Let's enjoy, Dubai Meeting 2015!!

弟子「ふむ・・・メモメモ。」
俺「何をメモしてるの?」
弟「明日の晩御飯の買い出しメモです、明日はボクが作りますよ。」
俺「マァ♥ どういう風の吹き回し?」


弟「ドスケベさんのハンバーグです。」
俺「やめてくれませんか。」


名古屋大賞典 結果
1着 メイショウコロンボ → 俺▲弟子◎
2着 アジアエクスプレス → 俺◎弟子☆
3着 フィールザスマート → 俺&弟子▲


※ドスケベさん、この二日間の所業※

【桜花賞予想でのコメント】
ここ的においしい組み合わせとなると…
TILサンの◎→弟子チャンの◎(入れ替わり)→2人の○~▲かな?
→正解

【名古屋大賞典予想でのコメント】
って事は今日の名古屋はアジアエクスプレスが2着で弟子チャンの◎○が1、3着か
フィール、トーセンが1、3着に絡めば読者みんながウェ~イ♪となるのか…
→正解



弟「これはもうハンバーグです。」
俺「物騒なコト言うなよ、大体それならニコフさんはどうなるの?」
弟「ニコフさん。」


※本日のニコフさんの所業※
名古屋大賞典であんまりなハズし方をした弟子を管理人がからかっていたら泣いてしまった。
それをツイッターでつぶやいたら、何故かニコフさんが聞いてもいねぇ的中報告をしてきやがった
その結果がこのザマである。



コイツはマジで本当にもぉ・・・


弟「ニコフさんなんか食べたら死んじゃうよ。」
俺「その差は何なの?」


弟「ガルルルルル・・・」
俺「皆さんね、気をつけた方がいい。俺なんかよりコイツの方がよっぽどハズした時に機嫌悪いんだから。凶暴化するん
  だから。そういう時に気に障るコトしようモノなら一瞬でミンチですよ。」
弟「モアオバあああああ・・・
俺「三連単は早々と諦めたけど、抑えで買ってた姑息な三連複は取ったつもりだったらしく、最後にエーシンモアオバー
  捕まったのがショックだったんだね。」
弟「ううううう・・・」
俺「メイショウコロンボが思った以上のレースで、まさかこういう接戦を演じるとは思っていなかったよ、俺は。復帰初戦の
  アジアエクスプレスも強気なレースしたけど、この距離で息がもったのは上々なんでないの。」
弟「ふぐるるるるるる・・・」
俺「弟子はこの様に大変機嫌が悪くなっておりますがご安心を♪こういう時の為にこの人が居るんですよ♪ほぉらデシ
  ちゃん、コレを見てごらん♥」


【桜花賞予想でのコメント】
過去を振り返れば当然浦和であるならば『逃げ馬』絶対有利。
トーコーヴィーナスは今年の園田NO、1牝馬になる器でありここで最有力となる牝馬である!
しかし『おにぎり』だ!!

【名古屋大賞典予想でのコメント】
まるのっ!!
⑪→②④⑤⑩→



弟「キャッキャッ♥」
俺「さすが模範コメントマスター・ざくろさん!!
  デシちゃんもすっかりゴキゲンです!!」



弟「ざくろさんダイスキ♥」
俺「・・・ひとしきり読者さんイジリも済んだところで、本日は週末に控えているドバイミーティングの話でもしようかと。」
弟「おお、海外馬の話をしてくれるのですね。」
俺「これまでと大きく違ってくる部分があるから、今年からはソレが日本馬にとってどう出るか。そこに注目だね。」


★いつもと違うぞ、今年のドバイミーティング

俺「今年は日本から7頭が挑戦するドバイですが。」
弟「楽しみです!!皆頑張ってほしい!!」
俺「さて、ここで問題です。」


弟「タペタがクビになったね。」
俺「俺のクイズがあああ!!!」



弟「そんなもん、皆知ってるでしょ。じゃなきゃホッコータルマエは挑戦してませんよ。」
俺「・・・ええ、オールウェザーのコースがダートになりました。ナド・アルシバで行われていた米国無双だったダートコースが
  復活したってことですね。」
弟「やっぱり日本のダートとは違うんでしょ。」
俺「それがどうも怪しい。いや、日本のダート馬にとっては好材料なんだけどさ。」
弟「ふぇ?何がどう怪しくて好材料なの?」


俺「スゲー重そう。」
弟「!?!?」



俺「それって好材料なのって言われそうだけど、ワールドカップにチャレンジするエピファネイア陣営が恐らく『シーマクラ
  シックにしときゃ良かった・・・』
って思うくらい重そう。」
弟「・・・えっとさ、コレってダートに戻した理由ってなんだっけ?」
俺「アメリカ参戦が減ったんだわ。」
弟「・・・だよね、それで盛り上がりが欠ける様になったって。ブリーダーズカップ組に来てもらえるダートに戻せば、それが
  解決できる。アメリカのダートに従ったってコトでしょ、今回の改変。」
俺「うん、多分そう。」
弟「・・・アメリカのダートって土でしょ。日本の砂みたいな脚取られる馬場じゃないでしょ。芝より速いタイムを平気で出すん
  でしょ。引き締まったアスファルトみたいなもんでしょ。」
俺「確かに土っぽいんだよ。でも時計がかなり掛かってる。」
弟「ほほう。」
俺「どうなのかなぁ、タペタよりは・・・って判断ができるからUAEダービーに挑戦する日本馬が3頭も居るんだろうけど、まず
  砂ダートとも違うだろうし。結構、今年のドバイでキモになるのが日本馬登場の初戦になるUAEダービーだと思う。」
弟「今年はUAEダービー、シーマクラシック、ワールドカップの3レースに日本馬が出るんですよね。」
俺「まずはその一つのキモであるUAEダービーから見ていこう。」


★3歳馬達が果たしてどんなレースを見せるのか、UAEダービー

出走日本馬
タップザット ゴールデンバローズ ディアドムス


俺「今まで割と『無謀でしょ・・・』って馬が挑戦することの多かったこのレース。今年は全日本2歳優駿の1,2着、そして何より
  早くも怪物と呼び声高いゴールデンバローズと、例年になく強力なメンバーになった。」
弟「まずはここで彼らがどんなレースをするかが、ワールドカップの行方を占うことになるんですね。」
俺「合うか合わないか、どう走るのがいいか、それを彼らに確かめてもらいたいね。」
弟「ふむ。」
俺「施行当初はホーム組が優勢だったけど、近年ではアイルランド調教馬も活躍しているこのレース。今年のダート改修に
  よって再び同コースに地の利を持った地元勢が優勢になると思われる。中でも有力候補になるのがこの2頭だ。」


Maftool(UAE)
Mubtaahij(SAF)



俺「地元のマフトゥールと南アフリカのムブタヒージ。UAEのクラシック3冠目となるこのレースを前に1冠目と2冠目を分け
  あった馬だ。」
弟「こんな時期に3冠が決まっちゃうんですね。」
俺「ドバイは年度の切れ目が日本と違うからね。」
弟「要するに、この2頭はライバル関係にあるのですね。二冠を分け合ったってことは。」
俺「最初の一冠、UAE2000ギニーではマフトゥールに軍配が上がった。でも二冠目のアルバスタキヤにはマフトゥールが
  不在でのムブタヒージの勝利になったんだよ。」
弟「ってことは、事実上ではマフトゥールが上である可能性が高いと。」
俺「マフトゥールは結構久々っていうアドバンテージがある。何にしろ、この2頭が当地の馬では抜けている印象なんだ。
  あとはウルグアイ産のサーフィーバーという馬がここに次いでくるんだが・・・」
弟「だが?」


俺「皆55kgなのにコイツだけ59.5kgなので・・・」
弟「どうしてそんなことが。」


俺「南半球産の馬はそういう負担重量になるの。要するに古馬扱いだ。」
弟「変なルールだなぁ・・・」
俺「それでもこの馬がアルバスタキヤの2着で、その時も4.5kgのアドバンテージ背負ってたんだから侮れないわな。まぁ
  先述の2頭とこのサーフィーバーが今回の一つの物差しになると思う。」
弟「当地3歳では抜けてるってことですね。」
俺「抜けてますね。ここでマフトゥールvsムブタヒージとなった一冠目、UAE2000ギニーをご覧ください。」





俺「この様にですね。」
弟「名古屋大賞典じゃねーか。」



俺「そんで二冠目のムブタヒージvsサーフィーバーも3着以下をぶっちぎってますんで、まず間違いなく当地トップ3です。」
弟「確かに当たってみないと解らんぞ、コレ・・・」
俺「正にこのレースの様になってしまうかもしれないし、逆にゴールデンバローズ達が彼らを蹂躙する可能性もある。この
  レースはマイルで、タイムが1分37秒7。日本のダートマイルに近いタイムだから、果たして本当に馬場が合うのか
  どうかって部分に尽きるよ。」
弟「天敵の三浦騎手がディアドムスで挑みますよ。前走は一頭だけ抜けた斤量背負わされてましたからね、ここでもし
  ゴールデンバローズ撃破したらカッコいいね!!」
俺「やっぱりここは日本騎手にも期待したいね。頑張って、怨敵三浦騎手&ディアドムス!!」
弟「おお、素直だ。」


俺「居ねぇ間に馬券取ってやるんだ。」
弟「そういう魂胆か・・・」



★ジェンティルドンナに続けるか、日本2年連続連対中のシーマクラシック

俺「芝は変わらず。メイダンの芝はいいですね。」
弟「師匠、今一度あの説明を。」
俺「何さ?あの説明って。」

弟「なんでこのレースは2410mなんですか?」
俺「ああ、それはね。メイダン芝コースを作った際に、丁度一周を
  2400mにしてしまい、ゴール板の位置にゲート置けねぇじゃん
  ってなったからスタート位置を10mズラしたんだよ♥」


弟「・・・何度聞いてもマヌケな理由だな。」
俺「この10mがモノを言うのさ・・・!!」
弟「イヤですよ、そんなレース。」
俺「ともかく、過去3年は3頭の馬が着順を分け合ったこのレース。セントニコラスアビー、シリュスデゼーグル、そして日本の
  ジェンティルドンナがここ3年で1,2着を奪い合ったんだね。その3頭も今年はもうこの舞台には居ない。」
弟「なんだかそれも寂しいな。アビーさん、見守っててね。」
俺「日本からは明け4歳のこの2頭が出陣だ。」

出走日本馬
ワンアンドオンリー ハープスター


俺「ハープスターにはムーア騎手、ワンアンドオンリーにはC・デムーロ騎手という布陣での挑戦になる。京都記念では
  末脚が不発に終わったハープスター、父が制したこの舞台で再び燃えるかワンアンドオンリー・・・と言ってもハーツ
  クライが制したシーマクラシックはメイダンじゃないんだけどね。」
弟「野暮なコトは言わんとこ。」
俺「そうだね、合ってる舞台には違いないし。さて芝のクラシック距離なんですが、この舞台は割と各国調教馬の優勝が
  バラけているんだね。日本馬は過去に3度優勝しているんだ。」
弟「優秀ですね。」
俺「印象としては経験を豊富に積んだ馬が強く感じるね。意外なのが米国調教馬の優勝が無いってこと。」
弟「ほほう。」
俺「ここではこの3頭をピックアップしたいね。」


Main Sequence(USA)
Flintshire(GB)
Designs On Rome(HK)



俺「昨年のBCターフの優勝馬メインシークエンスと、凱旋門賞とBCターフで2着し、暮れの香港ヴァーズを勝利した古豪
  フリントシャー。そして、距離で考えたらワールドカップかドバイターフ(昨年までデューティフリー)に向いていそうだが
  敢えてここに挑んできた香港年度代表馬デザインズオンロームだ。」
弟「フリントシャー、なんか昨年一気に強くなったよね・・・」
俺「まず最強の敵としてみていいと思う。これだけ国際戦を各地で経験し、ロンシャンとサンタアニタという芝質の全く違う
  コースで共に実績を残したってのは大きい。ジャパンカップに来ても驚異になると思う。それにしても昨年の凱旋門賞
  では本当にビックリしたな・・・4歳にしてすっかり過去の馬って印象強くなっちゃってたから。」
弟「2013年の凱旋門賞での前評判では、前哨戦迎えるまで最有力だったんですもんね。」
俺「で、BCターフでそのフリントシャーを破り、目下5連勝でここに臨んできたのが、米国初優勝を狙うメインシークエンス。
  そのBCターフが結構迫力のあるレースなんだ。」





弟「この末脚と根性は確かに凄いな・・・」
俺「デザインズオンロームも末脚勝負の馬で、日本馬2頭もそうだろ。このレースは9頭立てだからゴチャつかないだろう
  けれど、下手に楽逃げされたら案外ヤバいかもな。でも、できれば彼らの様な強豪との壮絶な追い比べになることを
  このレースには期待してる。」
弟「デザインズオンローム、確かに2000mでは凄く強いイメージあるんだけど、香港無双って感じの馬でもあるし、どうなの
  かなぁ。」
俺「そう思わせておいて・・・って企み持ってそうなんだよな。ここで大物食いを狙ってくるかも。」


★米国の強豪が続々襲来!!・・・のハズだったワールドカップ

出走日本馬
エピファネイア ホッコータルマエ


俺「さぁメインのドバイワールドカップです。」
弟「ダートに戻ったことで米国組が襲来してくるんでしょ!!楽しみですね!!」
俺「そりゃもう猛者がモサモサ登録してましたよ。」


昨年のUAEダービー覇者、舞台を選ばぬ万能マシーン Toast of New York(GB)
昨年のBCクラシック覇者、成績の安定しないジャイアントキラー Bayern(USA)
11戦10勝 米国が誇るパーフェクトマシン Shared Belief(USA)
明け4歳で見せたドンH(G1) 逃げが光る米軍戦闘機 Constitution(USA)



弟「おおおおお、なんか凄そう!!」
俺「凄そうでしょう!!」
弟「米国勢がこれだけ来れば、相当激しいレースになるでしょうね!!」


俺「ええ、でも彼らは全部回避しました。」
弟「ふっざけんなよぉぉぉ!?」


俺「・・・いやマジで登録はあったんだって。そしたら故障やら何やらでどんどん減っていったんだって。」
弟「は!?ひょっとしてアメリカ勢居ないの!?」
俺「ご安心を。アメリカは広いのです、馬だっていっぱい居ます。」
弟「んだよ、その言い方は・・・」


California Chrome(USA)
Lea(USA)



俺「まぁ上記の馬達にはロクに勝ててないんですけど・・・」
弟「ダメじゃねーかよぉぉぉ!!」

俺「って言っても多分、彼らがこのレースの1,2番人気になると思うよ。」
弟「・・・マジで?」
俺「特にカリフォルニアクロームはアメリカのパーフェクトホース、シェアドビリーフといい勝負してるんだ。彼の唯一の敗戦
  となっているBCクラシックでは先着している。間違いなくトップホースの一頭ではあるからな、あんましバカにはできない
  んだよ。」
弟「・・・最初からそう言って下さい、二軍なのかと思ってしまうから。」
俺「リーはドンハンデキャップでコンスティテューションの2着になった馬で昨年の同レースの覇者だ。まぁ2頭とも全米の
  ナンバーワンホースと言えるかどうかは怪しいけれど、そういう馬達と戦ってきた経験があるのだ。」
弟「ふむ、そこに立ち向かうのがエピファネイアホッコータルマエか。」
俺「面白いねー、ジャパンカップ馬とチャンピオンズカップ馬が一緒のレースに居るなんて。」
弟「ホッコータルマエ陣営は昨年の屈辱がありながら、よく今年も参戦を決意しましたよね。」
俺「やっぱり馬場が変わるのが大きいだろうと予測したんだろう。」
弟「挑戦の結果が実るといいですねぇ・・・」
俺「幸騎手との逆襲の舞台だね。」
弟「このレースへ向けてという意味でも、UAEダービーの3歳3頭には頑張ってもらいたいな。」
俺「さて、もう目前に迫っているドバイ、レーススケジュールはこんな感じになっております。」


各レースの日本時間発走予定(28日)
UAEダービー  22:55 
ドバイターフ  24:40
ドバイシーマクラシック 25:15
ドバイワールドカップ 26:00



弟「相変わらずシビれるスケジュールですね・・・」
俺「多分、見ながらツイッターでギャーギャー
  言ってますので。一緒に応援しようぜ!!」






※日曜の予想をいつやるかが問題だ・・・



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!! 

[ 2015/03/27 01:38 ] その他 | TB(0) | CM(14)

がんばれ。

師匠さん、弟子さんおはようございます。
ドバイミーティングの解説、ありがとうございます。
とてもわかりやすかったです。
注目は、エピファネイア、ホッコータルマエでしょうが、自分は密かにハープスター。
ここでも、川田君からのりかわって、やってくれるのではと。
☆川田君が嫌いではないですがそれほどハープスターに合っているともおもえない。
では、グッドラック。
[ 2015/03/27 06:55 ] [ 編集 ]

ドバイ

マジで師匠は海外・地方も関係なく
馬のことを詳しいですよね。
わかりやすい説明ありがとうございます。

個人的にはタルマエ君を一番
応援してますが、
全馬頑張って来て欲しいものです♪

[ 2015/03/27 07:55 ] [ 編集 ]

ウェ~イ♪

エピファネイアに期待♪

ウェ~イ♪
[ 2015/03/27 07:58 ] [ 編集 ]

いやいや、とてもマイルドで

ショミンテキな味ですよ?

ドバイは楽しみですね~
頑張って見れたら見るw

なぜ私が弟子ちゃんに嫌われるのか・・・・
半分くらいは師匠に要因があるような気がしますけどね・・・・
[ 2015/03/27 12:25 ] [ 編集 ]

やったぁ~\(^o^)/

メジャー(本文)デビューやぁ(爆)

いやいや2日続けてあんな事書かせて

2日続けてあんな結果になるここの破壊力は凄いです(^^;)

弟子チャンハンバーグは俺の得意料理なんで一緒に作ろうね

※俺が材料やから無理か

今年のドバイミーティングはどうなるんでしょ?

去年のジェンティルドンナの走りが強烈過ぎて

未だに印象強く残ってます

全馬健闘&無事を祈ります!

でも海外レースの話が出るたびに

国内で対米国・仏国・ドバイを想定した

コース作りができないかと考えてしまう

ツウサンとこでも書いたけど高知競馬のダートが米国のダートと似てると

昔読んだ事があるんですよねぇ

後、競馬場2カ所ぐらい作ってもらって

ロンシャンと似せたコース・芝、BC用に似せたコース・ダートって作ってもらえたら

本番を見据えての適正とかも測れると思うんやけどなぁ
[ 2015/03/27 13:11 ] [ 編集 ]

そもそも、師匠が弟子ちゃんを泣かせたのが主であり、それを師匠が得意とする責任転嫁処理能力で、あたかも自分は悪くない様に思わせるという卑劣極まりない所業がもたらした結果ですね。

ドバイは、師匠注目の馬逹が無事にレースを終えられるよう、ただただ祈るばかりです。
[ 2015/03/27 23:44 ] [ 編集 ]

さすがは模範コメンテーター…、弟子チャン様の怒りをあっさり鎮めるとはw


28日はドバイに加えてトゥザワールドがオーストラリアで出走するので、
まさに海外競馬日和ですね。

ドバイWCは疑惑の進路妨害があったBCクラシックの再戦が期待されていただけに、
残念なメンバーになってしまいましたね。
ただ、米国勢が一頭も出なくなったタペタとは違って、
2冠馬で年度代表馬のカリフォルニアクロームが呼べただけでも大収穫な気がします。
日本勢がこの馬とどこまでやれるのかに期待ですね。

ドバイシーマのほうは抜けた馬がいなさそうでこれまた面白そうなレースですね。
有力どころのフリントシャーも覚醒したとはいえ、シルバーコレクターとしての
変な覚醒しているので、ここでも貫録の2getしそうな予感すらあります。
とりあえず、馬群嫌いの疑いがあるハープスターにとっては、
小頭数だったのは幸運かもしれませんね。
[ 2015/03/27 23:47 ] [ 編集 ]

>トリゴボウさん

実は騎手云々ではなく2400mがダメなのではと思っている俺が通りますよ。
[ 2015/03/28 01:35 ] [ 編集 ]

>タカ2828さん

詳しくないです!!

詳しかったらもっと当たってるハズです!!
[ 2015/03/28 01:36 ] [ 編集 ]

>ざくろさん

エピファネイアがあああああああああああ!!!!!
[ 2015/03/28 01:37 ] [ 編集 ]

>ニコフさん

いやいや、ニコフさんご自身から溢れ出るヤベェ何かを
弟子は感じ取ってるんですよ。

俺は何もしてないんですよ。俺のせいにしないでくれ下さい。
[ 2015/03/28 01:39 ] [ 編集 ]

>ドスケベさん

ハンバーグが喋ってる!!


結局、日本の競馬がガラパゴスって言うよりも、各国で独自進化してしまい
統一基準が存在していないって状況だからなー。芝質もダートも皆違う。

競馬場は土台ムリがあるハナシなので、それならいっそ渡り鳥の様に各国を
飛び回れる様な馬が出ると面白いかも。フリントシャーみたいな感じでね。
[ 2015/03/28 01:44 ] [ 編集 ]

>ササニシキさん

そう言われて実際に予後不良が出たらマジで凹むぞ・・・
[ 2015/03/28 01:44 ] [ 編集 ]

>通りすがりの馬主さん

おお、そうかトゥザワールド!!むぅ見れねぇ!

そうだねー、ワールドカップに米国が居ない状況は本当に間が抜けてたからなぁ。
ここで再びぶっちぎられるのも一興だし、対等に渡り合えたらそれも面白い。

レース見ながらツイートするけど、シーマは予想の本命がデザインズオンロームだ!!
[ 2015/03/28 01:48 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/896-e6ccabc5