スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

打倒門別 ブリーダーズゴールドCの予想

★やあ!!


おいしいよ!!!!!

※本物はもっと変な色をしていてグロテスクな状態です。残念ながら放送コードに引っかかる為お見せできません。


ユッケ「こんにちは♥」
弟子「いぃやぁだあああ!!!」



ユ「みんなはアタったかな?アタイを食べたみんなはアタったよね!!」
弟「ふぐうううう!!」
ユ「やっぱり夏のユッケはアタるねぇ!!」
弟「こんなの師匠じゃない!!何かの間違いだ!!」
ユ「そう、今のアタイは師匠じゃなくてユッケなのだ!!」
弟「もうユッケでもありません!!ただの腐肉です!!」




クラスターカップ 結果
1着 ダノンレジェンド → 俺&弟子◎
2着 ポアゾンブラック → 俺○
3着 ラブバレット → 俺○

ユッケ 三連単アタリ♪ 配当3920円


黒潮盃 結果
1着 ブラックレッグ → 俺◎
2着 タケルオウジ → 俺○
3着 パーティメーカー → 弟子◎

ユッケ うまふくアタリ♪ 配当5710円
ユッケが盛岡でも大井でもアタったよ!!



ユ「そうだ、腐肉だ。新鮮なユッケではアタらないのだ、一週間酷暑の中で働いたユッケだからアタったのだ。」
弟「ソコに自信持たれちゃ困るんです、ずっとその姿でいるおつもりか!?」
ユ「アタるならそれでいいのだ!!」
弟「くそぅ、よりによってこういう時になんでこういう当て方するんだ・・・!!」

ユ「アタるぜぇ・・・アタイをたべたヤツはみぃんな
  アタっちまうぞォ!!」

弟「こんなベチャベチャしたガンダムのパイロットは居ません!!」

ユ「しかもただアタっただけではないのが、ユッケのスゴイところなのだよ。」
弟「もうイヤです、クサいし。」
ユ「どちらのレースも印を打ったのは4頭だけだったんだが・・・」


クラスターC ▲ランデックアロマ → シンガリ負け
黒潮盃 ▲ノブワイルド → シンガリ負け



ユ「ユッケには総取りも容易い。」
弟「ある意味コワイわ!!」



ユ「デシちゃんにもおわかりいただけたであろう、ユッケの力が。」
弟「認めません、元に戻るかおとなしく捨てられるかにしてください。」
ユ「観念しろよ、アタっただろ?ユッケパワーを証明できたじゃないか。」
弟「観念するって何をだよぉぉ・・・」
ユ「ちょっとなめるだけでも違うと思うね。アタりたいんだろう?多分今のアタイならなめるだけでもアタるね。」
弟「・・・」


ユ「ほら、さきっちょだけでもなめてごらんよ。きっと
  アタるよ。」

弟「絶対になめませんし、ベッチャベチャでドコにも
  さきっちょなんか無いじゃないか!!」



ユ「確かに昨日よりも自分自身がクリーミーになった気がする。」
弟「言い方でなんとなく上品っぽい雰囲気を漂わせないでくださいよ・・・そりゃ確かに予想には降参しますよ、要は師匠の予想
  なんですよ、それでいいんですよ。腐肉である必要はドコにもないんです。」
ユ「そうかな?」
弟「クラスターCでダノンレジェンド以外の中央勢をバッサリ切るとか、黒潮盃で南関クラシック組をバッサリ切るとか、そういう絞り
  方は師匠らしい大胆さでしょう、傍から見たら無謀っぽい予想。別にユッケでなくても当たってたんだと思います。」
ユ「ウレシイことを言ってくれるじゃないか。しかし、お前にそう言われたからといって簡単に元に戻ることはできんな。」

弟「とにかくクサいし、虫が寄ってくるのがイヤなんです!!」
ユ「いいからさきっちょをなめなさい!!」

弟「くそぅ・・・ここはキッチリあの方に成敗して頂かなければ。」
ユ「フッ、あの方か。そうだ、木曜はあの方との戦いになる。だからこそ、この姿から元に戻るコトはできないのだ。」
弟「貴様!!まさかこの水曜の結果を以て、あの方と対峙するつもりか!?」
ユ「ここでアタれば、最早ユッケパワーは本物ということになるだろう。」
弟「そんなコトが起きるワケがない!!あの方に対してもアタるなんてこと、あってはいけないコトなのだ!!」


ユ「さぁ勝負だ門別、アテてお前をカモにしてやろう。
  そしてアタイは完全なユッケになるのだ。」

弟「完全なユッケにはならなくていいです。」




★積年の恨みを晴らすべく 門別ブリーダーズゴールド

ユ「ここでアタったらもう後戻りはできない、アタイはユッケとして永遠に馬券師道を突き進むことになる。」
弟「門別様、この調子付いた腐肉をギャフンと言わせてやって下さい!!」
ユ「ましてや昨年盛大にヤラれているこのレースだからな、血がたぎるわ。」

※昨年、このレースで結構な額で勝負してハズしました

弟「・・・まさか、今年はそのリベンジとか言ってまたブチ込むつもりじゃないだろうな?」
ユ「ふふ、今のアタイはユッケなんだぞ。何を買ってもアタってしまうのだ。」
弟「ちょっとはイタイ目に合った方がいいかもしれないな・・・で、牝馬交流重賞となるといつものヤツが気になるのですが。」
ユ「いつものヤツ?」
弟「今回のブリーダーズゴールドは何頭立てですか?」


ユ「んなもん出馬表見ろよ、15頭立てだよ。」
弟「どうやら突っ込む気は無いらしい。」



ユ「いくら強がっても門別に対しての苦手意識はバッチリ持ってるからな。ここは大張りせずに、あくまで少点数で三連単を当て、
  予想で門別を上回るのが大事だ。」
弟「なーにがユッケパワーだ。結局門別様に怯えているじゃないか。」
ユ「むっ。」
弟「そんなんじゃ、また明日になったら門別なんか二度とやんねぇって言ってるに決まってますよーだ。」

ユ「・・・でもこの体じゃ、『体を売るおしごと』ができないし。」
弟「ゴミ箱にダンクシュートされるね。」

ユ「無理ができないユッケです。」
弟「・・・しかし、さっきは15頭立てって言ってましたけど、実際ココはクラスターCと違って・・・」
ユ「まぁ中央の上位独占って考えが妥当だろうなぁ。そこに転厩3戦目のサンバビーンを加えての5頭による戦いと見る。」
弟「ですよね。アクティビューティが除外になってより絞込まれちゃった感じです。」
ユ「そんで、木曜はどうも門別方面は雨っぽいだろ。良馬場か重馬場じゃ狙いたい馬も変わってくるからねぇ。」
弟「例えば良馬場だったら?」
ユ「キャニオンバレー。」


弟「キャニオンバレーは選んじゃダメです。」
ユ「!!!!!!!!!!!!」



弟「というわけで良馬場だったら?」
ユ「ちょ、ちょっと待ってよ!?何その岩手ダービーの時を彷彿とさせる無理ゲー!?」
弟「ダメなので。」
ユ「なんで!?」


弟「門別様を走るユタカ様のジャマをするな、腐肉め。」
ユ「お前の本命だからかよ!!」


弟「門別で師匠に抜擢されるなんてユタカさんが可哀想です。ダメです。」
ユ「・・・印打つ分には?」
弟「本命でないのならイイですよ、でも師匠は決してキャニオンバレーが1着になっても当たる買い方はしないで下さい。」
ユ「デシちゃんはユタカさんに勝ってほしいのですね。」
弟「ええ、なので門別で師匠に本命を打たれてはいけないのです。」
ユ「いい方法があるよ、ユタカさんを勝たす方法。」
弟「ふぇ?なに?」


ユ「さきっちょをなめなさい。」
弟「なめないけどさきっちょがドコか知りたいわ・・・」


ユ「そうすればデシちゃんはアタるのです。」
弟「皆さんに解りやすく説明するとね、もんじゃ焼きのさきっちょって言われましても・・・って状況です。」
ユ「でもさー、この馬は狙いたくなるって。ユタカさんに鞍上固定されてからパフォーマンス違うもん。府中2100mを逃げて押し切る
  牝馬なんて、準オープンとは言ってもなかなか居ないよ。初の門別ナイターという環境でも性能と斤量差がしっかり活かせられ
  ればアッサリ勝っちゃいそうだ。」
弟「そうでしょう!!」
ユ「そうでしょう!!・・・じゃねーよ。」
弟「でも馬場が渋ったら別の馬を本命にしようとしていたんでしょ?」
ユ「馬場が渋ったらサンビスタ。」


弟「じゃあ、サンビスタで。」
ユ「・・・・・」



◎サンビスタ
○アムールブリエ
○キャニオンバレー
▲サンバビーン

三連単◎1着→○2,3着→▲3着



弟「でもサンビスタは斤量が58kgですよ?」
ユ「こんな誘導カマしといて何抜かしてんだよ。」



弟「いや、ちょっとここ2戦があんましだったから。前走の離され方とか、なかなかショッキングでしたよ。」
ユ「まぁね。それもあって良馬場だったらちょっと敬遠したかったんだけど、お前がキャニオンバレー選んじゃダメって・・・」
弟「もちろんダメです。」
ユ「・・・馬場が渋れば負担重量により消費されるパワーが軽減される。パッサパサな馬場での長距離戦だと斤量差が結果に
  繋がりやすいけど、渋ったらサンビスタには好材料だ。前走はタイムの出にくい新砂の川崎が合わなかったと見る。」
弟「なるほど。」
ユ「次点ならいいだろ、キャニオンバレー。」
弟「イヤですけどしょうがないです。でもホワイトフーガは入ってないんですね、代わりにサンバビーンですか。」
ユ「関東オークスの勝ちっぷりは確かに衝撃的な着差だったけど、単純に他の馬が何もできなかったって見栄えが強いって、あの
  レースの後に話したじゃん。大野騎手がスタンド正面で一気に先頭に立ったのは良い判断だったけど、同じ様なことができる
  メンツとは思えないよ。昨年の覇者に、こういう距離で古馬牡馬相手に戦ってた牝馬が居るんだから。」
弟「最初から前に行く可能性もあるよね。」
ユ「スタミナに自信持った場合はそうする可能性もあるね。」
弟「確かに関東オークスは周囲が弱いって見栄えもあったけど、ホワイトフーガ自身の余裕も感じられたと思うよ。前に行ったら
  スタミナ自慢の2頭で決着するってことも考えられるんじゃないかな。」


弟子予想
◎ホワイトフーガ
◎キャニオンバレー
▲アムールブリエ
▲サンビスタ

三連単◎1,2着→▲3着



ユ「お前、俺にあんな誘導かけといてユタカさんが
  2着になる目をよく予想できるな。」

弟「予想とは非情なのです。」


ユ「・・・まぁいいか、俺としてはホワイトフーガに勝たれたら完全に参っただからな。」
弟「実績馬2頭のハンデは結構キツイと思うなぁ。アムールブリエは57kgでサンビスタが58kgでしょう。それで2000mならスタミナに
  モノ言わせてこの2頭が押し切ってしまうって予想です。できればユタカさんに勝って頂きたい。」
ユ「フフン、アタイのさきっちょをなめればその希望も叶うというのに、おバカさんだねぇ。そうしないコトによって今日もアタイだけが
  アタってしまうのだよ!!」
弟「なめませんし。」
ユ「ケッ」


弟「ユタカさんのさきっちょならまだしも・・・」
ユ「拝啓みかぽんさん、こいつはダメです。」





※みんなも画面越しにさきっちょをなめてごらんよ




[ 2015/08/13 01:17 ] 交流重賞予想 | TB(0) | CM(4)

人外の今や食物でもない

腐肉状態での予想がアタるとは(^。^;)

まさにデスサイズ!

昨日はクラスターはラブパレットが拾えずハズレ

大井は3複アタったけど

「うまひく」の方がよかったのね(^。^;)

門別はまだ決めてないけど弟子ちゃんの予想に

サンバビーン加えたボックスかなぁ

レースまでに馬柱とオッズ見て決めます

でも実際のレース結果より

明日?レース回顧記事が楽しみです
[ 2015/08/13 09:20 ] [ 編集 ]

師匠お帰りなさいませ
[ 2015/08/13 20:12 ] [ 編集 ]

『腐っても師匠』とは、よく言ったものです。

師匠には、いつもの門別一発ギャグをマンキンでお願いしたいですね。
[ 2015/08/13 21:52 ] [ 編集 ]

やはり門別は手強いのか?

いやぁ、腐ってから驚異の展開を見せられたお師匠さんですらやはり門別は強敵だったようで…
相変わらず対門別では絶腐調…いや、絶不調域に叩き落される様ですねぇ? 静岡から見て門別って鬼門の方角でしたっけ?ここまで相性の悪いのも珍しいんじゃないですか?
弟子ちゃんも残念でした。1着から4着に入った馬を選んでいるのにねぇ?まあ武豊騎手への思い入れがあってこそのフォーカスを組んだんだから、お師匠さんへの八つ当たりはしないであげてね。

自分は買おうとしたら締切に蹴られてしまいました。IPATで地方競馬の馬券を買う時は、中央の馬券を買う時と締切時間が違う事をド忘れしてましたわぃ。

今晩更新されるかはわかりませんが、楽しみにしておりまする。
[ 2015/08/13 23:33 ] [ 編集 ]
立札4

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tiltowait0hit.blog.fc2.com/tb.php/981-df779529











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。