世界の目 日本の目 香港の目

★お疲れ様の週末でございました

俺「競馬で疲れちゃいけないのよ。」
弟子「仕方ないですね。海外競馬がある時はこうなっちゃう。」
俺「さて、ドバイミーティングに関しては昨日に速報感覚でやらさせてもらいました。改めてデューティフリーのジャスタウェイ
  シーマクラシックのジェンティルドンナ、優勝おめでとうございます!!他の馬達もお疲れ様でした!!」
弟「夜中に盛り上がっちゃいました。」
俺「そして、今日は高松宮記念だったワケですが。」

ブーン

弟「ブーーーーーーン。」

俺「そうです、これは『ブーン』なのです。間違っても『キーン』と言っちゃイカンのです。歳がバレます。」
弟「過怠金10万円だブーーーーーーーーーーーーーーン。」
俺「言わんこっちゃねぇ・・・」



高松宮記念 結果
1着 コパノリチャード → 俺◎
2着 スノードラゴン → 弟子▲
3着 ストレイトガール → 弟子◎


俺「デシちゃん。」
弟「ブーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン。」
俺「現実逃避せずに仲良くしようや。」

弟「ハクサンムーンが逃げないどころか、コパノリチャードも逃げず、先手奪ったのがエーシントップですよ。」
俺「ハクサンムーン出遅れちゃったもの。」
弟「しかしエーシントップが外からハナ主張して、インで4着に粘るって時点で馬場が相当劣悪だったってことが解っちゃい
  ますね。」
俺「バンデ勝てたんじゃねーか。1200mなら最初から最後まで
  全力疾走できるだろ。」

弟「スゲーこと言うな、オイ・・・」

俺「コパさんスゲーな。今年のJRAのG1は現段階でコパさんしか取ってないぞ。コパさんおめでとう!!」
弟「風水パネェ。」
俺「でもねー、そりゃ適正で決まるってのも予想のとして重要な面ではあるけど、基本は良馬場であってもらいたいよなぁ。
  せっかくの電撃戦なのに迫力不足に映っちゃった。これで負けた陣営のほとんどが『馬場が』って言うんだろ。ちょっと
  今日の雨は恨めしいなぁ。」
弟「スノードラゴンとエーシントップという、ダート戻りの馬達の好戦がそれを表してますね。」
俺「スプリント戦とディスタンスはこうなっちゃうんだよね、不良馬場だと。そんな中でコパノリチャードはタフさが活きて、3着に
  敗れたストレイトガールはキレを殺された。頑張ったと思うよ、この3着は。」
弟「ふぐー・・・」
俺「ハクサンムーンも出遅れながら掲示板に届かせた。頑張ったと思う。でもこのメンバーで展開するベストなレースとは到底
  言えないモノだったからねぇ。G1見たって気が全くしないなぁ・・・着差が間延びした短距離戦ってのは、ロードカナロア
  みたいな本当に強い勝ち方以外は結構間抜けに見えちゃうんだよ。ましてやそれが馬場状態が主な原因だと尚更にね。
  ドバイ見て麻痺しちゃってるのかもしんないけど。」
弟「凄かったもんねぇ、ドバイは。」

俺「花火のショータイムがさぁ。」
弟「そこは結構どうでもいいんですけど。」


俺「日本馬中心にスポット当ててたけどさ、それこそ直線競馬のAl Quoz Sprintは迫力と緊張感があるレースだったろ。」



弟「しぇいしぇい負けちゃったよぉぉ!!」

俺「残り100mの時点では前を捕まえて連覇するかって思ったけど。まぁ直線競馬は外枠有利ってのは当たり前のコトなん
  だけども、あのAmber Skyの詰め寄られてからの粘りは凄かった。しぇいしぇいは残念だったな。」
弟「キンポーめ!!」
俺「その言い方はヤメなさい!!」


俺「でもね、今回はドバイミーティング全体通しても、ドバイ本国及び欧州に凄まじい衝撃を与える結果だったんだよ。」
弟「なんで?」
俺「まー、皆日本馬に注目するのは当たり前だけどね。日本馬がドバイG1を二つ持っていった、世界の芝を席巻したと見て
  もいいのだろうが。」
弟「ふむ、強かったですからね。」
俺「俺が今回注目してたのは香港勢だと言ったね。シーマクラシックでDominantは5着、ワールドカップではAkeed Mofeedが
  5着、Military Attackが10着という結果だったけども。」
弟「何気に頑張ってるのね。そしてAl Quoz Sprintの栄冠は手に入れたと。」
俺「オメェは何を呑気なコト言ってるんだ。」
弟「ふぇ?」

Dubai Golden Shaheen(G1)AW1200m
1st Sterling City(HK)
2nd Rich Tapestry(HK)


俺「ワンツー決めよったで、香港・・・!!」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


俺「今回のドバイで、大きな括りにしてしまえばアジア勢に4つのG1タイトルをUAEや欧州は持って行かれたワケだよ。」
弟「ぬおおお、スゲェ・・・」
俺「図式としてはターフの日本、短距離の香港と言ったところかな。これでますます欧州勢が米国みたいに内弁慶化する
  危険性も考えられるけど。」
弟「ぬおー、香港スゲェんだ。」
俺「このドバイ短距離G1を二つ制覇できたのには、屈辱的なロードカナロアに対する敗戦による意地もあると思う。」
弟「スプリント王国が、同じアジアの他国の馬に連覇を許したんだからね・・・」
俺「で、スプリントに限らず別の路線も含めた全体で言えば、今回のドバイに日本からは8頭、香港からも8頭と、非常におあ
  つらえ向きに比較しやすくなっているので・・・」

1着=10点 2着=7点 3着=3点 4着=2点 5着=1点

俺「競走成績にこんな配点を下した上で比較してみるとだな。」

日本=21点(ジャスタウェイ&ジェンティルドンナが10点、ブライトラインが1点)
香港=29点(1着×2、2着×1、5着×2)


俺「完敗してます。」
弟「うぎゃあああ!!」


俺「まぁ、各お国柄からの『どの路線を重く見るか』ってのも重要なんだけど。ホラ、日本は芝2400mこそ至上だったり
  するんだよ。欧州からの流れだよね、クラシック距離こそ王道。でも米国はダート2000mが頂点じゃない。」
弟「BCクラシックの距離ですね。」
俺「ドバイミーティング創設から2009年までワールドカップはダート2000mで行われていて米国勢は無類の強さを誇って
  いた。メイダンに移りAWになってから極端に米国勢の参戦が減り、参加馬のレベルに華が無くなった感は否めない。
  そして芝コースは欧州よりもライトな為に、欧州の怪物級の馬は敗戦危機を感じてまず出てこない。」
弟「そうですね、ZenyattaFrankelはドバイに来なかったなぁ。」
俺「コレって言うのもさ、アジアが持つ欧州へのコンプレックスみたいなもので、欧州は欧州で『自分の国のレースが最高』
  って考えがあって、渡航してまで恥をかく危険性を犯すことがナンセンスなのね。対するアジアは『世界を相手に証明
  するには、そこに行って勝たないと!!』って思考がある。」
弟「ほほう。」
俺「だから日本では、年度代表馬クラスの馬が海外で戦うんだな。その大目標が凱旋門賞に置かれているのは言うまでも
  ないけど、逆にBCターフに関しては軽視しまくってる。この中間がドバイシーマクラシックになるんだけど、最も馬場が
  日本から見て特殊なのは実はロンシャンなんだよね。」
弟「高速じゃない洋芝ね。」
俺「世界的に最もフラットな条件だと思うんだけどね、メイダンの芝は。雨も少なく条件もいい。それでも欧州勢や米国勢の
  大御所が来ないって時点で、ドバイミーティングは少し価値が下がりつつある。だからこその凱旋門賞なのかもね。」
弟「むう。」
俺「ひょっとしたら未だに欧州、米国からはこんな風に見られているのかもしれない。」

日本「ドバイで勝ったよ!!」
欧州「あらあら良かったでちゅねー♥」


弟「・・・ムカつくなぁ、オイ。」
俺「底辺国の争いの場みたいに見られちゃ、たまったもんじゃないよね。」
弟「そうだよ、出ることも無くそんなこと言われたくないよ。」
俺「特に顕著なのが米国だよな。今年のドバイにUSA勢はたった二頭しか出ていないし、その二頭も大した馬じゃないって
  ことからも、米はドバイに対して『得意分野じゃねーから興味無いわ』となっているのだろう。昨年Animal Kingdom
  がワールドカップ制して状況変わるかなって思ったんだけど、どっちかって言ったら一昨年のGame on Dudeの大敗が
  尾を引いてるのかねぇ。やっぱダメじゃん、みたいな。」
弟「国際の場ならやはり、国際的な強豪に集ってほしいトコロですけど。」
俺「まー、全世界に於いて各国独自の進化がある中で、全ての平均を取れる競馬場は存在できないからね。嫌なモノは
  嫌って言ってしまったらそれまでだとは思うが、つまりはアジア勢としてはドコかの分野で欧州を上回り見せつけたいと
  いう欲望があるハズなのよ。」
弟「ふむ。」
俺「元々日本人って本場や最前線に憧れるトコあるじゃない。野球やサッカーとか。」
弟「ああ、それはわかりやすい。」
俺「そのクセ、同種内でよく解らん優劣付けたがるでしょ。」
弟「それはよく解らない。」

俺「欧米系の彼氏連れて『日本人の男はダメね』
  って言いたがるでしょ。」

弟「具体的過ぎて気持ちが悪い。」


俺「広く見れば、アジア圏で『自分の国は裕福であり、先進していてトップなのだ』って意識がある感じ。その意識は別に
  持っててもいいとは思うんだけど、それに対しぶら下がって、何故か調子に乗ってる様に思えるんだよね。」
弟「風刺的やのー。」
俺「話が思い切り広がってしまったけど、海外競馬見てて結構思うんだよね、そういうことを。日本馬が何故負けたのかって
  理由を求めるでしょ。そりゃワールドカップに関しちゃオールウェザーって馬場が主だろうよ。そもそもダート馬を送り込む
  のがどうなのかなーって気がするし。でもここでよく言われるのが『日本馬って大したコトないんじゃね?』って自虐。
  ちょっと評論ぶったヤツは欧州、米国、UAEを結構高く見た上で、日本馬を貶すコトでちょっとした優越を得る。」
弟「色んなタイプの人が居るもんだ・・・」

俺「しかし、それでも香港よりはレベル高いって思ってるんだ。」

弟「おおお・・・」
俺「それこそ『香港で負けてる様じゃ』みたいに言うヤツも多いんじゃねーかな。香港国際競走に向かう馬は凱旋門賞や
  欧州に向かう程の馬じゃないって思ってるかもしれない。大きな勘違いだと思うね。」
弟「でも事実、香港国際競走って日本のスーパーホースが出るイメージがあるのって短距離戦ぐらいだよ。そもそも有馬記念
  と日程カブっちゃってるし。」
俺「そだね。まぁ中長距離の国内スーパーホースは有馬狙うわ。ここで香港に向かってしまわれては有馬が盛り上がらなく
  なってしまう。」
弟「だよね。」
俺「でも世界の目は有馬記念<香港ヴァーズになるんじゃない。」
弟「・・・まぁ国際競走だし。」

俺「比較対象とするならジャパンカップ<香港国際競走か。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!」

俺「スケジュールの面でもジャパンカップの位置は結構キツいからなぁ、おまけに海外勢からは馬場が硬いって文句言われ
  ちゃってるし、そこに来て日本馬がそういう馬場で無双し始めたら渡航の骨折り損っぷりが尋常じゃない。おまけに何だか
  ステータス性能がBCターフや凱旋門賞に比べて大きく劣るし。」
弟「そんな感じはあるけど・・・香港ヴァーズだって世界的に見たらそんな大きな権威じゃないでしょ。」
俺「今はね。」
弟「今は。」
俺「賞金だってそこまで大きくないし、それを引き上げるのも難しいだろうけど、今後この国際競走はレベルが上がっていく
  んじゃないかな。まぁ怖いのがジャパンカップ同様に『香港行っても勝てねー』って海外勢が来なくなっちゃうって展開
  なんだけど。感覚として欧州辺りは『香港イジメに行ってやろ』みたいなの、あるだろうから。」
弟「一昔前のジャパンカップか・・・」
俺「賞金額が上がれば一気にステータス上がる可能性を持った立ち位置にあるんだよな。そうなりゃ面白いんだけど。」
弟「今回のドバイで確実に株は上がってますもんね、香港競馬。」
俺「ま、日本としては強敵として認識した方がいいよね。」
弟「ふむ。」
俺「互いに世界に打って出るスタンスを持った国として、近隣にこういう存在が現れたのは非常にウレシイよ。それだけに、
  先を越されない様にしないとな。」
弟「切磋琢磨し合えるといいですね。ん?先を越される?」

俺「今の香港ならBCスプリント取れても、何もおかしくねーし。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!!!」

俺「日本が凱旋門賞に向けてギラギラしてる脇で『ブリーダーズカップ取ったった』と自慢してくるホンコンさん。それこそ
  ロードカナロアがターフを去った今、『チワース、スプリンターズでワンツーしに来ましたー!!』ってなる状況だって
  充分考えられるぞ。」
弟「それは悔しいじゃないか・・・!!」
俺「世界からして見りゃスプリント路線ってのは脇道かもしんないけどさ、母国のG1レースを海外馬に蹂躙されたらどんな
  距離だろーがヒクヒクするだろ。ホンコンさんはヤラかす可能性充分だと思うね。来ねぇなら行っちゃえって、視野を
  広げたらそういう判断してきそうだし。今回の実績を自信に変えてね。」
弟「怖いけど面白そうだ。」
俺「そして、もう米国は攻め込むほかに戦う手段が無いくらいの内弁慶化しちゃってるから何も言うまいって感じではあるん
  だけど、欧州勢は今回のドバイに屈辱を感じてほしいな。さっきの計算方式でいくとこんな感じ。」

※ゴドルフィンマイルからワールドカップまでの8レースで集計、
 G1とG2でポイント差は設けてません
英 (1着×1 2着×1 3着×2 4着×3)= 29点
仏 (2着×1 3着×1 4着×2) = 14点
独 (4着×1) = 2点
愛 (1着×1 4着×1) = 12点


俺「英国は出走頭数が多いからなぁ。アジア勢より多い頭数で香港と同じポイントって考えたらちょい不甲斐ない。」
弟「そっか、そもそもG1はアジアとUAEに独占されたってコトになるのか・・・」
俺「そう。ここでイギリスとアイルランドが勝ってるのはG2なのよ。アメリカが出場していないに等しい状況でのこの結果、
  これには悔しさを感じてもらいたい。」
弟「競馬発祥の地なんだもんね。」

俺「PUNK発祥の地だから、フテ腐れてしまうかもしれない。」
弟「余計なコト言わないで下さい。」

俺「G1には届かなかったけど、南アフリカは本当に頑張ってたよね。出走9頭でこんな感じ。」

南ア (1着×1 2着×2 3着×2 5着×1) = 31点

弟「おおーすごい。」
俺「しぇいしぇいもアフリカだよ。この国の馬は距離と馬場に対して万能性あるんだよな。どこでも好戦してくるし、世界に
  対して打って出る姿勢も持ってる。そもそもメイダンがホームにされるコトも多いから、UAEと似たようなものだって言って
  しまえばそれまでなのかもしんないけどさ。」
弟「しぇいしぇい、アイビス出てきてくれませんかね。」
俺「うああ、見てぇけど海外馬出れねーし・・・来ないだろうし・・・」

弟「しぇいしぇい・・・」
俺「こんな感じでね、今回のドバイは日本馬達の華やかな勝利に喜びを感じつつ、様々な国の状況みたいなものを感じ
  ましたわ。香港、馬産できるぐらいまで盛り上がるともっと面白い存在になると思うんだけど。」
弟「ちょいちょい。」
俺「ん?」
弟「開催国のUAEにあんまり触れてない気がするんだけど。ここも出不精な印象ありますけど。」

俺「UAEはワールドカップ獲ってゴキゲンになってくれてりゃ
  それでいいよ。れっつぱーりぃだよ。」

弟「うん、もうそれ以上言わないでくれ。」



※世界が強いからこそ面白いのだ

   

↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!↑

[ 2014/03/31 00:43 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(16)

フィギアで金メダルって、日本人の体格体型からして想像もしなかった。
それが今では男女とも金メダル。

馬の世界でも牡牝とも世界一。
これからですよ、これから!
血統の見直し、レース適性の見直し。
世界の壁は厚くても乗り越えれます。

高松宮記念、一着5番二着8枠三着9番までは良かったけど8枠18番で玉砕。
二着17番四着16番だったから、
5番軸に9番と8枠三頭BOXが正解だったか?
レース印象は、レベル低!
[ 2014/03/31 02:35 ] [ 編集 ]

外国調教馬については…

JRAの重賞レースは国際競走化されていますので、出走可能です。アイビスSDについては5頭まで可ですよ。
[ 2014/03/31 04:11 ] [ 編集 ]

いやいや、香港が『短距離』で強いのはすでに知られてるハズですよ。
安田記念のブリッシュラック、アルマダ、スプリンターズSのサイレントウィットネス、テイクオーバーターゲット、ウルトラファンタジーなどなど。
安田記念やスプリンターズSに香港馬の名前があればとりあえず押さえるて人は多いハズ。
あ、ジャパンカップに出走してきたら軽視するかな(笑)
やっぱり中距離は日本の方が強いと思いますもん。

世界から見るジャパカップ<香港カップこの図式はいろんなことが重なってますよね。
香港カップが行われる日はG1が4レースも行われる競馬の祭典。
多くの馬を引き連れて行きやすいて面がある。
ただ、香港も馬場は硬い方で欧州馬が勝てなくなる様だと参戦が減る可能性もありそう。
『中国』と言うイメージ自体あまり良くないからなぁ…個人的に。
経済が発展しまくってたけどそろそろ打ち止め感もありここが踏ん張り所か?
日本は『馬場が硬い』わ『検疫が厳しい』わでいい事がないみたいすね(笑)
去年有馬記念に『レッドカドー』が登録してきた時は『マジか!?』
と喜んだんですが…

中山競馬場なら欧州馬が活躍する可能性が高い!

過去、中山で代替競馬になったJCでファレブラブ、サラファンの欧州馬のワンツーでしたからね!

有馬記念なんて言ったら最終日で荒れた馬場。

欧州関係者さん!日本に来るならJCなんか狙うんじゃなく『有馬記念ですよ!』

有馬記念に欧州の有力なんて出走してきたらお祭り感ハンパないでしょう!

で、去年レッドカドーが出走して結果を出してくれればそんな流れが出来るんじゃないかなぁて淡い期待を持ったんですが(照)
ま、オルフェには勝てなかったすね(笑)

オーストラリアが今年?か来年から春に2日でG1を何レースか行うBCみたいなのをやるみたいすね。
こちらにも日本の馬が流れそうで春の『空洞化』が進みそう。
[ 2014/03/31 06:59 ] [ 編集 ]

日本競馬

本日も面白く読ませてもらいました。
ロードカナリアなきあと、マイル、スプリントは空き巣ですから。
ましてや、海外なんて。
香港の台頭?はここ数年言われてました。
ジャパンカップの位置付けも。
言われたとおり、JCよりいまは香港だとおもいます。
遠征費もくれなくなったし、別に海外勢有利でないし。
これもJRAの課題ですが、国際競争ふえたので、要らないのでは?が自分の持論です。
[ 2014/03/31 07:23 ] [ 編集 ]

高松宮記念は

スタートでハクサンが出ない・・・・予想終了しましたw

スノードラゴンが穴本命だっただけに悔しい~
馬連万馬券だよ~、取りたかったよ~
[ 2014/03/31 09:17 ] [ 編集 ]

師匠!事件です!
ジャスタウェイ(爆弾の方)
金色でした(・∀・)

もぅどんだけ 爆
[ 2014/03/31 23:45 ] [ 編集 ]

その国々の思惑、陣営の思惑があるのは当然だと思いますので、なんか難しいですねぇ。

生産形態、日程、検疫、賞金などありますが、集まったメンバーが面白いレースをしてくれれば、それはそれで興奮します。

私は、世界に挑戦してほしい気持ちもあるし、国内で走ってほしい気持ちもあるので複雑です。


(日曜に国立競技場に行ってたのですが…師匠、フラグ立てました?)
[ 2014/04/01 00:02 ] [ 編集 ]

こんばんは。競馬はただのギャンブルとしか見てませんでしたが、師匠と弟子ちゃんのおかげもあって、最近見る目がどんどん変わりました。自分が買ってないレースでも、気になったり、感動したり。とりわけドバイは最高でした。ジャスタウェイに驚き、ジェンティルで笑いました。これからも競馬の楽しさ伝えてくださいね。
[ 2014/04/01 01:11 ] [ 編集 ]

>チキンハートさん

俺だってスタイルだけは悪くないわ。
[ 2014/04/01 02:54 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

どうやら今回の内容はつっこみどころが満載だった様です。
[ 2014/04/01 02:55 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

知ってる人は知ってるって感じかな、認知度は低い気がするなぁ。
日本馬しか見ない傾向が強い中で、国の地位で相手見る節を強く感じる。

香港は何度も行ってるけど、あそこの人らは中国本土の人と一緒に
されるの物凄く嫌うんだよwww
[ 2014/04/01 02:58 ] [ 編集 ]

>トリゴボウさん

香港の有力化は言われてはきたけど、今回のドバイで完全に示したカタチ。
でも、その場に日本馬が不在だったことから、これまた認知度低め・・・

国際競走の意味が無くなりかけてるジャパンカップについては、
「じゃあ改変するならどんなレースにすんのさ?」って話になりそうだね。
[ 2014/04/01 03:02 ] [ 編集 ]

>ニコフさん

ブーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン♪
[ 2014/04/01 03:03 ] [ 編集 ]

>ハチさん

準備良すぎですね・・・

今週の銀魂は立木さんでした、来週ジャスタウェイはどんな扱いを受けるのだろう。
[ 2014/04/01 03:04 ] [ 編集 ]

>ササニシキさん

海外レースのYoutube動画を見ると、日本馬が出走している動画とそうでない動画で
再生回数が全然違うってトコロから、日本の競馬認知度の高さが伺えます。
それだけに力を誇示したいって欲は強いんだろーね。

そして考え方では、一部では「凱旋門賞は田舎の畑レース」って呼ばれたりもしているワケで、
視点の持ち方も様々。誰もが納得できる、明確な頂点があると解りやすいんだけどね。
[ 2014/04/01 03:08 ] [ 編集 ]

>咲笑さん

次回の海外ピックアップは、恐怖のレース・・・グランドナショナルになります・・・
[ 2014/04/01 03:11 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/609-188d88ee