順位表

★主に競馬の話をするブログではありますが・・・


俺「合コンの方が大事っすよ。」
弟子「堂々と言わなくていい・・・!!」



俺「物事には大事さにレベルがあるんです。それも人それぞれに。」
弟「今週は合コンの話ばっかですね・・・」
俺「予約更新でも言ったけどねぇ、俺は行き遅れなの。こういう出会いの場が必要なの。」
弟「つーか師匠に結婚願望があるように見えないんだけど。」
俺「んー・・・強くはないよ。」
弟「だよね。」
俺「諦めてる・・・って、人に言われちゃうとシャクだけど、そうなのかもなぁと。」
弟「結婚願望薄いのに合コンが出会いの場として大事っておかしくないかなぁ。」


俺「察しろよ。」
弟「察したくねぇけど、その言葉で察した。」


俺「言わすなよ、恥ずかしい。」
弟「・・・このニクツボ女。」
俺「なんか前回記事のコメントでリアル処女扱いしてもらってゴキゲンです。万馬券処女ですけど。」
弟「・・・尻軽。」
俺「でも、やってる方かやってない方かで言ったら、俺は
  やってない方だよ。多分。」

弟「何をどう弁解しようとしてるんだ!?」

俺「あのさぁ、あんまし関係無いかもしんないけどさぁ、殿方はセッ○スすることを『やる』って言うじゃない。アレが個人的に
  物凄い腹が立つんだよね。要するにそれって女性側は『やられてる』ってコトになってるでしょー。」
弟「なんだこの話は・・・」

俺「俺、やってるつもりだからね。」
弟「どうでもいい意識を披露するな!!」


俺「『やらせろ』じゃねーよ、『やられさせてください』だろぉ?あぁん?」
弟「変なスイッチ入っちゃったよぉ・・・」
俺「体位ってヤツは男性側の方が制圧感を感じるかもなって思ってさ、男女の体位を逆にしたことあるんだよ。正常位は
  確かに見下ろされるわ動けないわで女性としては屈辱的な部分もあるし。」
弟「知らないですよぉ!!」


俺「案の定、機能として最低でなぁ。お互い
  痛いわ、すぐ抜けちゃうわ。」

弟「今日は何の話なの!?」


俺「何の話をするつもりだったっけ・・・」
弟「・・・」

俺「ああ、俺ね、騎乗位好き。自分で動けるし
  マウントポジションみたいで・・・」

弟「そっち方面から離れてくださいよぉ!!」



俺「やっぱ競馬好きだからそうなっちゃうのかな。でも騎手のマネとかはしないよ。」
弟「ふぐぅ!!今日もうヤメる!!」
俺「ああ、デシちゃん処女だから刺激強かったか。」
弟「そういうことじゃなくて・・・」
俺「捨てちゃえばいいのに、そんなもん。」
弟「だからぁ!!そういうことじゃなくてぇ!!」

俺「・・・話の本題ね。」
弟「そうだよ、下ネタがキライな人だっていっぱい居るんだぞ!!」
俺「そういう方には申し訳ないけどさ、俺は下ネタを話してるつもりじゃないんだよ。男の子の武勇伝じゃねーの。エロい
  話すりゃなんだかカッコイイってものじゃねーの。確かに下品ではあるけど質が違うの。」
弟「同じだ、バーカ!!」
俺「本当はやるとか言ってる時点でお子様ですよ、貴族的ではない。もっとエレガントに表現してもらいたいもんだね。
  女子は子供っぽさを持った大人の男は好きだが、常にガキみてぇなオッサンって意味じゃないんだから。」
弟「なんかこないだ近い話をしたよーな気がするね・・・」
俺「『たしなむ』と言ってくれると私は嬉しい。」
弟「いや、師匠だけでしょう、それ。」

俺「いいじゃん、『どうです、今宵一汗たしなみませんか』とか。変態っぽくて。」
弟「いいの基準が変態になってるぞ、この変態。」
俺「とにかく、俺はコレ系の話する時には決して『こないだエッチしたんだぞ、いいだろ』的な考えで話してるんじゃないん
  だよ。セッ○スで自慢話が成り立つのは高校生までだ。」
弟「じゃあどういうおつもりでこの様な話を?」


俺「感覚としちゃスポーツに近い。」
弟「アンタは外人か!?」


俺「波の様に読者さんが引いたところで、冒頭の本題です。」
弟「このエロフナムシ!!」
俺「物事には好きや嫌いもあれば、大事かそうでないかっていう、様々な個人的な順位がある。」
弟「最初からそういう出だしで話すりゃいいじゃねーか!!」
俺「仕事や趣味という括りもある。更には家族や恋人、友人も大事なものだよね。」
弟「ようやく普通のトーンに戻ってくれた・・・うん、そうだね。人は大事な物をいっぱい持ってると思います。」
俺「その中で趣味・・・というより欲求の面での話になるかな。その中での優先順位で、果たして皆の中で競馬は何番目か
  ってコトを知りたい。」
弟「ほほう。」
俺「まぁ基本的に仕事や家族より競馬が大事なんて人は居ないと思うんだ。もしそうだよって人が居るなら、そこはそう
  思っていても言わなくていい。それは決して威張れるコトじゃないよ、常識的に。」
弟「そうだよねぇ・・・」
俺「つっぱって『俺は馬券が仕事っすから』って表に言う必要は無い。まぁ多分、本物の馬券師さんなんてのは、こんな
  ブログ読んじゃいないし、そんな答え方しないもんだと思うよ。」
弟「出た、勘違いな出しゃばりに対する回りくどい釘差し。」
俺「そこまで踏まえた上での調査だと思ってね。」



★あなたにとって競馬はどれだけ大事なもの?

俺「まず自分の認識だけどね。」
弟「まぁ、こういうブログやれてるんだから競馬は好きですよね。」
俺「当たり前だね。」
弟「うん。」
俺「でも極論で言ってしまえば、無くなっても生きていけるって存在ではある。娯楽は大半がそうだ、本もテレビも映画も
  音楽も、俺は無くなっても大丈夫だと思う。情報収集とか仕事が関わっていなかったらネットもそこに含まれるな。」
弟「まぁ、死にはしないですよね。無くなっても。」
俺「ここを考えてしまうと議題になりにくいので、生きるために必要か否かは考えない様にしよう。」
弟「はいはい。」
俺「あくまで欲求、趣味の括りで考えるとするならば・・・」
弟「・・・」


俺「6番目くらいかな?」
弟「思ったより高い!!」



俺「・・・高いと思った?」
弟「ええ、師匠って結構多趣味な印象強いし。」
俺「まぁ趣味っつーか、好きなコトってモノの中ではそれくらいかな。」
弟「でも、こんなもんどうやって自分で弾き出せばいいの?」
俺「俺は有馬記念と比較した。」
弟「・・・どうやって?」


有馬記念生観戦とソレ、どっちを選ぶか


俺「まず間違いなく合コンでは有馬記念を
  諦めるしかない。」

弟「『まず』ソレかよ!!」


俺「合コンと回りくどく言ってるけどな、察しろよ。」
弟「また話が元に戻りそうな気が・・・」
俺「そりゃどうでもいい面々の合コンなら有馬記念の方がいいわ、ただこういうコトを考える際は自分の好みの最上級を
  想像しなければならない。もちろん有馬記念も最上級で想像したよ、歴代の名馬達が蘇りレースをするくらいに。」
弟「うおお、スゲェイメージしたんだな。」


俺「名馬達では羽生結弦くんには勝てない。」
弟「もうやめたげてよぉ!!」


俺「勝てるワケがない。」
弟「もういいです・・・羽生くんはもう引っ込めてください・・・」
俺「まぁコレも俺の判断の中では・・・えっと・・・好きなモノの一つとしてカウントした結果、競馬と同じ括りに入るもので
  あって・・・」
弟「・・・ここまで言って好きなモノがソレってトコで照れるんじゃねぇ。」
俺「誰がスキモノだって!?あぁ!?」
弟「言ってねーけど間違ってもいねぇわ!!」

俺「・・・俺の場合は最上級をぶつけ合ったら自分の中でどっちが勝るか、って判断方法になるんだ。そう考えると楽しい
  妄想もたくさんできるし。」
弟「それはおめでたいですね。」
俺「完全にバカにしてるね・・・」
弟「はい。」
俺「・・・一番考えやすいのは、こっちの判断方法になるのかな。」


競馬の無い世界と、自分が好きなソレが無い世界、どちらか必ず選ばなければならないとしたら


弟「ああ!!こっちの方が解り易いです!!」
俺「やっぱりそうか。」
弟「うんこ味のカレーと、カレー味のうんこ、食べるならどっち?
  ってのと同じですね!!わかります!!」

俺「お前の世代でもその質問生きてるのか・・・」

弟「ははぁ、そう言われると・・・」
俺「こうした方が比べやすいかな。想像もしやすいかも。」
弟「・・・ぅふぐぅ・・・」
俺「・・・何をイメージして泣いてるんだ、お前は。」


弟「アイスとお菓子が無い世界に、平穏なんて無ぇよ・・・!!」
俺「この様にですね。」


弟「でも意外だよ。」
俺「何が?」
弟「そこまで言っても6番目くらいなんでしょ?要するに競馬よりもソレが上回ることが5つぐらいしか無いんだ。」
俺「・・・」
弟「ボクは今ので競馬の順位が一気に下がってしまったのです・・・ボクはブログを一緒に続ける資格が無いのかもしれ
  ないです・・・」


俺「お菓子とアイスを種類別にするんじゃねぇぞ。そりゃ全部
  お菓子とアイスだからな。」

弟「ボクは帰ってきた!!」


俺「・・・むしろお菓子とアイスも一緒にしとけ。」
弟「やったぁ!!」
俺「そういう点で言えば、俺の場合はもう恥ずかしがらずに自白すると競馬<酒になる。あとはお前と同様になるけども
  競馬<好きな食べ物。」
弟「・・・割と当然なんじゃないかな、お酒は飲めない人も居るだろうけど、好きな食べ物が無い世界と競馬の無い世界って
  比較対象にすらならないような。」
俺「案外、食というものに対して無頓着な人は多いよ。」
弟「そういうものかな。」
俺「あとは音楽と文学かな、文学なんてインテリっぽい言い方したけど要するに本とか。映画やテレビよりも競馬の方が
  好きだ。テレビが無ければ競馬が見れないけど、そこはちょっと度外視してもらいたいね。他の番組は見れなくても
  競馬が見れるテレビがあればそれでいい。」
弟「タバコは?」
俺「無い世界に行けるなら、行ってやめてしまいたい。」
弟「んなこと言ってるから逆に禁煙できないんだよ。」

俺「あ、あとだ!!猫が居ない世界は馬が居ない世界よりイヤだ!!」
弟「猫好きだもんね。」
俺「そう考えると7番目くらいかな。こじ付けすると実際のところキリが無いのかもしれないけど、競馬より好きなものでパッと
  浮かぶものがこれだけ自分にはあるってコトだ。」
弟「ふむ。」
俺「デシちゃんはどう?」
弟「一位はお菓子とアイス。」
俺「うん、それは解ってた。」
弟「二位はねぇ・・・お酒よりは馬見てる方が楽しいし・・・えっと・・・」
俺「・・・」


弟「なんと馬だ・・・」
俺「お前は無趣味なんだな・・・」





弟「ギャンブルでくくっちゃったか。ボクは競馬ってギャンブル性だけじゃないと思うんだけど。」
俺「確かに競馬はギャンブル以外の面での魅力が我々にとっては大きいよ・・・でも、こうしないとさぁ。」
弟「何言うか読めるんだよなぁ・・・」

俺「ギャンブル同士で順位付けして『俺、面白いこと言った』って
  勘違いするツマンネェ奴が多いと思うので・・・」

弟「予想通りだった。」

俺「ま、ギャンブルって表現でもね、『いえいえ自分にとってはギャンブルじゃなくて投資なので』みたいなコト言う人も居る
  かもしれないが、そういう弁解は一切不要だし投資とするなら生業として考えて頂いた方がいいだろう。」
弟「その場合は趣味とか好きの括りからは逸脱するってことだね。」
俺「ああ、そういう域の方はむしろ投票コメントは控えた方がいいだろうね。」
弟「・・・なんで?」

俺「ココの内容と読者層を考えろよ。カッコ付けたつもりでも
  本当のコトでも『さむっ!!』って思われるだけだ。」

弟「予想通りだった。」

俺「クールにいこうや、本当に稼いでるヤツは自分で『稼いでます』って言わないもんだ。」
弟「・・・釘、刺し終わった?」
俺「ハイ。とりあえず、俺は自分でわざわざややこしく考えてみたけど、恐らく一番シンプルに発想できる方法は自分が
  好きなものに順位を付けるって方法になると思う。こないだの競馬以外ではどんなスポーツが好き?ってアンケート
  でも多くの答えを頂いたけど、そこでお答え頂いた方の中には当然競馬よりもそっちの方が好きって人も居るハズ。
  コメントのトコに書いてもらえるとしたら、その自分が好きなモノを記載してくれればいいよ。」
弟「うーん・・・」
俺「・・・お前はさっきから何を考えてるんだ?」



弟「やっぱり二位が馬だ・・・」
俺「それよりも一位がお菓子とアイスって方が
  どうかと思うけどな・・・」








※前記事へのコメントありがとうございました
 ほとんどコメントの返答に困ったので、コメ返は控えます

 

↑ PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!! ↑

[ 2014/09/25 00:36 ] その他 | TB(0) | CM(7)

競馬の順位

お師匠さまも弟子ちゃんも、今日も多少飲んでおられるかの様…。笑
男子の「やる」、それこそ女子の「好き」と並ぶくらい曖昧でテキトーな表現だと思います。あくま一般的にだけど。
「悪い見本」にはそんな細かいどーでもよい議論を展開してほしくないです!「『やる』なんてなぁ…、バサッ!」くらいに切り落として欲しいところであります。笑
というわけで、お互いに酔っぱ(?)でしょうが、まとめのほどよろしくお願い致します。笑
[ 2014/09/25 02:50 ] [ 編集 ]

・・・・・生々しい

前半もそうだけど後半も生々しいよ師匠。
しかしなぜだろう、師匠の話を聞いてると不二子ちゃんにダイブするルパンのシーンが再生されるのは

「僕は帰ってきた」って弟子ちゃん、ガンダム好きだったけ・・・
[ 2014/09/25 06:38 ] [ 編集 ]

アンケート

また、面白い?アンケート。
競馬って、ギャンブルですけど、不確定要素が大きくて、それで人気ないのでは?
オーナー様の意向。その日の天気。馬の調子、騎手の調子。
だから、うち手それぞれのスタイルが、あって、超成功者が居ない。
だから、人気一位ではないのだと。
また、中央だけですと、平日はないので、そこも長所となるのか、短所なのか。
まあ、他のも不確定要素があるからギャンブルなんですが。
もう、中央競馬だと、酔っ払いさんがオケラ街道でくだまいて。なんてないから。
鉄火場には、ならないでしょう。
そうなるとギャンブル好きは違うところにいくと思います。
[ 2014/09/25 07:03 ] [ 編集 ]

まあ

はしゃぐのもよいではないかよいではないか。
[ 2014/09/25 07:44 ] [ 編集 ]

十分すぎる(笑)

記事前半部分

結婚願望の少ない人間には

「行き遅れ」の表現は的確ではないです

やる気の無い時の横典みたいに「ヤラズ」

じゃなくて「イカズ」でしょ(笑)

TILサンは結婚しない方がいいよ

今の状況で色々楽しんでる方が性に合ってると思う!

後、一般的に比べると・・・

十分過ぎるぐらい多いと思う(笑)

数じゃなくてシチュエーションとか内容とか(//▽//)

アンケートは確かに競馬はギャンブルやしね

ある程度やっていったら

この子の父(母)が好きやったからって

メンバー的に厳しいの判ってて応援馬券買う事もあるけど

基本、リターンを期待して買ってる時点でギャンブルやもんね

で、改めて順位数えてみると7位やった

6位(女性)とは入れ替わる可能性も高いけど(^^;)
[ 2014/09/25 09:39 ] [ 編集 ]

飲みの席自体苦手なので

合コンって行ったことないんですけどどういうものなんです?
普通に飲み会と同じようなイメージなんですかねぇ
[ 2014/09/25 22:53 ] [ 編集 ]

猫>タバコ>コーヒー>競馬>おっ●い>パ●パン>お酒の順番になると思います。これらの要素がまとまったブログがあるといいなぁ?(ニヤリ)

誠に残念ながらノンフィクションです。
[ 2014/09/26 22:45 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/733-a61d2c49