FC2ブログ





ゴルトブリッツの雑感を交えてエルムSを考える

 こんにちは、管理人のTILTOWAITです。

 普段なら、いつものノリで明日のエルムSの予想をするところなんですが、昼に書いた通り帝王賞馬ゴルトブリッツが腸捻転で急死というあまりにも悲しい報せがあったので、今日はいつものノリはやめさせて頂きます。

 まだ5歳だったんですよねぇ、彼は。帝王賞を勝ったのは2ヶ月前。

 私はこの馬をよく応援していました。後続を突き放す時の力強い足捌き、美しい栗毛の馬体、名前も非常に格好いい。昨年2月の門司Sで、「この馬はこれからもっともっと強くなる!!」と大きく期待しましたが、心房細動を起こして惨敗してしまったり、上手くローテーションを組めなかったりと、昨年中は重賞二勝こそしたもののチグハグな成績に終わってしまいました。体質的には元々そんなに強くなかったのでしょう。
 しかし今年。久々を不安視された仁川Sを圧勝すると、立て続けにアンタレスSを強烈な末脚で連覇。強いゴルトブリッツが帰ってきた!とても嬉しく思いました。そして2ヶ月の間隔を空けて挑んだ、ダート界の夏の大一番である帝王賞。エスポワールシチーやテスタマッタといったG1馬を相手に文句なしの快勝!!2010年に3歳で挑戦した東京大賞典の時から大きく成長した彼が、トランセンドやスマートファルコン、フリオーソらの強豪とどのような勝負をするのか、考えただけでワクワクしました。きっと今のゴルトブリッツなら通用するハズ!!トランセンドも好きなので、どっちを応援するべきかなどと、気の早い悩みを楽しんでいました。
 

 基本、悲報というのは突然です。昼に何気なくツイッターを見ていて、このニュースを知りました・・・


 草食動物の腸は非常に長く複雑な為、腸がねじれる腸捻転は発症したら手の打ちようが無いことがほとんどなのだそうです。結果安楽死という処置をとられました。数多くの名馬が、この腸捻転でこの世を去っています。突発的に発症する為、もはや不運な事故と言えるでしょう。
 競馬怪談の記事において『競馬ファンは「死」に対する耐性がある』と書きましたが、それは競走馬の死に対して無頓着という意味ではありません。ヒステリックにならない、という意味です。競争中の事故による競走馬の死だって当然悲しいのです。よく競争中に名馬が死ぬと、にわかに「動物虐待だ」とか「高速馬場のせいだ」とか、死に対する犯人を追求しようとする傾向があります。これがヒステリックになるという事。
 実際、サイレンススズカやライスシャワーなどの名馬が競馬場に散り、達観できない方々がヒステリックに騒ぎました。しかし、競争中に事故死している馬は本当に沢山居るのです。それに関しては騒がない。その矛盾を、競馬ファンは理解できているハズなんです。できてなければ競馬なんてやれていないハズなんです。応援している馬の死は悲しいけれど、そういうことも競馬にはある。できれば全ての馬が無事にレースを駆け抜けて欲しい。私はこう考えながら競馬と向き合っています。

 そして、ゴルトブリッツの腸捻転による死も「悲しいが、こういうことも競馬ファンは経験せざるを得ない」事例の一つ。せめて安らかに・・・そう祈ることしかできません。

 明日行われるダートの重賞、エルムS。そこには帝王賞でゴルトブリッツに今後を託したように2着に沈んだ、エスポワールシチーの姿があります。全盛期を過ぎてしまった感は否めませんが、数々の勲章を持つ古豪として、そして死んでしまった戦友の為にも、明日は頑張ってほしい。そこに立ちはだかるのがローマンレジェンド。若さと勢いを武器に古豪に挑む彼、父がゴルトと同じスペシャルウィークなんですよね。父親が一緒でも競馬ではあまり「兄弟」という風には言いませんが、父スペシャルウィークのダートホースってだけで、何か繋がりみたいなものを感じてしまいます。考えすぎでしょうけどね。とにかくローマンレジェンドはゴルトブリッツ同様に、世代を変えるニュースターになれる可能性が高い、ゴルトブリッツの弟として見てます。

 感情を予想に持ち込むのは良くない、客観的な目線で馬を見るべきだ。それは正論です。ですが、私は明日、この二頭の単勝を買います。

 正直に言うと、私の予想だとローマンレジェンドは切りになります。ここ二戦の内容から非常に能力の高い馬であることが証明されていますが、前々走でコースレコードタイ→前走はコースレコード更新、これは私が予想の上で最も嫌う「疲労蓄積」が考えられるから。トランセンドも3歳時にこのエルムSに挑んでますが、前2走でレコードの走りを見せたこの馬がココでは4着に沈んだ。自身の強さによる身体へのダメージがある、という考え方です。
 エスポワールシチーも、一着では買えないと判断するでしょう。最近の行きっぷりからすると、相当強引に行かないと先行できない。しかも59kgで外枠・・・厳しい展開でどう地力を見せつけるか。安定性の高さは健在ですが、中央ダートで最近パッとしなくなってきてしまってますからねぇ・・・
 
 そんな私の、予想の上での本命はヤマニンキングリーだったりします。無謀か。

 感情論で勝ってほしいのが人気になるであろう二頭で、予想の本命が穴馬・・・まぁ自分らしいと言えば自分らしいかな。
 だから、強引ですけど明日は自分の希望で馬券を買います。今日死んでしまったゴルトの為に、一番頑張ってほしいのはやっぱりエスポワール。先日のエガオヲミセテとユーセイトップランの話ではありませんが、もしもゴルトが応援しに来るとしたらエスポワールシチーになるんじゃないでしょうか。帝王賞の時にはるか前に見たゴルトの背中・・・明日はそれに懸命に食らいついて頂きたい。ゴルトに勝とうとする走りができれば、ここでも勝てるはずです。

 アホらしいと思われるかもしれませんが、これが明日のエルムSの予想、いや、希望です。
 予想では買いませ・・・いや一応買います、スイマセン。

 それにしても、なんですけどね。
 オルフェーヴルの凱旋門賞がスミヨン騎手騎乗って決まった時も思ったんですけど。

やっぱりこのニュースにも触れずに
予想公開だぁ、先週も的中だぁ言ってるんですねぇ、
この競馬ブログランキングって場所は。
若い有望なG1馬がこの世を去ってしまったというのに
動じませんねぇ。歪みませんねぇ。


 久々にランキング画面見て、今回は正直腹が立ちましたね。俺がおかしいのかな?それとも競馬ブログで話す内容じゃないのかな?だったらどこでゴルトブリッツの冥福を祈ればいいのかな?文面にする必要無いのかな?当たる予想しかいらないのかな?


 私はそうは思いません、競馬をネタにブログを書いてる人間が、彼の死を悔やまない方がおかしいと思っています。


 最後の最後で荒んでしまいましたが、改めて帝王賞馬ゴルトブリッツのご冥福を、謹んでお祈り致します。

 
 合掌





※明日は通常のノリに戻そうと思います。さようなら、ゴルトブリッツ。
banner1.gifbanner1.gif
どっちのランキングも応援クリックよろしくお願いします!!

 

[ 2012/08/24 23:16 ] 中央重賞予想 | TB(0) | CM(12)

間違ってません!

好きな馬を応援する、気にするのも競馬ですよ。良く追い続けたりもする。

このブログらしく素晴らしいと思います!

でも・・・・

別人ですか(驚) いつもと違うぞ~(^3^)/
[ 2012/08/25 00:11 ] [ 編集 ]

う~ん

う~ん、難しいですね
まず競馬ブログランキング上位のブログは総じてつまらない
これは私も同感です
もちろん面白いブログもあります(あくまで私が面白いと思うブログですけど)
そもそも私はランキングからブログを探すことをめったにしません
ランキングを数回見れば、予想しかないブログしか
上位に来てないことがわかるからです
私もTILTOWAITさんと同じで”予想公開だぁ、先週も的中だぁ”
と騒いでいるブログは大嫌いです
(ブログ記事が予想だけのブログでも当たりハズレに関係無く
競馬全般を楽しんでいる雰囲気が伝わってくるブログは好きですけど)
と言ってみたところで、予想に特化したブログがランキングの上位にきてしまう
これは競馬がギャンブルである以上、ある程度仕方ないことではないでしょうか?
”競馬予想ブログ”ということになると
予想以外の要素は書く必要が無いことになります
(ブロガーが競走馬の死を悲しんでいたとしてもです)
こういう状況でTILTOWAITさんが憤慨する理由が
理解できるようなできないような・・・
憤慨の矛先がブロガーなのか競馬ファンなのかも
だんだんわからなくなってきてます

私も競走馬の死を記事にしたことが何度もありますが
あまり記事にしたくない気持ちがあります
書いてて悲しくなりますから

自分で書いてて、何を言いたかったのか
ちょっと収拾がつかなくなった感がありますが
この辺で^^
[ 2012/08/25 01:29 ] [ 編集 ]

>saiさん

だから自分で書いてますって!!!!!(号泣)
[ 2012/08/25 01:42 ] [ 編集 ]

>おかぴぃさん

いつも丁寧な見解、ありがとうございます。
ちと自分の好きな馬だっただけに感情的になりすぎた部分はあったかも。

ジャンルに関して言えば俺のは「競馬予想ブログ」じゃなくて「競馬関連ブログ」になるんですよねぇ。
ランキングだと、ギャンブルってジャンルの傘下に競馬ってジャンルがあるからなぁ。でも、目線てのは人それぞれなんだろうけど、「ゴルトブリッツという現役馬G1馬の急死」は間違いなく今の競馬にとって大きな悲報で、大事件だと思うんですよね。正直なところ、昼頃書いた訃報で終わらせたつもりだったんですけど・・・ここまで取り上げられてないとはって思ったんですよ。

おかぴぃさんが取り上げてた「JRA走行妨害の降着判断基準を変更」も大事件ですよ、アレ。それこそ予想メインのブログ書いてる人は、この話題に食いつくと思ったんだけどコレにも反応無し・・・BBSなんかだと、これで熱弁合戦やってますよ。あーでもないこーでもないと言いながら。

要するに、競馬ブログ読者の大半が予想目当てであり、そういうBBS等で揉めてる連中はあまりブログ見ないんだと思います。そこは理解できてるんだけど釈然としねぇから自己中な文章書いちゃうんですな。

このスタイルは変えませんよ、突っ込まれても。
多少は人に読んでもらう事や、面白くしないとって事を考えてますけどねww
[ 2012/08/25 02:33 ] [ 編集 ]

悔やみますよ

私も昨日知ってスグ相方に電話を入れました。
相方も知ってたらしく、そりゃもう・・・。

小悪魔ブログでは基本的に個人的感情を抜きに書いています。
読者の方々はこと私のブログにはそこを求めていないと思っています。

今の人気ブログランキングは“人気”ではなく如何に“クリックを押させるか”でしかありません。

であれば如何に引きのあるキャラを創造し如何に引きのあるデータを書くか。
その上でどこまで上位に上がるか・・・。約1年かかりました(苦笑)

あのブログは“ランキングを上げるにはどうしたら良いのか試行錯誤する為のブログ”です。


競馬と向き合う姿勢は人様々ですが本当はパソコンに向かってデータを拾うよりも、ツレと競馬場に行ったり、居酒屋で競馬新聞を広げているオッサンに話しかけて、熟成された予想に素直に耳を傾ける方が好きです。

最後に私のゴルトブリッツの冥福を祈り方は先の相方と週明けYOUTUBEで全レース鑑賞しながら焼酎を飲み交わす予定です。

以上、私がブログにゴルトブリッツの事を書きたくない理由でした。
長々すみませんでした。
[ 2012/08/25 11:22 ] [ 編集 ]

色々な意見はありますが、私はこの様な記事が競馬というブログジャンルの中には必要だと思いますし、主さん同様少なすぎると思います。

競馬ブログを書いている人が貪欲に読者や会員、ブログポイントを集めようとしている印象は、それを感じている読者にとってあまり気持ちのいいものではありません。

その印象を感じられない人の方が多いのでしょうけど、少なくともそういう印象を感じている私にとって、ここは非常に貴重な場所です。

読者やポイントは延びにくいのかもしれませんが、強いリピーターや応援してくれてる人は私を含めて何人も居ると思いますよ。

ゴリさんの死は残念でなりませんが、この様に愛していたと明確に表に出し、伝えることは大事だと感じました。

私も共に、ご冥福をお祈り致します。合掌・・・
[ 2012/08/25 14:03 ] [ 編集 ]

とりあえずここ読んだ後にエルム見たら何か泣けた
[ 2012/08/25 16:40 ] [ 編集 ]

>小悪魔さん

小悪魔さんなんか正に上位ブロガーだからなぁwww
こんな貴重な「ぶっちゃけた弁解」をして頂けると実に気持ちイイッスwww

ランキングに参加してる以上、上に行きたいって気持ちは俺もあるんですけどねぇ・・・
完全にイレギュラーなブログになってるもんなぁ、ココ。まぁ、息抜きでやってるから別にイイんですけどね。

というワケで、今日素晴らしいレースをゴルトに捧げてくれたローマン&エスポワールに焼酎で乾杯!
[ 2012/08/25 21:04 ] [ 編集 ]

>暇虫さん

まぁ、マイノリティですよね。確かに。その印象は俺も持ってるけども、ごく少数のハズです。
暇虫さんのようなリピーターが居てくれるってのは幸せなことです。

・・・でも、やっぱ伸びにくいと思います?やっぱし?そーなの?そーだよなぁ・・・
[ 2012/08/25 21:10 ] [ 編集 ]

>虎犬さん

それ最高の賛辞じゃないですか!!

土曜なのが勿体無いと思える名勝負でしたねぇ・・・
コレでも「つまんねぇレース」って言うヤツも居るんでしょうけどwwwwww
[ 2012/08/25 21:15 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。

はじめまして。
ゴルトブリッツに出資をしていた者です。

正直、悲しみが大きすぎて、ネット等の記事、ブログ等
ほとんど見れていません。
今も、このサイトを見ながら涙がとまりません。

たまたま、大井競馬場で献花台ができるということで検索し、
こちらに辿り着きました。

この記事でとても感謝した人間がいるとお伝えしたく、
書き込ませていただきました。

ゴルトのことを、応援してくれて、そして偲んでくれて、
本当に本当にありがとうございました。



[ 2012/08/27 09:31 ] [ 編集 ]

>一口馬主さん

出資者様ともなると、悲しみも非常に大きいでしょうね・・・この度は誠にご愁傷様でした、としか言えません。

ツイッターでゴルトの死を知り、そしてツイッターで献花台の設置を知ることができました。それを見た非常に多くの人が「お花持っていくよ」とおっしゃってましたよ。本当に大きな大きな期待と愛情を受けていた、ファンの多い素晴らしい馬だったんだと改めて実感しました。

どうかお気を落とさない様に。残念な出来事です、僕も未だに信じたくないです。けれど、こんなにも多くの人に送ってもらって、ゴリさんは幸せだと考えましょうよ。

・・・基本的は悪ふざけのカタマリみたいなブログなので、何かこんなコメント頂いちゃって、こちらが恐縮しちゃいました(照笑)。
[ 2012/08/27 21:23 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/90-ab9aea60