イタい馬券のハズし方

俺「ソルテくんにはねぇ、もう中央交流戦に出て
  もらわないと困るんですよ。」

弟子「変なフラストレーションをぶつけられるソルテくん・・・」


俺「強くなった。これで今年の南部杯に登録しなかったらヒドいよ、本当に。」
弟「本当に、この世代の出世頭になるとは思ってなかったですよ。スゴイなぁ。」
俺「ケイアイレオーネも流石だったな、今回は探り探りの試し走りだったろ。パッと見でレース内容はちぐはぐに見えたけれど、
  アレでこのタイムの2着になっちゃう辺りは能力だろうなぁ。」
弟「位置取りが意外だったもんね。あんな前に行けるとは思ってなかった。」
俺「自分のカタチを崩して粘り込んだんだから、外回りコースになってどんなレースをするか注目したいな。」
弟「セイントメモリーがまた惨敗してしまったのはショックです・・・」
俺「うーん、衰えかなぁ・・・ハナに行けなくなっちゃったんだよね。かしわ記念の玉砕が応えてしまったのかもしれないけど、ここは
  長めのリフレッシュを取るのも選択肢になってくると思う。」
弟「衰えと言っても、対照的なのが3、4着ですよ。9歳のカキツバタロイヤルに10歳のフォーティファイドだ。地方競馬は高齢馬が
  元気ですよね。」


俺「これが凄い悔しいんだ・・・」
弟「!?」



俺「いや、高齢2頭の活躍は嬉しいよ。なんか、高齢馬が暑い中で頑張ってるのを見ると元気がもらえるよ。」
弟「そうですよ、若い世代が1,2着で、それに続くのが大ベテランってのはイイ結果だと思います。」
俺「問題は予想ですよ。」


サンタアニタトロフィー 結果
1着 ソルテ → 俺&弟子◎
2着 ケイアイレオーネ → 俺◎弟子▲
3着 カキツバタロイヤル


弟「ハズしちゃいましたね、久々の予想だったのに。」
俺「ううー・・・」
弟「こういうときこそうまふくでしたね。」
俺「そういうことじゃないよ・・・」
弟「どういうこと?」
俺「俺は今回、危険だとは思いつつこの人気2頭から三連複を5点買ったワケですよ。」
弟「まぁ、師匠にしては珍しい買い方でしたね。」


◎ソルテ
◎ケイアイレオーネ
▲セイントメモリー
▲ガンマーバースト
▲グランディオーソ
▲フリートストリート
▲キスミープリンス

三連複◎2頭から



俺「一応狙い方としては、◎2頭が3着以内に入るであろうというのが前提ではあったんだけど。」
弟「うん、そう言ってましたね。そんでムサシキングオーは良馬場でこのメンバーじゃ軽量でも厳しいって読みでした。」
俺「で、お前がレオーネくんは脚質やブランクからも不安が大きいって言ってたでしょ。それは俺も覚悟の上だったの。沈む可能
  性は十分に有り得ると。」
弟「でも、見事2着になりましたね。」


俺「この▲5頭の内1頭が3着以内に来るだろうって
  のが、一番自信あった部分なんだよ・・・」

弟「あああああああああああ」


俺「・・・個人的にはこういうハズし方が結構ショックで。」
弟「流した中に入らなかった馬に割られるっていうパターンですね。」
俺「ある程度タテ目は覚悟してたんだよ、特にレオーネが圏外に消えちゃうパターンで。ソルテから▲2頭の決着はあるかもなって
  思いつつの予想だったの。このねぇ、流しからのヌケって結構キツいんだよな。俺的に。」
弟「例えば似たパターンで、今年の船橋記念と比べたらどうなんです?」
俺「コムスメが4着だったレースか・・・」


1着 ナイキマドリード → ▲
2着 マスターエクレール → ◎
3着 ピエールタイガー
4着 ハードデイズナイト → ◎


俺「このレースを今回に置き換えたら、マスタエクレール=ソルテ、ナイキマドリード=グランディオーソみたいな見立てになる。
  そんでハードデイズナイト=ケイアイレオーネって立ち位置は、あながち来ないかもなぁ・・・って目線を向けていた点は似て
  いるものの、やっぱり人気的な立場が違うじゃん。この時コムスメ11番人気なんだもん。」
弟「ふむふむ。」
俺「だから、このレースに関しては『くあああ悔しいいい!!なんでフミオさん(ピエールタイガー)頑張っちゃうんだよおお!!』
  って気持ちと、『コムスメよく頑張った!!』って気持ちになったのね。」
弟「今回はどんな気持ちに?」


俺「『あう?』って気持ち。」
弟「言葉にならないのか。」



俺「なんというか、これで3着にムサシキングオーが居たらデシちゃん当たってるでしょ。それはそれで整理が付くの。要は自分の
  中での▲の筆頭はグランディオーソ。この馬を大井マイルで負かせる可能性を持った馬の中にムサシキングオーは入らない
  わけではないと、俺自身も判断していた。来られたらしょうがないってコトね。」
弟「カキツバタロイヤルだって近走は悪くなかったんだけどねぇ。」
俺「それでもカキツバタロイヤルとフォーティファイドが大井マイルでグランディオーソより前でゴールするとは思ってなかったよ、
  つまり印はグランディオーソ基準で、この馬より前でゴールする可能性を持った馬を自分なりに選んだ様な予想なの。」
弟「結局、5着グランディオーソ、6着キスミープリンス、7着ガンマーバーストって結果ですよ。」
俺「で、3,4着がカキツバタロイヤルとフォーティファイド。」
弟「カキツバタロイヤルとフォーティファイドです。」


俺「あう?」
弟「ハトがマメデッポウ食らった顔って、こういう顔なんでしょうね。」


俺「・・・俺はこういうハズし方が、正直タテ目とかハナ差で馬券逃した時よりもズッシリ来る。特に1,2着が本線でしょ、これでねぇ、
  レオーネくんが4着あたりに沈んでたら結構アッサリ諦めつくんだよ。」
弟「流してヌケるパターンだね。」
俺「流しでヌケたパターンで言えば、昨年のNHKマイルでミッキーアイルから馬単5点で流して、それを怨敵三浦騎手にハナ差で
  破られるってパターンもあったけど、アレはアレでハナ差で負けてたのが12番人気のブザさんだったろ。」
弟「ブザさんもよく選んだものですよ・・・三浦騎手のタガノブルグに至ってはブービー人気でしたからねぇ。」


俺「アレはもう、予想の時にエビちゃんで遊び過ぎた
  と反省するしかなかったワケで。」

弟「それはウソです、反省してませんよね。」



俺「・・・あのハズし方はネタとして完璧に成り立ったので。」
弟「遊んだ蛯名騎手のブザさんで、三浦騎手に馬券を割られる・・・様式美だよなぁ。」
俺「アレはオイシかった。」
弟「芸人の様な馬券でした。」


俺「今回はオイシサすら無い・・・」
弟「生々しいよなぁ・・・」



俺「これで惜しい4着がキスミープリンスとかだったらオイシサも生まれたのだが。」
弟「オイシサを求めないようにしましょう。」
俺「三連複で軸が1,2着だからこそなんだよな、このイタさは。」
弟「5点流しってのがまた生々しい絞り方だよなぁ。」
俺「三連単で◎1,2着って買い方だったら、多分▲を5点にしてないだろうね。そうしなかったから余計に確実性を自分の中で
  高めたつもりになっていたので・・・」
弟「珍しく本気で悔しそうね。」
俺「レースはリアルタイムで見れてないでしょ。出先で結果だけスマホで見たんだけどさ。」
弟「うん。」


俺「1,2着見た時点で『当たった』って思ってたのに、
  目線を3着にスライドして『あう?』ですよ。」

弟「とっても想像しやすい説明です。」



俺「ハズし方でもさー、色々と人によって悔しさの質があるでしょ。そりゃ当然オッズの高い馬券をハナ差で覆されるとか悔しいに
  決まってるし、大張りした馬券も同様だとは思う。なんというか、予想そのものに対する悔しさみたいなのは別だと思うんだよ。
  タラレバにすらならないのに、俺はこういうハズし方が結構イタいんだよな。デシちゃんは?」
弟「どうだろうなぁ・・・キレイにタテ目食らうとやっぱ悔しいですけど。」
俺「惜しい予想は確かに悔しいよね。」
弟「微妙な着差のタテ目はキーッ!!ってなりますね。そんで、全く引っかかりもしない予想をしちゃった時って逆に清々しくて
  自分が笑えてきちゃう。」
俺「うん、それも解るね。レースを見終わった後でもコレは自分には取れないって言えちゃうレースでしょ。」
弟「でも、それで言ったら今回の5点流しにカキツバタロイヤルが入ってなかったのは、つまりそう言えるんじゃないの?」
俺「そうでもないよ、どっちかって言ったら5点に絞っちゃったって感じだから。まぁカキツバタロイヤルに手が回るとしたら・・・9番目
  くらいになるかなぁ。でも、さっき言ったとおり多分グランディオーソってのが頭にあったから、その固い三連複のオッズを考え
  たら、無闇に手数広げられないし、この5点でまず大丈夫だろうって判断しちゃったからねぇ。」
弟「オッズや賭け金云々じゃなくてハズし方でも悔しさに質はあるか・・・結構面白いですね。」
俺「今回も一点ひゃくえんで懐が痛んだワケじゃないけれど、結構自分の予想に対して悔しくなったなー。」
弟「その悔しさで予想が上手くなりゃイイんだけど。」

俺「もっとオイシイ結果を出さないと。」
弟「当てたいのか芸人になりたいのかハッキリしましょう。」

俺「ハズれりゃ悔いるのは当然だけどね。」
弟「意外だな、師匠がハズレてこんなに殊勝になるのが予想に対してだなんて。」
俺「ここ最近で一番悔しい、というかイタいハズし方だと思うよ。流してカキツバタロイヤルに手が届かなかったってのは。南関
  レースの方が中央よりこういうハズし方すると精神的に来るねぇ。」
弟「なるほど、知ってるつもりの部分が大きいからかもね。」
俺「デシちゃんが最近一番悔しかったハズレ馬券は?」
弟「一番悔しかったハズレかぁ・・・」
俺「惜しい予想とか結構してるじゃん。そんな中でさ。」
弟「・・・」
俺「考えてる。」
弟「・・・ふぐっ」
俺「・・・?」
弟「ふぐっ・・・ひぐっひぐっひぐっ・・・ひっく」
俺「泣くほど悔しかったのがあるのか。」




弟「だこおおおおおおおおお!!」
俺「いかん、ヤブヘビだ!!」





弟子の一番悔しかった予想

新潟大賞典
1着 ダコール → ◎

ダコール初重賞制覇の単勝未購入




弟「タイムマシーン作ってぇ!!
  だこーの単勝買わせてぇ!!」

俺「・・・次は買っとこうね。」





※ダコールの次走は新潟記念の予定です




[ 2015/07/31 00:45 ] その他 | TB(0) | CM(7)

3連系の本線ズバリで3着ぬけは確かに痛いですね(^。^;)


でも来られた馬の評価が低かったのなら

‘仕方ない…’って諦めるしかないですもんね

個人的には流しでよくやる失敗で痛いのは穴馬から流して

人気馬削ってその馬にやられるってのが悔しいかも

自信のある10番人気以下の低評馬かから1・3人気にはつけてるけど

来たのは2人気とか…

穴馬からだったら総流しでもプラスなのに…


競馬を長くやればやるほどそんな経験一杯増えますね(^。^;)

弟子ちゃんのは…

触れないでおきましょう(^。^;)
[ 2015/07/31 09:03 ] [ 編集 ]

フミオの国なら結果にコミットしてくれると思いますよ。師匠らしくて良かったのではないでしょうか?なんせ悪い見本なんですから。

弟子ちゃんの妖精を召喚する能力にいまだ震えが止まりません。
[ 2015/07/31 23:03 ] [ 編集 ]

タイムマシーン作らせておいて
買うのが三連単じゃなくて単勝ってトコに弟子ちゃんの本気を感じる
[ 2015/08/01 00:29 ] [ 編集 ]

師匠の不安材料をことごとく跳ね返し連勝街道爆進中のソルテ君。

流石に交流競走に出てきてくれないと萎えますよね(笑)

まぁ確かに今回の3着馬は買えない。(笑)

てゆーかフォーティファイドの4着がありえねー(笑)

距離短いし暑いし…

ソルテ君の今後に期待っすね!
[ 2015/08/01 02:46 ] [ 編集 ]

よくわかります!

結果を見たあとに、再度予想を組み立てても、点数の絞り方も、同じになる…いわゆる予想ロジックが完璧で…んあ〜としか言えないハズしかた。

んあ〜
[ 2015/08/01 07:46 ] [ 編集 ]

抜け

師匠さん、弟子さんおはようございます。
3連系は抜けはしょうがないとあきらめるしかないですね。
ある程度、予想ですので、絞りますし。
まあ、通さんのアドバイス通り、総流しもありですね。
ではでは。
[ 2015/08/01 09:42 ] [ 編集 ]

お師匠さんに…

ドウカンヤシマ…ではなく同感です。

特にお師匠さんの言われたパターンはねぇ?悔しさプラス脱力感みたいなのが何とも言えまへん。

弟子ちゃんのダコール馬券の買い損ねはトラウマものですよね。早く喜びの機会が訪れる事を願っています。
[ 2015/08/02 08:53 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/978-7d5e486a