川崎 スパーキングレディーカップの予想

★色々ありましたな、先週は

弟子「むっすり。」
俺「・・・だからムクれる理由を俺とノリさんにするんじゃねーよ。」
弟「ふぐぅ・・・」


俺「笑わせてもらったんだからいいじゃねぇか。」
弟「笑えません!!おもらししました!!」



俺「・・・それを言わなくてもいいってば。」
弟「ゴールドシップはなんで毎度やることがどっちのベクトルに向けても派手なんですか!!」
俺「だから愛されるんだろ。シンボリルドルフとかメジロマックイーンはな、強すぎて可愛げが無いって言われたこともあったんだ
  ってよ。ディープインパクトもその類な。それから考えたらオルフェーヴルやゴールドシップの不完全さって、言い方変えれば
  それが可愛げってことにもなるじゃないか。」
弟「でも、三連覇が掛かった大事なトコロで・・・」
俺「そういう舞台だからこそだよ、三度目の挑戦で得た念願の春の盾があったと思いきや、2年制した舞台でまさかの出オチ。」


弟「大事な舞台でトーホウジャッカルにちょっかい
  出そうとして立ち上がって出遅れって・・・」

俺「そんな理由で納得できるの、この馬ぐらいだろ。」



弟「・・・まぁ確かに。納得できる不思議。」
俺「こうなる可能性も常に秘めてて、こうなったらレースをやめてしまう可能性も秘めてる。ゴールドシップって馬は正にギャンブル
  の対象なんだよな。」
弟「しかしおかげで、なんだかレースがまとまりを欠いた印象で・・・」
俺「ラブリーデイは強かったと思うよ。まぁ、そこから後ろはね・・・なんか力の要る馬場で斤量軽い牝馬が頑張ったって感じで、
  G1見たなーって感じは希薄になってしまったけど。」


弟「あの出遅れが一番G1ぽい。」
俺「イヤな風物詩ですね・・・」



弟「・・・憎めないけどさー。」
俺「これがさ、初犯だったらイザ知らずだよ。もう何度目だよってハナシじゃん?こっちだってひょっとしたらああなるかも・・・って
  覚悟はできてて、いざ実際にそうなったら『ホラキター♥』って部分も少なからずあるワケ。」
弟「・・・そこまで自虐的じゃないよ、ボクは。」


俺「みかぽんさんみたいだろ。」
弟「その物差し捨ててくんない?」



俺「もうレースそっちのけになっちゃうよな、お互い本命だったしゴールドシップに目が行っちゃうのもしょうがない。」
弟「向こう正面で少し追い上げて、そこで一旦もしやって思わせておいての直線立ち上がりでの絶望感たるや・・・」
俺「役者ですな。またゲート再審査だって。」
弟「もうそう思って割り切るしかないね。」
俺「一応、ツイッターで流した予想はこんな感じでした。」


俺予想
◎ゴールドシップ
○ラブリーデイ
▲ヌーヴォレコルト

三連単◎1着→〇▲2,3着 〇→◎→▲


弟子予想
◎ゴールドシップ
○カレンミロティック
○ヌーヴォレコルト
▲ワンアンドオンリー
▲トーホウジャッカル

三連複◎〇から 馬単◎から



弟「ラブリーデイが勝つ目を抑えてるのが妙に小癪。」
俺「いや、他で勝つとしたらこの馬かなって。イメージとしては早めに抜け出したゴールドシップを捉える直線勝負を前目で展開
  するんじゃないかなって思ってたんだけどな。」
弟「わざわざ三連単にしちゃったのね。もったいない。」
俺「そうだね。たんしょうをかっておけばよかったなぁ。」
弟「おい、その言い方は買ってたな。おこづかいをよこせ。」

俺「・・・ひゃくえんだけですから。」
弟「ケッ」
俺「しかし、ここで記録は作れなかったけど、また記憶に残ることをやらかしたってコトですよ。ある意味スゴイって。」
弟「いろんな意味でスゴイ馬なのは間違いないよなー。」
俺「宝塚記念は、天皇賞とは真逆のゴールドシップ劇場だったのだ。これもまた印象深いレースでした、勝ったラブリーデイと川田
  騎手、なんか印象薄くなっちゃったけどおめでたう!!」
弟「おめでたーう♥」
俺「そんでもって、もう一つ残念なニュースが先週はありましたねー・・・」


ドゥラメンテ骨折…競馬界に衝撃走る M・デムーロ「本当にバッドニュース」


弟「うううう、ドゥラメンテが・・・」
俺「重傷化する様な骨折ではないとは言え、この馬の秋全休は残念でしかないよねー・・・幸い手術は無事に成功したそうだ。」
弟「やっぱり二冠というのは、馬に残すダメージも大きいのかもしれませんね。」
俺「そうだな、過去に二冠達成後に故障した馬を思い返すとトウカイテイオーサニーブライアンが思い出されるけれど、要するに
  ダービーなんだよな。大体の原因になるのって。ディープブリランテの年も多くの故障があっただろ。」
弟「ダービーの走破タイムが速いと、こういう事態が起こる印象ありますよね。リアルスティールもそうだし・・・」
俺「とにかく、こうなってしまったからには早く治る様に願いたいですね。」
弟「ちゃんと治して帰ってきてね。」


俺「みかぽんさんも悪いところをちゃんと治して・・・」
弟「・・・(ザクッザクッザクッザクッ)」



★川崎スパーキングレディーカップの予想ですけど


トロマグロスシ



俺「今日は何にされたの、俺。」
弟「トロマグロスシです♥」



俺「どおりですっぱいワケだ。」
弟「酢めしですからね。とってもオイシソウですよ、師匠♥」
俺「うれしくないです・・・で、宝塚記念が終わり、レース的に夏場で残されたG1レースっつーと来週のジャパンダートダービーのみ
  となるんだな。中央競馬は本格的な夏競馬シーズンとなって、一旦G1戦線からは遠のく季節だ。」
弟「夏競馬かー・・・あんまし参加できそうにないね。」

俺「やっても当たらないからいいもん。」
弟「フテ腐れないで下さい、おスシなだけに。」


俺「生命線であるガッチガチの牝馬交流重賞があればよいのだ。」
弟「なんつー言い方しやがる・・・」
俺「まぁ、今回は買い方に自信持って一点に絞る様なマネができないからね。うまふく一点も三連複一点も悩む。だから突っ込む
  ことはしないけれども。」
弟「川崎のスパーキングレディーカップですか・・・」
俺「荒れる・・・って考えるのは難しいけど、鉄板とか銀行とは言いにくいよね。」
弟「その原因作ってるのはメイショウマンボですよねー。」
俺「そーなのよ、基本的には芝で上手くいってない中でのダート挑戦は切りの一手。ホエールキャプチャが過去にクイーン賞に
  挑戦して惨敗した過去もあるし、何より芝馬がダート初挑戦するには川崎のナイターって最悪な環境だと思うの。」
弟「なんで?」
俺「川崎ダートって昨年の砂入れ替え以来、時計掛かるじゃん。中央の調教で走ってるダートと全然違うんじゃないの。」
弟「おおー・・・」
俺「ただしマイルって距離は初挑戦には向いてると思う。全力投球してギリギリ持つ距離だよ、これが1800mになると長い。」
弟「ここへの挑戦をどんな目的として見るか、ってトコロもありますよね。」
俺「単純に転機を求めているのか、それともテコ入れか・・・まぁ、どっちにしても手を出しにくいのは間違いないんだけど、さっきも
  言った通りマイルならば・・・って見方しちゃうと、簡単に手を引っ込められない部分もあるんだよ。」
弟「そういうものですかね?」
俺「お前はどう見るよ。」
弟「うーん、斤量も58kgですし、雨天のレースになるかもしれないでしょ。初のダート挑戦ってのに輪をかけて過酷な状況になると
  思うと、手は引っ込めておいた方が妥当って気はする。」
俺「おまけに使い詰めだもんな。」
弟「そうですよ。4月に今年初戦で毎月一度は実戦使ってるんだから。」
俺「バカげてるよな。」
弟「そこまで言ってはいないですけどねぇ・・・」


俺「バカげてると思うよ、この馬を本命にするとか。」
弟「!!!!!!!!!!!!!!!」



俺「なんだろう、この来るワケがないと思えば思うほど湧き上がる疑念。一応な、どう考えてもサンビスタが好調であればダート
  をナメてるとか、それ以前の問題で勝てるワケがないとは思う。この馬はかしわ記念で負けてはいるけど雨天も得意だし、
  牝馬限定だからこその強さを持ってるからな。だからこの2頭を軸にする。」
弟「その二頭軸で連複系ってことか・・・」
俺「1,2着をこの2頭で固定する。」
弟「おいおいおいおいおい・・・」



◎メイショウマンボ
◎サンビスタ
▲トロワボヌール

三連単◎1,2着→▲3着 うまふく◎同士



俺「あんまし相手で遊ぶ気にもなれないかな、ピッチシフタートロワボヌールに先着するのも考えにくいし、サウンドガガには
  ヤラれる可能性大だけどここは敢えて切ってしまい点数を抑える方向で。」
弟「これこそ正にダートなめんなよって状況なんじゃないの?」
俺「そうだねー、不安要素のカタマリだ。切り判断が妥当だとは思うんだけど、やっぱりこういう使い方になっても鞍上が幸四郎
  騎手ってのがね。このコンビは惰性で続いてるって言うより、もう一花って執念持ってる感じあるし。」
弟「ああ・・・それ解るかも・・・」
俺「ここで乗替りしてたら狙ってないよ、単純にワラにすがってる様にしか見えなかった。いくら地方に強い騎手に替わるよりも、
  このコンビで続行して迎える転機ってのが大きいと思うの。吉と出るか凶と出るか冷静に考えれば後者なんだけど、単純に
  今回は予想の部分を裏切ってほしいかな。」


弟「このおスシめ、やさしいじゃないか(パクパク)」
俺「なんで食っちゃうの。」


弟子予想
◎サンビスタ
〇トロワボヌール
〇サウンドガガ

三連単◎1着→〇2,3着



弟「しかしボクは非情なのであった。」
俺「まぁ、当てに行くって考えならそうなるよなー。」
弟「もうマンボちゃんに来られたら素直に参ったしますよ。」
俺「多分それで正しいとは思うんだよなぁ。」
弟「自分で◎打っておいてやたら弱気なんですね・・・」
俺「まぁ、フツーに予想したらお前と同じになるからな。メイショウマンボが全く手も足も出ずに、尚且つサウンドガガがバテたら
  3着の目にピッチシフターやトーセンベニザクラ辺りをあてがうって考え方もできる。オッズ上げたければそういう狙い方になる
  んじゃないかなぁ。」
弟「その考えは解りやすいですけどね。」
俺「ま、今回は極端な自信が持てない分、メイショウマンボを応援してみるカタチにしてみたワケだ。本来はお前とほぼ同じ予想に
  なるけど、ガッチガチなオッズな上にそれでもブッ込み切れないからね。マンボちゃん勝ったらそこそこ付くだろうし。」
弟「妙味バカに敢えてなると。」
俺「妙味求めてってワケでもないけどねー・・・」



弟「むう、これが妙味(パクパク)」
俺「あああああああ」
弟「とまらないですね(パクパク)」
俺「あああ」




弟「フィー・・・」




ごちそうさま




弟「・・・・・・・・バイバーイ♥」





※何度目だ



[ 2015/07/01 00:20 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(5)

弟子ちゃん

とまる被りで不安に…ww
師匠と被るよりはましか…
[ 2015/07/01 00:33 ] [ 編集 ]

馬券を獲ってお寿司を食べたいです(深夜時の感想)
[ 2015/07/01 01:02 ] [ 編集 ]

いろいろ

師匠さん、弟子さんおはようございます。
確かに先週、今週はいろいろありましたね。
個人的には、ゴルシ君よりもルメールさんのラキシスのなにもしなかった(できなかった)ほうが、辛いです。
川崎にメイショウマンボでるのですね。
ここんところサッパリしたレースばかりでしたから環境が変わってどうでしょう。
では、グッドラック。
[ 2015/07/01 06:43 ] [ 編集 ]

おはようございます!

ドゥラメンテの故障は残念でしたねぇ

ゴールドシップは…


横山騎手も苦笑いして戻ってきたぐらいなんで彼らしいって事で(^。^;)

現在、大阪は台風なみの暴風雨となっております

この天気が東にすすむと川崎のナイターできるんかなぁ?

メイショウマンボは復活して欲しいけど

調教は走ってもレースに出れば走らない…

今回も初物づくしなんでかなり厳しいかなぁ
[ 2015/07/01 09:13 ] [ 編集 ]

そっかぁ、師匠はマグロだったのですね。フフフ♪ゴールドシップはノリさんが奇行をする前に立ち上がってしまいましたね。

サンビスタ…、勝つ番だったのになぁ…。
[ 2015/07/01 23:50 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/969-188ef088