川崎記念の・・・

弟子「ホッコータルマエでしょ♪」
俺「もう少し引っ張ってくれると助かるのに・・・」


弟「コパノリッキーのあんなカッチョイー姿見せられたら負けていられませんよ!!」
俺「確かにダートの二大横綱だからな。」
弟「最近相撲の話が多かったですけど、イメージではホッコータルマエが白鵬コパノリッキーが日馬富士って感じです。
  安定感抜群のホッコータルマエ、スピードに物を言わせるコパノリッキー。」
俺「じゃあ鶴竜は誰だよ?」

弟「鶴竜?」
俺「かわいそうな鶴竜。」


弟「そりゃドバイ最下位はショックだったし、その後の復帰でどうなるかと思いましたよ。でもここ2戦のレースっぷりを見て
  下さいよ!!逆らえるのはコパノリッキーぐらいです。」
俺「まぁそうだよねぇ。」
弟「南関勢力も応援したいところではありますが、フツーに考えて東京大賞典で生まれたビハインドが川崎に変わった
  からって埋まるとは考えられません。問答無用の一着固定でしょ!!」
俺「・・・川崎なんだよなぁ。」
弟「うぇ!?」

俺「・・・うーん。」
弟「ま、まさか・・・」
俺「えっとねー・・・」


弟「切る?ここで切るとか言うおつもり?切れ!!
  切っちゃえよ!!切っちゃえよバカ!!」

俺「なんか凄い攻撃されてる。」


弟「切っちゃおうよー♥ しーしょーおーぅ♥」
俺「切れるかバーカ。」
弟「ぬっ。」
俺「対談始めていきなりド固い本命なんぞ挙げおってからに・・・いつもの流れってモノ考えてくんない?」
弟「しょうがないじゃないか、ホッコータルマエなのですから。」

俺「それ言っちゃったら尺を稼げないだろぉ!?このブログの
  ウリはなぁ、無意味な長さにあるんだぞ!?」

弟「この人はホント尺にウルセェなぁ・・・」

俺「『コイツらいつ予想するんだろ・・・』って思わせないと。」
弟「そんなお約束、ボク知りませんし。」
俺「むしろだなぁ、せっかく相撲のハナシしたのにお前、鶴竜で膨らませられないってのはどーゆーコトだ!?」

弟「鶴竜をふくらます?」
俺「かわいそうな鶴竜。」


弟「鶴竜関は異様なまでに横綱感が無いと思うのです。」
俺「本人にお伝えしたくないですね・・・」
弟「当てはまる馬は居ないですねぇ・・・ワンダーアキュートって歳でもないですし・・・」
俺「そりゃワンダーアキュートがちょっと可哀想だぞ。」


弟「とりあえずJRAはモンゴル。」
俺「問題発言だ。」



弟「日本人力士に頑張ってほしいのと、地方馬に頑張ってほしいという感覚は、なんだか似ている。」
俺「ちょっと納得できちゃうね。」
弟「それにしても白鵬関の会見にはちょっとガッカリですね・・・」
俺「ここに来て自分から脱線するか。」

弟「稀勢の里関との取り直しの一番についての発言、当人は不満だったのかもしれないけどそこは押し殺してほしかった。
  稀勢の里関が贔屓されたワケじゃないよ、変なコト言うと風格が台無しになっちゃうよぉ。」
俺「まぁ、ちょっと卑屈に見えちゃうよね。三横綱の中で最も威風堂々としてる印象あるんだから勿体ない発言だとは思う
  けれど・・・」

弟「でもホッコータルマエは大丈夫でしょう!!」
俺「飛距離の短いブーメランであった・・・」


弟「疑うだけ無駄だと思うんだけどなぁ。ゴールドシップみたいなことにはならないんじゃないの。」
俺「常に力を出してレースしている感じで、嫌気を出す様なこともない。ドバイ後は心配されたけど、強い姿のまま戻って
  来れて本当に良かったよ。」
弟「でも、師匠は川崎コースに対して不安を持っているみたいじゃないか。」
俺「うん。」
弟「おバカさんですねぇ、昨年勝ってるんですよ?」
俺「それが余計に不安にさせてくれてるんだよ。」
弟「!?」

俺「昨年の川崎記念、ムスカテールに半馬身差まで詰め寄られただろ。地方競馬場でこの馬が勝利する時は大体明確な
  着差を付けて勝つ。昨年の川崎記念はこの馬のG1勝利の中で最も危なっかしい勝利だった。」
弟「なるほど、確かに理由としては理解できる。」
俺「それだけじゃないんだよね。」
弟「うぇ?」
俺「この馬が負ける場合に考えつくパターンってさ、逃げ馬を捉えきれなかったってパターンがまず思いつくでしょう。」
弟「負けるとしたらそうなるかな。」
俺「今回はタルマエが逃げそうでしょ。メンバーから判断すると。」
弟「でも逃げ切りだってしてるもん、一昨年のJBCクラシックで。同じ距離だよ。」
俺「あのJBCクラシックは単純に距離さえ持てば前に行っても止まらないって馬場だったんだわ。」
弟「・・・何が言いたいんですか?」


俺「・・・バテる可能性、考えてもいいかもな。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!!」



俺「って言っても大負けはしないだろうけどね。」
弟「ちょ、ちょっと待ってよ、ホッコータルマエが逃げバテ!?なかなかドリーミンなコトをおっしゃいますねぇ!!」
俺「いや、あのさ・・・オウマタイムが全日本二歳優駿に出なかった時に、『走破タイム考えたら、出てりゃ勝ってた』って
  言ったじゃない。」
弟「そんなこと言ってましたね。」
俺「すっかり失念してた・・・タイムが遅いのではなくタイムが出ない馬場だったんだ・・・」
弟「・・・?」


俺「昨年末に川崎競馬場は砂の全面入替えを行い、その後に
  行われたレースはことごとく遅いタイムなんだ。」

弟「!!!!!!!!!!!!!!!!」


俺「かなり影響している。火曜は前日の雨で不良馬場の開催だったけど、やはりことごとく遅い。」
弟「だからと言ってホッコータルマエの不安になると言うのですか!?」
俺「一応、南関の騎手達はこの川崎の新砂に対して『時計が掛かるという印象は走ってる時には感じない』と言っている
  けれど、数字に出てるってコトは紛れもなくタフなコースになってるってコトだ。」
弟「・・・尚更、パワーがありそうなタルマエには有利に働きそうだけど。」
俺「そう考えることもできる。」
弟「でしょう。」
俺「でも、いつものパターンが通用する馬場でも無いのではないかと。そう感じさせるのが昨年の川崎記念、明らかに
  2000mや1800mのレースよりもパフォーマンスが低い。そんな中で更に力の要る馬場に改造されたとしたら?」
弟「・・・」
俺「このコンビで昨年勝利してるのも逆説ができる。同じ様なレースをしたら更に脚を失う可能性が高くなるだろう、実際
  同距離同コンビで報知オールスターカップに2年連続で挑んだみかぽんさんとアウトジェネラルは同じ様なレースすら
  できずに沈んでしまった。馬の体調もあるだろうが、馬場の変化はもっと影響しているのかもしれないんだ。」
弟「ふぐぅ!!タルマエは大丈夫なのです!!」
俺「火曜川崎の結果から考えると逃げ馬が勝つパターンの場合は2番手がそのまま2着。それだけ楽な逃げになったら
  タルマエのパターンだ。だがそうはさせない、早めに抜け出したら案外伸びねぇじゃねぇか!!ってパターンに終わ
  った2013年のジャパンカップダートをタルマエが再現してしまうことを予測する!!」
弟「ふぐううううう!!」

俺「さぁナイスガイ!!俺に『とびっきりオイシイ焼きそば』を
  ご馳走しやがれ!!」

弟「あの時の騎乗には触れるなあああ!!」


◎ハッピースプリント
○カゼノコ
▲ムスカテール
▲トーセンアレス
▲サミットストーン
☆ホッコータルマエ

三連単◎→○→▲☆  ☆1着→◎○2,3着 うまふく◎○



俺「4歳大好き!!!!!」
弟「わかりやすぅぅぅい!!」



俺「ハッピースプリントが東京大賞典で付けられた着差を引っくり返すことができるとは考えにくいけれど、なにしろ吉原
  騎手が火曜に色々なポジションでレースをしていたのが怪しくてしょうがない。川崎記念攻略は馬場にアリだ。」
弟「そりゃハッピーには頑張ってほしいけどさぁ・・・この馬こそ不良馬場に合わないんじゃないかと。」
俺「勝島王冠が期待ハズレ過ぎて、東京大賞典じゃ目にも止めなかったけどな。とりあえず解ったのはあの勝島王冠が
  休み明けで全く走ってなかったんだってコトで、不良が合わないとは見ない。」
弟「ふむ・・・」
俺「そもそも東京大賞典の位置取りも『勝つ気あるのか』ってポジションだったからな、吉原騎手自身も勝島王冠での敗戦
  を引きずってたかもしれない。あの東京大賞典の後なら今回はもっと勝負しに来るだろう。」
弟「そしてお得意のカゼノコですか。」

俺「ここでウインペンタゴンやプラチナタイムよりも後ろでレースを
  運んだら確実に秋山。」

弟「JBC劇場の再現はおやめください・・・」

俺「頼むぞ秋山騎手、秋山になるなよ。」
弟「キメ手の鋭さはチャンピオンズカップで証明されてるから、あとはドコでレースするかってコトですね。」
俺「秋山は秋山でもアキヤマであればいいのだ。」


アキヤマ


弟「もうライアーゲームはいいですから!!」

俺「思うように突き抜けず焼きそばを焼き始めたタルマエをハッピーが交わし、そこにアキヤマが作戦通り突っ込んでくる
  ってスンポーよ。ふふ、イメージできるだろう。」
弟「それだとカゼノコの勝ちになるんじゃないですか。ジャパンダートダービーみたいに。」
俺「そんな時の為のうまふくよ。」
弟「うまふくはさいこうなんですね。」

俺「そしてノリさんのイッシンドウタイを予想からハズす俺。」
弟「仲良くするんじゃなかったんですか、今年は。」


俺「ノリさんとイッシンドウタイになんかなれるワケがねぇ。」
弟「おさえておこう・・・」


弟子予想
◎ホッコータルマエ
○ハッピースプリント
○サミットストーン
▲イッシンドウタイ
▲カゼノコ
☆トーセンアレス

三連単◎1着→○2,3着→▲3着 複☆



俺「南関組を推しつつタルマエを信頼と。」
弟「なんとなく師匠の理屈もコワイですけどねぇ、まず負ける気がしないですよ。そして対抗一番手は東京大賞典でコパノ
  リッキーに迫ったサミットストーンです。ハッピーと同じ位置づけですけど、距離伸ばしていいイメージがあるのはこの
  馬の方です。」
俺「スタミナは充分だからな。それこそタルマエの2番手に付けてそのままって可能性は、前残りの流れなら考えられる。」
弟「南関に頑張ってほしいですけどね。」
俺「こっそりみかぽんさんの複勝を抑えるデシちゃんにキュンキュンします♥ ここで初みかぽんまで狙うか貴様♥」


弟「御神本さんがねぇ、ここで馬券くれたらねぇ、
  ボク『おもらし』するかもしれないです。」
俺「アタイはみかぽんさん絡みで当たったらねぇ、
  確実に『ちまみれ』になりますけど。」



弟「・・・」
俺「トーセンアレスの複勝じゃちまみれになれないねぇ。」
弟「・・・ホッコータルマエの無い三連単ってことでしょ。バカなんじゃないの。」
俺「わぁあ、おっかないね!!ちょっと怒ってるね!!」
弟「安心してください、御神本さんは師匠を血まみれになんかしませんから。」
俺「わからないよぉ~♥ 競馬に絶対は無いんだぞぉ~♥」
弟「・・・馬券もう一枚追加します。」
俺「?」


☆ランフォルセ
複勝



弟「イザという時はマジで頼みます、三浦騎手。」
俺「やぁめぇてぇぇえええ!!!」






※いや、さすがにハッピー→ランフォルセ→カゼノコは無いよ、うん、無いハズだよ・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!! 

[ 2015/01/28 00:47 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(12)

川崎…

結論から言うと、ほぼ弟子ちゃんと同じ予想です。
理由も弟子ちゃんの言うとおりです。
砂が変わって差しが届くようになってますが、その程度でタルマエがこのメンバーに負けるならそれまでの馬かと…。

ということで
◎ホッコータルマエ
○サミットストーン
▲カゼノコ
△ハッピー、イッシン、トーセン

買い方は三連単
一着◎→二着○▲→三着○▲△

ムスカテールは去年みたいなダート代わり一変のようなショック療法的使い方じゃないし、ランフォルセはもう年だから…
まぁほんとに南関勢にポカがあれば、ランフォルセも来るかもですが…。
[ 2015/01/28 02:36 ] [ 編集 ]

ふっ。

最もらしい事を言ってますがいわゆる

『旨味バカ』っすよ。クックックッ♪

ここでタルマエの評価落とすとか『旨味バカ』っすよ。
いや!『旨味師匠』っすよ。フッフッフッ

そもそもの『展開予想』から間違っている!

今回地方馬がホッコータルマエに勝とうとしたらどういう戦法に出るのか?
と言ったら当然

『逃げ』に決まってる。

タルマエの後ろから勝とうと思ったら展開の紛れや恩恵なく力で『負かし』に行かないといけないんすよ?

ぶっちゃけサミット、ハッピーにそこまでの力はないと思っている。

つまり今回ハナを切るのは『サミットストーン』であり番手は『ハッピースプリント』である。
タルマエに勝とうと考えたら『前受け』しないと話しにならない。
しかし去年より『勢い』を持って挑むタルマエには勝てないでしょう。
そして『勝ちに行った』地方有力馬2頭のおかげで恩恵を受けるのはあの馬。

◎ホッコータルマエ
○カゼノコ
▲サミットストーン
△ハッピースプリント

ここで『旨味』があるのはタルマエの評価を下げる事でなくカゼノコを『対向評価』にする事

散々、『後方』から結果を出せてないカゼノコ。
が、前走で復活の兆しは見せた。
今回は距離延長でペースはそれ程上がるわけもなく面子を見ても『スロー濃厚』
つまり『先行』する事が可能な舞台である!

想定する隊列は

サミットストーン、ハッピースプリント、ホッコータルマエ、ムスカテール『カゼノコ』、ランフォルセ、イッシンドウタイ

末脚の威力は鈍るだろうが『先行』すれば今回の中央馬ではNO,2と言っていいだろう!

あれ程『カゼノコ』を狙ってきたと言うのにここでそれを活かせないとは…

笑止千万!はっはっはっはっ♪
[ 2015/01/28 03:25 ] [ 編集 ]

いつだか白鵬さんを見かけましたが、オーラ凄かったです!
オーラってなんだろうとは思いますが、

ホッコーさん、ムスカさん、サミットさんの馬連BOXまワイドボックスで遊ぼうかなと考えております(^^)
[ 2015/01/28 04:32 ] [ 編集 ]

ホッコータルマエ

師匠さん、弟子さんおはようございます。
師匠さん以外?と相撲にもご感心があるのですね。
確かに今回の白鵬関の発言は残念です。
また、写真をみると足の甲が白鵬関の方が先に着いている。
取り直しは良い判断でした。
まあ、白鵬関にしてみれば疎外感や、違いますが、独り横綱に近い位強い。責任感は半端無いのでしょう。
で、話は競馬にもどしますと、タルマエさんは師匠さんの云うとおり絶対ではないと感じますが、他馬はもっと不安要素ある気がします。
今週頭のゴルシさんの例もあるので、なんともいえませんが、格で云えばタルマエさんは絶対です。
自分は、買いませんが、買うならタルマエさん頭固定の馬単なら一点。三連単なら三頭選んで流します。
地方ならハッピースプリントなんでしょうが、今年もムスカテールな気がします。
では、グッドラック。
[ 2015/01/28 06:16 ] [ 編集 ]

うまい棒狙いでホッコータルマエの単勝
[ 2015/01/28 08:12 ] [ 編集 ]

まぁ、多分負けないと思いますけど・・・

負ける確率は・・・ゴールドシップより紛れは少ないと言うのは
なんとなくわかる。

馬券好きとして妙味も狙いたいのもわかる。
・・・・・そして考えるのをやめる。

今までの傾向で行ったら1番人気が負けるときは2番人気が
勝ってますがそれも2倍台ですので、今回は勝つと思いますよ。

コパノリッキーが出てきたら紛れたかもしれませんが・・・
[ 2015/01/28 10:18 ] [ 編集 ]

ここは師匠のフラグを回収(@_@)!

イッシンドウタイ&のりさん

複勝で勝負(^3^)/

白鵬関、審判団に苦言…う~ん( ̄▽ ̄;)

色々思うことはあると思うんじゃけど、やっぱりそこは横綱なんじゃけぇね~…しっかし、日本人は弱すぎるのか…それともモンゴル人が強すぎるのか…( ̄▽ ̄;)
[ 2015/01/28 10:20 ] [ 編集 ]

おはようございます

えーっと・・・タルマエね・・・ なんか、勝ちすぎじゃね?って自分の中では思ってますw
でも、切るまではできないしねぇ・・・いっそ見かもね。このレースはw

まあ、いわゆるひとつのお楽しみとしてランフォルセの複勝は買っとくかw なんたって「三浦J」ですからな^¥^
[ 2015/01/28 10:37 ] [ 編集 ]

あらら…

ホッコータルマエは強かったみたいですね。

ええ、本日は仕事が忙しくて買えませんでした。確かに損はしていないけど気分的には不戦敗です。
まあそんな中、サミットストーンが頑張ってくれた事が嬉しかったですねぇ。単勝人気ではカゼノコの方が上位でしたが、複勝ではサミットストーンの方が上まわってましたからね。地方所属馬を応援する人が他にも多くいらしていると思うとこれまた嬉しかったです(いやまあ太く張った方がいらしたのかも知れないですが…)。ハッピースプリントは3歳の時の疲れが抜け切ってないんですかねぇ?成長力?こちらは少し長い目で見る必要があるかもですね。

お師匠さんも弟子ちゃんも今日は惜しかったですが、週末頑張りましょ。金曜日の関東圏の雪予報がどの程度のものになるかが心配ですが、大きな影響が出ないよう願っています。
根岸Sのロゴタイプがダートでどうか楽しみです。芝ダート共に活躍したアグネスデジタルみたいになってくれたら面白いんですけどね。
[ 2015/01/28 18:38 ] [ 編集 ]

ざくろさんの予想がズバリでしたねスゴーイ
[ 2015/01/28 19:14 ] [ 編集 ]

合わせ技一本!

これぞ悪い見本の匠の技!

合わせ技1本の結果でしたねw

レース見てないけど着差だけ見ると

カゼノコが追い込み届かず

ホッコータルマエを脅かしたって感じなんかなぁ

ドンマイ先輩!

又、次っすよ次!( ̄▽ ̄)
[ 2015/01/28 19:40 ] [ 編集 ]

私は、ホッコータルマエの頭固定の三連単で勝負しましたがダメでした。2着欄には、「ゴルシの借りはムスカで返せ」もう一人のヤキソバン岩田騎手、「まだまだ地方横綱の座は譲れない」サミットストーンを選びました。焼きそば馬券と横綱馬券で勝負しましたが、アキヤマの作戦に屈してしまい大きな負債を抱えて脱落しました。

師匠のクソの役にも立たない展開予想により、三浦騎手がヒャッハーしていましたね。もしも師匠に純粋な心があれば、普通に的中していたと思います。ざくろさんも完全的中ですし、いよいよ師匠が邪神の名を継ぐ時が…。
[ 2015/01/28 23:40 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/839-b115c22f