船橋 京成盃グランドマイラーズの予想

★うれしい小ネタ

俺「デシちゃんはシャコーグレイドという馬を知っているかな?」
弟子「んー、知りません・・・」
俺「じゃあトウカイテイオー。」
弟「もちろん知ってます!」
俺「だよね。昨年の夏、多くのファンに惜しまれつつこの世を去った稀代のドラマチックホースだ。例え当時を知らなくても、
  競馬好きが過去を遡った時に必ず通るのがオグリキャップとトウカイテイオーだろう。」
弟「レースも見ました!!有馬記念は泣いた!!」
俺「トウカイテイオーは1991年のクラシックで皐月賞とダービーを無敗で制した馬だ、父がシンボリルドルフで父と同じく
  無敗の三冠を期待されたがダービーのレース直後に骨折が判明、無念の三冠リタイアとなってしまうんだね。」
弟「脚元が丈夫な子じゃなかったんですよね・・・」
俺「さて、そんなテイオーと同期の馬がシャコーグレイド。この馬とテイオーの繋がりってのは非常に面白いんだよ。」
弟「ほう。」
俺「父はルドルフが三冠を制す前年に三冠を制したミスターシービー。1983年と1984年で二年連続牡馬クラシックは三冠
  馬が誕生したんだが、このルドルフとシービーのキャラクターってのもまた面白い。破天荒なレースっぷりを見せながら
  三冠戦を制したシービーに対し、ルドルフは抜群の安定感と強さを誇っていた。その為、レース自体はシービーの方が
  魅せる要素が強かったという意見も多いけど、この二頭の直接対決は全てルドルフに軍配があがる結果だったんだ。」
弟「うん、なんかそれは知ってるよ。」
俺「トウカイテイオーが圧倒的なパフォーマンスで皐月賞に駒を進めるのに対し、シャコーグレイドは非常に地味な成績
  でね。オープンで善戦できても勝ちには至らない。何とかって感じでの出走だったんだ。テイオーとは前走の若葉Sで
  既に決着が付いてるカタチで、ほとんどの人はこの馬に見向きもしない。18頭中16番人気って評価だったの。」
弟「ふむふむ。」

俺「そんな皐月賞の舞台で、彼は意地の激走とも言える
  2着に食い込んできたんだな。」


弟「おおー!!カッコイイね!!」
俺「結局テイオーには屈してしまったし、父の無念は晴らせなかったけど、この時はシービーの意地を感じたってファンも
  多かったみたいだね。後方からの追い込みも父の姿を彷彿とさせるものがあったって話も聞くし。」
弟「なるほど。テイオーの皐月賞で二着だった馬なんですね。」
俺「それだけじゃあないんだよねー♪」
弟「ほう?」
俺「新馬、500万下とデビュー2連勝はしたものの、この皐月賞での2着なんて成績も残してはいるんだけどこの馬はとにかく
  勝てない馬だったんだ。」
弟「ああ、居ますねー。そういう子。」
俺「シルバーコレクターな面はあったんだよね、重賞でもオープン特別でも勝ちきれない。なんとももどかしい成績を積み
  重ねていくんだね。」
弟「G1で2着になったことがあるだけに、それは辛いですねぇ・・・」
俺「一つ上の世代はメジロ三羽烏(マックイーン、ライアン、パーマー)、一つ下の世代にはライスシャワーやマチカネタン
  ホイザなど、ステイヤーにスター選手が多かった時代だからねー。特に重賞となると壁が高い時代だったんよ。」
弟「おお、皆聞いたことがある名前だ。そうか、その時代じゃ勝つのは大変だぁ。」
俺「そして最後の勝利から3年と10ヶ月を経過してしまうんだ。」
弟「ああ、長いなぁ。」
俺「トンネルを抜けるコトができたのは94年の10月、オープン特別の東京スポーツ杯。オープン特別とは言え久方ぶりの
  勝利だ、そして府中にこの日訪れた人々の大喝采を彼は受けることになる。」
弟「ああ、そういうの嬉しいもんね!!久しぶりの勝利、苦労人の努力が報われたって感じで!!」
俺「それだけじゃないんだよねー♪」
弟「・・・?」

俺「この日、府中でテイオーの引退式が行われ
  ていたんだよ。」

弟「!!!!!!!!!!!!!」


俺「当日の昼休みにテイオーはここに居たんだな。因果関係としちゃ強引なトコもあるけど、こういうのってなんかイイと思う
  んだよねー。現地に引退式を見に来たテイオーファンも嬉しかったんじゃないかな。」
弟「イイと思う!!こういう話スキです!!」
俺「結局これがシャコーグレイドの最後の勝利になってしまうんだけど、息の長い競走生活の中でファンの記憶にしっかりと
  その名を刻んだのが、この東京スポーツ杯のテイオーへの手向けの勝利だったわけです。」
弟「ぱちぱちぱちぱち~♪・・・で?なんでそんなシャコーグレイドの話を突然したの?」


俺「そんなシャコーグレイドがなんと、映画に
  出演しているそうです!!」

弟「!!!!!!!!!!!!!!!!!」

シャコーグレイド
※かっこいいぞー!!シャコーグレイドー!!


G1出走馬・シャコーグレイド「超高速!参勤交代」に出演し雄姿を披露


俺「当時を知るファンにとってはビックリするだろうし嬉しいニュースなんじゃないかな、これは。」
弟「えー!?だってテイオーと同い年なんでしょ!?」
俺「そうだね、今26歳。すっかり高齢馬だ。」
弟「映画なんか出ちゃっていいの!?大丈夫なの!?」
俺「なんだかとっても失礼な感じがするんだが・・・」

弟「元気そうです!!すごいや、銀幕デビューだなんて!!」
俺「映画も面白そうだ、時間作れたら見に行ってみようかな。シャコーグレイドが気になってストーリーどころじゃなくなっ
  ちゃったりして。」
弟「師匠はそれが有り得るなぁ~・・・」

俺「一番盛り上がっちゃうのがエンドロールの
  クレジットだったりして。」

弟「映画に対して恐ろしく失礼ですね。」


俺「いや、本当にこの手のコミカル時代劇系はスキだからさ。ジャンルとしても個人的にハズレ少ないし。」
弟「見に行こうよー。」
俺「お前と見に行くのはイヤだ。」
弟「なんで!?」

俺「『どの子ですか!?どの子ですか!?』って
  映画館で騒ぎそうだ。」

弟「ボクも師匠のコト言えない性格だった・・・」



「超高速!参勤交代」は6/21から全国公開だそーです♪


★南関屈指の好カード、京成盃グランドマイラーズ

俺「さて水曜は南関重賞、船橋の京成盃グランドマイラーズですな。」
弟「いいメンバーだなー!!」
俺「次週に帝王賞になるんだけど、トーセンアドミラルは連闘するつもりなのかねぇ。」
弟「へ!?登録あるの!?」
俺「ここに出てるメンバーではフォーティファイドジョーメテオなんかも登録があったんだけど、結局回避になってる。
  でもこの馬だけまだ回避になってないんだよ、ひょっとしたら連闘で出走するつもりなのかな。」
弟「少し無理があるんじゃないかなぁ・・・」
俺「多分回避になると思うけど、前週の実戦調教って線も無くはないからなぁ。川島厩舎的に送り出せる馬がこの子だけ
  なんだから。」
弟「ほぉ・・・」

俺「坊ちゃんで帝王賞かぁ。ダイナミックだな。」
弟「変なニュアンス漂わすなよ・・・」


俺「まー最初から悩んですらいなかったとは思うけど、帝王賞登録組は切っちゃおう。」
弟「そっちの方がダイナミックですよ。」
俺「回避組も含めて『やっぱこっちにしよっ!!』って感じでなんかヤダ。」
弟「簡単な理由だねー。どうせ本命はソルテくんなんでしょう?」
俺「そろそろスッキリ勝って頂きたいものだねぇ。ちょっと前走は都落ち三戦目のサトノタイガーに完敗っていうイヤな結果
  だったけれども。」
弟「2着続きですね。」

俺「不良馬場じゃしょうがない。」
弟「得意なんじゃなかったのか。」


俺「ニューイヤーカップの圧勝を引きずり過ぎたな、よく考えたら勝島王冠で不良馬場の中でボロ負けしとるやんけ。」
弟「都合がいい人だなー・・・」
俺「水曜の天気は微妙だけどな。ゲリラ豪雨に襲われたら一気に不良馬場になるだろうし。」
弟「コンディションはその時にならないと解らなそうだよ。」
俺「とりあえずマイル戦ならカッコ付けないとマズイだろ、今回も軸にするから頼むぞソルテくん。」
弟「まぁ確かに切れないよねー。」


◎ソルテ
◎ガンマーバースト
▲セイントメモリー

三連単◎1,2着→▲3着 三連複 馬連◎同士



俺「絞り過ぎかな?」
弟「絞り過ぎだね。」


俺「正直トーセンアドミラルとジョーメテオ、そして連勝中で54kgのケイアイヘルメス辺りも当然コワイんだけども。」
弟「そうだよ、もう少し手広くいった方がいいんじゃない?」
俺「コワイコワイって思って予想してたらキメ打ちに。」
弟「一番当たったコトのないパターンじゃないか!!」

俺「いやー、ガンマーバーストはそろそろ元通りになるんじゃないの。あとは中央交流で戦ってきたセイントメモリー
  本来の強さが出せればこの三頭で決まってもおかしくないでしょ。」
弟「んんー、確かにそう言えるかもしんないけど、どちらも近走がイマイチな感じしますよぉ。」
俺「仕切り直しできてりゃいいんだけどな、それを望むしかないね。」
弟「どの馬も先行タイプだね。」
俺「ここにトーセンアドミラルがどう絡んでいくか、それ次第ではペースが結構速くなりそうではある。選んだ3頭は内側
  だからロスはしないだろうけど、共倒れだけは避けたいものだね。」
弟「差し効いちゃうんじゃね?このメンバーって。」
俺「!!!!!!!!!!!!!!!」



弟子予想
◎ジョーメテオ
○ソルテ
○ケイアイヘルメス
▲フォーティファイド
▲トーセンアドミラル

三連複◎○から 馬連◎から



弟「ジョーメテオが届きそうです。久々だけど流れは向きそうだよ。」
俺「末脚は侮れないものがあるもんねぇ、根岸Sではビックラこいたし。あとちょっとで掲示板だった。」
弟「初の船橋と休み明けがどう出るかなってトコですけどね。ソルテくんは堅実だからまず切れないし、ここで54kgで走れる
  ケイアイヘルメスの末脚も光るものがある。トーセンアドミラルとセイントメモリーは逃げ合いになった場合に潰れてしまう
  怖さがあるけど、残るとしたらトーセンの方じゃないかなーって。」
俺「そんでフォーティファイドか、戸崎騎手なんだよなぁ。確かに怖いよね。」
弟「このコンビ凄いんですよ。3着から下になったことがないんです。あまり勝ちきれないコンビでもあるけど、間違いなく
  手は合ってると思います。」
俺「確かに。56kgってのもこの馬にしてみれば軽い斤量だし案外マイルもこなせるからなー。」
弟「今日は随分人の予想に納得するんですね・・・」
俺「絞り過ぎると精神的にこうなっちゃうんだよね。」
弟「だったらもうちょい広げていいんじゃないかなぁ・・・」

俺「ところでデシちゃん、みかぽんさんは買わなくていいのかい?」
弟「アーリーロブストでしょー・・・正直キツいでしょー・・・」

俺「せっかく重賞に戻ってきたのに応援してもらえないなんて。
  みかぽんさんカワイソウ。」

弟「そんなトゲのある言い方するなよぉ!!」





※面白いレースになりそうです

 
↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!↑

[ 2014/06/18 00:56 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(10)

シャコーグレード

シャコーグレード懐かしいですね。
乗馬うまになったと聞いていたのですが、映画にでるとは。
高速参勤交代は、今すごくTVなどで番宣してますね。
でも、このブログ情報が、自分にとっては一番の宣伝になりました。
観たくなりました。
情報ありがとうございました。
[ 2014/06/18 01:11 ] [ 編集 ]

│・ω・`)<コッショリ ォハョゥ

通さんとは違った予想をお願いします。
[ 2014/06/18 07:22 ] [ 編集 ]

オゥ~( ̄▽ ̄;)

懐かしい名前の数々…

この映画、先月別の映画を観に行った時

CM流れてて気になってたんですけど

シャコーグレイド出てたとは(@_@;)

この子、現役時代はあまり勝ち星挙げれなかったけど

2作目だったか3作目だったかの

ダビスタではそこそこ強かったんですよねぇ

(やっぱりトウカイテイオーには勝てませんでしたが)

ここ最近行った映画が立て続けに外ればっかりだったので

この映画観に行きたいなぁ
[ 2014/06/18 10:30 ] [ 編集 ]

こういうの紹介されると見たくなっちゃいますね

CMで見たときは「ふ~ん」で終わっちゃいますけど。
映画って最後に見たのいつだっけw時代劇なら「武士の一分」くらいかな~

地方競馬は前々から思ってたけどこないだ改めて威力を思い知った枠連で買いますw
[ 2014/06/18 13:08 ] [ 編集 ]

ちょうど観に行こうと思ってたんで、楽しみが一つ増えました♪

こういう掲示板常連チームみたいな馬たちは好きなのです。
そして、ふと、長距離路線の減衰に寂しさを覚えました。
[ 2014/06/18 15:08 ] [ 編集 ]

元気そうで何より

シャコーグレイド情報、ありがとうございます。
その頃の世代、ものすごく思い入れがありまして、
読んでて懐かしさのあまり思わずうるっと来ました。
映画、最近全く観ていないけど、たまには行ってみるかな。
[ 2014/06/18 15:11 ] [ 編集 ]

師匠…たまには良い話しますね。。。









おみんちゅ買わないんですね僕は押さえますよ
[ 2014/06/18 15:26 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/06/18 17:31 ] [ 編集 ]

トウカイテイオーの引退式でのシャコーグレイドの勝利というありがた~いお話をしたにも関わらず、引退式を行う佐藤元騎手が調教をしているトーセンアドミラルをスパっと切ってしまう。

さすが、師匠です。
ダイナミックな決め打ち予想といい、フラグ的な結果といい、ネタとしては大成功でしたね!


未来日記を手にしていますが、ネタ優先でありがた~いお話をしてくれる師匠は素敵ですよ!

その心意気や良し!!!!!!
[ 2014/06/18 23:10 ] [ 編集 ]

当時は競馬見てなかったのでリアルタイムでは見てませんでしたが

よしだみほ氏のマンガでもテイオー引退式の日の激走のネタが取り上げられていまして、それで印象に残っていますね、シャコーグレイド
お元気そうで何よりです
[ 2014/06/19 00:25 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/669-e8d667a0