「祭の馬」達

俺「やっぱり強いんだよねぇ、交流ウイナーをナメるなってことか。」
弟子「連覇かぁ、あの流れでトップハンデで突き抜けるとは。」


サンタアニタトロフィー 結果
1着 セイントメモリー
2着 グランディオーソ → 俺○弟子◎
3着 ジョーメテオ → 俺▲


俺「連覇おめでとう、セイントメモリー&本橋騎手!!」
弟「これでまた中央馬達に挑戦だ!!」


俺「想定外だわー、だってグランディオーソジョーメテオは後方からの競馬で好戦してるんだからねぇ。その前に居た
  のが先行したセイントメモリーになるとは。」
弟「見た目でも先行は激しかったもんね。」
俺「ここ三戦を見た限りじゃ、トーセンアドミラルサトノタイガーの一着はあってもセイントメモリーは無いって思ってた。
  展開も読み通りだったからなぁ、もうこれは参ったとしか言い様がないね。かっこよかった!!」
弟「4歳2騎はどうしちゃったんだろう・・・」
俺「全くいいところが無かったね、残念だなぁ・・・ソルテは当初騎乗予定だった和田騎手からの乗替りもあったし、使い込み
  を懸念してたからある程度納得できるんだよね。和田騎手は1Rの落馬で大怪我をしてしまったんだよな、早く治して
  戻ってきてくれることを望んでおります。」
弟「ソルテくんとのコンビ、また見たいです。」
俺「不可解なのはジェネラルグラントの負け方だわなー、状態がどうだったか解らんけど・・・なんともらしくないレースをして
  しまった。気性面で難しいところがある馬らしいから、こういうことがあっても不思議じゃないってことか・・・」
弟「御神本さんは2着だったのだ。」

俺「斤量軽いんだからさぁ、もうちょい積極的になっても
  良かったんじゃねぇかぁ?」

弟「よぉし、みんな見てて!!今からコイツを
  ブッ殺すよ!!」


俺「ひぃい!!」
弟「許さん。」
俺「だ、だってさー、待機位置がいくらなんでも後ろ過ぎだって!!最後よく伸びてきてはいるけど、そういうレース一辺倒な
  馬じゃないんだよ!?ハイペース予測だったとしても、もうちょい道中押し上げて前に行けたんじゃないのかなーと・・・」
弟「御神本さんの判断は正しいのだ。許さん。」
俺「あの位置からだからキレたってのもあるだろうけどねぇ、どうなんだろ。」
弟「あの位置で良かったの!!」

俺「まぁ、どっちにしろ2着かぁ。」
弟「てんめぇぇぇぇぇ!!!!!」


俺「グランディオーソは54kgとは言えここで通用したのは収穫になると思う。セイントメモリーとのアフリート産駒ワンツーか、
  今年老衰で亡くなった父へのいい手向けになったねぇ。」
弟「そうだったのですか。それは何かイイなぁ。」
俺「馬券的にはハズしちゃったけど、今日のセイントメモリーの勝利はいい物が見れたなって思う。流れで今日はこのまま
  イイ感じの話をしようかな。」


★この前の週末は

俺「今更日曜のレースのハナシってのも変だけど、ローマンレジェンドサダムパテックのG1馬二頭が、その勝利したG1
  以来の勝利を飾って復活したんだよな。」
弟「本当に良かった!!」
俺「何かと苦労を経験してる二頭だけに、見てて嬉しい勝利だったね。またG1戦線を賑わせてくれるといいな。」
弟「そうですねぇ。」
俺「復活ってのはイイもんだよ、しかしそんなに上手くいくことは僅かだよね。でも、形を変えての復活という道も競走馬には
  あるんだよ。」
弟「ふむ。」
俺「この手のハナシはネガティヴな結果に繋がることが多い。要するに引退後の馬達の話というのは悲しい結末が多い
  んだよな。」
弟「・・・」
俺「でも中には明るいニュースだってある。俺はそういう話題を大事にしていきたい。明るい話題にばかり目を向けていく
  わけにもいかないけど、この系統の話のダークサイドは必要面だってあるもので、批判の槍玉にあげるものでもない
  のが実際のトコロだからね。」
弟「明るいニュースっていうのは、こないだの『映画出演したシャコーグレイドさん』みたいなハナシ?」
俺「そうそう。」
弟「そういう話は好きです。」
俺「今回はお前、発狂する程喜んじゃうだろうなぁ。」
弟「!?」

俺「さて。そんな二頭の復活劇があった先週の週末、馬好きにはたまらない祭りが開催されてましたよね。」
弟「馬好きにはたまらない祭り・・・?」
俺「さてなんでしょう。」


弟「有馬記念?」
俺「お前は凄い。」



弟「有馬記念だ。」
俺「・・・」
弟「JBCか。」
俺「もういい、わかったから黙ってろ。」

弟「ふぐぅ・・・」
俺「被災地福島、この地で行われる伝統の祭りだよ。」
弟「あああ!!思い出しました!!」
俺「わかったか。」

弟「思い出したけど、実は漢字が読めないヤツです!!」
俺「正直過ぎる答え方しなくていいわ!!」


★相馬野馬追(そうまのまおい)が行われましたね

弟「大体イメージと合ってた。読み方。」
俺「うるせーよ。」
弟「あの、『祭の馬』の舞台になるお祭りですよね。」


「祭の馬」公式ページ


俺「そう。結局こっちでの上映は無かったなぁ、DVD発売の予定も無さそうだし・・・」
弟「むー・・・」
俺「見れる機会が欲しいねぇ。」
弟「そうですねぇ。」
俺「さて、その『祭の馬』の舞台となるのが相馬野馬追。俺も前から生で見てみたい祭りではあるんだけど、時期的にどう
  してもハズせなくてねぇ。きっと凄い迫力なんだろうなーと想像してはヨダレ垂らしてます。」
弟「具体的にどんなお祭りなんですか?この名前は知ってるんだけど。」
俺「そーだね、基本的な部分は知っておいた方がいいよね。」


相馬野馬追 執行委員会公式ページ


俺「まず抑えておきたいのが、この祭りは国の重要無形民俗文化財に指定されているってことと、その起源が平将門の
  行った戦闘訓練ってこと。元は祭りじゃなかったけど、その起源は鎌倉時代まで遡るという、伝統ある催しなんだな。」
弟「てっきり、現代に戦国時代の騎馬武者を蘇らせる為の祭りだとばかり。」
俺「れっきとした神事なんだよ。」
弟「ふむふむ。」

俺「武者コスプレ祭りなんて言ったら怒られるぞ。」
弟「そんな危ないコト、誰も言ってねーよ!!」

俺「この祭りは多くの馬が集まる壮観な祭りとして知られているね。祭りは三日に渡り開催され、初日が宵祭り、中日が
  本祭り、最終日が野馬懸という神事で幕を下ろす。」
弟「甲冑の武者と騎馬が街中を闊歩する祭りってイメージだったけど、それぞれの日で違う内容なんだなぁ。」
俺「それじゃ野馬追って名前通りにならないでしょ、大名行列みたいになっちゃうじゃないか。」
弟「ああ、確かにそうだ。」
俺「でも本祭りの印象が確かに強いね。華やかな騎馬と甲冑武者が市街地を抜けて本陣へ向かうお行列、本陣に到着
  した武者達が兜を脱ぎ、愛馬の瞬足を競い合う甲冑競馬、全ての参加騎馬隊が花火と共に打ち上げられた二本の
  御神旗の争奪戦を行う神旗争奪戦、この三つの行事が行われる中日がこの祭りのハイライトだろうね。」
弟「多くの騎馬って言うけど、このお祭りにはどれだけの騎馬武者が参加するんですか?」
俺「500騎以上だそうだ。」
弟「すげぇ・・・」

俺「グランドナショナルも真っ青。」
弟「騎馬で障害戦やっちゃダメです。」


俺「でも動画で甲冑競馬何度も見てるけどスゲーカッコイイよ。御旗を棚引かせた武者を背に疾走する騎馬、その姿には
  競馬とは全く違う勇壮さがあるよ。」
弟「野馬追とは関係ないけど、流鏑馬(やぶさめ)もカッコイイもんね。」
俺「馬という動物は太古の昔から人にとって偉大な機動力だった。自動車やバイクが産まれる前は人間の足の代わりを
  担っていたんだ、その偉大さが解るのは競馬という競い合い以上に祭事なんだよね。本当に、一度でいいから生で見て
  みたいよ。」
弟「時期的に難しいけどね。」
俺「しかし・・・この相馬野馬追は一時、存続を危ぶまれることになる。」
弟「東日本大震災ですか・・・」
俺「南相馬市はこの震災で大きな傷を負った。福島第一原発を擁する町だからな、市の半分近くが20km圏内に入って
  しまう。被災地の中でも未だに危険とされる区域になってしまったんだ。」
弟「未だに続く苦難がありますものね、『祭の馬』もそれが題材のドキュメンタリーなんですよね。」
俺「被災という言葉は人間と土地のみに使われる言葉ではない。この未曾有の大事故でペットや家畜、そして多くの競走馬
  達も被災した。地域は違うけどトーセンラーは放牧時に山元トレセンで震災を経験した被災馬として有名だよね。」
弟「うん。」
俺「実際、津波に飲まれ命を失った馬も多く居る。そして、野馬追が行われる南相馬では、指定危険区域から出すことが
  できずに消えていった命も多くある。」
弟「・・・」
俺「しかし、この町の人々はこの祭りを本当に大事に思っていたんだな。震災の起きた2011年、規模を縮小しながらも
  この祭りの存続に努めたんだ。この年の野馬追は復興への祈りと、鎮魂の意を捧げる祭りだったんだ。」
弟「たくましいですね。」
俺「この祭りで甲冑を纏う武者達は相馬武士と呼ばれるんだよ。祭りの起源は鎌倉時代だけど、この相馬武士という言葉
  も、当地に於ける相馬藩士の様々な武勇が起源としてある。そんな彼らにとって、伝統である大事な祭りを震災に負け
  た様に取りやめるなんてことは、我慢できないことだろうね。」
弟「侍だ!!」
俺「被災当年はそれまでの様に盛大に行えなかったものの、年が経つにつれて野馬追は元の姿を取り戻しつつある。
  今年の野馬追は参加騎馬が被災前の9割にまで回復したという嬉しいニュースも目にした。復興は思い通りに
  進んでいないかもしれないけど、こういう活力ある行事が元の力を取り戻していく姿には感動するよ。」
弟「人や馬が元気になってきている証拠みたいに思えますね。相馬武士は強いんだ。」
俺「ハイ、ここからが本題だ。」
弟「今までは本題じゃなかったの!?」

俺「『祭の馬』の主人公はミラーズクエストという元中央の競走馬だってのは知ってるよね?」
弟「うん。」
俺「この祭りには、元競走馬が結構参加してるんだよ。って言うのも、当地で野馬追の為に育てられた馬だけでなくて、この
  祭の為に関東圏からも多くの乗馬などが参加するからなんだ。」
弟「ほえー、そんな風にも参加してるんだ。」

俺「レンタルだって。」
弟「なんて台無しな言い方するんですか・・・!!」

俺「言い方はアレだけど、要するに現地だけではそれだけの馬を保有できないんだよ。震災後となれば尚更だ。それに、
  震災後に関東へ避難した馬も多く居るんだよ。」
弟「ああ、なるほどなぁ。」
俺「当地でも引退後の競走馬の受け入れには積極的らしいけど限界があるからなぁ。」
弟「状況が状況だけにね・・・」
俺「さて。そんな元競走馬で野馬追に出ていた馬をちょっとピックアップしてみよう。」


・マイネルアムンゼン(2003、2004エプソムカップ連覇 2004新潟大賞典)
・レッツゴーキリシマ(2007朝日杯FS2着 2010関屋記念)
・バシケーン(2010中山大障害)  etc・・・



弟「なんかスゴイじゃないですか!!」

俺「読んでる方の中には『その馬が!?』って方も居たりして。」
弟「案外知らないことだと思いますよ!!警視庁騎馬隊に入隊したトウショウシロッコみたいに!!」
俺「意外なトコロに意外な馬が居るもんですよ。」
弟「ほええ、神馬になったんだぁ。スゴイなぁ。」
俺「でも、デシちゃんが知ってる馬はさっき挙げた中には居ないよね。」
弟「うん・・・」
俺「これから一枚の写真を見せる。去年今年と野馬追に参加していたお前の知ってる馬だ、当ててみるがいい。」
弟「ええー!?写真見て当てるの!?それはさすがに難しいと・・・」
俺「お前が大好きだって言ってた馬だ。」
弟「・・・マジ?」




だーれだ?




弟「ソウマくんだぁぁぁあああ♥」
俺「当てるの早過ぎ・・・!!」


弟「この白面と金のタテガミ、そして青い瞳は紛れもなくソウマくんなのです!!」
俺「もうちょい引っ張れよ・・・!!」
弟「一発で解ったもん!!」
俺「流石にこの顔じゃ一発で解るか。」


チェリーソウマ

チェリーソウマ
2007年の2歳新馬戦勝利以降は未勝利で現役引退。
尾花栗毛に白面の流星、そして魚目と呼ばれる青い瞳を持つド派手なルックスが話題に。
現役時代は知らないものの、弟子はこの顔に一目ボレした。


弟「神馬になってたんだ!!すごいすごい!!」
俺「騎馬姿も派手だなぁ。元競走馬が多いと言っても、見た目一発で判断できるのは参加馬でソウマくんぐらいだね。」


弟「かっこいいよぉ、かっこいいよぉぉぉ♥(ジョバァァ)」
俺「顔面汁まみれにして喜んでくれると、こっちも紹介した甲斐が
  あるってもんですよ・・・」

弟「見に行きましょう!!」
俺「終わってますから。」



弟「ふぐっ!!」
俺「でも見に行きたいよねぇ。こうしたカタチでターフを去った馬達に再び出会えるって、凄く素敵なコトだと思う。」
弟「うん。なんかとてもウレシイです!!」
俺「なんだか、チェリー『ソウマ』『そうま』野馬追に出ているってだけで運命的なものを感じちゃうよ。未だに余震は
  続いてるし傷跡も深く残っているけど、相馬武士達と共に南相馬の為に頑張ってほしいね。」
弟「そうだね、何よりも元気そうな姿が見れて本当によかったし!!」


俺「こういう話題は大事にしていきたいよ、自分自身もこういう話題からは元気がもらえる。知らない人に知ってもらいたい
  話でもあるし、何より話をしていて楽しい。」
弟「そうだよ、ボクもこういう話をもっと聞きたいんです。」



俺「でもこういう話をしても、何故かランキングは
  全然伸びねぇんだよなぁ・・・」

弟「最後の最後で全部台無しにするのヤメてくんない!?」






※ホントなんだもん

 
↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!↑

[ 2014/07/31 02:23 ] その他 | TB(0) | CM(6)

野馬追

今回も、キュンキュン企画ありがとうございました。

競走馬にとって何が幸せかわかりませんが、
引退後、行方不明の馬が多い中、このように
現況知らせはとても嬉しいです。

また、何かキュンとなる情報がありましたら
よろしくお願いします。
[ 2014/07/31 09:34 ] [ 編集 ]

びっくり!

先に弟子チャン複勝GETおめでとう!!!

俺、買ってたら2・3・4着かな?

マイネルアムンゼン&レッツゴーキリシマって

めっちゃ懐かしい~

いやぁ~今回のソウマ君もやけど

現役引退後に元気に活躍で来てるのっていいなぁ

全ての馬がそうでないのは割ってるけど

見知った馬がこんな活躍してくれてるのが判ると

嬉しいもんです

シャコーグレイドも元気に映画で疾走しててあしね
[ 2014/07/31 15:20 ] [ 編集 ]

いい話でした。

お久しぶりです。
相馬野馬追いに関する、貴重な話し面白かったです。
名前は知っていても、どんな祭りか知らなかったので、聞けて良かったです。

平家の練習が起源とは、驚きました。そして、祭りを大事にしてきた話し、ちょっとウルルっときちまいました。
馬好きとしては、実際の祭りを見に行かなきゃならんと思いました。

ランキングは伸びないかもですが、こういう話し好きですよ。また是非やってくださいね。
[ 2014/08/01 12:47 ] [ 編集 ]

休養前より気持ちに余裕がでてきたらしい

土曜札幌4Rにナムラアース君が休養明けで登場です!
[ 2014/08/02 05:51 ] [ 編集 ]

貴重な情報、ありがとうございます。
どちらから、これらの情報を得るのですか?
素晴らしいですね。
夏を楽しんでください。
今後も更新を楽しみにしております。
[ 2014/08/02 10:32 ] [ 編集 ]

面白い話でした

こういう引退場は他の場所いったら名前変わってるのかな?

しかし最近忙しくて全然読めてないなぁ~
師匠も忙しい中、更新お疲れ様です。

[ 2014/08/02 21:04 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/694-5fb25d81