方が心配なの。」

弟「どう聞いてもケンコバでしたよ。」
私「!!!!!!!!!!!!!!!」




私「ヒドイ!!一生懸命歌ったのに!!」
弟「・・・ワンフレーズだけじゃんかよう。」
私「ママレード・ボーイだよ。」
弟「知ってます、当時じゃないけど。」
私「肩幅がトレンディなんだよ!!」
弟「なにその発言。女子っぽいの、その発言。」

私「いつも通りなのね、デシちゃんは・・・私は結構無理してるというのに。」
弟「そうでもないですよ。がんばってるんです。」
私「そうなんだ。じゃあできるだけ頑張ろうね!!」


弟「わっち、がんばるでありんす♥」
俺「はい、ストップー。」


弟「・・・」
俺「なんすか、センパイ。それどっから拾ってきたんスカ。マジぱねぇッスヨ、それ。なんスカ、それ。」
弟「女の色気は遊郭から学ぶべきかと・・・」
俺「・・・今日ずっとそれで続けられるのか、まず。こないだ俺が言った『アチキ』『ヤンス』と同じだぞ。」
弟「ぬしにとやかく言われとうない!!」
俺「ナチュラルに出た割に全然似合ってねぇ・・・!!」


弟「やっぱ無理だよぅ、付け焼刃過ぎるし元々のイメージがあるんだもん・・・」
俺「なんとなく服装は頑張ったね、認める。」
弟「落ち着かないよぅ・・・」

俺「全裸にバンソーコー3枚とは。」
弟「ウソを言うんじゃない!!」


俺「いいじゃん、ワンピース。似合う似合う。なんか新鮮だよ。」
弟「そ、そうかな・・・?」
俺「かわいいと思うよ。」
弟「!!」

俺「・・・何をビクついてるんだよ。」
弟「いや・・・そんなストレートなコト言ってくると思ってなかったんでドキッとしたんですけど・・・本音ですか?」
俺「ウソついてどうするんだよ。」
弟「・・・」

俺「嬉しそうにモジモジすんな、ムラムラするだろうが。」
弟「色々と台無しにしないでくれませんか!?」

俺「マゾにも衣装とはよく言ったものです。」
弟「馬子にも衣装です・・・大体師匠だって今日は女子っぽく振舞う様に意識するとか言ってたのに、もういつも通りに
  なっちゃってるじゃないか。」
私「いけない。」
弟「今日は乙女なんでしょ。」
私「乙女なの。」
弟「まぁ・・・自分で乙女って言われてもよく解らないですけど・・・」

私「深夜の温泉旅館の脱衣所でおフロに入ろうと服を脱ぐ私、深夜になると女湯と男湯の入れ替えを行うコトに気づかず
  いそいそと服を脱いでる最中に表の暖簾を入れ替えられてしまった。私が今居るのは男湯の脱衣所、そこに一人の
  人影が現れる。羽生結弦くん(19)だった。どうしよう、私はとっさにバスタオルで胸を隠す。羽生結弦くん(19)
  顔を赤らめ、私から目を背けながらその場に立ち尽くしこう言った。

  「ここ・・・男湯ですよ。」
  「え・・・さっきまで確かに女湯って・・・」
  「湯船の入れ替えを深夜にするんです、こんな時間だから誰も居ないと思って暖簾を変えたんだと思います。」
  「そ、そうなんだ・・・じゃあ私の方が移動しなきゃダメだね。」

  恥ずかしくて心臓が破裂しそう。脱いだ服に手を伸ばすが、動揺で手が震えてバスタオルを落としてしまった。私の
  肢体があらわになる。「きゃ・・・」と思わず声が出る。それまで目を背けていた彼が反応してこちらを見てしまった。
  お互いの目が合う。自分の瞳が潤み、顔が紅潮しているのが解る。はずかしい。もう一度バスタオルを拾い体を隠し、
  今度は私が彼から目を背ける。

  一瞬の気まずい沈黙を置き、羽生結弦くん(19)が今度は近づいてきた。

  「ごめんなさい!!」
  「きゃっ!!」

  バスタオルを握った手を掴み、彼は私を脱衣所の壁に押しやった。体と体が向き合う。一糸まとわぬ私の体を見る
  わけでもなく、彼は目を瞑りながら息遣い荒く「やってしまった」という表情をしている。どうしよう、私も何故か抵抗
  できない。ゆっくりと彼が目を開ける。

  再び、泣きそうな顔で「ごめんなさい」と言った彼に、私は「いいよ・・・」と応えた。

  っていう妄想が余裕で出来るくらい乙女。」
弟「長ぇし具体的だし気持ち悪ぃよ!!そして
  なんで羽生結弦くん(19)なんだよ!!」


私「羽生くんキレイ。」
弟「・・・」

私「あの子なら、いい。」
弟「オイこの自称乙女!!」


私「綺麗なものが好きなの。乙女だから。」
弟「結局病気が進んでる様にしか見えないよぉ・・・!!」
私「羽生くん、フリーのフィニッシュでヨロヨロになるでしょ。もうアレは卑怯。抱きしめたくなる。」
弟「うううう・・・」

私「私は乙女。羽生くんに何度も『ごめんなさい』って言われながら
  全身をくまなく、まさぐられたいという夢を見る乙女。」

弟「乙女ってどんな定義なんですか!?」

私「泣きながらペロペロしてほしい。」
弟「もうただの精神異常の痴女じゃないか!!」
私「私の乙女の部分は、中性的な男の子が好きなのね。」
弟「・・・いつもの乙女じゃない部分の師匠は?」

俺「美少女を泣かすまでペロペロしてぇ。」
弟「大差無ぇじゃねーか!!」

私「んー、まぁペロペロするのもされるのも、美少年か美少女だったらどっちでもいいんだけど。」
弟「出て行ってしまいたい・・・」
私「デシちゃん。」
弟「?」

私「私をペロペロするのと私にペロペロされるの、
  デシちゃんならどっちがいい?」

弟「ペロペロペロペロうっせぇんだよ!!」


私「乙女っぽい質問でしょ。」
弟「ドコがだよ・・・」
私「どっち?」
弟「どっちもしません。」
私「そっか・・・」
弟「しょんぼりする様なコトじゃないと思う・・・」

私「されるのがいいって言ってくれたら、私のペロペロしたいって
  気持ちと相互になって法的に許されたのに・・・」

弟「本気でゾッとした。」


♥乙女(病気)の京都牝馬S予想♥

私「ドナウブルー、このレースで引退なんだね。」
弟「シャダイさんのルールですねぇ、6歳で引退。大好きな京都なら花道飾れるんじゃないかな。」
私「どうなのかなぁ・・・」
弟「えぇぇ、ここでこの子疑っちゃうの?」
私「福永騎手だよ。」
弟「そういうこと言うかなぁ・・・」
私「福永騎手がヘタとか言ってるんじゃないの。ここ最近のドナウブルーの鞍上見てよ。」
弟「前走ビュイック騎手でマイルCS5着、前々走はメンディザバル騎手で府中牝馬2着、続けて海外騎手が乗ってますね。」
私「更に遡れば、3走前と4走前は内田騎手で4着、でもここは人気以下の着順。その前はG1ヴィクトリアマイルでウィリア
  ムズ騎手で5着。問題は内田騎手で敗戦をしている2つのレースなの。」
弟「ほえ?」
俺「出走メンバーを考えたらね、ここで4着ってどうかと思う。と言うか、その後の好戦が海外騎手だからこそって感じに
  見えるの。」
弟「ドユコト?」

私「パワフルに追える腕力がこの子には必要なんじゃない?」

弟「ああ、力強い騎乗をする騎手の方が合ってるってコトか。」
俺「鋭い反応を強引に引き出せる騎手の方が、今のこの子には合ってる気がする。」
弟「ビュイック騎手とメンディザバル騎手ってそんな感じだっけ。」

俺「ビュイック騎手はビュイックビュイックするし、メンディザバル
  騎手は自分が脱臼する程に追えるんだよ。」

弟「脱臼には触れないでやってくれまいか。」

私「福永騎手って、そういう強引さは無い様に思えるのよね。」
弟「うーん、そう言われるとなぁ。」
私「だって、ぷくぷくしてるんだよ。」
弟「体脂肪率・・・」

私「そこに来て連対経験の無い56kg、引退レースを迎えるこの子には酷だけど、あまりいい条件とは思えないなぁ。」
弟「そうか、斤量が大きいんだった。」
私「京都マイルって言うとディープ産駒の庭っぽいから、ウリウリとのワンツーとかもありそうなんだけどね。」
弟「ウリウリ。」

私「名前がいやらしいので買わない。乙女なので。」
弟「ここで強引に乙女を引っ張り出すな!!」

私「羽生結弦くん(19)にならウリウリされても構わない。」
弟「また変なのが出てきた・・・!!」

私「私は乙女。羽生くんに『ごめんなさい』って
  言われながらモーリスをウリウリされたい。」

弟「名前がいやらしいとか言って、アンタが言ってるコトが一番
  ヒワイなんですけど。」


私「ちょっと狙っちゃおうかなぁ、オッズ大きくなる感じで。」
弟「まぁ、メンバー考えたら人気通りには収まらない可能性も充分ありそうだけど。」
私「休み明けの二頭がまとめて来るとは思えないけど・・・」

◎ノーブルジュエリー
◎ローブティサージュ
▲ノボリディアーナ
▲エアジェルブロワ

三連複◎二頭から 馬連ワイド◎同士


弟「休み明けは確かにイイんだよねー・・・でもローブティサージュ、大外はこの子にとってマイナスに思えるんだけど。」
私「良くは思えないよねぇ。それにしても須貝さん、二頭出しで二頭共ピンク帽って。」
弟「秋華賞は見せ場ありませんでしたよ。」
私「見せ場が無いって言うより前が全滅したじゃない。その流れの中に居たんだから。」
弟「ふむ。」
私「秋華賞組って謎過ぎる。メイショウマンボはエリザベス女王杯勝ってデニムアンドルビーはジャパンカップ2着。でも
  他で好戦してた子達は愛知杯で全滅、かと思いきやウリウリとノボリディアーナは自己条件で無理のないレース選択
  をして結果に結びつけているんだよね。」
弟「確かに愛知杯の3歳組は残念なレースだったよね。」
俺「単純にコレって、このレースが如何に参考にできないレースだったかって感じがする。むしろ明け4歳を見るならば、
  3歳序盤のレースを見た方がいいのかなーって気がするの。まぁそうなってもローブはそんなに目立たないんだけど。
  ただ、桜花賞は後方組優位な内容の中で頑張ってたからね。」
弟「で、ノーブルジュエリーですか。」
私「デムー論の申し子みたいな成績でしょ、この子。」
弟「本当だ・・・!!」

私「京都じゃポカやらかす印象強いけどね、重賞に向けてじっくりとやってきた印象は強いから。前走デムーロ騎手じゃ
  ないし連を外してないルメール騎手とのコンビってことで勝負度合い高そう。」
弟「この子はありそうだなー。」
私「▲は乙女の勘。」
弟「ハショりやがった・・・」


私「じゃあデシちゃんの乙女な予想を聞かせて。」
弟「えっとねぇ、ドナウブルー。」

私「・・・引退レースだから?」
弟「うん!!応援すんの!!」


私「予想じゃない答えが返ってきた・・・」
弟「いいの!!がんばれドナウブルー、メーデイアに続く有終の美だ!!」

弟子予想
◎ドナウブルー
○プリンセスジャック
○ゴールデンナンバー
▲アドマイヤセプター
▲ノーブルジュエリー
▲ウリウリ

三連複◎○から 単◎


私「なかなかダイナミックな狙い方デスネ・・・」

弟「三連複7点。」
私「しかも対抗はなかなか渋い感じで・・・」
弟「さっき桜花賞の話を師匠がしたけど、プリンセスジャックデムーロ兄弟の叩き合いに続いた子なんだよ。」
私「その言い方はなかなか強烈なモノがあるね。」
弟「前走のタイムはホメられたものではないけど、桜花賞の優勝馬アユサンは秋に故障、2着レッドオーヴァルは不振に
  喘いで、上位にダメージが残るレースだったんじゃないかな。そこから復活したんだから頑張れる子だよ。」
私「なるふぉど。」
弟「ゴールデンナンバーはマイルの鬼みたいな子だから。前走はお散歩ノリさんだし、同じようなレースは今回して
  こないハズ。」
私「うふふ、意見が凄い別れたねぇ。」

弟「ここはとりあえず師匠に当ててほしくない。」
私「なんてコト言うの!?」

弟「当てたら乙女でもなんでもないその痴女
  キャラ維持しそうで、なんかヤダ!!」


私「この可憐な乙女に向かって痴女呼ばわりですか・・・」
弟「ドコが可憐だよ。ペロペロペロペロ言いやがって。」
私「一つだけ言わせて。」
弟「何でしょう。」

私「当たらなくても、私は乙女だから。」
弟「当てても乙女じゃねぇの間違いだろ。」






※乙女って何



↑ブログ村は継続参加中、応援クリックよろしくです!

[ 2014/01/25 02:05 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(26)

なんかマーマレードボーイ続編出てました(笑)
[ 2014/01/25 03:30 ] [ 編集 ]

【乙女】
若い女性。けがれを知らない女性。


弟子ちゃんに資格あり?(照)

予想的にも弟子ちゃんの方が乙女がわかってそう。
縦目で(照)
[ 2014/01/25 04:45 ] [ 編集 ]

とりあえず…

イラストブログ部門で6位…www
まだモーリス引っ張ってる…wwwwww

書きたい事はまだまだあるけど、先ずはここまで。


ああそうそう!
マイネルキッツが先月現役引退しましたが、横浜の根岸競馬記念公苑で乗馬訓練を受けているそうです。障害馬術を教えて5月頃には大会にも出したいというのが今調教を担当されている方の話ですが、更にはあと1年以上はかかるけどいずれは誰でも乗せることができる馬にしたいとも言われているそうです。
天皇賞馬に乗ることが出来るなんてのは魅力のある話ですよね。実現する事を願いマイネルキッツを応援したいと思います。
[ 2014/01/25 05:44 ] [ 編集 ]

ごめんください!



乙女2人をウリウリできるブログってこちらですか?
[ 2014/01/25 16:07 ] [ 編集 ]

どんだけフラグ立ててるんだwwwww
[ 2014/01/25 16:10 ] [ 編集 ]

弟子ちゃん惜しい!!

◎からの3連複なら取れてたね。

そして師匠、フラグお疲れ様です。
今年も絶好調ですね。

私?当然ドナウブルーからのワイドw
しかし、ウリウリが内からウリウリ来るとわ・・・・・
[ 2014/01/25 16:33 ] [ 編集 ]

最近のお師匠さんの…

ペースにはついて行くのも大変だゎwww

男の娘といやぁ、その言葉が現れる遥か前に時代を先取りしていた「ストップ!!ひばりくん!」を抜きには出来んでしょ。江口寿史さんってスゴいと改めて思いますゎ。

それぞれの個性を尊重する雰囲気が日本にも広く浸透してきたのかもしれませんが、今後はどういう方向へ向かって行くんでしょうかねぇ?

お師匠さんもどこを目指してますん?www
[ 2014/01/25 18:06 ] [ 編集 ]

・・・

へ・ん・た・い -- (;´д`)
[ 2014/01/25 20:50 ] [ 編集 ]

う〜ん…と悩まされるYな方向のネタから、

ふ〜ん…と納得させられる競馬ネタ。


合わせて‘うふ〜ん’という感じのブログに仕上がってますね(笑)



毎度ながらお見事です(^皿^)

ペロペロしたいくらいにお見事です
[ 2014/01/25 21:33 ] [ 編集 ]

抱かれてもいいなんて書くからw
[ 2014/01/25 23:29 ] [ 編集 ]

師匠・・・残念ながら乙女になりきれませんでしたねぇ。
弟子ちゃんは惜しかったんですね。
結果だけ見てると弟子ちゃんの方が乙女度高いんじゃないかって気が・・・師匠はなんて言うか・・・・・・漢前?
[ 2014/01/25 23:34 ] [ 編集 ]

府中牝馬Sの上位3頭から察するに乙女とは、
"高貴"で"ドナウブルー"色の"宝石"(ルビ:モーリス)を"ウリウリ"する存在というわけですね…w

つまり…、J●A的にはいつもの師匠の方が乙女だった可能性が!?w
[ 2014/01/25 23:54 ] [ 編集 ]

間違えた… ×府中牝馬S ○京都牝馬S
[ 2014/01/25 23:55 ] [ 編集 ]

はじめまして!いつも楽しく拝見させていただいてます。私もママレードボーイ『あんな、女がみるようなアニメ、見てないんだかんねっ』って言いながら毎週キュンキュンしてました。口下手なので一言。悪い見本、愛してます。
[ 2014/01/26 00:42 ] [ 編集 ]

>アメさん

なぬー!?後で調べてみるー!!
[ 2014/01/26 01:17 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

なんか色々と的を突かれている・・・

でも私は乙女。けがれを知らない、だから知りたいのです。
[ 2014/01/26 01:18 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

TSってジャンルはステキです。このブログもTSモノです。

俺は海賊王目指してます。
[ 2014/01/26 01:25 ] [ 編集 ]

>ササニシキさん

ウリウリしたいのかい?

羽生結弦くん(19)にならさせてやんよ!!
[ 2014/01/26 01:27 ] [ 編集 ]

>虎犬さん

今日は別のモノ立ててみた。
[ 2014/01/26 01:27 ] [ 編集 ]

>ニコフさん

スルスルウリウリって子が居たらしいですね。
ウイニング競馬の実況聞きてぇ。
[ 2014/01/26 01:32 ] [ 編集 ]

>saiさん

へんたいじゃないです。

私は乙女。
[ 2014/01/26 01:33 ] [ 編集 ]

>ジンセイハオマツリさん

ペロペロするのはディスプレイだけにしましょうね♥
[ 2014/01/26 01:34 ] [ 編集 ]

>妄想マンさん

浜中騎手がアタイのニクツボを狙ってるだと!?

・・・・・想像しとこ
[ 2014/01/26 01:36 ] [ 編集 ]

>mさん

私は乙女なんです、弟子はコムスメです!!
[ 2014/01/26 01:37 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

毎回よく思いつくなぁwww
[ 2014/01/26 01:39 ] [ 編集 ]

>咲笑さん

はじめましてー!!コメントありがとうございます!!
ママレードボーイの主題歌は結構男子も歌えたりするんだよね。つまり皆見てたんだ!!
愛してるだなんてそんな・・・何もイイこと無いぞ
[ 2014/01/26 01:42 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/551-bf6396bc











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。