連休終了

★連休最終日でした 今年の連休は本当に連休しました


働け


俺「働きたくねぇ。」
弟子「働け。」




俺「ゴールデンウィーク中一回も馬券当たらなかった。働きたくねぇ。」
弟「ボクは青葉賞と兵庫チャンピオンシップ、連休の最初と最後で当てられたのです!!」


兵庫CS 結果
1着 クロスクリーガー → 俺&弟子◎
2着 リアファル → 俺▲弟子○
3着 ポムフィリア → 弟子▲

弟子 三連単HIT♪ 配当1930円





弟「まぁ、インディウムは残念な結果でしたけどね・・・」
俺「ある程度は想定してたコトだからなー。コレはしょうがない。」
弟「5着とは言え、着差が絶望的ですよ。地元のコパノジョージにも負けてるし。」
俺「・・・多分、これでもし兵庫ダービー勝ってもJDDには来ないんだろうなぁ。こうなってくるとロールボヌールのいち早い
  復帰が待たれるね、あとは門別のオヤコダカがどこまでやれるかってトコだろう。」
弟「さすがにこの開きからの巻き返しはキビしいと?」
俺「純粋に性能の違いがあるよなぁ、改めて今回パドックからレース見たけど中央馬と地方馬じゃおしりの迫力が違った
  もの。インディウムも例に漏れずで、やっぱり中央馬と比べたらおしり小さかった。まぁそれでも、この経験が良い方向に
  向けばいいよなー。これから先にも期待してるよ。」
弟「一応中央の2頭に先着してるよ。」


俺「柴山は何しに来たんだ。」
弟「ああ、呼び捨てモードだ・・・」



俺「出遅れはもう仕方ないんだよ、そこは馬のクセでもあるし。出てからのリカバリーが正に地方競馬コースの走り方を
  知らない感じで。直線短いんだから、前に行きたければ最初の正面で外回してでも前に行かないとあの2頭の影すら
  踏めないぞ。正に昨年のJBCクラシックのカゼノコアキヤマを見ている様だったわ。ミスった場合の取り戻し方に難が
  あったって感じ。」
弟「そこは戸崎騎手の方が上でしたね。」
俺「スタミナに不安があるのは明らかにポムフィリアだろ、でも地方勢よりは瞬発力持ってるからって3着を取りにいく競馬
  をしてたな。体勢決した後に走りやすい場所から伸びてくる辺り、セコいながらも流石だなって感じ。」
弟「そもそもタンジブルのポテンシャルがどうなのかなーって部分もあると思うんだけど。」
俺「中央で1800mのダート戦を使い続けて馬券圏内ハズしてない馬がここで掲示板外ってのは、馬の調子に問題求めても
  いいレベルだと思うよ。そうじゃなかったら操縦ミスだよ。」
弟「確かにそうかもしれないなぁ。」
俺「勝ったクロスクリーガーは全く問題無かったね。でも、それより更に強力なゴールデンバローズが居るとなるとなぁ・・・
  今年のJDDは、さっき挙げた2頭と南関の東京ダービーの内容次第では完全に中央による制圧ムードになるかも。」
弟「その南関では、フミオさんが今度こそ東京ダービーを取るべく名乗りを挙げましたが。」


東京湾カップ 結果
1着 ドライヴシャフト
2着 ミッドストラーダ → 俺&弟子◎
3着 マイカラー


俺「羽田盃では4番人気で13着だったけど、見限るには早計だったねー。」
弟「実力的にはストゥディウムオウマタイムが抜けてるとも言いにくい羽田盃でしたから、ここでドライヴシャフトで勝って
  ダービーに望めるのは大きいのでは。」

俺「小久保先生は何だったの。」
弟「それは言わない方がいいと思うよ・・・」


俺「ドライヴシャフト、小久保厩舎と関係無いじゃん。」
弟「フミオさんに勝たせるって言ってたけども、そんな言った通りいく様な世界じゃないですって・・・」
俺「レース内で協力するってコトか。今日はヴィグシュテラウスにペース作ってもらってたもんな。」
弟「そんなのお人好し過ぎるでしょ、他人の管理馬で勝たすとか・・・」

俺「ダービーではオウマタイムやストゥディウムを自由にさせない
  競馬を、小久保軍団がするってことでいいね。」

弟「最低のイメージですね、それ・・・」


俺「なるほど、それなら小久保先生がフミオさんにダービーを勝たせたことになる。」
弟「そんな卑屈な方向性はイヤです。」
俺「まぁしかし、案の定歴代タイムで見ると遅い走破時計なのよねー・・・全体レベルがヤバイ気がしてきた。」
弟「確か桜花賞を勝ったララベルと東京プリンセス賞を勝ったティーズアライズって、関東オークスじゃなくて東京ダービー
  に向かうんでしょ。」
俺「東京プリンセス賞の勝者が東京ダービーに出てくることは何の不思議もない。中央交流の関東オークスよりも勝ち目が
  あるって見方もできる。距離やコース以上にそっちの方が大きいよ、それでいて名誉も賞金もダービーの方が大きくて
  斤量で恵まれるならって考えると、結構関東オークスって立場がビミョーなレースなんだよね。」
弟「確かにねぇ。」
俺「去年は牡馬路線に絶対的エースであるハッピースプリントが居たけど、今年はそういう状況じゃないじゃん。尚且つ
  同じコースと距離である羽田盃と東京プリンセス賞で、タイムが東京プリンセス賞の方が速かったって考えるとさ。
  これは中央のオークスとダービーのタイムの見比べ方と全然違うものだからな、ダービー牝馬ワンツーが有り得る
  事態だと思うよ。」
弟「それもなんか楽しみな様な、コワイ様な・・・」
俺「それが牝馬の方が異様にレベルが高いって状況ならイイんだよ。クラーベセクレタ『この馬は牝馬だけど牡馬相手
  でもダービー取れる!!』
って感じで出てきた。カイカヨソウもそう。でも今年ダービーに挑戦する2頭の牝馬からは、
  『今年の牡馬相手なら』って雰囲気が漂ってるんだよなー・・・」
弟「男の子がしっかりしてないのか・・・」
俺「誰の目からも、今年もしこの牝馬2頭がダービーでワンツー決めたら『牝馬強い』って言うより『牡馬弱い』って感じに
  映るでしょ。」
弟「そうだろうね・・・でも師匠としてはどうなの?そうなる可能性はあるけれど、大好きなオウマタイムが居るワケじゃん。
  羽田盃では行きたがるのを無理に抑えず京浜盃と同じ形で抜け出すものの、直線で失速してストゥディウムに交わさ
  れた内容。距離が伸びるのは更に不安が大きくなるかもしれないけど、応援するんでしょ?」
俺「もちろん出るからには応援するし強くなってもらいたい。」
弟「ですよね。」
俺「オウマタイムとストゥディウムには格好つけてもらいたいってのが希望だなぁ。」


俺「あー、しかしハズし倒して連休終わっちゃったなー・・・」
弟「こんなんじゃ疲れが取れないとか言わないで下さいよ。」
俺「いや、最後の最後にスッキリした。」
弟「は!?なんかコッソリ当てやがったのか!?」


俺「船橋最終でオリィ見つけて、ヤケクソで複勝買ったらシンガリ
  負けして、なんかスッキリした。」

弟「意味が解らないよ。」


俺「連休の最後の馬券をオリィのシンガリ馬券でシメる。様式美だね。」
弟「なんの様式だよ・・・」
俺「なんつーか、こう、出し切った感あるんだよね。」
弟「例の『厄落とし』って言葉で済ます気ですか。」
俺「連休の最終日の最後に買った馬券がオリィのシンガリ馬券なんだぞ。」
弟「・・・」

俺「なんかどうでもよくなってくるよ。」
弟「どうでもよくなって取った行動でしょ・・・」


俺「やはりオリィは素晴らしい。己の愚かさを痛感させてくれる。」
弟「ここに来て折笠騎手のハナシになるとは思ってませんでした。」
俺「普通ならさ、馬券買ってレース見てる時って興奮状態でしょ。」
弟「まあそうですよね。当たりますようにって祈りながら見ることもあるし、馬や騎手を応援しながらも見ますから。」
俺「そんで、それはゴールするまで解らない。ある程度の位置で自分が買った馬が届かないとかバテるとか解ることもある
  けれど、基本的にはレースの最中はドキドキするものさ。」
弟「うん、解る解る。」


俺「しかしオリィは違う。ゲートが開いてから僅かな時間で、
  『なんでコイツの馬券買ってるんだろう』と、己の愚かさを
  解らせてくれるんだから。」

弟「毎回思うけどさ、応援してないよね。」


俺「凄いんだぞ。負けが込んでプスプスした頭の中に心地よい風が吹くのさ。」
弟「なんだかんだで機嫌良いならイイです。」
俺「おかげでホラ、こんなに清々しく連休を終えることができる。」
弟「それは何より、明日から仕事ですからね。」


俺「でも働きたくねぇ。」
弟「働け。」






※もう20連休ぐらいしてえ(多分もっと仕事したくなくなる)



↑PLEASE 1DAY 1CLICK EVERYDAY!!

[ 2015/05/07 00:29 ] 結果 | TB(0) | CM(4)

ゴールデンウィークのしめ

http://www.fastpic.jp/viewer.php?file=9624953865.jpg
軽快に一週目から最後尾をお走りになっている姿を拝見し、
想定内中の想定内でした。

インタビューでは本番は乗れるかわかりませんけどと話しながらも、
嬉しそうにしている文男さんが見られて良かったです。

弟子ちゃん、おめでとうございます!
東京湾カップ三着のマイカラーは、弟子ちゃんごのみだと思います。

[ 2015/05/07 01:33 ] [ 編集 ]

オリイ

師匠さん、弟子さんおはようございます。
弟子さん的中おめでとうございます。
弟子さんは、今年本当に調子いいですね。
インディウムは調整?で走ったのであれでいいのかな。
オリイさんは本当に勝てないですね。
自分は一時期、中央カッチーさんをおいかけてましたが、カッチーは平場は強かったので、精神的に大丈夫でした。
師匠さんは忍耐強いですね。
では、グッドラック。
[ 2015/05/07 06:59 ] [ 編集 ]

おはようございますm(_ _)m


弟子チャンおめでたう!

やっぱりインディウムあかんかったなぁ(-.-;)

まぁ仕上げ途中のレースで初の強豪相手だったから仕方ないと想っておきます

馬券はチャラになるように買って

‘じゅうえん’マイナスでした(^。^;)

東京湾カップは出馬表見ても頭がウニになったのでやめときました

結果を見たら縦目食らってそうだったんで

やらずに正解やったかな?

折笠騎手馬券はドラクエで言うところの

自分が進むべき道のヒントを教えてくれる

神父さんとか町のお爺さんみたいなもんかな?

外すときは豪快に外しといた方が運気は変わりやすいしね

お仕事頑張ってくださいましm(_ _)m
[ 2015/05/07 09:11 ] [ 編集 ]

辛い恋

ふむふむ、弟子ちゃんは天皇賞で相性の悪いユタカさんとの辛い恋を経て、ここからまた鋭い予想を見せてくれるのですね、よく分かります。
[ 2015/05/07 14:50 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/932-cfba85b3