追悼 園田の雷、オオエライジン

こんにちは、管理人のTILTOWAITです。

本日の帝王賞は、長年に渡りダート界のトップを牽引してきたワンダーアキュートが二度目のタイトルを
手中に収めました。現王者コパノリッキーにかしわ記念のリベンジを果たした古豪に拍手です。

しかし、その影で悲しい出来事が起きてしまいました。



園田の雷、オオエライジン。
最後の直線で故障を発生し、左前球節部完全脱臼により予後不良の診断が下されました・・・



黒潮盃



予想の上では切っていたライジンですが、グランシュヴァリエと並び頑張ってほしいと望んでいました。
彼は園田でデビューした、いわゆる地方生え抜きの存在。無敗で兵庫ダービーを、そして大井の黒潮盃を制した
時には「凄い馬が園田から現れた!!」と地方競馬ファンを熱くさせてくれました。

やっぱりこういう子は愛されますよね、なんというか、サクセスストーリーを予感させてくれる存在だった。
地方でデビューして地方で育った馬が、JRAの馬に闘いを挑み勝つことは本当に難しい。それがこの馬には
できる、きっとできる時が来ると信じていました。

無敗のまま彼が初めて中央勢を迎え撃った兵庫ゴールドトロフィー。斤量面のギャップを武器に
スーニ、セイクリムズンと言った強豪中央勢と渡り合った初めての敗戦。この時、彼はまだ3歳だったんだよね、
初の黒星とは言えここでの3着は更に将来性を高く感じさせてくれる結果だった。

その次のレースとなる佐賀記念では、中央の馬達の中で一番人気の支持。
この時、地方ファンの彼に対する期待は絶頂を迎えていました。中央メンバーも兵庫と比べれば小粒、
ここで勝ってG1に挑める器だと証明してもらいたい。私もこのレースには熱視線を送っていたのですが・・・
あえなく5着という結果。
いやー、この時は本当に残念に思った。このメンバーで負けてしまっては・・・という印象が強かったです。

その後は地元戦と交流重賞で競走結果に開きができてしまいました。2012年の帝王賞で初めて掲示板を
外してしまうと、その後はどんな距離でも中央勢に差を付けられての完敗。


この馬でもダメなのか・・・


正直に言ってしまうと、この時期の彼に対する「打倒中央」への希望は結構見切ってた感があります。
でも『底が割れた』と、私がそう思った時に激走を見せてくれるイヤなヤツでもありました。

園田金盃で地元馬同士の対決で初の敗戦を喫した彼に、二年連続の出走となった兵庫ゴールドトロフィーで
痛い目に合わされたりもしたっけ。
しかし、その後は大井に転厩するも約一年出走せず。それでまた園田で復帰・・・その間には肺出血・・・
なんというか、上手くいくことの歯車が噛み合わない子だったとも思います。
だからこそ応援したくなるってのもあったけど。

私の中での彼のベストレースは、こんな紆余曲折を経て再び南関に挑み勝利した、今年の報知オールスターカップ。
お正月の空気が漂う川崎の中で彼を襲ったアクシデント、

「新幹線の遅れで下原騎手が到着できず、張田騎手へ乗り替り」

・・・とことんツキの無い子だなぁと思いつつも、こういう時ほど応援したくなってしまう。
彼の単勝馬券を200円だけ買って、今年初の重賞競走を見守りました。





3コーナーにかけて激化する先行争いの中、一旦はハナを譲った羽田盃馬アウトジェネラルを差し返して堂々と
先頭に立ち直線へ躍り出ると、再び盛り返してきたアウトジェネラルの猛追をハナ差凌いで優勝。
南関馬の中でこれだけやれるのであれば、まだ衰えはないだろう。そして迎えた二度目の佐賀記念で、彼は
見せ場を作ってくれました。
一昨年と比べてもメンバーレベルが上がったこの競走で、最終コーナーを捲って一旦先頭に躍り出た時は、
馬券関係なく「いけぇぇーーー!!!」ってなりましたね。

このレースで期待が再燃し、次の名古屋大賞典では本命に推させてもらったけど・・・
似た様なメンバー構成にも関わらず、尚且つ斤量的にも有利になったと思わせて、先頭争いに全く加われず
掲示板確保がやっと。本当に解らない子でした・・・

彼のことを語る上で、血統好きなファンは歴史的名牝クリフジの血を継ぐ者として彼を見ていたでしょうし、
彼の地元のファンとしては園田代表へ向ける熱い希望があったでしょう。
私は交流重賞になると予想とは別で地方馬を応援したくなってしまうタチで、そういう性格の人も少なくないと
思うので、私のような人にとっては応援のし甲斐のある馬だったでしょう。


美しい栗毛、綺麗な流星、左後ろ脚にだけ履いたかわいい靴下。そんなルックスもチャーミングだった。

園田の雷と称された、その名前も大好きだった。本当に、魅力に溢れた存在だった。


こういう別れは何度経験しても本当に辛いです・・・


弟子も「ライジン様」と呼び応援していました。レース後は二人で「早く、とにかく無事という言葉を見たい」と望んで
おりましたが、叶わぬ願いになってしまいました。
本当は今日、レースが見られる予定ではなく、急遽予定が空き久々のリアルタイム観戦ができる!!って大ハシャギ
だったんです。

勝ったワンダーアキュートは素晴らしいレースをしてくれたし、コパノリッキーも流石G1を連勝した馬だと見せつけて
くれた。


でも、最後の直線で私たちがじっと見ていたのは痛々しくレースを終えるライジンの姿でした。
弟子は「大丈夫、きっと助かる」と信じていましたが・・・現実を突きつけられ、涙を堪えきれなくなってしまいました。


何度か言っていますが、競馬を見続けていれば、こういう別れは避けられないのは解っているし、自分たちとしても
それに慣れるなんてことはあってはならないって思っています。
だから今はライジンの為に深く哀悼し、感謝し、そしてこれからはライジンのくれた思い出を大事にする。
園田の雷の雄姿がもう見れないのは本当に悲しいし、辛いです。
それだけ悲しく辛いのは、ライジンにもらった物がたくさんあるから。
仙人様やアビーさんとの別れでも全く同じことを言いましたけど、そういうことなんです。
だったら、これまでのお礼をちゃんと言って、お別れをし、彼にもらったものを大事にしていかないといけない。



素晴らしいレースを何度も見せてくれてありがとう、オオエライジン。
中央に勝つことは叶わなかったけど、君の挑戦には何度も胸を躍らさせてもらいました。
競馬を見ていて君に出会えたことを、私達は本当に嬉しく思っています。

君の妹のエンジェルツイートは引退し、今現在お腹に子供を宿しているそうです。

どうか天国から妹とその子供達に、君の力を与えてあげて下さい。


今は君が天国で安らかでありますように、心より祈らせて頂きます。


合掌



「悪い見本」管理人:TILTOWAIT&弟子

[ 2014/06/26 01:29 ] 雑感 独り言 | TB(0) | CM(7)

ライジン様、お疲れさまでした。
仙人様フジノウェーブしかり、私には正直一端の地方馬という認識しかありません。優勝劣敗の世界、当然のことながら貴ブログには申し訳ないですが。
ただ、多くの記事にもあったように、単なる地方馬が単なる地方馬ではないことも学ばせて頂きました。よもや、その頂たるライジン様がこのような結果になるとは…。
私には結果も含めて、どうすることもできませんが、この先何年何十年と馬券を買って応援し続けること、また、フジノウェーブやオオエライジンが勝ったレース、出走したレースを、彼らを思い出して予想することが供養の、楽しみのひとつだと思いました。
ワンダーアキュートにはもうひとつ、GIを獲って欲しいです。そして、願わくばその馬券を獲りたいです。それが私のライジン様への供養です。どうか安らかに。
[ 2014/06/26 02:45 ] [ 編集 ]

そんな事が起こってたのは前記事のコメントで知りました。

もう厳しいかな、と思いつつもしかしたら…とも思っていた…

オオエライジンで印象深いのは黒潮盃かな。

兵庫ダービーで地方の秘密兵器だ!と思いJDDを楽しみにしていたが不出走。
黒潮盃でその力が『本物』であるのを知る事が出来た。

まだまだ活躍出来たであろうだけにこの結果は残念です…。

合掌
[ 2014/06/26 04:46 ] [ 編集 ]

ライジン様

ライジン様の予後不良はこのブログでしりました。
非常に残念です。
安らかに。ライジン様
[ 2014/06/26 06:55 ] [ 編集 ]

残念ですよね。ライブで映像を観れたわけではないのですが。
こういうのは長年競馬を見ていても本当に慣れない。絶対に慣れない。
どんな馬であれ、何故か等しく悲しく切なくなります。
本当に残念。
[ 2014/06/26 07:42 ] [ 編集 ]

ちょっとお借りします、場所

オオエライジンお疲れ様でした
それだけしか言葉はないです
[ 2014/06/26 07:50 ] [ 編集 ]

冥福を祈るしかないです。

自分は今は神奈川に住んでいますが出身は兵庫なもんで、地方馬の中でもオオエライジン号は特に気にかけていた存在だったんですよね。
もう走る姿を見られないのは残念で仕方ないけど、園田の後輩の中から中央とわたりあえるヤツが出てくるよう見守ってやってほしいと願います。
お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。
[ 2014/06/26 17:07 ] [ 編集 ]

このブログでオオエライジンを知りました。リアルタイムで走ってる姿を観たことは無いですが、本当に悲しいです。
どうか天国で安らかに。
[ 2014/06/26 23:36 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/673-7ae54985