スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フライング気味な宝塚記念予想

★金曜夜ではございますが

俺「金曜でございます。」
弟子「金曜っすね。」
俺「・・・ちょっとライジン様との別れを引きずり気味ではありますが。」
弟「うん・・・」
俺「それが辛くて競馬から少し距離を置きたくなる方ってのも居るでしょうけど、我々はこれからを走る馬達を応援したい。」
弟「うん。」
俺「辛く悲しい事故だったけど、それにくよくよし続けることはライジン様も望んではいないハズ。」
弟「うん。」
俺「今週末は宝塚記念だ、気持ちのいいレースを見たいな。ライジン様にはしっかりと感謝と別れの言葉を伝えたつもりだ、
  天国から競馬界を見守ってほしいです。改めて、今までありがとう。オオエライジン!」
弟「忘れないよ!!」
俺「というわけでね。」
弟「・・・」

俺「・・・見れない宝塚記念を予想します。」
弟「フテ腐れないように。」

俺「・・・先週より仕事早く終わったから、じゃあもう予想やっちまおうって流れです。」
弟「出馬表が出てるからできなくはないけどもねー・・・」
俺「どうだ、明後日の見れないレースを予想するってのは。」
弟「そういう自暴自棄な言い方されるとこっちまで滅入る・・・」

俺「せつねぇ。やっててせつねぇよ、おれは。」
弟「まぁねぇ・・・」


俺「皆は見れるんだろ?」
弟「凄い顔で画面越しに恨み節を飛ばさないでよ・・・」


俺「あぁぁぁ、見たい、見たいよぉぉ・・・」
弟「自業自得でしょーが、仕事ブチ込んだのは師匠なんだもん。」
俺「そりゃそうなんだけどね。」
弟「ボクだってイヤだよ、こんな大変なお仕事。」
俺「相変わらずキリキリ舞いしてたな、お前・・・」

弟「週末恐怖症です。」
俺「まぁまぁ・・・ほぉらデシちゃん、このお仕事の(自主規制)を見せてあげよう。」
弟「・・・おぉ。これはこれは。」
俺「当然君にも影響してくるよぉ。」

弟「週末最高じゃないですか。」
俺「君が簡単で非常に助かるよ。」


弟「気力がみなぎってきたぞ。」
俺「それは良かった。」
弟「明日のお仕事も頑張るのです。」
俺「よし、その意気だ!!」

弟「宝塚記念はどうせ見れねぇんだから早く
  寝ましょう、明日の為に。」

俺「俺になってしまった。」



★・・・やりますよ、前倒しで宝塚記念予想

弟「と言ってもですよ、師匠の本命は言わなくてもヒットくんだって皆解ってるでしょ。」
俺「ヒットくんだね。」
弟「今回はどんな屁理屈が聞けるんでしょうかね。」
俺「屁理屈とはなんだ。ちゃんとした予想の上での結果、本命はヒットくんとなっているんだよ。毎回そうだ。」
弟「いや、毎回ヒットくんが勝つとキメ込んだ上で理屈を組み
  立ててるでしょ。」

俺「デシちゃんのいぢわる!!」
弟「じゃあどんな予想の上で今回はヒットくんなんでしょうか?」
俺「まず、こないだも言ったけども。」



ミステロップ



俺「今年用のテロップを去年使ってしまうという、
  あり得ないミスを見逃さないワケにはイカン。」

弟「なぜ去年に今年用のテロップ作ったんだ。」


俺「テレビ局も焦っただろうね、『あ!コレ来年用じゃん!』ってなったのさ。」
弟「・・・3強って構図は当たってるかもしんないけど。」
俺「ゴールドシップ ウインバリアシオン ジェンティルドンナだろ。それに大波乱なのも間違い無い。」
弟「そりゃ去年も一緒でしょーが。」
俺「去年ヒットくん最下位でなんでこんなテロップ出るんだよ、
  今年用だからだろ。」

弟「いや何で出たのかは理解に苦しむけども。」

俺「久々に内側の枠取ったぞ。どうだ。ピンクのお帽子とオサラバだ。」
弟「・・・去年最内枠なんですけど。」
俺「去年とは馬が違いますぅ~、大丈夫ですぅ~。」
弟「・・・ユタカさんとは相性が悪いんじゃないかって言ってた気がするんですけど。」

俺「ユタカさんは天才ですぅ~、大丈夫ですぅ~。」
弟「コレを屁理屈じゃなけりゃ何て言うんだ!?」


俺「逆境に次ぐ逆境を乗り越え、この舞台に懲りもせず挑戦してきたんだぞ。」
弟「懲りもせずって自分で言っちゃってるじゃんか・・・」
俺「3年連続で出走してるのはヒットくんだけなんだから。経験値は豊富だぞ。」
弟「よくもまぁベラベラと色んな情報が出てくるもんだよ。」
俺「一昨年11着、昨年11着なんだから今年は1着でしょ。」
弟「いやそれ完全に11着フラグにしかなってない。」

俺「あの京都大賞典はフロックじゃないんだよ、この子は弾ければ強い馬なんだ。」
弟「そうそう、一番重要なのはソコですよ。」
俺「あん?」
弟「阪神コースですよ、ヒットくんの大嫌いな坂がある。」
俺「そうだな、確かにそうだ。ヒットくんは相変わらずの平坦巧者って印象が強い。しかし。」
弟「しかし?」
俺「・・・最近異常気象みたいな天気多いだろ。ひょうが降ったり。」
弟「おかしいですよねー、天気が。」
俺「その異常さが、競馬にも影響しているのだよ。」
弟「天候が馬場に影響するのは当たり前じゃないか。」
俺「そうじゃねぇよ。」
弟「?」

俺「ガルボが夏場に勝ったり、ユタカさんがピンク帽で
  G1勝ったりしてるだろうが。」

弟「そういう異常かよ!?」

俺「この流れの中で『ヒットくんが坂を豪快に登っちゃったり』しても何もおかしくない。」
弟「ここまで強引なゴリ押しは珍しいぞ、オイ・・・」
俺「そもそもヒットくんに関して、何故にここまで執着するかって言ったらみたいなものでさ。」
弟「勘?」
俺「俺はパドックで馬見ても全然解らんし、強いて言えばちょっとうるさい馬は狙うのやめよっかなーとか、馬体重に大幅な
  変動があったら腹回り気にして見てどーかなーってぐらいの判断ぐらいしかできないんだけどさ。」
弟「うん、そのくらいだろうねぇ。」
俺「大体、馬にホレる理由になるのはレースを見てからなんだよ。」
弟「ほほう。」
俺「ロゴタイプもそのクチだからねぇ。」
弟「確かに、何気に師匠が注目する穴馬って、固め打ちみたいな活躍する時があるんだよなー・・・」
俺「レースを見て『この馬を追いかけよう』って決められた存在の中にヒットくんは含まれるのだ。」
弟「へぇぇ、初めて聞いた。」
俺「強くなりそうだなぁって思って、ずっと見てたんだよ。」
弟「マジっすか・・・!!」

俺「このブログでヒットくんに二度本命を打たなかったレースがある。」
弟「二度しかないんかい・・・」
俺「2012年の宝塚記念と、2013年の大阪杯。ま、要するにこの時点では足りてないって見てた。どっちのレースにも、あの
  オルフェーヴルが居たんだし。印象がガラっと変わったのがその大阪杯の後の目黒記念だな。そこからは本命を打ち
  続けている。」
弟「ほう、どんなレースだっけ。」
俺「重い斤量と坂が苦手で、内枠じゃないとラチに頼れないから甘くなる。それがヒットくんの印象としては間違い無いところ
  だと思うんだけど、結果は4着だったけどそれを引っくり返したレースだと思うんだよね。57.5kg背負って外から伸びてくる
  ヒットくんの姿は想像には無かった。」
弟「成長・・・ですか。」
俺「そもそも不思議に思わんか?去年も言ったかもしれないが。」
弟「何が?」

俺「なんで58kgと坂越えという最低条件が揃った
  宝塚記念に三年連続で出走するんだ?」

弟「!!!!!!!!!!!!!!!!!」


俺「宝塚記念に関して言えば、過去二年の負け方はヒドイと言っていいレベルなんだよ。」

2012年 11着 (3.5秒差)
2013年 11着 (2.4秒差)


俺「どうして『このレースには出てもなぁ・・・』って判断にならないのか。単純に出走できるからってコトと、京都大賞典で
  賞金加算した為に好条件で出走できるレースが少なくなった、そうとも言える。京都大賞典以降は中長距離のG1とG2
  しか選択肢が与えられていないんだからね。歩める道が細く険しくなっただけかもしれない。」
弟「それも大きな要因でしょうけど、苦手条件だと解ってたら確かに避けたいですよねぇ。」
俺「陣営に苦手意識は確かに存在すると思うんだ、重い斤量と坂が苦手ってコトはつまりパワーが無い、腰が甘いってコト
  なんだろう。ただ、ここ二戦に関してはその言い訳とは無関係な不運な負け方。むしろ阪神大賞典では落鉄しながらも
  終いで伸びている。」
弟「前向きな見方だなぁ。」
俺「はっきり言って一見すると相性最悪なレースなのね。馬場状態も期待できないし、地力を信用しても環境が厳しい。
  ここはもう『だからこそ狙う』としか言い様がないのは正直なトコロ。」
弟「逆打ちだね。まぁ、ここでずっと見守ってきたヒットくんだけに、頑張ってくれたらボクもうれしいけど。」
俺「えー、予想は以上です。」
弟「・・・は?」
俺「以上です。」


弟「・・・・・相手は!?」
俺「知らねぇよ!!!!!」



◎ヒットザターゲット
単複



俺「知らねぇよ!!どうせ見れねぇんだよ!!」
弟「ここに来て突然キレないで下さい!!」


俺「もうヒットくんが頑張ってくれりゃなんでもいいよ!!ああ、そうさ!!全部屁理屈だよ!!」
弟「ちょっとぉ!!」
俺「はい、デシちゃんの予想!!張り切ってどうぞ!!
  ああ三強決着ね!!了解しました!!」
弟「勝手に決め付けるなよぉ!!」

俺「違うのかよ。」
弟「・・・」


弟子予想
◎ゴールドシップ
○ジェンティルドンナ
○ウインバリアシオン

三連単◎1着→○2,3着 馬単◎→○



弟「どうせ見れないんだもん!!深く考えられ
  ないもん!!」

俺「ホレ見ろ!!そうなるだろ!?」

弟「見れない中央G1の予想がこれ程までに虚しいものとは・・・!!」
俺「珍しいことでもないんだけどねぇ、前々日の予想ってのが気分的になんとも言えませんわな。」
弟「ボクはゴールドシップの連覇が見たいのです。宝塚記念って連覇した馬が居ないんだよ。」
俺「・・・ある意味、予想っつーかそれだけだろ。」
弟「うん、まぁ・・・あとは皆無事にいいレースをして下さいって望んでます。」
俺「その気持ちは毎回大事にすべきものだな、うん。」
弟「・・・なんなの、今回。」


俺「俺はヒットくんが大好きですって回だね。」
弟「何一つ間違ってないね。」





※俺は仕事で頑張る だからヒットくんも頑張って

 
↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!↑

[ 2014/06/28 01:14 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(8)

宝塚

師匠の宝塚記念予想自身の的中しました。
宝塚および有馬は好きな馬を飼うのが一番です。
今年も割と小頭数ですが自分は当たりそうにないな。
自分もリアルタイムでは見られませんし・・・

全員、ご無事で良いレースだと良いですね。
[ 2014/06/28 02:08 ] [ 編集 ]

ヒット君嫌いじゃないけど買える材料ががが…

いっそ大逃げうっちゃうか。パーマーばりに。
[ 2014/06/28 10:13 ] [ 編集 ]

馬柱でヒットくんの名前を見た瞬間、師匠さまを思い出しました。
問答無用で好きな子がいれば、こじつけでもなんでも、例え『ない!』とわかっても、その子と心中します。特に有馬と宝塚は。
あ、私も日曜日は仕事でタイムリーにレースは見れませんが…。
的中してもしなくても、楽しみましょ♪
みんな事故もなく、無事に完走できますように…。
[ 2014/06/28 17:23 ] [ 編集 ]

師匠も弟子ちゃんも

お疲れ様です。

ヒットくんなんてここだとまず無い・・・・と普通は思うんですけど
おふたりはフラグという前例がありすぎるから困るw

本命が堅そうなのは、持論で普通に考えても来ないと思っているので
奇抜な方法を模索しながら楽しむレールかと考えてます。

ヴィルシーナとカレンミロティック2頭で大逃げしないかなぁ~
[ 2014/06/29 00:46 ] [ 編集 ]

私も会社の年一イベントのために、リアルタイムで見られません!悔しいT^T!
豊さんがどんな乗り方するか楽しみですね!
ヒット君頑張って\(^o^)/
[ 2014/06/29 01:21 ] [ 編集 ]

ヒット君、頑張ったですね。

ドキドキしました。
[ 2014/06/29 16:54 ] [ 編集 ]

久しぶりにコメントします。

ヒットくん
これは!?と思いました!!

ふふ・・
ヒットくん豊さんコンビ
次回が楽しみで仕方ないです!
[ 2014/06/29 21:52 ] [ 編集 ]

・・・・・・また、俺がフラグった。

上げた2頭が2~3着

今年は・・・・ダメかもしれんw
[ 2014/06/30 10:07 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/674-c82434b4











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。