スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桜花賞の予想

俺「ふぅ。」
弟子「また土曜予想やれなかった。」
俺「仕方ないね。」
弟「・・・そーゆーコトになるのかね。」
俺「週末ってのは付き合い事が多くなる。この時期はそういった意味でもイベント的なモノが多い。急な呼び出しでも対応でき
  るのなら参加した方がいいのだよ、それで土曜の日中も仕事となれば当然競馬予想どころではなくなってしまう。」
弟「そういう言い方すると、仕事人間って感じしますけどねぇ。」
俺「こんなコト言うと嫌われてしまうかもしれないが、競馬予想もココでの会話も、生活内での優先順位では下の方なんだよ。
  仕方ない。」
弟「仕方ないですか。」
俺「仕方ない。」
弟「その割にはやたら嬉しそうに出て行きましたけど。」


俺「某社新入社員歓迎会の二次会なんて、そんないかがわしい
  会に誘われてしまっては仕方ない。」

弟「いかがわしくない。」


俺「新入社員だぞ、新入社員。」
弟「そういう時期だけどさー、なんで師匠がそんなもんに誘われてるんですか。クライアントの会社ではあるけど。」
俺「あそこの会社の人達とはプライベートでもよく遊ぶから。」
弟「仲が良いのはいいことですね。」
俺「俺の性格もよく解ってくれてる。」
弟「性格・・・」
俺「若い子が好きだ。」
弟「それ性格なのか。」

俺「ああ、新入社員・・・男女問わずスーツにまだ馴染めない若者たちの初々しい姿、社会に向かう緊張感や付き合いに
  対する不安が滲んだ表情・・・とてもイイものです。」
弟「・・・」
俺「そんな子達が先輩達の誘いで訪れる戦いの場、それが二次会。ここへの参加を断った者は翌日から他者と既に社内で
  差を作ってしまう。アルコールハラスメントという言葉があるが、俺はそれも乗り切ってなんぼのモノだと思っている。」
弟「・・・まぁ、仕事の内容は文化系でも、あの会社のノリって体育会系ではあるな。」
俺「そこに俺が呼ばれたのだ。若い子が好きな俺が。コレが何を意味するか。」
弟「・・・もう喋るなよ。」

俺「フレッシュジュースを絞ってもいいってことだ。」
弟「表現方法なんとかならないんですか!?」


俺「まだ固さの残る青い果実達の、爽やかな酸味のあるエキスを楽しんでもよい、そう判断した。」
弟「もぉヤダ、このピンク脳!!」
俺「その役割を与えられたのだから仕方ないだろ。」
弟「与えられたのかよ・・・」
俺「任務なのだ。」
弟「・・・何してきたんだよ。」
俺「言えねー。」
弟「・・・言えねー理由は?」

俺「理由すら言えねー。」
弟「危険な香りがするわ!!」


俺「大丈夫、訴えられる様なコトはしてません。」
弟「そういうレベルなのかよ・・・」
俺「ここまではピンクな感じで言ってるけども、結構マジメな会だったのよ。」
弟「信じらんねー。」
俺「その会社で働くコトの辛さや楽しさとか、こういう経験ができるのが強みだとか、仕事に関する暑苦しいハナシをしたり。
  そういうのを説教臭くならないよーに話すのって大事なんだよなー。」
弟「あら、そういう話をしてきたの?」
俺「そだよ。あとは仕事上での笑えるミスの話とか。『あの時コイツこんなコトしちゃってさー』『言わないでー!!』って
  感じで。」
弟「なぁんだ、割と普通じゃないか。」
俺「あとは、そうだなぁ・・・」
弟「ふんふん。」


俺「若い子は簡単に勃起するから面白いよね。」
弟「やっぱ変なコトしてんじゃねーか!!」



俺「おさわり禁止って怒られちゃった。」
弟「怒られてこないで下さい・・・いい大人なんだから・・・」
俺「あとは大体言えない。とりあえず個人的には何か満足した。」
弟「もう言わなくていいです・・・」



★若い子が好きです 桜花賞です

俺「まぁ一強ムードっすわ。3歳牝馬ってコトもあり絶対性を過信するのもどうかと思うけれど、逆らう読みもできない。」
弟「ハープスターだよなぁ。」
俺「大外も前を見ながら囲まれずにレースをできる好材料に取れる。基本的にはこの距離ならばどんな勝ち方をするかって
  見方でいいと思うなぁ。」
弟「でもこのコースで負けてるわけですよ、レッドリヴェールに。」
俺「阪神JFはハープスターの自爆ってのが最大の勝因みたいな感じだからなぁ。」
弟「ふむむ。」
俺「それにしても馬体が増えないね、この子。元々小柄だけど。」
弟「調教後馬体重が阪神JFの時からプラス4kgかぁ。」
俺「まぁステイゴールド牝馬は小柄な馬が多いんだけど、とりあえず気になるのが現時点で今年のクラシック戦に顔を出せる
  ステイゴールド産駒はこの馬のみってトコロなんだよねぇ。」
弟「・・・どゆこと?」

俺「ハズレ年なんだよな。」

弟「・・・2歳女王つかまえてハズレとか失礼極まりないね。」
俺「確かにそうなんだけどねぇ、例年だと牡馬戦線に必ず名乗りを挙げる馬が一頭は居るものなんだよ。ステイゴールド産駒
  初の牝馬G1ホースってコトで規格外として見ることもできるだろうけど、そこがちょっと引っかかるんだよなぁ。」
弟「この子も例に漏れずとして見ると?」
俺「接戦に強いって根性は認めるし、札幌2歳Sの泥んこ馬場で後方から差し切りをキメたタフネスさは大したもんだ。かなり
  実戦向きなところを持った馬だとは思う。ただ、この時期になっての性能進化はどうだろうか。」
弟「他の産駒と一緒にしちゃイカンでしょ。」
俺「まーね。そもそも晩成傾向が高い血統だから、2歳でこれだけ走った時点で期待せざるを得ない。でも基本的にはこの
  3歳春って時期自体がステイ産駒にとって結構な鬼門だったりするんだよね。」
弟「そうかなぁ、オルフェーヴルやゴールドシップは皐月賞勝ってるんだよ。」
俺「オルフェは2歳時はイマイチ君、ゴールドシップの皐月賞は技アリの勝利。あまり比較対象にならないよ。」
弟「じゃあ近い印象なのは?」
俺「ドリームジャーニーっぽくね?小柄だし。」
弟「なんだかステイ産駒の2歳G1ホースってだけで繋げてる気がしないでもないけど。」
俺「ぶっちゃけそうなんだけど。」
弟「やっぱし。」
俺「ただ、ステイゴールドの子で小柄な活躍馬って点の参考材料としてはうってつけなのよ。他にどんな馬が居るかと言えば
  アルコセニョーラやマイネレーツェル。こちらは牝馬だから解りやすいかもね。マイネレーツェルはとても珍しい早熟系
  な成績だったけど。4歳になってからサッパリだったからな、この世代は牝馬レベルがイマイチでアテにし辛い。」
弟「ほう・・・」
俺「比較対象としてドリームジャーニーを引き合いに出したのにはもう一つ理由があるのよ。」
弟「おお、なんでしょうね?」

俺「誕生日が早いんだよ、この2頭。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!」


レッドリヴェール 2/19生まれ ドリームジャーニー 2/24生まれ

俺「割と同期の中では四本の脚で大地に立ったのが早かったんだ。とりあえずそれだけで2歳時の完成度で他の馬を上回る
  ことができた可能性は、仮説としちゃ充分だろ。で、この時期が停滞期なんだよ。」
弟「すげぇトコに目を付けましたね・・・」
俺「さて、そうなってくると個人的にはレッドリヴェールは切りの判断。人気の上での次点はフォーエバーモアかな。」
弟「そうなると思います、クイーンカップは人気通りの競馬。阪神JFも差のない3着。崩れてないのはイイことです。」
俺「うーむ、どういうレースしてくるかな。」
弟「先行でしょ。」
俺「初戦から蛯名騎手とのコンビで、この成績。ここで勝ちにくると思う?」
弟「・・・どういう意味ですか?」
俺「着を拾うか、勝ちに来るかで、この馬の扱いが変わってくるんだよ。で、ここを勝つってコトはイコールでハープスターを
  負かさなければいけないってコトになる。まぁ、そういう競馬をしてほしいものなんだけど。」
弟「そうですね。セコい乗り方はしてほしくないな。」
俺「ただ、ハープスターの末脚を意識し過ぎると、結果的に
  どの馬も着を落とす様に思えるのだが。」

弟「・・・なんで?」
俺「よく、勝ちに行って崩れたって言うじゃない。」
弟「言いますね。」
俺「まぁつまり、積極策を打って結果的に脚を失うってコトだよね。ではハープスター相手に勝ちに行くってのはどういうレース
  のことだろうって考えてみよう。まず最低条件としてはどんな風に思う?」
弟「末脚勝負が分が悪いから、前にいなきゃならないでしょうね。」
俺「そうだね、じゃあどれだけ前に居たらいいんだろう。」
弟「どれだけって言われてもなぁ・・・まぁ、セーフティーリードは大きければ大きいほどイイと思います。」
俺「この馬は前走、序盤かかり気味に二番手になったものの、直線向いてからは追い出しを待つ手応え。最終的には着差
  を詰められたものの、ちょっとした新味を出したレースだったね。」
弟「うん。」
俺「ハープスターの実力は阪神JF時にはまだ疑う余地があったけど、今回は前走のチューリップ賞で改めて他陣営に『この
  馬は強い』と印象付けた。それに対してフォーエバーモアと蛯名騎手がクイーンカップを踏まえてどう動くか。」
弟「・・・」

俺「早めに動いたら、自爆の様な気がするんだよな。それでも
  このコンビは勝負してくるんじゃないだろうか。」


弟「早仕掛けを打ってくると・・・?」
俺「府中で早々と先頭に立って、序盤引っかかりながらも押し切った。前走の様に前につけるかどうかは解らないけども、
  時計のかかる馬場でこういうレースができたというスタミナに対する自信はあるだろう。コーナーで仕掛けてきそうだ。
  ただやはりそれではキメ切れない印象があるのが土曜の阪神、動いたら負けみたいなレースが多かった。」
弟「おおお・・・」
俺「守りに入った方が良さそうではあるんだけど、ハープスター相手にセーフティーリードを作りたいって考えでレースを
  組み立てるとそんな風になってしまう気がするんだよなー。まぁ▲なんだけど。」
弟「・・・じゃあ○は?」

俺「恐らく、勝ちには来ない馬。」
弟「!?」



◎ハープスター
○ベルカント
▲カウニスクッカ
▲フォーエバーモア
▲ヌーヴォレコルト

三連単◎→○→▲ 馬単◎→○ 複カウニスクッカ



俺「ユタカさん、セコくいきましょうや。」
弟「ピンク帽のユタカさんですって!?」


俺「前走控えて競馬したのが面白いね。今回も先行が揃ったし、当人もマイルは不安って漏らしていたところを考えると、
  ここではギリギリまで消耗しない方向のレースをしてくるんじゃないかな。この枠だし。」
弟「そうだよ、マイルは距離的に不安なんだよ。」
俺「そのマイルが不安ってのは朝日杯のイメージだろ。」
弟「そうですね。」
俺「あのレースこそ、勝ちに行って玉砕したレースでしょうが。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
俺「ユタカさん自身、JRA全G1グランドスラムなんて物が掛かったレースだったんだから、結構それに対する欲もあったんじゃ
  ないかなぁ。同じコトはしないよ、ここでは。」
弟「じゃあここも逃げずに、ってコトですか。」
俺「先手を奪い合うだろうって馬が多いけど、これもちょいっぽくて。その直後に付けてレースをするのが一番セコく運べ
  そうな感じなのよ。」
弟「罠っぽい・・・?」
俺「速いって思える逃げ馬は居ないんだよねぇ。」
弟「ぬおお・・・」
俺「速そうに見えて、実は平均ぐらいっていう。その可能性あると思うんだよなぁ。そんな中でハープスターに意識が集まれば
  先行集団は気楽なもんだよ。その先行集団の中で温存策を取ってきそうなのがベルカントってわけだ。」
弟「距離が不安だからこそ、消極的に乗るってことか・・・」
俺「そうだね。そんで、それが功を奏すると読んだのだ。」
弟「そんで・・・カウニスクッカって何者?」
俺「とりあえずG1に松田騎手が出てきたら印打つコトにした。」
弟「ああ、そういうことか!!」

俺「持ち時計見たら、今の阪神じゃ完全にアウトだけどね・・・枠もこのレースに関しちゃ悪夢の1枠ですけども。まぁ期待が
  できるとしたらマンハッタンカフェの阪神適正が目覚めるかもってトコぐらいだし。」
弟「ヌーヴォレコルトは前走ハープスターの二着だった馬ですね。」
俺「休み明けで阪神使ってきた意気込みや良し。この馬はそれこそ前走より攻めた競馬しても面白いんでないの。」


弟子予想
◎レッドリヴェール
◎ハープスター
▲フォーエバーモア
▲ホウライアキコ

三連単◎1,2着→▲3着 ◎同士馬連



俺「ユタカさーん、デシがキライだってさー。」
弟「そうじゃないもん!!」

俺「まぁ、結局蓋を開けてみたらこの2頭だったって感じの予想か。」
弟「がんばれレッドリヴェールなのです。」
俺「一番美しい結果ではあるな、この2頭の勝負が。」
弟「確かに色々な要因があっての阪神JF勝利なのかもしれないけど、可能性としてハープスターと勝負ができる牝馬はこの
  子が筆頭。打ち負かしてもらいたいですね。」
俺「やけに肩入れするのな、そんなにお前この馬好きだったっけ?」
弟「好きになった。」
俺「へぇえ、なんで?」

弟「理由は言いたくありません。」
俺「!?」


弟「がんばれレッドリヴェール、ボクは全力で応援するぞ。」
俺「・・・言わないの?」
弟「言うと絶対バカにされるので。」
俺「バカにしないから教えてよ。」
弟「教えません。」

俺「ねぇ教えてよ、貧乳のデシちゃん。」
弟「解ってて言ってますね。刺すぞ。」





※このブログでは、牝馬の馬体重をおっぱいに見立てるコトがあります

   

↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!↑

[ 2014/04/13 01:24 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(18)

桜花賞

いつも、楽しいブログ、予想ありがとうございます。
なにが、何でもブログ更新しないくらいの
ほうが永く続いていいと思います。
予想は今回は師匠のが一理あると思います。
日本は無敗のまるまるみたいなのが、好きですが、負けないと強くなれないかもしれませんし。
レッドはつかわないのではなく使えなかったとみます。
今回飛ぶんじゃないかな?と勝手によそうします。
まあ、ハープには逆らいませんが、単勝一倍代は牝馬はしんらいしてないのですが。
[ 2014/04/13 02:16 ] [ 編集 ]

自分もレッドリヴェールの方が好きっス!(`´

プリメモたんといい、『貧乳』が好きって事か!?

Cぐらいが好きです(照)

ディープは平均的に強い馬を出す特徴があるのに比べステイゴールドは突出した『怪物級』出す傾向にある馬。

これまで活躍馬と言えば牡馬ばかりだったけど初めて誕生した牝馬G1馬。

この馬には『怪物』の可能性が秘められている。

しかし世間で注目されるのはもう1頭の怪物『ハープスター』

レーススタイルのインパクトの強烈さ、レッドが順調に使えない事による『未知』な部分の多さを考えれば仕方ないところか。

ローテや馬体重等過去の傾向からは飛んでもおかしくないがこの馬の売りは『レースセンスの良さ』と『勝負根性!』

そう桜花賞はこうなるのです!(キリッ)


さあ!大外からハープスターが飛んできたあああああ!

レッドリヴェールに届かにゃいいいいい!

そして皆気付くのだ。

『怪物』がもう1頭いた事を。

ここを勝利して『世界への扉』を開くのだ!
そう『凱旋門賞』への扉を!

Fin
[ 2014/04/13 06:49 ] [ 編集 ]

師匠の読みが今までの中でもトップになるくらい納得してしまいました。
私はせこくして枠連5-8のみで。
[ 2014/04/13 07:31 ] [ 編集 ]

むむむ…

最終的にどう買うのか悩んでおります。
ベルカントは勿論押さえますが…なかなか決まらないなぁ…(´-ω-`)
とりあえずパドック見るフリしてから考えるとします(笑)
黄麹の方は萬膳庵の原酒ですね(^^)
是非ともチビチビお楽しみください!
一昨年それで梅酒浸けたら、梅酒の域をはるかに超える梅酒が出来上がりました(笑)

[ 2014/04/13 13:09 ] [ 編集 ]

消費税が変動した過去2回の桜花賞では、8枠18番の1番人気が勝ち、
2着には関東馬がくるサイン馬券的な小ネタが某呟きサイトで出てました。

そして、師匠の予想が…
◎8枠18番 ○"関西馬" ▲"関東馬"3頭 で 三連単◎→○→▲ 馬単◎→○
これは、もしかしたら◎→▲フラグになったりして?w
[ 2014/04/13 13:46 ] [ 編集 ]

・・・・いかん、被った

師匠と予想が被ってしまった・・・・
こりゃ当たんないから、ワイドで遊ぶ程度にしようw
[ 2014/04/13 14:41 ] [ 編集 ]

いやいや、強え~わ!

桜花賞、坂の手前までドキドキさせてくれたフクノドリームと横山和生騎手に感謝を!
しかしまあハープスターは強かったですね。馬券は馬単だけでしたが一応当たり。前段階では買い目に入れてませんでしたが、やはり仕方ないかと…。桜花賞の収支はマイナスですが、中山メインの三連複を5点で当てたから良しとします。
しかし中舘騎手の中央開催のメインレースでの勝ち姿なんて久々に見たかも…。いやいやおめでとうございますですね。記念写真を撮る際にはふなっしーもいましたが、中舘騎手とのツーショットも撮っていて一緒にジャンプしたりもしてなかなか微笑ましい姿がテレビでも流れていました。調教師試験への挑戦も続けられていますが、まだまだ活躍する姿を見ていたいとも思いました。
[ 2014/04/13 16:28 ] [ 編集 ]

始めまして^ ^いつも楽しく読んでます。
弟子ちゃん惜しかったね。
宝来明子もうちょっとやったね(/ _ ; )
レッドリヴェールは休み明けで、あの貧乳ボディでよく頑張った!
来週は皐月賞。
残念ながらバンドワゴンが故障のようで。・゜・(ノД`)・゜・。
[ 2014/04/13 17:47 ] [ 編集 ]

今日の話題は中舘さんと和生ちゃんに持っていかれた感じw

あとボラーレも。
あっちは違う意味になっちゃうけど…


しかし中舘さんの嬉しそうな顔を見たら目から汗が出たわ。


んで高知ではナムラクレセントが頑張ってたね。

嬉しい嬉しい初の掲示板確保だわ。

[ 2014/04/13 19:50 ] [ 編集 ]

>トリゴボウさん

なんか文法グチャグチャになっとりますよwww
[ 2014/04/13 23:00 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

わぁい、ざくろさんがすっかりドリーミーだぁ♥
でもレッドリヴェールも強かったなぁ。俺としては切ってゴメン、参りましたでございました。
[ 2014/04/13 23:01 ] [ 編集 ]

>無記名さん

納得しちゃいましたか、オメデトウゴザイマス!!
[ 2014/04/13 23:02 ] [ 編集 ]

>酒都さん

えー!!コレ梅酒にしちゃうなんて豪遊にも程があるよぉぉ!!
(ロック派なんだぜ!!)
[ 2014/04/13 23:03 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

馬主さんのせいだぞ・・・!!
[ 2014/04/13 23:04 ] [ 編集 ]

>ニコフさん

まぁニコフさんは妙味に思いっ切りヤラれてると思いますので(ry
[ 2014/04/13 23:04 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

似てたよね、あの二人。
[ 2014/04/13 23:05 ] [ 編集 ]

>馬なりさん

本当に手に汗握る直線でした!!
うーん、バンドワゴン回避はなぁ・・・この馬の存在がレースに緊張感を与える
材料にもなっただろうってだけに残念。またあの逃げが見たいですね。
[ 2014/04/13 23:07 ] [ 編集 ]

>ぽん太さん

色々インパクトのある日曜でしたね。
でも中舘騎手のハシャぎっぷり、動くトコ見てないんだよぉぉ(涙)
[ 2014/04/13 23:10 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/616-55ac63e4











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。