うんこを漁ってたら、とんでもないうんこに出くわした件

俺「さて、大好きな月曜日です。」
弟子「ボクが最も恐れる師匠フリーダムな日です。」
俺「今日の話はね、タイトルを見て頂ければお解りの通り、非常に汚い内容です。」
弟「・・・始める前からもうヤダ・・・」
俺「ココで言ううんことはですねぇ、以前の記事でSNSのトピやBBSに貼られる宣伝はうんこであるという私の
  主張からきているモノでして。→その記事「良い子の為の宣伝講座」
  本当にうんこを漁ったワケじゃございませんのよ。」
弟「それはよかったです・・・」
俺「まぁ何にしろ汚い話なので、今日に関しては我々をカワイイ女の子と思って頂き読んでもらえれば、
  少しは汚さが緩和され、尚且つちょっぴりシアワセな気分になれると思います。」
弟「無理がある。」
俺「今日はねぇ、こう想像してご覧下さい。」

今日の俺←俺  今日の弟子←弟子

弟「帰りたい・・・」

★早速ですがね、うんこを踏みまくったんですよ。俺。


俺「ミクシィやってるんだけど、競馬コミュでのうんこが非常に多くてだな。」
弟「今日は会話がうんこまみれになるのか・・・」
俺「今まではスルーしてたんだがね、どんなもんなのかちょっと気になってさ。
  片っ端にうんこ踏んでみたの。」
弟「よく説明見てない人は、確実に『何言ってんだコイツ』ってドン引きしますよ。」
俺「結構いっぱいあるから大変だった。もう連打だよ連打。
  こんな感じで連打。ほい連打連打。はいご一緒に。」
ぴこぴこぴこぴこ
弟「ウザいわあああ!!!!!」
びんた
俺「べがっっ」

弟「何、モノ好きなことやってんですかっ!!」
俺「いやコレがねぇ、なかなか面白くて。バカだなぁ~ってのがほとんどでさぁ。」
弟「悪趣味すぎる・・・」
俺「その中でも、ちょっとばかしヤリ過ぎなうんこがあってだな。」
弟「オイ待て。」
俺「何?」

弟「そこを紹介するつもりじゃあるまいなぁ・・・えぇ?」
ぐりぐりぐり
俺「らいじょうぶらよぉ~、多分らぁいじょうぶらぁ~・・・」

弟「多分・・・」
俺「宣伝文自体はドコも似たようなノーセンス具合なんだが、際立って宣伝数が多いところがあってねぇ。」
弟「必死なのかな。」
俺「さすがにね、トピの主旨と違う書き込みであったり、宣伝の為にトピ立てられるとメーワクでしょ?」
弟「うーん、それはよくないですねぇ。」
俺「そこのサイトがソレをやってるワケだ。宣伝数も多いわ空気読めてねーわでさ、正にうんこ。だからさ、
  『君!!メーワクだぞ!!』って言ってあげなきゃ!!」
弟「心にも無いおせっかいを・・・」
俺「というわけでねぇ、
  またうんこ拾ってきたよ!!ホラ!!」
ばあっ
弟「どこから出してやがる!!!!!」

★ぼとぼとぼとっ

ttp://seo-air.jp/bs0Tt8
ttp://esu.la/umaouno
ttp://seo-sun.jp/oyGfq8
ttp://goo.gl/ZUz6l
ttp://os7.biz/u/hu8uI
ttp://bit.ly/Ll9D8s
ttp://rurl.jp/umatalk555
ttp://an.to/umatennshi
ttp://seo-air.jp/jengtJ
※直リン回避の為、頭の「h」はハズしてあります

弟「こんなあんの!?」
俺「のんのんのん。」
ちっちっち
弟「腹立つ顔しやがって・・・どういうことです?」
俺「これ、どれ踏んでも行き着くサイト同じだよ。」
弟「何それ!?」
俺「単純な工作だよ、URLのhttp://の後の文字を検索すりゃ一発で解る。そういうことができるってだけだよ。」
弟「なんでこんなことを?」
俺「宣伝コメで同一URLが連発されてたら、どう思う?」
弟「物凄くウザイ。」
俺「だろ。それを回避するための工夫だな。」
弟「・・・でもミクシィって、BBSや2ちゃんなんかと違ってアカウントってものがあるじゃないですか。
  同じ人が貼ってるんでしょ?コレ。同じ人の宣伝が連発されてても超ウザイですけど。」
俺「のんのんのん。」
ちっちっち
弟「イラッ・・・」
俺「投稿者はURLごとに、ほぼ別のアカウントが貼っていた。」
弟「どういうことだ・・・?」
俺「考えられる可能性が二つある。」

★複数アカウント所有
★組織で行っている


俺「多分前者だな。ミクシィで複数アカウントを所有するなんて凄い簡単なことだからね。」
弟「なぜ前者だと?」

俺「念の為、アカウントも踏んでみたんだがね。」
弟「何やってんだよ!!」

俺「マイミクの数はせいぜい一人か二人、あるいは既に消えているアカウントばかりだった。
  それかこんなコメントが出る。」
アカウント

俺「つまり、宣伝URLを貼る為だけに作られたアカウントなんだろうな。
  名付けて分身宣伝殺法!!」
分身殺法
弟「すっごい殴りたい・・・」
俺「まぁ、この様に涙ぐましい迷惑行為、もとい無駄な努力を今も尚、ここの管理人は続けているのだが。」
弟「『もとい』になってないですよ。」
俺「次はそのサイトの中身に触れようじゃないか。中身もなかなかのモノだったぞ。」
弟「ヤダなぁ。」
俺「まぁ案の定、競馬予想サイトだったんだけれどもね。お弟子さんね、このサイトの『お客様の声』ってトコを
  声出して読んでもらえる?なるべく文章に感情を込めて。」
弟「なんでそんなことせにゃならんのだ。」
俺「まぁまぁいいじゃない。やってよ。」
弟「クスン・・・・・じゃ読みますよ・・・・

初心者だし始めてだから不安も多かったけれど…信じてやってみたら勝てました(o>▽<)ありがと!
詳しく情報書いてくれてるけど初心者の私にはちんぷんかんぷん(笑)だったけど
サポートも丁寧で何を買えばいいか教えてもらった通りで勝ち♪これからもお願いします♪

こんなに楽に儲かっちゃっていいのかなぁ?
まだやってない人がいたらかなり損だと思うよ?
会員増えない方が個人的に嬉しいけどね、予想被らなきゃ配当増えるし。

競馬なんて興味無かったんだけどさぁ、ここ見て勝てるのかなって興味持ってやってみたわけよ
その結果が30万オーバーの勝ち、笑い止まらねぇ!
初心者でも何買えばいいか解るしな~(ぴーーーー)様様(笑)あっざっす♪

こんなの信じとらんかった、冷やかし半分で始めたんやけど
こげん当たるとは思わんかったな!!!
情報も詳しく書いてあって何で推してるのか納得出来る内容やけんね。こりゃもうやめられんね。

競馬はもう13年やってますから目も肥えてると思ってます。その辺の予想家よりも自信あるし
バカにしてやるつもりで利用を始めた所どの予想も着眼点が良いと…関心する予想ばかりでした。
自分の知識+(ぴーーーー)の情報があればもう負ける気がしませんね
・・・・」

俺「ブェハハハハハハウィーヒッヒッヒイ!!!オナカイタイ、
  オナカイタイヨーーー!!!!」

ウェハハハハ
弟「何てモノ読ませるんだコノ野郎!!!」
びんた
俺「かふなっっ」

俺「・・・えー、ご覧頂いた通りですね、秀逸な『お客様の声』がございましてね。」
弟「もう絶対読まない・・・」
俺「こげん当たるとは思わんかったな!!!は、かなりの炸裂弾だよな、あーオナカイタイ。
  しかもだねぇ、この『お客様の声』は今年の3~4月のものしかないんだよなぁ。完全に管理人職務怠慢だろ。
  もっと面白い自演コメ更新しやがれよ、なぁ!!」
弟「また読まされるからヤダ・・・」
俺「面白いのはまだまだこれからデスヨ。」
弟「まだあるんですか・・・」

★謎多き予想陣

俺「どうも複数の予想屋が予想しているという設定らしいのだが。」
弟「設定?」
俺「そういうことにしてるってことだよ。その面々のキャラ設定が秀逸でございますのよ。」
弟「まあ、予想サイトで色々な肩書きの面々が予想してることは多々ありますよね。」
俺「じゃあ早速、このサイトの素晴らしい予想屋さんの一人目をご紹介しましょう!!コチラです!!」

謎1

弟「誰。」
俺「うん、誰だろう。そして何が言いたいのかサッパリです。とりあえず最大20レース連続的中だそうです。」
弟「イジメのくだり、意味あんのコレ。」
俺「全くもって無いな。」
弟「謎だ。」
俺「名前を検索したら、見たこともない韓流アイドルっぽいのが一件引っ掛かった。」
弟「・・・誰。」

俺「じゃあ次の方です、どうぞー!!」
謎2

弟「当たりマス。」
俺「当たりマス。」

弟「このカタカナの語尾・・・」
俺「コレ俺じゃね!?」
弟「師匠はドバイの大富豪だったのか・・・」
俺「奇跡の馬ってラムタラ?」
弟「絶対違う・・・」

俺「そいじゃ最後の方!!」
謎3

弟「お、ようやく何かそれっぽい人だぞ。」
俺「不世出の天才ジョッキーだぜ!!コイツはスゲェや!!」
弟「どんな人だったんですか?」

俺「検索しても『姓名判断』のページが3つヒットしただけ
  なので、どんな人なのか解らん。」

弟「武に天才って言われたジョッキーが
  引っかからないワケねーだろ!!!!!」


俺「どうだ、愉快なうんこだったろう?」
弟「疲れましたよぅ・・・」
俺「君ね、無料登録してみない?」
弟「なんでだよ!!」
俺「メールの内容とかチョー楽しそうじゃん。ヤン・ミンファさんの予想とか見たいじゃん。」
弟「イヤですよ!!」
俺「ねー、いーじゃーん。登録しようよぉー。
  うんこ集めようよぉー。」

いーじゃーーーーん
弟「ひっ、ひぃぃぃいいい!!!」

びんた




※月曜日だなぁ
banner1.gifbanner1.gif
どっちのランキングも応援クリックよろしくお願いします!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★こんな記事の後ではございますが、ゴルトブリッツの献花台の話。どうやら実施されてるようですね。
 ツイッターに写真が出ていたのでお借りします。今週一杯実施するそうです。お花は事前に準備して
 行ったほうがいいみたいですよ。TCKさん、この様な場を設けてくれてありがとう!!

ゴリさんの献花台


[ 2012/08/27 23:22 ] 酷評 | TB(0) | CM(4)

100pt=10,000円

登録してきました♪
トップページには掲載されていない
素敵な予想師がたくさんいました♪


9/2(日) オ・ト・ナの馬券術 りえっち
【限定12名様】
普段は秘書として某大手企業で働くりえっち。社長秘書と言うこともあり、業界情報がたやすく手に入る環境にあるのが勝利の秘訣。競馬が恋人の寂しい乙女を射止めるのは誰だ!?

閲覧ポイント 100pt 公開終了予定 2012/09/02 17:00


9/2(日) インサイダー馬券術 新井 剛
【限定5名様】黙示録とは未来が記載された本のこと。新井の予想は、もはや未来予知とさえ言える的中率…絶対的な自信を持ってでの情報提供となりますのでお見逃しなく!!

閲覧ポイント 500pt 公開終了予定 2012/09/02 17:00


9/1(土) 濃厚馬券 田村 恵子
競馬業界に何故か詳しく、歴は浅いが予想精度はかなりのハイクウォリティー!!
田村恵子の情報源を元に競馬を始める方も少なくないようです。
初めての方はまずはお手軽なこの情報源を体感してみて下さいませ。高額配当も的中頻度が高いのが魅力です。

閲覧ポイント 30pt 公開終了予定 2012/09/01 17:00
[ 2012/08/28 11:08 ] [ 編集 ]

>冷蔵庫から息子さん

マジデスカwwwwwwwwwww
ナニヤッテクレテルンデスカ、マジハイクウォリティーwwwwwwwwww
[ 2012/08/28 19:19 ] [ 編集 ]

『赤羽洋光』の実力 ・・・すみません長いです。

不世出の天才ジョッキーと呼ばれた男が、予想家になってターフへ舞い戻ってきた!

武をして天才と言わしめた彼の乗馬術は、その頭脳から来ているものだった。
現役時代、怪我さえなければ間違いなく一流ジョッキーの仲間入りをしていたであろう男だ。

『ジョッキーとしての赤羽洋光は終わった。だが、俺の競馬に対する想いは消えてはいない。馬券で下剋上だ…! 』彼は言う。



3歳マイル王者誕生の光と闇────

NHKマイルCでのカレンブラックヒルの快勝…
ひと悶着あったが、概ねシナリオ通りの結果となった。

これは仕組まれたレースだと赤羽は言う。
そう…約束された勝利である。
秋山の勝利は…池添、岩田の支援を受けてのものだった。


レース後半…秋山が駆るカレンブラックヒルが抜けだした。
この馬を差し切るだけの脚色の馬は、見当たらない。

そう…ただ一頭を除いては。
後藤が騎乗していたシゲルスダチの脚色は抜けていた。
残りの距離から見ても…唯一、カレンブラックヒルへ届きうる可能性を持っていた。

それを岩田に知らせたのが、池添だ。池添が岩田に、後藤の強襲を知らせたサインを彼は見逃さなかった。
岩田が池添のサインを確認した後に取った行動は───

後藤の進路を確認した後、馬体を寄せていたのはレース映像をみればだれの目にも明らかである。
結果的には、岩田が後藤の進路を断ち、マウントシャスタ失格。 後藤は落馬し、競走中止。秋山騎乗のカレンブラックヒルは1着。 晴れて目的達成だ。

カレンブラックヒルを勝たせる事…それが、今レースの目的。だからこそ、明らかにバレバレにも関わらず岩田は進路を塞いだ。

しばしば、ジョッキーの間では、着順に関する相談がなされるそうだ。これが通称“ローテーションウィナー”。 赤羽は今回のNHKマイルCを、ローテーションウィナーの典型とも言って良いレースだと断言する。

1着を獲得するために、ライバルとなるジョッキー同士でこのレースはこいつ、次のレースはあいつ…といったように順番に勝者を決め、ばれない様に上手くレースを運ぶやり方だそうだ。圧倒的に力の抜きんでている馬が出てきてしまうと、それは成り立たないがお手馬の地力に差がない場合は、大概行われているのだという。
今回、ローテーションウィナーの犠牲になったのが後藤だと赤羽は言う。赤羽もかつてその様な策に賛同しなかったために、大けがを負ってしまい騎手生命を断たれ、引退を余儀なくされた男の一人だった

─────虚構。

【赤羽洋光から一言】
前置きが長くなってしまったが、俺はジョッキー同士の確執、闇の部分を知っている。そういった情報は即座に俺の元へ入ってくるわけだ。引退した多くの騎手は、ローテーションウィナーなんてふざけた方式に賛同出来なかったまっとうな人間さ。

何故、たいして上手くもない奴にいい馬が行くかわかるか?何故、しっかり乗れてて技術もある奴が勝てないかわかるか?

そう…全てはローテーションウィナーのせいだ。

新人時代から賛同していて、いい成績をあげていたにも関わらず途中で抜けた気骨のある野郎を俺は知っているよ。ずっと耐えてきたのに、今回参入した奴も知っているよ。

この先、何度も何度もこういう場面に出くわすだろう。その時、俺の情報は役に立つはずだ。並の関係者じゃリークできない情報。これこそが、予想家『赤羽洋光』の実力なんだ。



※虚構:事実ではないことを事実らしく作り上げること。
[ 2012/08/29 18:09 ] [ 編集 ]

>冷蔵庫から息子さん

長っ!!!!!!

しかしこれでめでたく

赤羽洋光で検索すると、このページがトップになる可能性が高くなりました
[ 2012/08/29 21:47 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/93-3c366731