スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TWITTER WARS

★こういうテンション久しぶりね

俺「競馬予想の中休みって感じの木金またぎですが。」
弟子「チマタはゴールデンウィークですね。」
俺「週末は青葉賞、天皇賞とあるわけだけど、それは本日一旦置きまして。」
弟「うん。」

俺「みんなー♪ツイッターやってるからぜひぜひ
  フォローしてねー♪」

弟「!!!!!!!!!!!!」



ツイッター
アカウントは@TILTOWAITOOOOOでーす♪ヨロシクねっ♪


俺「どうだ、キメェだろ。」
弟「最高にキメェです。プロフのアイコン含めて終末を感じました。」
俺「さて、そんなワケでしらさぎ賞の回顧もロクにしないでね。」
弟「ふふ・・・お互いガン無視のレッドクラウディアに持っていかれたとあってはね・・・」

俺「というワケで酷評。久しぶりだなぁ。」

弟「やんなくていいんだってば・・・」
俺「たまにはいいじゃん。個人的にコレやってスッキリする部分もあるんだし。」
弟「まぁ、師匠のパーソナリティな不満をブチ撒けるって点でアンタは気持ちイイかもしんないけどさぁ、読み手のコトもちったぁ
  考えてほしいんですよ。」
俺「そんな聞いてて気持ち悪い?」
弟「同意できるトコは多分に有るんですよ、でもねー、不愉快な発言が多いんですよ。」
俺「そりゃ酷評だもん。『ひどいひょうか』だもん。」
弟「えっとねー・・・言い返す気にもならないですね。」

俺「自覚してるに決まってんだろ、このネタで図星突かれたヤツは俺に対してムカついて当然なワケだ。」
弟「そうしようとしてるもんね。」
俺「攻撃対象を持ったハナシなのよ。『え?コレひょっとして俺のことじゃね?』ってヤツに読んでもらって、その反応がどう
  出るかを楽しむという貴族の様な考え。」

弟「バカ貴族ですね。」
俺「おお、『刑事(デカ)貴族』みたいでカッコイイじゃねーか。」

弟「ダメだ・・・何言ってもダメなんだ、こういう時は・・・」
俺「ツウさんを見習えよ。」
弟「好きだねぇ、ツウさんが。」
俺「あの人、我々からして見りゃアウト要因多過ぎだろ?ヤカラ口調だし、札束画像使ってるし、買い目公開せずになん
  だか当たってるコトになってるし、テンプレろくにいじれねーのが明確なシンプルレイアウトだし・・・

弟「OK、その辺にしておこう。」
俺「そんなツウさんが何故か酷評ってカテゴリ好きなワケだ。それは繋がりが持てた時に当人がそう言ってるワケ。」
弟「そう言えば・・・」
俺「攻撃したつもりの相手に『ふはは、痒くもないわ』って言われたも同然。しかもピンポイントで跳ね返してきてくれたから
  なぁ、まぁぶっちゃけるとあの時の記事読むまで攻撃対象みたいなモノだったからね、ツウさんは。」


オフレコ馬券の真実「俺の暇つぶし。」


弟「そうなるよね。」
俺「正直言うと、感銘を受けるかどうかってのが重要なワケさ。この内容がウソでも格好付けでも別にいいの。そういうコトが
  考えつくだけで充分なの。」
弟「ふぅん。」
俺「まぁ、最近ツウさんはツイッターやらのコメに不快感を感じてるみたいだがな。」
弟「あらま。」
俺「コメ欄閉鎖してるけどさ、やっぱ人からどうのこうの言われるのが鬱陶しい時ってのはあるワケだ、文句だろーが賛辞
  だろーが。」
弟「ココに関しては、コメ欄でそんな厄介な思いはしてませんからね。」

俺「いや、ぶっちゃけ『コイツ、リアクション取り辛いコメント
  ばっかするなぁ』とかよく思うけど。」

弟「コメント過疎るぞ。」

俺「『なんでコイツこんなにエラそうなの、溜まってんの』とかさぁ。」
弟「もうやめてくれ・・・」
俺「正直俺にどんな返事求めてコメントくれてんだろ、って悩む時はあるんだよ。」
弟「求めてるんですかねぇ?」
俺「返事しなけりゃコメント書かないって人は居るでしょ。」
弟「そう言われるとね。多分そうだと思います。」
俺「そんで、そう言った意味でも便利なコミュニケーションツールが今日のお題であるTwitterなんですな。」
弟「ふんふん。」
俺「ツウさんのコメ欄閉鎖を受けて、それでもコミュニケーションを取りたいって方々が、その為にアカウントを作ったって
  パターンも結構多そうに感じる。」
弟「ほほー、凄いな。」
俺「それに伴って俺のフォロワーも結構増えたのね。一緒にフォローしてくれた方、ありがたう。」
弟「・・・師匠をフォローした方はビックリするでしょうねぇ。」
俺「何にだよ。」

弟「意味不明なつぶやきばっかでしょ・・・」
俺「んなこたぁないよ♥」

弟「・・・絶対に競馬関係のつぶやきしてると思ってフォローしてるんだよ、みんなは。」
俺「そうかなぁ?」
弟「そうだと思う。」
俺「その辺の競馬バカと一緒にしないで頂きたい。」
弟「むしろただのバカですもんね。」
俺「・・・やけに突っかかってくるなぁ。」
弟「実際師匠のツイート見てると、それこそ『何が言いたいんだ、コイツは』って思えてくるもん・・・」
俺「そんなイミフなコト言ってないもん。」

Baidu IME_2014-5-1_22-59-24

弟「じゃあこのツイートの意味を説明して下さい。」
俺「見たまんまじゃないか。」

弟「・・・」
俺「こういうコトつぶやいてます。」
弟「ガッカリしますよね。」
俺「で、申し訳ないんだけどフォローしてもらったからといってフォローバックするってコトは無いし、リプも時間によってまち
  まちになりますから。ブログのコメ欄では返信するけどリプはあんまししません。」

フォローバック ・・・ フォローしてくれた相手に対し、フォローを返すこと。
リプ ・・・ リプライ。要するにコメントに対する返事。


俺「まぁ既にツイッターやってる方はお解りになるかもしれませんが、フォローって行為は『その人が何を呟いているのか
  見たいから』する行動であって、フォローされて礼儀的に返すものではないと思ってますんで。つまりは『面白い』だとか
  『参考になる』だとかがフォローに至る基準になるワケですね。」
弟「ふむ。」

俺「つまんねぇヤツはフォローしねぇってコト。」
弟「言い直さなくていいです。」


俺「・・・毎度思うんだけど、フォローが1000とか超えてる人のタイムラインってどんな視界なんだろ?本当にフォローしてる
  人の発言見てるんだろーか。」

タイムライン ・・・ フォローしてる人のつぶやきのコト。ひょいひょい流れる。

弟「どうなんでしょうね、想像できませんよ。」
俺「まぁそれは置いておいて。基本的にSNSはあまり好きじゃないんだけど、Twitterは匿名性と手軽さが強いから、ブログの
  更新お知らせや、ヒマ潰しの大喜利みたいなつぶやき、あとは生の時間の情報収集に利用してるんですね、俺は。」
弟「リアルタイムの情報に強いですもんね。」
俺「しかしまぁ、最近変な発見しちゃってさ。」
弟「どうせロクでもないコトなんでしょ・・・」

default_profile_5_200x200.png

俺「たまごちゃん。」
弟「たまごちゃんだ。」
俺「アカウント作成で、プロフ画像をいじらなかった場合はプロフィールアイコンがたまごちゃんだよね。」
弟「そうですね。」
俺「ツウさんのフォロワーは非常にたまごちゃんが多い。そこから、ツウさんのツイート目当てでアカウント作った人が多い
  んだなぁって容易に解る。」
弟「人のフォロワーを漁るなよ・・・」
俺「ツウさんと俺を同時にフォローしてくれてるたまごちゃんも多い。ありがたや。」
弟「そうなんだねぇ。」
俺「ツイッターで俺が流したこのアイコンに切り替えてくれたフォロワーさんが居るのも嬉しい。」

つうさん

弟「不気味なんですけど。」

俺「しかしだな、基本的に多くのたまごちゃんを始めとした新規アカウントさん達ってのは読み手であり、発言数は少ない
  んだよな。」
弟「ああ、そうですね。目的が読むコトなんだからそうなるよね。」
俺「よって、俺がフォローするってコトはまず無いんだよ。」
弟「んー、基本的にそうなっちゃうよねぇ・・・」
俺「でもたまごちゃんのフォロワーになるのは、フォローした相手のフォローバックによるものが考えられるよね。」
弟「ああ、そうですね。フォローバックを礼儀として捉える方ならそうするかも。」
俺「・・・じゃあ、そうじゃないたまごちゃんのフォロワーってなんだろう?」
弟「・・・」
俺「物言わぬたまごちゃんにフォローされるでも何でもなく、フォローを行うという行為が何を意味するか。当然フォローバック
  目当てだよな。フォロワー数こそツイッター力みたいな考えは大いにある。しかし問題はどうやってそのたまごちゃんに
  辿り着けるのかってトコだ。」
弟「・・・まさか。」


俺「・・・ツウさんのフォロワーをフォローして、フォローバックを
  得ようとする競馬ブロガーが結構居ます。」

弟「うわぁぁぁぁ!!!!!」


俺「しかもその行為をしてる代表格の上位ブロガー、その当人はツウさんのフォローをしてねぇという。」
弟「うわぁ・・・それもなんだかなぁ・・・」
俺「いや、別にコレさぁ、悪いコトしてるワケじゃねーんだよ。不正な行為じゃないんだよね、別に。ある意味営業と言っても
  いいのかもしれない。」
弟「でもさぁ・・・」

俺「・・・正直、よくこんなマネができるなぁと思う。」
弟「・・・ボクもそう思う。」


俺「・・・こんなマネしてまで読者増やそうとは思わねぇ。やってるコトとして悪事とは言えないが、恐ろしく人間的に小さい
  様に思える。」
弟「・・・ちょっと待て。」
俺「なんだね?」
弟「そういうブロガーが居るって、どうやって調べたんですか?」
俺「簡単じゃん。たまごちゃんのフォロワー見りゃ一発だ。」
弟「それを片っ端からやったのかよ!?」

俺「全部なんか見ないよ、一部だ一部。一部見ただけで『うわぁコイツは・・・』って思ったんだもの。」
弟「そんな確率なの!?」
俺「いいか、デシちゃん。」
弟「?」
俺「俺は『性格最悪のキ○ガイ』ではないけどな・・・」
弟「・・・」

俺「多分、性格があまり良くない陰湿な女だ。」
弟「ああ、それはよく知ってるよ♪」


俺「そっかー・・・」
弟「ガッカリしている。」
俺「でね、実はなんだけど。」
弟「はい?」
俺「そのブロガーにフォローされたんだよ、俺。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!!!」

俺「一応さ、どんなつぶやきしてるのか見たんだけどブログの更新告知しか流してねーでやんの。」
弟「うわぁぁ・・・」
俺「当然フォローバックはしないんだけど、なんかイラッと来たんだよね。このブログってランキング順位も良くてさー、無言の
  フォローでさー、いかにも『フォローしてやったぞ、返せよ、そんで読め』っていう感じがして。」
弟「師匠はそう捉えちゃう人だからな・・・」

俺「おまけにコイツ、よく考えたら以前にメールフォームでリンク広告
  依頼してきてたヤツなんだぞ?かなり営利的な内容で!!」

弟「ひいいいいい!!!!!」

俺「頭オカシイんだよ、丁重にスルーされてるの覚えてねーんだよ。」
弟「・・・ちなみにフォローされたのって?」
俺「モチロン、ツウさんをフォローした直後。」
弟「おぅふ・・・で、どうしたんですか?」

俺「キモチワルイので
  何も言わず、静かにそっとブロックした。」



ブロック ・・・ フォロー拒否みたいなもん。自分がフォローしてなくても可能。


弟「妥当と言えば妥当だな・・・」
俺「他にどーせぇっちゅーねん。」


弟「・・・しかしまぁ、本当にそこまでして読者を得ようとするんですねぇ。」
俺「こういうの、工夫とか努力って言っていいのかねぇ。なんだか違うと思うんだけど。」
弟「ツウさん的には気分悪いだろうな、間違いなく。」
俺「ツウさん見りゃ解る通り、あの人自身がフォローバック求めて他人をフォローする様なタチじゃないからね。そういう性格の
  人からすりゃ相当キモい行動と捉えるんじゃないか?悪いコトではないとは言っても・・・うーん、キモいと思うわ・・・」
弟「でもさー、ツイッターってフォロー数とフォロワー数がプロフに出るじゃん。そういう行動の結果なら、とりあえず見た目と
  してはフォロー>フォロワーってなって、ああこの人フォローバックでフォロワー増やすタイプの人だって解るでしょ。
  そこまで明け透けになってりゃ開き直り気味にやってんじゃないの?」
俺「コレがさ、ちゃんとフォロー<フォロワーになってんだよ・・・」
弟「うわ、まさか・・・」

俺「フォローバック貰えなかったらリムってんだろうな・・・」
弟「いや、もう悪事でないとは言えナシ。」

リムる ・・・ リムーヴ。フォロー解除のコト。

俺「結構居るんだよな、フォロー数でハク付けてるつもりで実際にそいつのフォロワー見たら『フォロバ100%です』とか
  言っちゃってるアカウントばっかりだったりするヤツ・・・」
弟「・・・師匠がSNSを気持ち悪がる理由が結構解った気がする。」
俺「まぁ、気を付ける必要も無いコトではあるんだけどね。あくまで個人的にそういうヤツは好かんってハナシだから。ここに
  関しては『みんなもそう思うよね』とは言いにくい。何度も言うがやっちゃいけないことやってるワケじゃないので。」


弟「いや、ボクは気分悪いな。こういう人は。」
俺「結果的になんでお前の方が怒ってるのさ・・・」



弟「そして師匠の他人のフォロワー観察も相当キモい。」
俺「ふふ、キモいだろう♥
弟「ウレシソウにするんじゃねぇ・・・」





※以上、用語解説を交えたツイッター講座でした。アレ?

   

↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!↑

[ 2014/05/02 02:30 ] 酷評 | TB(0) | CM(28)

Twitter

師匠さんこんばんは。
Twitterもちゃんとフォローしてます。
ただ、自分は、世界が狭いので呟くことはありません。
ロム?ってるだけです。
☆師匠のツイート結構好きです。
途中で画が女の子?から玉子に変わりましたが、いろいろ仕掛けているからなんですね。

☆自分もコメント力なくてご迷惑かけていてすみません。

[ 2014/05/02 04:23 ] [ 編集 ]

私にとってはTwitterの敷居が低くなる 講座 でした。

そのうち、フォローだけでも始めてみようかな。


話は変わりますが、師匠の言うとおり、騎手と馬のコンビも大事ですね。
[ 2014/05/02 05:39 ] [ 編集 ]

ししょーは………凝り性だなぁ、うん。
[ 2014/05/02 08:56 ] [ 編集 ]

ちわ^ ^

今回のターゲットって”常〇競馬”ですか?

他にもいてるのかなぁ???

うちも前にフォローされました^m^

TILサンんのアイコン前のより好きかも?

らしいのでw

プラダの件おもろかったです!

短文で笑かせれるのは流石やね
[ 2014/05/02 11:14 ] [ 編集 ]

読んでて何の事か分かりませんでした。
理解不能でチた。
[ 2014/05/02 16:42 ] [ 編集 ]

コミュニケーションツールって…

便利な面が大多数ではあるけど、悪知恵を働かせて悪用するヤツらがいるからねぇ?全面的に信用するのも如何なものか?って所がある。
見ず知らずの人と繋がる事が出来る便利さがあるとはいえ、やはり直に会って言葉を交わすのに比べると、上っ面だけで終わってしまう印象が多々あるのは否定できないなぁ。
単なる文字列だけの言葉を、如何に発信者の意図やニュアンスを伝えるモノにするかは、文章力や表現力にかかってくるんだろうけどね。
[ 2014/05/02 17:31 ] [ 編集 ]

何か不吉な未来、いや大切なのは今

SNSとレーシックの未来には何か副作用が待ってると思うのでなるべくやらない(^O^)手術受けないようにしてま〜ふ。でもこのブログは面白いのでついコメントしちゃうのであります。しかし未来の心配より負け過ぎの方がマジヤバいので今新幹線どえす。何故か?それは静岡競輪場に信頼できる予想屋さんがいるので本場の平塚を越えわざわざ行きます。んで、勝って天皇賞春を師匠の予想でぶち当てるすげ〜GWにするぜ!新富士過ぎたぜ!
[ 2014/05/02 21:42 ] [ 編集 ]

ツイッタ―とフォローで調べてみたら、片っ端からフォローする自動化ツールとか
フォローバックもらえなかったらボタン一発で一斉にリムれるツールとかあったのですが…w

いわゆる、うわぁ…って行動ももはや営業ですらなくて、
単に自動化ソフトぶん回してるだけのスパムみたいなものかもしれませんよw
[ 2014/05/02 22:00 ] [ 編集 ]

なるほど!たまごの私に何故にフォローがついたのかわかりました。
わかっただけで放置にはかわりないですけどね。
なんかすっきり
[ 2014/05/02 23:23 ] [ 編集 ]

やはり俺さんを、フォローしよーщ(゜▽゜щ)
なんか面白こと有りそうやから(笑)

やけど「世界の誰とでも繋がってるようで世界の誰とも繋がって無い」と想いながらスマホしとります(汗)

やっぱボクはつうさん、俺さん、弟子さんのブログが僕の中で最新型であり好きっす(*´ー`*)
[ 2014/05/03 00:01 ] [ 編集 ]

エサを蒔いて刈り取って楽しむという、闇が深いその仕打ち……まさに、鬼畜の所業!

また、師匠のストロングスタイルの餌食になってしまった犠牲者が出たのですね。

師匠のエロい顔が目に浮かびます。


あぶない刑事と刑事貴族は、夕方の再放送をアホみたいに見てました。
[ 2014/05/03 00:02 ] [ 編集 ]

師匠の場合

ヒリデデキルモンとかはまだ突っ込んでますけど、書き込むと同時に
なんでこの時間にこの内容を思い描いているのか毎回不思議w

だって、平日の3時くらいだし・・・・・

あと、筍は画像が欲しかったです。画像があればあの日の晩御飯に決定してたでしょう
[ 2014/05/03 00:09 ] [ 編集 ]

あらお休みか


・・・昨日のツイートでお休みって、まさか!?
[ 2014/05/03 09:55 ] [ 編集 ]

えとえと、

りょうこも、
お師匠様を
フォローしてるぽん♪(≧∇≦)

お師匠様お弟子ちゃま
だーいすき!
だよぉ♪
[ 2014/05/03 16:55 ] [ 編集 ]

>トリゴボウさん

いやいやコメントは遠慮なさらずに。
アイコン変えたのは単なる衝動ですけど・・・
[ 2014/05/03 23:56 ] [ 編集 ]

>くじらさん

そりゃ何よりでございます。
ツウさんもブログとは別に予想つぶやいたりしてるからね。
[ 2014/05/03 23:57 ] [ 編集 ]

>さとみさん

そりゃもうコリコリしてますわよ♥
[ 2014/05/03 23:59 ] [ 編集 ]

>ranbuさん

メインはその方ですね、本当に手当たり次第って感じする。
でもランキング参加ブロガーでツウさんのフォロワー漁ってるのは
その方だけじゃないですな、明らかに。

プラダはつぶやきたくなるくらいキライなのです。
[ 2014/05/04 00:00 ] [ 編集 ]

>チキンハートさん

ゴメンね!!(ヘラヘラ)
[ 2014/05/04 00:01 ] [ 編集 ]

>飛天龍翔さん

所詮は架空の世界ですからね、本当のこと言ってるかどうか怪しんで当然。
俺もコミュニケーションの為と言うよりかは道具的に扱ってるから、その世界で
何か一旗・・・って感じでもないし、そういうヤツにはちょっと嫌悪感みたいなの
あったりしますよ。
[ 2014/05/04 00:04 ] [ 編集 ]

>鷹匠王さん

天皇賞予想はマネしないことをオススメします!!
[ 2014/05/04 00:04 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

うわぁ、そんなツールあんの!?手作業より余計にキモイじゃないですか!!
そういうツールに需要があるんだから笑えるわな・・・
[ 2014/05/04 00:06 ] [ 編集 ]

>あなさん

思わず返しちゃう人も少なくないと思うよ。
本当に、やることがみみっちくてイヤラシイですよねぇ。
[ 2014/05/04 00:07 ] [ 編集 ]

>ひろぶぶさん

マンガと深海魚のコトを主につぶやいてます。

ツウさん、俺をフォローしてるけど内心ビックリしとるんじゃないかと・・・
[ 2014/05/04 00:09 ] [ 編集 ]

>ササニシキさん

アタイなんも悪いコトしてないおー♪
[ 2014/05/04 00:09 ] [ 編集 ]

>ニコフさん

料理は写真とるとマズくなるのだよ。

ああいうツイートは大体仕事の休憩中。溜まってるんです。
[ 2014/05/04 00:10 ] [ 編集 ]

>虎犬さん

えっち!!!!!
[ 2014/05/04 00:11 ] [ 編集 ]

>IRくろねこさん

フォローバックしないでゴメンネー
[ 2014/05/04 00:12 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/633-6998d400











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。