スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Q なんで人気ブログランキングとブログ村で順位が違うの?

俺「読者さんから質問を頂きましたー♪」


師匠に質問
初コメが質問ですいません!!
師匠は二つのランキングサイトに参加していますが、ブログ村の方には人気ランキング(でいいのかな?)にも
参加してるブロガーが多く見受けられます。
でも、人気ランキングでは上位なのにブログ村では下位だったり、その逆だったりしてるブログが多い気が・・・・・。

この状況はどういった理由で起こるのでしょうか?
私もブログをやってみようと思っております。やるからには読んでもらいたいのでランキングサイトに参加しようと
考えているのですが、師匠はそういうの詳しそうだし、各サイトの特徴などを掴んでおきたくて質問させて
頂きました。
あと、やろうとしてるのはアフィリエイトブログじゃないのでご安心くださいw



俺「うん、ブログをこれからやろうというのですね!!そりゃ応援したいね!!質問をしてくれたうめじさんを応援すると
  共に、自分なりの見解をさせてもらっちゃいます。参考になるといいなー♪」

弟子「待て。」

俺「どうしたの、デシちゃん。おっかない顔して。」
弟「・・・これからブログをやろうという人にアドバイスをするのは、とてもイイことだと思います。」
俺「でしょー♪なんか先輩になった気分なのだ♪」
弟「・・・だから、それに関して文句を言うつもりはありません。」
俺「そりゃそうだよ、君に文句言われる筋合い無いもん。」
弟「問題はそこじゃない。」
俺「なんだ、問題って。」


弟「なんでまたカテゴリが酷評なのさ!?」
俺「ランキング系は基本酷評。」


弟「・・・三回連続してコレ系のネタってどーなのよ。」
俺「まわりから嫌われないようにがんばる。」
弟「そんなつもりはどこにも無いクセに・・・」


★ランキングサイトの特色を知ろう!!

俺「つーわけで、うめじさんの疑問にお答えしていこうと思いますよ。まずその順位差が何故発生するかってトコだけど、
  理由は非常に明確です。」

・ランキングクリックの誘導方法の差
・不正に関する許容範囲の差


俺「常連読者さんは既に知ってるでしょうけど、『ブログ村は人気ブログランキングの何倍も規制が厳しい』場所。
  誘導クリックが御法度って時点で、一見さんの読者さんからランキングクリックを得るには難儀します。」


※誘導クリックとは・・・

~なので、本命はこの馬です → (人気ブログランキングのバナー)

というカタチで伏字を用いて、読者のスケベ心を利用してランキングクリックを得る方法。
人気ブログランキングはランキングページの紹介文を毎日の様に変更しても何も言われないが、
ブログ村ではソレをやるとすぐにバレる。


弟「・・・エラそうに言ってるけど、師匠だってたまに誘導やるやんけ。」
俺「基本的にはヤメてるでしょーが。」
弟「まぁね。」
俺「コレによって、人気ブログランキングのクリックは稼げても、ブログ村のクリックは稼げないというブログが発生する。」
弟「釈然としないよねぇ。」

俺「要するに読者共がスケベってコトだ。」
弟「矛先が変です。」

俺「あとは不正クリックの関連だねぇ。間違いなくセキュリティ面ではブログ村の方が上、人気の方はグダグダだ。ここに
  関しても以前にちょっとした見解を述べさせてもらったけども、人気ブログランキングの方は不正クリックを見て見ぬ
  フリをすることで、あたかもランキングが盛り上がっている様に見せたいのではないか
って感じられる。」
弟「本当ならヒデェ話だ・・・」
俺「だけどね、ブログ村の方は絶対的に不正クリックが無いかと言えばそうでもない。」
弟「マジっすか・・・」
俺「前々回の記事で、『今は閑散期であり、不正クリックしていた連中が落ちて順位が上がった』と言ったけど、コレは
  ブログ村も一緒なんだわ。」
弟「そうなんですか、あっちじゃそういうことは無いと思ってた・・・」
俺「でも単純に、不正クリックの利用者は少ないと思われる。コレにもしっかりとした理由がある。」
弟「理由。」
俺「競馬というメインカテゴリでここの現在の順位を見比べるとこうなる。」


人気ブログランキング  29位
ブログ村  5位



弟「ほほう。村では今5位なのか。」
俺「更に言えば、人気と村では参加ブログ数が異なる。村はサブジャンルが豊富な為に界隈が多く存在するんだな。よって
  競馬という大枠でのカテゴリの人数差はこうなる。」


人気ブログランキング 競馬カテゴリ参加者 約1100人
ブログ村 競馬カテゴリ参加者 約7200人



弟「そんなに差があんの!?」
俺「俺自身も結構意外に思ったわ・・・」


弟「へぇぇ・・・人気の方が上だと思ってた。」
俺「要するにココは、ブログ村で見れば5位/7200人、人気で言えば29位/1100人になる。」
弟「ふむ。」
俺「お前はさっき『人気の方が上だと思っていた』って言ってたね。まぁその理由がブログ村に不正利用者が少ない理由
  ってコトになるんだけど、単純に参加者内での順位で考えたら圧倒的に村からのアクセスがあって然るべきに思える
  よね。」
弟「・・・人気ブログランキングからのアクセスの方が多いん
  ですよね。」

俺「ズバリその通り。それにどれくらいのギャップがあるか、もう数字で分かりやすく見せてしまおう。」


※この前の日曜のアクセス比
人気ブログランキングからのアクセス  151
ブログ村からのアクセス  12



弟「どーなっとるんだ・・・」

俺「ちなみにこの数字の中には『ブックマーク等からココにアクセス → ランキングクリック → ランキングページ
  から、ここに戻ってきた場合のアクセス』ってのは含まれていない。その日の初アクセス元となった場合のみの
  カウントになるんだね。」
弟「それって要するに、純粋なランキングサイトからの集客比率ってコトになるじゃん。」
俺「そうだねぇ、こう考えると『ブログ村の競馬カテゴリで高順位を取ったところで集客効果はない』って言っちゃって
  いる様なものだよね。」
弟「村の方がスタイルが真っ当なのに。」
俺「この事実からだと、集客したけりゃ人気ブログランキングって結果になるね。ただし、ここで一つ気にしてほしいのは
  うめじさんも言っている順位のギャップなんだな。順位って言うより、INポイントのギャップって言った方がいいかも。」
弟「ポイントですか。」
俺「さっき自分でココのINポイントを見たらこんな感じ。」


人気ブログランキング 4180
ブログ村 4460



俺「大体300ぐらいのギャップがあって、ブログ村の方が上になっているね。まぁコレ見て自分としては、『ああ、クリック
  してくれる人は両方クリックしてくれてるのねー』って判断できる。」
弟「ギャップが300近くもあるのに?」
俺「ブログ村の方がクリック反映率が高いらしいのよ。」
弟「なんだ、その率は・・・」
俺「全てのクリックがポイントになるとは限らないってコトだよ。」
弟「そうなんですか!?」

俺「この辺も常連さんならご存知でしょーけどね、ブラウザだったり端末だったりでクリックがランキングに反映されないって
  パターンは少なくないのよ。それはお前も知ってるだろうけど、サイト側にもまた特徴があるみたいでね。」
弟「つまり有効クリックも有効にならない可能性があるってことですか・・・」
俺「そゆこと。だからこのくらいの差は仕方ないのかなと。この辺りの話題は『クリック反映率 ランキング』ってフレーズで
  検索すればいっぱい出てくるよ。」
弟「なるほどなぁ。」
俺「そうなると、こういうブログは何なのってハナシになるわな。」


人気ブログランキング  7000以上
ブログ村 1000以下



俺「ちょっと誘導上手くいき過ぎだねぇ。」
弟「言い方に含みがあり過ぎだねぇ。」


俺「一応念の為に、『ひょっとしたら村のバナーを見限って撤去してるのかな』って思って、こういうポイントになってる
  ブログを見てきたけども、しっかり村バナーが毎記事置いてあるのね。」
弟「・・・」
俺「人気の誘導クリックのしつこさが笑えるレベルだったけど。」
弟「危ないリサーチはやめてくんねぇかなぁ!?」

俺「スゲェなぁ。何度『この馬です』って言うんだ君はって思った。必死だねぇ。」
弟「この手の話を連続して聞くと、頭がおかしくなっちゃうよぉ!!」
俺「あとさ、改めて思ったけどさ。」
弟「・・・何さ?」


俺「上位アフィリエイターって、
  結構ツルんでるんだねぇ。」

弟「!!!!!!!!!!」



俺「相互リンクのトコ見たら笑っちゃったよ、ドコでも同じ名前があるもんだね。いやぁ、アレじゃ敵わないわ。」
弟「今週は何の週なの!?毒づく週なの!?」
俺「それならお互いで村のクリック交換すりゃいいのに、それが
  できてないって考えると安っぽい関係だよなぁ。」

弟「嬉しそうに生々しいコトを言うんじゃねーよ!!」

俺「まー、有力な被リンクを得るってのは読者を増やす近道だからなぁ。ランキングで上位になるってこともつまり被リンクを
  得るってコトになる。上位同士で読者さん回して仲良しさんになるのも頷けるよね。」
弟「・・・」

俺「俺はあんな輪には入りたくないけどな。」
弟「もう今週なんかヤダ・・・!!」


俺「さて本題に戻そう。ブログ村と人気ブログランキングの特徴を比較するとこんな感じになる。」


集客率 : 人気ブログランキング >>> ブログ村
不正率 : 人気ブログランキング > ブログ村
クリック反映率 : 人気ブログランキング << ブログ村
正攻法による高順位の取り易さ : 人気ブログランキング << ブログ村
不正利用での高順位の取り易さ : 人気ブログランキング >>> ブログ村
アホ率 : FC2ブログランキング >>>>>>> 人気ブログランキング >>> ブログ村



弟「一番下いらないです!!」

俺「一応、参加してみて感じた印象はこんな感じで、どっちがいいとか悪いとかは無いよ。集客率では人気の方が圧倒
  しているけど、多分その理由ってのは人気ブログランキングは対一般読者の割合が高く、ブログ村は対ブロガーの
  割合が高いんじゃないかって気がする。」
弟「ほー、なるほど。」
俺「村には予想コミュニティとかもあるし、そこで仲間を作れれば、アクセスを伸ばす助けになるかもしれないよ。
  俺はツルむの好きじゃないから参加してないけど。」
弟「他の人がツルみたがらないだけなんじゃないかな。」
俺「・・・そう言われると、ちょっとサミシイ。」
弟「・・・ウソつけ。」
俺「まぁそう考えると、村って俺にはあまり役に立ってないサイトなんだわな。抜けちゃおうかなとも思ったんだけど、人気
  との偏りの無さは他ブログに対してイイ比較材料にもなるからね。引き続き参加していこう。」


★ランキングサイト利用のアドバイスとしては・・・

俺「まず、うめじさんが『アフィリ目的ではない』と明言してくれたコトがウレシイですね。その上でブログを始めてランキング
  登録をしてみようと考えているなら、その目的は『多くの人に読んでもらえるブログを作りたい』ってコトだと思う。」
弟「そうですね。人の目に付かせる手段としてのランキング参加でしょう。」
俺「ブログをやってみたいって相談を受けるのは個人的に物凄く嬉しいことだよ。是非開設したら教えてほしいね。」
弟「うんうん。」
俺「そしてうめじさんにはランキングに参加する理由に対し、地に足の着いた状態を守り続けてもらいたい。」
弟「どーゆーこと?」
俺「読者さんを多く得るためにランキングに参加するのであって、
  高順位を取ろうと参加するわけじゃないでしょ。」

弟「おぉお・・・」
俺「そこを見誤ると路線がおかしくなってくる。あくまで読者さんを得る手段であり、順位はそれに勝手に付いてくるもので
  なければならない。ここの順序を間違えて、『まず何とか順位を得れば読者が来る様になる』って考え方をしちゃう
  と、多分そのことばかり考えて内容で勝負できなくなってしまうだろう。」
弟「なんかもっともらしいコト言ってる・・・」
俺「俺も順位に執着してた時期あったからなー。クリック誘導もやってたし。」
弟「そうだねー。」
俺「でもさ、よく考えてみ?クリック誘導をしたらランキングページにその答えを書かなければならないでしょ。だからランキ
  ングページってのは本命馬危険馬と言った馬名がズラリと並んでいる。ランキングから入ろうにしても、いきなり
  玄関にオチが置いてあるって状況は、ランキングページからの集客を得るには好ましくないハズなのよ。」
弟「おお、確かにそうだ。集客誘引には全くなっていないですね。」
俺「もう初歩も初歩だね。人の興味を引くフレーズを、ランキングページの宣伝文句に使わなきゃ。」
弟「でもそれが難しいのでは?」
俺「見本をお見せしよう。」
弟「おお。」


寝ます


俺「更新しなくても興味が引けりゃいいんだ。
  昨日はこれでアクセス伸びたぞ。」

弟「最低な見本ですね。」

俺「コレは冗談ですけどね。要するにココの煽り文に日々変化を付けられるのは人気ブログランキングで読者さんを得る
  為の武器にできる部分。『どんな内容が書いてあるんだろう?』って利用者に考えさせる大事な部分なんだ。」
弟「そうだね、自分のブログに対する広告部分なんだから大事だよ。」

俺「人気ブログランキングでは、INを得ようとする前にOUTを
  伸ばせ。コレ大事なトコだからメモっとけ。」


弟「他にはどんなコトが大事になるかな?」
俺「なんだかんだ言っても順位は上がった方が露出が高くなるから、最初の内は自演クリックもやむを得ないね。あとは
  SEO対策なんかの被アクセス効果を上げる努力とか、正攻法の工夫はしておいた方がいい。」
弟「ふんふん。」
俺「あとは仲間を増やして相互関係を築くこと。それにはやっぱり、自分が参考とするブログであったり、自分が面白いと
  思えるブログであったりする人に対してのアプローチの方が気持ちが伝わるハズだ。『ここにリンクをしてもらえば
  アクセスが増えるんじゃないか』とか、そういう邪な考えは捨てた方がいい。先日の広告営業みたいなもので、
  そういうアプローチは下心がバレやすいものだ。」
弟「にゃるほど。」
俺「他にも色々あるけど、それは始めてみてから自分で掴んでいって、自分なりの城を作っていった方が楽しいと思う。
  始めた後で解らないコトとかあったら、また聞いてくれても構わないよ。」
弟「うめじさんだけじゃなく、これから競馬でブログを始めたいって人は応援したいですね。」

俺「アフィリエイトや有料予想提供が目的じゃない人はね。」
弟「・・・そうだね。」





※実際、「ブログを始めたいけどどうすればいいですか?」系のコメは非常にウレシイです。
 参考になったかどうか解らんけどがんばってねー、うめじさん!!

 
↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!↑

[ 2014/07/17 01:16 ] 酷評 | TB(0) | CM(6)

見事な講義でしたm(__)m

うめじサンって方ブログ始められたら

又、紹介してくださいねぇ

自分もブログやってるけど

ランキング系には参加する気ないので

(面白い文章や当たる予想できないので・・・)

参加される勇気にエールを送ります!

アクセス数も少ないし過去にコメ頂いた数も少ないですが

初コメを頂いた時はやっぱり嬉しかった事を

今でも覚えています^ ^

ツウサン→TILサン→うめじサンと続けばいいなぁ
[ 2014/07/17 09:30 ] [ 編集 ]

うわー!ご教授ありがとうございます!記事になって返ってくるとは思っていませんでした!!
開設したらご報告に伺いますが、けっこう悩み中・・・・・
しかしその悩みは相談できないのです!!(キリッ

前向きに検討できるように頑張ってみます。
師匠、弟子ちゃん、ありがとう!!
[ 2014/07/17 14:25 ] [ 編集 ]

やっぱり酷評が好きと思ってしまうのは、私も性格最悪のキチガイだからなのですね。

新しくブログを始められる方には是非とも、

ドキッ!丸ごと不正!アフィリだらけのブログランキングに一石を投じて頂きたいです。
[ 2014/07/17 22:44 ] [ 編集 ]

>ranbuさん

ranbuさんはもっと貪欲になってもいいんじゃないかなーって思ったり、ここにURLを置いて
いかないトコに潔さを感じたりもする。

ブログの楽しみ方は人それぞれですね。俺は結構貪欲かも。
[ 2014/07/18 02:12 ] [ 編集 ]

>うめじさん

結  婚  す  る  の  が  理  由  だ  っ  た  ら
俺  は  色  々  許  さ  な  い

(ウソダヨー♪)
[ 2014/07/18 02:15 ] [ 編集 ]

>ササニシキさん

こういうハナシをしてきた中で、敢えて参入しようという心意気。
ふふん、うめじさんは相当チャレンジャブルだぜ・・・!!

ツウさんはもっとドエロいコト考えてます。
[ 2014/07/18 02:17 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/684-96b958cb











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。