スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウマスレイヤー 02

【02】


牧場襲撃から約2時間後、ヒットザターゲットはサポロ・ウインズの巨大な窓ガラスに手をつき、今にも倒れそうに
なるのを必死に堪えていた。

メンコの下の身体はひどく傷ついており、消耗していた。先程のキョーソウバとのレースによるダメージではない、
その前の爆発によるダメージだ。その時まで彼はキョーソウバではなく、ただのウマだったのだから。
彼は混濁する記憶を呼び覚まそうとした。そう、彼はあの爆発で記憶を失っていたのだ。


「だこー」


彼は呟いた。その名を呼ぶと記憶が微かに蘇り、像を結んだ。


「だこー」


あの場所に、既に姿は無かったが、彼の親友の名だった。
記憶が少しずつ逆流してくる。
「ヒットザターゲット」
彼は己の名を呟いた。忘れぬように。
「私はヒットザターゲットだ」


「そのとおり。」


嗄れた声が頭の中に直接答えてきた。ヒットザターゲットはハッとして顔を上げた。
目の前にある巨大な窓ガラスに目をやると、そこには漆黒のキョーソウバらしき姿が
おぼろげに映し出されていた。


「ドーモ、ヒットザターゲット=サン。
 キズナ・ウマソウルです。」



窓に映る者が言う。ヒットザターゲットは訝しんだ。
「ドーモ、キズナ・ウマソウル=サン・・・一体、貴方は・・・」
ヒットザターゲットは震えた。
「キョーソウバ・・・?」

「さよう。キョーソウバだ。」
窓に映る者は得意気に鼻を鳴らし答える。

「キョーソウバを追い抜くキョーソウバだ。」

キズナは言った。ジゴクめいた、慈悲無き声音だ。
「ワシと共に復讐を果たすべし。」
彼のメンコの真っ赤なクロスが傷のように疼く。

「キョーソウバ、追い抜くべし。」
「そうだ・・・キョーソウバが牧場を・・・だこーを・・・」
「さよう。キョーソウバが全てを奪った。オヌシ自身も死の淵にあったが、ワシが繋ぎとめた。」
「・・・」


「キズナだけに繋ぎとめたのだ。」


何やら得意気に言うキズナの話を、ヒットザターゲットはただただ呆然と聞いていた。



「キズナだけに繋ぎとめたのだ。」



ヒットザターゲットは反応できなかった。
窓に映る者の存在を未だに理解しきれていなかったからだ。
「ワシがオヌシを救ったのだ、復讐の機会を与えるために!」
その邪悪な幻影の目が点のように凝縮し、審議の青ランプめいて燃焼している。

「復讐」

ヒットザターゲットが呟いた。今は彼が何者かよりも、牧場を襲ったキョーソウバへの憎しみの方が
実際大きい。
「キョーソウバを追い抜く・・・できるのか、そんなことが。」
「できる」
キズナは低く言った。


「オヌシはワシだ。キョーソウバを追い抜くキョーソウバだ。
 望みを果たせ、ヒットザターゲット!」

「復讐!!」
「そのとおり!ワシに任せよ、追い抜くのだ!!」



たちまち先のレースの記憶が蘇った。
私はたった今、2頭のキョーソウバを追い抜いてきたではないか。
黄色と黒のストライプのエンブレム!あの2頭の胸にあったエンブレムがくっきりと思い出された!
故郷と友を奪った憎むべき集団!自らを絶対強者と信じて疑わぬ者達を、逆に恐怖のどん底に
叩き落とし、蹂躙する・・・なんと心地よい体験だった事だろう!!

雷鳴が轟き、にわかに雨が降り始めた。
ヒットザターゲットは己の蹄を見つめた。そしてウインズのガラスを見た。そして、ガラスに映る
クロス・メンコのキョーソウバが自分自身であると理解した。
彼は、キョーソウバは追い抜くキョーソウバとなったのだ・・・


ウマスレイヤーに!!


「イヤーッ!」ヒットザターゲットはキックを繰り出しウインズの窓ガラスを蹴り割った。
ウインズの警報音がけたたましく鳴り響く。
「アイエエエ!キョーソウバ!?キョーソウバナンデ!?」
通りすがりのカイバ配達員が行いを目撃し、トラクターを転倒させた。
重篤なKRS(キョーソウバ・リアリティ・ショック)だ、世間一般ではキョーソウバは存在すべき場所が限られており、
ありえない場所で唐突にキョーソウバに遭遇するとバケンを外した時の記憶が堰を切って押し寄せ正気を失う!
路上には束になったカイバが散乱した。
ヒットザターゲットは、その内の一つを抱え込み、その場から消え去った。
そう、この時既に彼は新たな刺客の気配を察していたのだ!


二足走行モードに切り替え、ヒットザターゲットは走りながら先程のカイバを次々に口に放り込んでいた。
カイバにはキョーソウバに必要不可欠なエネルギーが含まれている。
完全栄養食として重宝されるカイバは、キョーソウバだけでなくモータルの間でも人気が高く、
特に安価で大量生産可能なバイオ・カイバはこの世界には必要不可欠な存在だ。
天然素材を用いたオーガニック・カイバは非常に高価な為、余程のカチグミでないと手に入れることが
できない。


「カイバ。体力回復にはまずコレやね。ええもん持ってる。」と、
かの名人アンドー・サシミの言葉にもある。



ハイウェイを疾走しながら南下する彼にはもう解っていた。

「つけられている」

背後から新たなキョーソウバが接近している。
そのキョーソウバは先を行くヒットザターゲットを静かに分析しながら間合いを詰めていた。
牧場襲撃の最中、そのキョーソウバはやや離れた位置に待機し、周辺区域をモニタリングしていた。
万が一の事態に備える為だ、いくらサンシタとは言えしくじりを犯すわけもなかろうが、古いコトワザに
「ノーレンにラリアット」という言葉もある。

しかして、その万が一の事態が起こってしまった。
彼はケツァルテナンゴとアッシュゴールドが掲示板から消失したのを確認し、そこに新たに1着表示された
キョーソウバの存在を確認していたのだ。

そして今、彼はヒットザターゲットの姿を捕捉した。
彼のブリンカ・スカウタがヒットザターゲットのステータス表示を高速で展開する。


ピーピピピ ピーピピピ 
チチーッチッチッチ
カチカチカチカチカチカチカチカチ
ポポポポポポポポポポ
フュイーン ピピピピピ
ピー!


『カイバ』
『カイバ補給中な』
『カイバを食べている』



分析結果にキョーソウバが唸る。



「さては手負いか!!」



今まさにカイバで体力回復を図っていることを冷静沈着に割り出した!
仕掛けるなら今だ!
「休む暇など与えぬぞ!」
ここぞとキョーソウバは加速、ヒットザターゲットに追いつく!!






~つづく~





★おまけ

常連ヘッズの「通りすがりの馬主さん」が描いてくれました。ありがたうございます!!


6990281384555.png
※クリックで原寸大


いやぁ、居るものですね!!
バカな人って!!

(究極的にホメてるつもりです)



[ 2015/06/25 23:59 ] ウマスレイヤー | TB(0) | CM(4)

「ドーモ、シショウ=サン、ザリガニです。
なんと、実に奥ゆかしいシッピツジツ!
ハードお勤めとジツのケミカル反応が順調に進行していますね。」

スゴイキョーソーバーアトモスフィアだ。
以前よりも強力になっている。

「グワァー!
ま、まるで研修だ。本来の競馬とキズナがなんだったのか忘れそうになる。
このままではスゴイキョーソーバーアトモスフィアに飲み込まれてしまう!」

だが、同じレースにディープインパクトとスシトレイン。
自ら騎乗してレースするまで、それが危険かチャンスかどうかは誰にもわからない。
名人アンドー・サシミの言葉だ。

ザリガニは苦し紛れにさらなるコラージツを発動した。
「イヤーッ!」

(h)ttp://fast-uploader.com/file/6990810958911/

だが、ウカツ!コラージツはキョーソーバアトモスフィアを逆に強めてしまうのだ。
レーシングプログラムにもそう書かれている。

「アバァー!」

アワレ、スゴイキョーソーバーアトモスフィアに耐え切れずザリガニは爆発四散。
胸元できらめく自称シャダイ・シンジケートのエンブレムのみが、その場に残された。
[ 2015/06/26 03:20 ] [ 編集 ]

すげぇ(@_@;)

文章もプレゼントされた絵も両方スゲェ

才能を持ってる人は世の中一杯いてますねぇ

で、改めてウマスレイヤーって何だこれwww

早く来週末(かな?)の03を観たいです
[ 2015/06/26 11:22 ] [ 編集 ]

ノース…ヒルズ…物語?

そのまんまだし…、これ…ガチで怒られるやつじゃね…?

どなたか通報してください!!
[ 2015/06/26 22:57 ] [ 編集 ]

キタオカドージョーとかになるんだろうか

ウマスレイヤーこんなに早く二話が更新されてるー
だこーがこんな使われ方をするとは...

師匠さんがあまりに話題にするのでアニメを見ましたよ、ニンジャスレイヤー
一気に全話見るくらいに面白かったです

ヒットくんといえば小牧さんのコラムで目黒記念の回顧されてましたね
力はある馬評価されててなんかうれしい
[ 2015/06/28 01:03 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/966-91bc65ba











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。