MCS南部杯の予想

俺「ねぇねぇ、デシちゃん。」
弟子「なんですか、不気味な猫なで声出して。」

俺「ひざまくらしてくれませんか・・・?」
弟「!?」


俺「なんかこう、優しくしてほしいんだ・・・」
弟「・・・土日にかけての仕事で病んでますね。」
俺「しんどかったよぉ・・・」
弟「ヒドい顔して帰って来ましたもんね、ゾンビかと思ったもん。」
俺「お前には途中で帰ってもらったけどさ、あの後がもう大変で。思わずグチをブログにしてしまった。」
弟「大変だったのは知ってますよぅ。」
俺「やさしくしてよ。」
弟「・・・」

俺「よしよしって言いながらギュッとしてよ。」
弟「直球投げてくるなぁ・・・」


俺「うー・・・つらいのである。」
弟「ひざまくらでいいの?それで癒されるんであれば別にいいけど。」
俺「うん。いいの?」
弟「ひざまくらなら別にいいですよ。」
俺「じゃあお願いしますです。」


~ひざまくらしてもらっています~


俺「えー、そういったワケでね。」
弟「この状態でやるのか!?」


俺「土日と競馬は無事に開催されてね、ノリさんが2500勝達成とか、トレヴが引退発表したと思ったらすぐに撤回とか色々
  あったんですけども(モソモソ)。」
弟「モソモソしないでくれませんかね・・・」
俺「毎日王冠のロゴちゃんは残念だったなぁ、いいスタート切ったからもっと前で競馬しても良かったと思うんだけど。」
弟「ユタカさんが勝ったのでウレシイのです!!」
俺「ぶっちゃけレース見るまでどんな馬が走ってるか知らなかった
  んだけど。」

弟「それで競馬ブログやってるってんだからスゴイよな・・・」

俺「うおー、サンレイレーザーがいるー!!ペルーサもいるー!!ってなった。とりあえず毎日王冠は、読者さんからの
  コメントによりロゴタイプが出るレースなんだってぐらいにしか見てなかったわ。」
弟「重要なレースだよ、天皇賞に向けての。」
俺「どうだろうなぁ、今回はあまりアテにできない気がする。渋い面々での決着だからってワケじゃないけど、勝ったエア
  ソミュール以外の上位陣は馬の能力より騎乗が光っていた感じだからなぁ。エアソミュールはよく届いたなって感じ
  したけどね。」
弟「そこはユタカさんですから。」
俺「ここも全頭が1秒以内の中でゴールする接戦レースだったからな、メンバー内でのレベル差はあまり無いのでは。」
弟「大御所勢の相手はキツいかぁ・・・」
俺「そこに来ての京都大賞典。このレースは天皇賞に直結しないことで有名なレースだけど・・・」
弟「こっちにはヒットくんが居るよ。」
俺「体育の日はマズイでしょ、流石に。俺だってソコを見越した仕事でこんな目に合ってるんだから。」
弟「台風だねぇ・・・でも進行速度が遅くなってるからひょっとしたら・・・」
俺「順延だよ、順延しよう。」
弟「順延に対して前向きな競馬ファンて・・・」
俺「あのな、風雨が危ないってのは確かに最大の理由になるよ。でもそこは自然の気まぐれだ、予報通りに行かないかも
  しれない。しかし順延にならない理由は『風雨がひどくなければ開催できる』ってものでもないだろ。」
弟「?」
俺「既にこんな発表されてるんだから。」


keihan.jpg


俺「京都競馬場、陸の孤島になるぞ。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!」


俺「もう鉄道を止めるって言ってんだからさぁ・・・人が動かないと儲からない鉄道会社が『出かけるな』って言ってんのに
  頑なにその中で競馬やってたらバカだろ。」
弟「た、確かにね・・・」
俺「これはもう実施されるだろ。運行を取りやめる予定でしたが・・・ってダイヤを戻すことはできないんじゃないか?とに
  かく、京阪神地区の在来線は午後になったら止まるってことだ。」
弟「電車の人は帰れなくなっちゃうね。」

俺「京都競馬場をキャンプ地とする。」
弟「『水曜どうでしょう』かよ・・・」


俺「現地に人が来れない状況になっちゃうなら仕方無いと思うぞ。ネットや他場から馬券購入はできるから、ひょっとしたら
  現地収益が減るってのは些細な問題かもしれないが。」
弟「まぁ、ちょっと問題の質が違う感じですよね。」
俺「順延でいい。異論は無い。」
弟「でもなんでこんなに順延してほしいんだろ、この人・・・」


俺「ヒットくんが大外枠で荒れ馬場でレースするなんて以ての
  ほかだ、順延だ。枠入れ替えて来週やろう。」

弟「かなり切実だった。」


俺「でも南部杯は開催できそうだ、あっちは台風の影響が出るのが夜っぽいから。」
弟「岩手競馬の一大イベントだもんね。開催できるといいな。」
俺「一大イベントねぇ・・・」



★G1なんですよ、南部杯って


俺「何この出馬表(フスフス)。」
弟「息を当てちゃヤダァ!!」



俺「スゴイな、この出走メンバーは。」
弟「・・・もうどいてほしい。」
俺「デシちゃん、見てごらん。今年の南部杯の出馬表。」
弟「見てますよ。」


俺「いいにおいがする(フスー)。」
弟「やぁだぁ!!息やだぁ!!」



俺「ダートグレード競走の勝者が3頭しか居ないG1って・・・(モソモソ)」
弟「もう!!おとなしくしてないと叩くぞ!!」
俺「その重賞勝者の内2頭が共に戸崎騎手の手によるもので、その戸崎騎手がベストウォーリアに乗っていると。まぁ、
  そんなこと読まなくてもここはベストウォーリアだよなぁ。」
弟「・・・なんという、このしょうがない感。」
俺「収拾に困るのがナムラタイタンと。岩手転厩後は当たり前の様に圧勝を続けているが、個人的にはあまり頂けない
  かなぁ。ここにきて調子に乗った状態で、再び中央馬とあたることへのギャップを考えたら戸惑いしか無いわ。」
弟「おお、地方代表なのに。」
俺「盛岡行って3戦しかしてないんだ、地方代表って感じはしないよ。まだ中央馬を見ている感じだ。」
弟「そうかもなぁ・・・」
俺「まぁそれにしたってナムラタイタンは狙いたくなる理由もあるわな、最近圧勝してるって理由以外で。」
弟「ふぇ?」

俺「中央組の騎手見たら狙いたくなるわ。」
弟「確かにそれは言える。」


俺「あんまし地方経験が無いジョッキーが多いからな・・・確かにナムラタイタンは馬、鞍上共に高い地の利はあるんだ。」
弟「そうなんだよねぇ、そこ考えると対抗も妥当なのかなと。むしろ勝ちの目も考えて良さそうかなーって思う。」
俺「中央に普段後方型の馬が揃ったのも気になるところだ。盛岡というコースは地方競馬場にしては起伏が激しい形状を
  している。3角を頂点として4角までの下り坂、コーナリングをしながらの高低差約3mは結構な傾斜だ。ここで仕掛けて
  勢い余って外に膨らんでしまっては後に響く。勝負どころを見誤るとしっぺ返しを食らうコースなんだよ。」
弟「前が残る印象が強いのは、地方競馬全体に言えることだけど・・・」
俺「ここは特にその印象が強いよね。起伏が激しいコースってのは大体先行有利だ。」
弟「なるほど。」
俺「当然、ナムラタイタンも前に行くだろう。」
弟「前目に付けますよね。」
俺「で、ベストウォーリアは先団の後ろってイメージ。」
弟「ふむ。」

俺「おう、お前ら。戸崎さんから離されずに着いていけよ。」


◎ベストウォーリア
○ナガラオリオン
▲ポアゾンブラック
▲グレートチャールズ

三連単◎→○→▲ おまけでポアゾンブラックとナムラタイタンのうまふく



弟「変な中央決着だなぁ・・・!!」

俺「まぁ逃げるのはポアゾンブラックでしょうな。この馬がどんなラップでレースを運ぶかで結構変わる気もするけど、単騎
  で逃がしたら結構怖い一頭だ。スローで引っ張られたら戸詐欺騎手が登場する可能性もある。」
弟「それがそのうまふくですか。」
俺「あんまし考えにくいけどな。ちゃんと捕まえられる位置からベストウォーリアが仕掛けてポテンシャル出せりゃ、まずこの
  メンバーじゃ負けないでしょ。ナガラオリオングレートチャールズはそれをマネすりゃいいだけだ。」
弟「それ言ったらキョウエイアシュラアドマイヤロイヤルはどうなんのさ。」
俺「彼らは別に戸崎騎手をお手本にしなくても競馬ができるだろ。」
弟「どおいう理屈なんですか!?」

俺「多分自己判断をしにくいと思うぞ、国分騎手と松田騎手は。ちょうどいい位置に戸崎騎手が居るんだから乗り方をマネ
  すりゃいいんだ。」
弟「スゴイ予想の仕方してきましたね・・・」

俺「でも、ポアゾンブラックがG1馬になるって想像したら、
  アタイ結構興奮しちゃう♥(ハスハスハスハスハス)」

弟「そんなとこハスハスしちゃダメェ!!」

俺「園田デビュー馬だからねー、どっちかって言うとナムラタイタンよりも地方応援って観点じゃこっちの方が上。」
弟「・・・もうぶっ叩いていいよね。」
俺「んーふ♥ やだ♥(モソモソ)」
弟「・・・」
俺「このまま寝ちゃってもいいな♥」


弟「耳にヨダレ垂らしますよ。」
俺「ドコでそんな素敵なプレイ覚えたの!?」


弟子予想
◎ベストウォーリア
◎ナムラタイタン
▲アドマイヤロイヤル

三連単◎1,2着→▲3着 三連複



弟「さっきの騎手のハナシは大いに関係してくると思いますよ、ここはナムラタイタンと言うより岩手の坂口騎手。」
俺「ま、まぁ確かにね、アリだよ。うん(フルフル)。」
弟「それに四位騎手だって前2走で騎乗してたナガラオリオンじゃなくてアドマイヤロイヤルに騎乗してるんですから。ここは
  アドマイヤロイヤルを重く見ておくべきじゃないかと。」
俺「ふ、ふぅん。そうなんだね(フルフル)。」
弟「・・・何をさっきから小刻みに震えてるんですか。」


俺「・・・ヨダレ待ってるの。」
弟「・・・ペッ」



俺「・・・デシちゃん、それはヨダレを垂らすじゃなくてね、ツバを吐くって言うんだよ。」
弟「うん、知ってる。ペッ」





※疲れでテンションが変。皆様も引き続き台風にお気をつけ下さいまし。


↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2014/10/13 00:42 ] 地方競馬予想 | TB(0) | CM(14)

京都大賞典

師匠さん、台風のための前倒し仕事お疲れ様でした。
京都大賞典はやっと14日に順延となりました。

まだ、台風の影響はあると思いますが
[ 2014/10/13 08:25 ] [ 編集 ]

残念ながら

TILサンの願いかなわず順延は順延でも明日・・・

出馬表もそのままやし明日は田んぼ馬場での大外ですね

天気がましな午前中に後半レースだけやりゃいいのに

(現在、大阪は晴れております)

ほとんど電車を止める事の無い京阪電車が止まるって言うてるし

仕方ないんですけどねぇ

今晩~明日はそちらにもかなり影響ありそうなのでお気を付けて!

できるなら仕事・外出せず弟子チャンとまったり唾かけプレイ楽しんでください
[ 2014/10/13 09:13 ] [ 編集 ]

明日だと馬場は悪そうすねぇ…

ただ宝塚記念4着は実績上位だ!

ポアゾンブラックは戸崎が可愛がってくれたら残り目もある気がするんだけど今回は前に『怖さ』を感じると思う。

◎ベストウォーリア
○ナムラタイタン
▲アドマイヤロイヤル
△ナガラオリオン

ナムタンは久々と『楽』な競馬が気になるが地の利がある。
師匠が言うように中央馬は『騎手』が不安。
展開の恩恵を受けそうなのがナガラオリオン!

弟子ちゃんと師匠の予想の間隙を付くならロイヤルとオリオン だ!!!
[ 2014/10/13 11:36 ] [ 編集 ]

10分いや5分でいいから

膝枕は魅力的。

南部杯はエスポワールシチーで後藤騎手が復活したのが印象的でしたねェ~
個人的にはオーロマイスターがかった時は予想ばっちりで感動しましたけど
(その時は3着の馬なんて気にも留めてなかった・・・)

やっぱり、1番人金からの馬単裏表でしょうかね。
ポアゾンブラック、ナムラタイタン からのベストウォーリア裏表でいいんでないでしょうか。

当たったら弟子ちゃんよろしく!!
[ 2014/10/13 14:19 ] [ 編集 ]

だーかーらー物理的でもなんでも良いから合体キボンww
[ 2014/10/13 16:47 ] [ 編集 ]

もう

合体すべきですね(笑)
[ 2014/10/13 18:50 ] [ 編集 ]

南部杯はウォーリア、ブラック、アドマイヤということで、まるで師匠を思い起こさせる様な決着でしたね。私は、購読者として馬単を的中出来た事を嬉しく思っています。
そんな自分へのご褒美として、ひざ枕60分コースを弟子ちゃんで予約しようと思いますが、いくらですか?(ツバのオプションは付けません)
[ 2014/10/13 23:28 ] [ 編集 ]

>トリゴボウさん

ねぎらいありがたう!!

・・・14日への順延はなー、まぁ馬の状態考えたらその方がいいのかもしれないね。
[ 2014/10/14 00:59 ] [ 編集 ]

>ranbuさん

そこまでトリッキーな開催変更はできないでしょー。
危険と判断したら中止ってのは当たり前のコトなんだけどね。

今結構な風が吹いてるけど、もうヤマ場は越えた模様。
フッ、18号のが強かったゼ。
[ 2014/10/14 01:03 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

逃げには騎乗技術もクソも無いって時、あるよね・・・

個人的にはポアゾンブラックの健闘は喜ばしいコトですヨ!!
[ 2014/10/14 01:05 ] [ 編集 ]

>ニコフさん

お、当たってるじゃないですか。おめでとうございます!!

ニコフさんにはアタイの「いっぱいでたなにかを拭き取ったティッシュ」が
プレゼントされます!!
[ 2014/10/14 01:08 ] [ 編集 ]

>けいたさん

キスは何度かしてます(キリッ)。


仕掛けてくるのは大体ヨッパの弟子です。
[ 2014/10/14 01:09 ] [ 編集 ]

>権兵衛さん

だからキスは(ry
[ 2014/10/14 01:10 ] [ 編集 ]

>ササニシキさん

俺でブラックを思い起こしてしまった為、通常価格300円のところを
特別にひゃくまんえんでご奉仕致します。
[ 2014/10/14 01:12 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/749-9ae64e01