スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小さな巨人へ・・・

こんにちは、管理人のTILTOWAITです。

昨日の文末でお伝えしていた通り、本日は悲しい訃報をお伝えせねばなりません。


シゲルスダチ
(conorさんより頂いた、当日のお写真です)



日曜の奥多摩Sで12着に敗れたシゲルスダチ
最後の直線で脱臼を発症、回復が見込めない程の重症の為、予後不良の診断。
天国へと旅立ちました・・・



正直、この子に関してはこのブログで触れる機会が少なかったですよね。
何せ重賞しか予想やってませんからね。そしてブログ開設は2012年の5月末で、
あの痛ましい事故となったNHKマイルはブログ開設前の出来事だったんですから。

シゲルスダチに応援が集まるキッカケになったのがあの事故というのも、何だか皮肉な
感じはしますけど、それは間違いなく事実です。

G1という大勢の観客が集まるレースで、その事故は起きてしまいました。後藤騎手騎乗のシゲルスダチが
岩田騎手騎乗のマウントシャスタによる進路妨害により激しく落馬をしてしまったあの事故・・・
この事故により、後藤騎手は頚椎を骨折。長期の治療生活を送ることになってしまうのですが、まずこの時に
信じられなかったのがスダチの状態でした。前のめりに倒れ横滑りしターフに倒れ込み、ピクリとも動かない
スダチの姿は非常にショッキングなものでした、多くの方が「この馬は助からない」、あの瞬間はそう思った
でしょう。しかし、少しの間を置いてスダチは立ち上がった。何事もなかったかの様に。これだけでも信じられ
ませんでした。ああ無事だ、良かった・・・

次の瞬間、スダチは更に目を疑う行動に出ます。
レースでそれだけ怖い思いをした彼は、今まで自分の背に居た後藤騎手がターフに倒れ込んでいる側で
心配そうにウロウロしだしたのです。その光景の動画は今は削除されてしまっていますが、確かに何とも
不思議な光景でした。


有名な話で、キーストンという悲運の名馬のエピソードがあります。
なんだか、それを彷彿とさせる光景でした。


こういう場合、大半の馬は競走本能に基づいて、レースをやり直そうと馬群を追いかけようとするか、
怖さからパニックに陥り暴走してしまうか、そのどちらかになってしまうことが多いそうです。
スダチは後藤騎手の側でどうしよう、どうしようと言った感じでウロウロウロウロとしていました。
それが「心配」なのか「助けて」なのか。どういった感情で彼がそうしたのか。ハッキリさせる必要は
無いと思うけど、彼がレースよりも後藤騎手を選んだのは間違いないんですよね。

後藤騎手も、そんなスダチだから思い入れが強くなったと言ってましたね。
このNHKマイルまで9戦を要しているスダチと後藤騎手がコンビを組んだのは、その前走の僅か
1戦のみ。
でも、後藤騎手は落馬負傷後もスダチの応援に駆けつけたり、復帰したら真っ先に騎乗したい
馬としてスダチを挙げたりしました。


競馬を見ている以上、悲劇は常に付き纏います。
そんな中で彼らは、悲劇の中で感動を与えてくれました。



成績には結びついていないし、気のせいかもしれないんだけれど、昨年の奥多摩S。
スダチと後藤騎手が、あの事故以来のコンビを組んだレース。


スダチがなんだか嬉しそうに見えるんだよね、改めて見ると。
確かこの時って、後藤騎手が調教にも騎乗してね。で、パドック周回もなんだかソワソワしてる感じでさ、
騎乗合図で後藤騎手を背に乗せて何だか嬉しそうな顔してさ・・・







もっと後藤騎手と一緒に走りたかっただろ?


帰ってくるの、待ってたんだろ?


神様って残酷だよな・・・


もうちょっとでアイツ、戻って来れてたんだぞ。


この次はアイツとまた走れる予定だったんだぞ。


天国行く前に寄り道して閻魔大王蹴ってきていいよ、


「楽しみにしてたのに何てことするんだ!!」って言ってやれ。



・・・私は競走馬と騎手の愛情や相性という話が好きです。
そしてそれは実在すると思うんだよね、上手い下手以上の何か。つまりは好き嫌い。
スダチは後藤騎手のことが好きだったと思うし、それ以上に後藤騎手がスダチのことを好き
だったように思えます。

昨日の夜、後藤騎手がフェイスブックでスダチの件に触れていました。
公人として多くの方に見られる立場の中、冷静かつ丁寧にスダチへの想いが綴られた内容。
あの落馬の時の思い出、スダチがどんな馬だったかというお話、そして最期の時のこと・・・

もちろん、その内容を見て悲しさがより強くなったのも事実なのですが、何より後藤騎手がスダチの
ことを好きで好きでしょうがなかったという愛情の深さに、更に胸が締め付けられる想いで読まさせて
頂きました。

その文末に添えられた、この一言。
きっと、この言葉はスダチにとって本当に嬉しい、強い感情が込められた言葉。



シゲルスダチ主戦ジョッキー 後藤浩輝



涙を堪えながら読んでいましたが、この言葉にはもう・・・

スダチは最後のレースとなった奥多摩Sまで34戦しています。その内、後藤騎手が手綱を取ったのは
僅かに4度。そんなスダチに、自らを主戦と告げる後藤騎手。その思いの深さが伝わってきます、きっと
スダチも『そうだよ!!』と言っているでしょう。


多くの方に愛された存在でした、本当にファンが多い子だった。
あのNHKマイルの事故から僅か2ヶ月でターフに戻り、北九州記念では大接戦の馬群の
中で叩き合い2着になった。他の馬に噛み付こうとしながら走っていた時もあったっけ。
小柄な芦毛の馬体は日に日に白さを増し、その馬体で大きな相手と勝負をしている姿も
魅力的でした。

関東転厩初戦で起きてしまった悲しい事故、誰も責められるものでもないし、
スダチだってそんなことは望んでいないと思う。
もう一度、後藤騎手を背に走る姿を見たかったファンも多いだろうけど、その想い以上に
強くスダチは後藤騎手とまた走りたいと望んでいたと思う。
あの事故の時も、やっぱり後藤騎手が心配で離れなかったんだと私は信じています。
そういう優しい心を持った馬だと思う。


・・・思うばっかでどうしようもないですね、でも本当にそう思っています。


11月22日。
後藤騎手が再びターフに戻ってきます。
スダチもきっと、二度とあんな事故が起きないよう天国から見守ってくれるでしょう。


最後に。

アドマイヤラクティ、シゲルスダチの立て続けの悲報は、確かに競馬ファンとして心が
苦しくなる出来事です。
でも、それがきっかけで競馬を見るのがイヤになったら、それは彼らの望んでいること
ではないと私は考えています。

彼らの分まで、今を走る馬達を応援してあげて下さい。
それが彼らの望んでいることだと、我ながら都合のいい解釈ながらそう持論付けています。
シゲルスダチという優しい馬なら尚更そうなんじゃないかな。



シゲルスダチ、今まで感動をありがとう。
多くの人達が君との別れを悲しんでいるけれど、君にはそれを誇りに思ってほしい。
それこそ、後藤騎手のフェイスブックじゃないけど、天国で他の馬達にその事を自慢でも
しててくれてるといいな。
最後のレースは痛かっただろうけど、今は君が安らかであることを祈ります。

多くの競馬ファンを魅了した、優しくて白くて小さな巨人に、合掌・・・






「悪い見本」管理人:TILTOWAIT




[ 2014/11/11 00:31 ] 雑感 独り言 | TB(0) | CM(10)

僕の短い競馬歴の中でも、勝ち負けとか名前とか関係なく好きになった一頭でした。

マイルカップの時の仕草、あんな仕草する馬もいないですもんね。
ほんとに皮肉ですけど、あれからスダチが人気になって、成績なんかそこらの馬と大差ないのに、元気な姿見てみんなほっこりして。
こんなに勝ち負け関係なく愛された馬もそういないと思います。

最後も偉かったですね。ぶっしーさん落とさず、痛いの我慢して完走して。

とりあえずはお疲れ様と言いたいです。
ありがとうスダチ。
[ 2014/11/11 01:30 ] [ 編集 ]

ありがとうございましたm(__)m

記事UPして頂いてありがとうございましたm(__)m

シゲルスダチは阪神と小倉で走るイメージの強い子でした

デビュー時は珍名で?と気になった馬でしたがNHKマイルにまで出てきて

”おぅ~”と思っていたらあの事故…

でも復帰して無事に走り続けてて馬券対象には中々しなかったけど

頑張ってるなぁと思ってました

後藤騎手のFBは今朝見て、やっぱうるっとしました

次走は騎乗予定だったのにねぇ(/_;)

でもTILサンの言うとおり今をそして未来に走る子達も

頑張って応援してあげないとね

日曜日にちょっと応援したくなる子を見つけてしまいました

大好きやけど憎っき強敵だった馬の血脈が入ってる子です

たまたま母馬の名前を見て”あれ?この馬は確か…”って調べたら

やっぱりそうでした

ベルーフって子ですけど又応援したくなる馬が出てきました

残念な形で競走馬生活を終えてしまったシゲルスダチの分まで頑張ってほしいです

シゲルスダチ号に哀悼の意を表し合掌(~人~)
[ 2014/11/11 01:37 ] [ 編集 ]

後藤騎手Facebookで少し前にもスダチと写って触れ合ってるんですよねえ、その流れであれ読んだから酷く鑑賞深かったです。かなしい事だけど、その分後藤騎手にはがんばってもらいたいです。
[ 2014/11/11 02:28 ] [ 編集 ]

シゲルスダチ

また、訃報。
最近多いですね。
でも、スダチ君が見守っているので、後藤騎手は、また、ターフにもどってきます。
きっと、勝負どころで、必ず天国から後藤騎手の背中を押して、勝利を導くでしょう。
※師匠さんの文章で、うるっときました。
悲しいことが続きますが、こんな時こそ、自分たちは精一杯応援したいとおもってます。
[ 2014/11/11 02:42 ] [ 編集 ]

自分は競馬はじめたのは後藤騎手落馬の後からだったのであまり詳しくは知らないのですが、後藤騎手のFBを見て泣きそうになりました。
後藤騎手はホントにスダチが大好きだったんですね。そしてスダチも後藤騎手が大好きだった。
これからは天国から後藤騎手を見守っててほしいですね。
合掌。
[ 2014/11/11 03:56 ] [ 編集 ]

命あるものには…

終わりの時が来るのは宿命ではあるのだけれど、たがらといって全てがスンナリと受け容れられるものないですよね。いや、大多数が受け容れ難いことでしょう。とは言え過ぎた時間は巻き戻す事は出来無いのですから、残された者は悲しみを乗り越えて前を向いて歩み続けるしかないかと…心の片隅に記憶と想いを留めながら。


夜が明けて今日はラブミーチャン記念、明日はハイセイコー記念、木曜日には道営記念と有ります。これからまた未來に向けて頑張る馬たちや騎手の方々、関係者の方々を応援していきたいと思います。
ハイセイコー記念にはオウマタイムも登録してますからお師匠さんの応援記事を期待していますし、道営記念で今シーズンの門別は終わりとなりますから「2度とやんねぇ~」と言われてますがチャレンジしていただきたいと思っています。自分はクラグオーを応援したいと考えています。
[ 2014/11/11 04:05 ] [ 編集 ]

NHKマイルカップであの大事故にあい、奇跡的に無傷だったそんな彼がなんでこんな旅立ち方なんだろう…
私は競馬を好きになってからまだ年月が浅いので、スダチのレースは半分くらいしかリアルタイムで見れてないのですが、鞍上が固定されなかったり、左回りがすごく苦手だったり、ダートも使ってみたり、やっぱり距離は1,200が最適なのかなとか、西園厩舎の方はなんとかスダチに勝利をと一生懸命で、私もスダチの勝利を夢見て毎レース応援していました。スダチに会いたいから競馬場へ足を運んでいました。
転厩先の伊藤厩舎でも、勝負服に合わせたメンコとバンテージ付けてもらって。愛情深く受け入れてもらっていたと思います。
悲しすぎます本当に。大好きな馬が亡くなることがこんなにも悲しくて辛くて虚しいとは。
いつか引退して、どこかの牧場でゆっくり過ごしているスダチに「よく頑張ったね、君は最高にカッコいいお馬さんだよ」って褒めてあげるのが私の夢でした。
「シゲルスダチ主戦ジョッキー 後藤浩輝」
感激しました。スダチにも後藤騎手にも感謝の気持ちでいっぱいです。

長々とすみません。なんだか師匠に聞いてほしくて(^^;;
奥多摩S、12着だったので一つ着順上げてあげてください(*^^*)
[ 2014/11/11 04:17 ] [ 編集 ]

シゲルスダチ号

最近…なんか訃報が続きますね(T^T)

この週末、私は末娘から欲しくもない風邪を貰い、床に伏せておりました。師匠のブログを読んだ後、朦朧としながらメインだけ予想して、いつもならコメント欄に勝手に予想を書き込んで寝るんですが、それも出来ず…そして昨日、師匠のブログを見て、慌てて飛び起きて確認してみたら…(;´д`)
これはちょっと馬の神様も酷すぎるよ…
思わず泣いてしまいました。
でもラクティー号の時にも書いたけど、一番残念で悲しいのは馬主さんであり、厩舎関係者であり、そして今回は後藤騎手なんですよね
後藤騎手のコメントを読んだ時、凄く無念さが伝わってくると同時にスダチ号の今回は誰も背中から落とさないゾッっていうところに物凄く胸を打たれました。
すみません。これを書きながらも泣けてきて何を書いてるのか自分でも解らないんですが…(T^T)
師匠、スダチ号のレースの着順を12着に訂正しておいて下さいね。
スダチ号、有り難う。合掌
[ 2014/11/11 10:11 ] [ 編集 ]

だいぶ以前に取ったコンサートが今日でした

こんな時にコンサートなんか見る気分じゃないんだよな…と思いながらも、
JASON MRAZの歌声に癒やされまくりまクリスティーでした。

アイムユアーズも演奏してくれました!

競馬ファンへのメッセージです←ウソびょん

明日は春馬くんにヤジを飛ばすことを目標に、大井に行ってきます。

オウマタイム♪♪
[ 2014/11/12 00:11 ] [ 編集 ]

良かった(-^〇^-)

Twitter見ました

メルシーエイタイム号が大分回復してるんですよね?

その前のTwitterで闘病されてた騎手の訃報に関して

ここ最近の度重なる競走馬達の訃報もあり

かなり心が落ちてた印象を受けましたが

絵馬を奉納し回復を願ってた子の朗報に

TILさんか心救われたように見えました

良ければ又、朗報として彼の記事書いてあげてください(^-^)
[ 2014/11/12 01:46 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/775-aa2821e0











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。